FC2ブログ

■ 《東京塾 9~12月講座案内》―「月刊 聲の力」 8月号

▼月刊『聲の力』2017年 8月号▼━━━━━━━━━━━━
本メールは「声とことばの磯貝メソッド」がお届けするニュースレターです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (2017年9月1日 発行)

蝉たちの力強い声が、いつの間にかつくつく法師の穏やかな声に変わりました。子供の頃はつくつく法師の声は、夏休みが終わってしまう悲しさと、宿題を終わらせないまま遊びほうけていた後悔の象徴でした。今でもちょっと、胸が苦しくなるような気がします。
 今年は、ことさら自然の脅威を実感する夏でした。当たり前のように享受している日々の生活は、奇跡に支えられている。長年を共にしているようでも、実は一期一会の瞬間の積み重ね。尚更、交わしあう一語ずつを大切にしなければならないと感じます。

_______________________________________________________________________________

■□東京塾 9~12月講座案内■□
_______________________________________________________________________________

磯貝メソッド 東京塾では9月から新しい講座が始まります。今期も「声のLesson」「ことばのLesson」「コミュニケーションのLesson」「月1芸能表現」の4本立てを中心に、ワークショップなども計画しています。

基礎講座
・声のLesson(水曜夜・土曜朝)
 毎週水曜 19:00~21:00
 毎週土曜 10:00~12:00
 [テーマ]呼吸・発声・発音
   声が小さい、通らない、すぐ嗄れるなど、発声に問題を感じている方
・ことばのLesson(土曜朝)
 毎週土曜 10:00~12:00
 [テーマ]子音調音・活舌
   しゃべりにくい言葉があるなど、活舌に問題を感じている方
・コミュニケーションのLesson(木曜夜)
 毎週木曜 19:00~21:00
 [テーマ]話し方・説明・会話・プレゼンテーション
   人前で話す機会のある方、または面接対策に。
   経営者・医師・弁護士・営業職・教師・学生・接客業の方など
   
・月1芸能表現
 月1日曜 10:30~15:30
   基礎講座を受講された方
   声・ことばの芸能表現に興味ある方
http://isogai-method.com/guide
 
_______________________________________________________________________________

■□ Vocal Arts Service Center 10周年記念公演 ■□
_______________________________________________________________________________

10月 1日(日)に設立10周年記念公演を開催いたします。
観覧ご希望の方は事務局までお問合せください。

【開催概要】---------------------------
Vocal Arts Service Center(VASC)設立10周年記念
Vocal Arts Theater No.8
「美しい声の日本語を声で語り継ぐ 雅な世界」

◆日時:2017年10月 1日(日) 13:30開場 14:00開演 (予定)
◆会場:国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟 小ホール
◆入場料:3,000円(前売りのみ)

◆プログラム
[Ⅰ] “源氏物語”「葵の巻」より
[Ⅱ] “大和ことば” の雅を熟(こな)す
 (1) かんたん言葉(体言、用言)
 (2) 音のきれいな大和ことば
 (3) 大和ことばは心を熟す
 (4) あいさつの身の熟し
[Ⅲ] 美しき日本語「雅な歌声」
 さくら、平城山、初恋、宵待草、椰子の実

監修・演出 磯貝靖洋
※出演者、演目、順序に変更のある場合がございます。あらかじめご了承下さい。
http://isogai-method.com/archives/1321
 
_______________________________________________________

■□ 磯貝メソッドからのお知らせ ■□
_______________________________________________________

[1]【9月~】「磯貝メソッド東京塾」2017年度中期(9~12月)中途参加者・無料体験受付中!
――声とことばの基礎講座が、目的別の3講座展開に!
http://isogai-method.com/

[2]次のボイスチェックは、 9/18(月祝)の開催です!
――声とことばの健康診断です。日本語を話す全ての方へ。
http://www.voice-check.com/

Q.ヴォイスチェックとは?
A.あなたの今の声、今の言葉が相手にどのように聞こえているかを何種類かの客観的データの検査を通し、総合的に診断。
「改善のためのポイント」をアドバイスいたします。

“自分自身の状態に気づく”

そこから、「改善と進歩」が始まります。
『ヴォイスチェックサービス』が、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。
-----------------------------------------------------
★ヴォイスチェックを受ける目的は大きく2つ!
《その① 声のお悩み》
声が小さい・伝わらない・すぐに嗄れてしまう・・・など
《その② 客観的評価が欲しい方》
声を活用されている方
教員・講師・プレゼン・スピーチ・講演活動・役者・声優・歌手・司会 他
-----------------------------------
○時間:10:00~19:00のうち約90分(個別診断)
○料金:10,000円
---------------------------------
★今後の開催予定日:11/23(木祝)、'18/2/12(月祝)、3/21(水祝)

★予約状況はコチラから
http://www.voice-check.com/application_form.html


[3]【10月~】「磯貝メソッド東京塾」単発ワークショップ開催予定!
――10/14(土)、11/19(日)、12/9(土)。詳細は決定次第下記サイトへ。
http://isogai-method.com/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇声とことばの磯貝メソッド ホームページ(スマートフォン対応しました)
http://isogai-method.com/
◇声とことばの磯貝メソッド Twitter公式アカウント @Isogai_Method
https://twitter.com/Isogai_Method
(「磯貝語録」の配信を中心につぶやいています。フォロー、「いいね!」お願いします!)
◇声とことばの磯貝メソッド Instagram公式アカウント isogai_method
https://www.instagram.com/isogai_method/
(インスタグラムでは写真をアップしています。フォロー、「いいね!」お願いします!)
◇Vocal Arts Service Center facebookページ
https://www.facebook.com/vasc.jp
(最新情報など発信中。「いいね!」をお願いします)
◇ニュースレター(バックナンバー)
http://owsldm.blog14.fc2.com/blog-category-102.html

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  編集後記
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
私の担当している声のLessonの生徒さん達は、この4ヶ月ですごく変わりました。芯のある声で自身の名前を言えるようになり、立ち姿が美しくなり、表情が生き生きしてきました。本当に、声と体と心はつながっているのだと分かります。まだ体験していないみなさま、まずは4ヶ月「えいっ!」と飛び込んでみませんか?
(文責:菱倉あゆみ)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼発行元:声とことばの磯貝メソッド事務局(Vocal Arts Service Center内)
 編集責任者:菱倉あゆみ 日月貴子 五十嵐正貢
▼問合先:〒160-0023 東京都新宿区西新宿3-5-3-1202
TEL 03-3348-4158  FAX 03-6272-5487  E-mail guide@isogai-method.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

月刊「聲の力」 第19号(2017年 8月 3日 発行)

▼月刊『聲の力』2017年 7月号▼━━━━━━━━━━━━
本メールは「声とことばの磯貝メソッド」がお届けするニュースレターです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (2017年8月3日 発行)

梅雨明けの声が聴こえ、いよいよ夏本番!夏といえば、海水浴や山登り、花火大会や夏祭り!楽しいイベントが盛りだくさんですね。
そんな気持ち華やぐ季節に先駆けて行われた、VASC10周年記念セレモニー・フォーラムの様子を今月はレポートいたします。

__________________________________________________________________________________

■□Vocal Arts Service Center 10周年記念セレモニー・フォーラム■□
__________________________________________________________________________________

2017年 7月 7日、Vocal Arts Servicr Centerは設立から10年を迎えました。10周年を記念して 7月 9日(日)に10周年記念セレモニー・フォーラムを開催いたしました。当日はこの10年を祝うように、またこの先の明るい未来を予感させるような太陽が眩しく夏らしい良い天気にも恵まれ、多くの方にお運び頂き賑やかにセレモニー・フォーラムが行われました。

第1部では10年間のVASCの業績報告および今後10年への展望が語られました。そして「和解」という、これから10年のVASCのテーマが主宰の磯貝靖洋より発表されました。理解ではなく和解。分かることではなく更にその先、お互いの主張が一致する所を見つける事。それぞれ固有の私たちが「和」になれるのか。その為に何をするのか。VASCが新しい時代に突入しようとしていることが感じられました。
そして今回の目玉の一つ、(株)イー・ウーマン代表 佐々木かをり氏による講演が行われました。キャスター、通訳、会社代表とご自身の経験を交えながら語られるお話は楽しく、興味深くどんどん会場中が引き込まれていきました。磯貝メソッドでは「声が変われば人格がかわる」ということを掲げていますが、佐々木さんのお話の中でも、どういう言葉を使うかがその人の人格形成に重要であると指摘されていました。
自分がどんな言葉を使っているのか言葉の傾向を知ること。その上でネガティブな言葉をポジティブな言葉に変えていくと、それだけで意識がだいぶ変わるということ。3人の人に愚痴を言ったとして、その人たちは1度しか愚痴を聞かないけど、愚痴を言っている自分は3回聞いているという例えには「その通り!」と目から鱗と同時に「自分に一番ネガティブなことを聞かせているなんで…」とゾッとしたものです。
講演の後は、佐々木かをりさんと磯貝2人が「本当の心の声を伝えたい」について対談を行いました。

第2部はヴォーカル・パフォーマンス+パーティーということで、軽食をつまみながらVASCメンバーによるパフォーマンスをお楽しみいただきました。生で歌われるオペラ”椿姫”の「乾杯の歌」の後、本当に乾杯をする。こんな経験はなかなかできるものではありません。一瞬、自分がオペラの登場人物になったような気がしました。続けてひとり語り「平家物語 壇ノ浦の段」、アカペラ「うぐいす」、群読「源氏物語 第一巻『桐壷』」が披露されました。
歌そして古典語り。VASCにある声の幅広さ、そして声の力を改めて感じるひとときとなりました。

追伸◆VASC10周年を記念し「ヴォイスリング」を販売致します。
声のトレーニング・グッズと高級アクセサリーを兼ねたISOGAI METHODのオリジナルグッズです。御自分の首(喉声帯部)に装着(まきつける)します。
自分の声に出逢うオシャレグッズです。声は喉の声帯が息により振動して発声したものです。言葉として実感しても見えないし仲々つかめません。声帯の位置を正しく実感するだけで声は充実していき、言葉もはっきりしてきます。初期段階では、手の指で喉を触ってやっていました。50円玉にひもをつけてやった時期もありました。
"使う人が誇らしげに使えなくてはならない"をコンセプトに作られました。クオリティー高い素材(Silver925)。リングの中の石はスワロフスキー・クリスタルの黒と透明で、つりひもは加工皮ひもを使い、使い勝手を良くしてあります。
アクセサリーとしても他に見られぬデザインが光り、女性、男性に共通したオシャレ感も斬新さを感じます。現在、10周年記念価格にて販売中。

10周年企画の第二弾に、10/1(日)公演「Vocal Arts Theater No.8」を開催いたします。
「雅な声・ことば」と題して、大和言葉、源氏物語から『葵』、雅な歌声をお届けします、乞うご期待!
http://isogai-method.com/archives/1321

_______________________________________________________

■□ 磯貝メソッドからのお知らせ ■□
_______________________________________________________

[1]【5月~】「磯貝メソッド東京塾」2017年度前期(5~8月)中途参加者・無料体験受付中!
――声とことばの基礎講座が、目的別の3講座展開に!(9月からもほぼ同じ予定です)

1.「声のLesson」 テーマ:呼吸・発声・発音
 ◎声が小さい、通らない、すぐ嗄れるなど発声に問題を感じている方

2.「ことばのLesson」 テーマ:子音調音・活舌・アクセント・イントネーション
 ◎しゃべりにくい言葉があるなど活舌に問題を感じている方

3.「コミュニケーションのLesson」 テーマ:話し方・説明・会話・プレゼンテーション・スピーチ
 ◎人前で話す機会のある方、または面接対策に。
http://isogai-method.com/

[2]次のボイスチェックは、 9/18(月祝)の開催です!
――声とことばの健康診断です。日本語を話す全ての方へ。次回は 11/23(木祝)。
http://www.voice-check.com/

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇声とことばの磯貝メソッド ホームページ(スマートフォン対応しました)
http://isogai-method.com/
◇声とことばの磯貝メソッド Twitter公式アカウント @Isogai_Method
https://twitter.com/Isogai_Method
(「磯貝語録」の配信を中心につぶやいています。フォロー、「いいね!」お願いします!)
◇声とことばの磯貝メソッド Instagram公式アカウント isogai_method
https://www.instagram.com/isogai_method/
(インスタグラムでは写真をアップしています。フォロー、「いいね!」お願いします!)
◇Vocal Arts Service Center facebookページ
https://www.facebook.com/vasc.jp
(最新情報など発信中。「いいね!」をお願いします)
◇ニュースレター(バックナンバー)
http://owsldm.blog14.fc2.com/blog-category-102.html

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  編集後記
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
6月号をお休みしましたこと、7月号が遅れたことをお詫びいたします。東京では連日の猛暑が続いています。毎年毎年「去年はこんなだったっけ?」と口癖のように言いますが、今年は本当に「梅雨ってこんなだったっけ?夏ってこんな凶暴だったっけ?」と本気で感じます。梅雨明けしたばかりだというのに、既に夏バテ気味…あまりの暑さに呼吸をするのも苦しくなりそうです。そんな時こそ意識的に深呼吸。深く息を吸って、しっかり吐く。何度か繰り返すだけで不思議と頭がスッキリします。
また暑さに対抗して無意識に頑張ってしまう分、この時期はしっかり休息する大切さを年々感じます。良い活動の為には、良い休息を。良い休息の為に、しっかり活動を。そんな当たり前のサイクルを大事にして、健康的に夏をお過ごしください。
(文責:日月貴子)

月刊「聲の力」 第18号(2017年 6月 6日 発行)

▼月刊『聲の力』2017年5月号▼━━━━━━━━━━━━
本メールは「声とことばの磯貝メソッド」がお届けするニュースレターです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (2017年6月6日 発行)

発行が遅れましたことお詫び申し上げます。6月が始まりました。年齢を重ねるにつれ、月日のたつのが早く感じられるようになりました。毎年「ついこの間お正月だったのにね」「早いね」なんて言い合っていますが、ここ数年は、当たり前のように月日が流れて行くことこそが、奇跡なのだと実感しています。
このところ、世界情勢がきな臭くなっています。様々な思惑と意図に揺さぶられ、この国はどこへ行こうとしているのでしょうか。私も含めて日本人は、自分の「考え」を言うことが上手ではありません。「思い」は沢山あります。けれど、どんなに「思って」も、言葉にしない限り「考え」として他人に伝わるものにはならないのです。大切な人達、大切な物達を守るために、声を出すところから始めてみませんか。沢山の言葉は不要、上手なスピーチも不要、感情的な怒鳴り声や金切り声ではなく、しっかりと声帯をならした実のある声で「はい」と「いいえ」を言えること。すごく小さな事だけれど、とても大事な事ではないかと思うのです。

__________________________________________________________________________________

■□梅雨時こそ、ボイストレーニングを始めませんか?■□
__________________________________________________________________________________

さわやかな風薫る季節が終わると、やってくるのが、あれ。そう、しとしとじめじめの梅雨です。洗濯物は乾かないわ、髪型は決まらないわ、気分もじめじめしてもう、何もしたくない!なんて、やけをおこしそうになります・・・よね?(私だけ?)
ところがですね、梅雨は、喉のトラブルがもっとも少ない季節でもあるのです。
ご存じの通り、声は声帯で作られます。声帯はV字型に張られた薄い筋肉でできていて、これが左右から正中で合わさり、下から吹き上げられた息で細かく振動して音(声)を生じます。振動数は一秒間に125~210回も!実に働き者ですね。なので、乾燥すると炎症を起こしやすくなります。人間にとってちょうどよい湿度は40から60%ですが、声帯にとってはもう少し高めの方が良いようです。鬱陶しいじめじめも、声帯にとっては恵みの雨といったところなのかも知れませんね。
そんな梅雨時にボイストレーニングを開始するというのはいかがでしょうか?
重たい体をちょっと頑張ってうごかして、呼吸を整えて、しっかり声を出すと、身も心もすっきりしますよ。
声帯の乾燥がらみでもう一つ。声を大事にしている皆さんは、加湿器やマスクを使ったり、うがいをしたり、さまざまな努力をされていると思いますが、まず、第一に心がけてもらいたいのが「鼻呼吸」です。鼻呼吸なんて、誰でもできる・・と、思われるかもしれませんが、普段鼻呼吸をしている人でも、おしゃべりをしているときなどはついつい口呼吸になりがちです。鼻だけで吸おうと思うと、喋りたい気持ちに呼吸が追いつかなくなってしまうのですね。そんな時も背中の筋肉を使って、鼻の高い位置に向かって匂いを嗅ぐように息を吸ってみてください。楽に素早く鼻呼吸ができるようになりますよ。

_______________________________________________________

■□ Vocal Arts Service Center 10周年 ■□
_______________________________________________________

Vocal Arts Service Centerは2017年7月7日に10周年を迎えます。
7月 9日(日)に設立10周年記念セレモニー・フォーラムを開催いたします。
ご参加希望の方は事務局までお問合せください。

【開催概要】---------------------------
Vocal Arts Service Center(VASC)設立10周年記念
VASC×声とことばの磯貝メソッド
「美しい声の日本語」

◆日時:2017年 7月 9日(日) 12:30開場 13:00~16:00 (予定)
◆会場:国立オリンピック記念青少年総合センター 国際交流棟 レセプションホール

◆プログラム
【10周年記念セレモニー】13:00-13:45
『10年間の成果報告とこれからの展望』
主宰 磯貝靖洋「基調講演」

【第1部:フォーラム】14:00-14:45
①佐々木かをり氏 講演
『21世紀の日本語、未来の日本語』
②佐々木かおり氏×磯貝靖洋 対談
『本当の心の声を伝えたい』
 http://ewoman.jp/about/profile

【第2部】15:00-16:00
ヴォーカル・パフォーマンス+パーティー
『声芸の世界 ~言葉の声、歌の声~』
立食パーティーと共にお楽しみ下さい。

◆入場無料(予約制・先着順)
http://isogai-method.com/archives/1321

_______________________________________________________

■□ 磯貝メソッドからのお知らせ ■□
_______________________________________________________

[1]ほぼ月1の「日本の名曲を歌うシリーズ」が始まります!
――土曜日午後の歌発声講座は、ひと月お休みして6/10に再開します。
http://isogai-method.com/archives/1803

[2]次のボイスチェックは、 7/17(月祝)の開催です!
――声とことばの健康診断です。日本語を話す全ての方へ。次回は 9/18(月祝)。
http://www.voice-check.com/

[3]【5月~】「磯貝メソッド東京塾」2017年度前期(5~8月)中途参加者・無料体験受付中!
――声とことばの基礎講座が、目的別の3講座展開に!

1.「声のLesson」土曜朝/水曜夜
 ◎声が小さい、通らない、すぐ嗄れるなど発声に問題を感じている方
 テーマ:呼吸・発声・発音

2.「ことばのLesson」土曜朝/木曜夜
 ◎しゃべりにくい言葉があるなど活舌に問題を感じている方
 テーマ:子音調音・活舌・アクセント・イントネーション

3.「コミュニケーションのLesson」火曜夜
 ◎人前で話す機会のある方、または面接対策に。
 テーマ:話し方・説明・会話・プレゼンテーション・スピーチ
http://isogai-method.com/archives/1748

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
◇声とことばの磯貝メソッド ホームページ(スマートフォン対応しました)
http://isogai-method.com/
◇声とことばの磯貝メソッド Twitter公式アカウント @Isogai_Method
https://twitter.com/Isogai_Method
(「磯貝語録」の配信を中心につぶやいています。フォロー、「いいね!」お願いします!)
◇声とことばの磯貝メソッド Instagram公式アカウント isogai_method
https://www.instagram.com/isogai_method/
(インスタグラムでは写真をアップしています。フォロー、「いいね!」お願いします!)
◇Vocal Arts Service Center facebookページ
https://www.facebook.com/vasc.jp
(最新情報など発信中。「いいね!」をお願いします)
◇ニュースレター(バックナンバー)
http://owsldm.blog14.fc2.com/blog-category-102.html

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  編集後記
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今月から、ニュースレターの担当が私、菱倉(ひしくら)あゆみと、日月(たちもり)貴子に変わりました。磯貝メソッドの掲げる「声-ことば-心」は、生活の中に活かされる。これをつなぐ架け橋になりたいです。どうぞよろしくお願いいたします。
(文責:菱倉)

月刊「聲の力」 第17号(2017年 4月25日 発行)

▼月刊『聲の力』2017年4月号▼━━━━━━━━━━━━
本メールは「声とことばの磯貝メソッド」がお届けするニュースレターです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (2017年4月25日 発行)

文字の霊などというものが、一体、あるものか、どうか。
「文字ノ精ハ人間ノ頭脳ヲ犯シ、精神ヲ痲痺セシムルニ至ッテ、スナワチ極マル。」
単なるバラバラの線に、一定の音と一定の意味とを有たせるものは、何か? ここまで思い到った時、古代アッシリヤのナブ・アヘ・エリバ博士は躊躇なく文字の霊の存在を認めた。

__________________________________________________________________________________

■□千年前の文字をあなたの声で立体化!?/月一芸能表現講座『源氏物語と声』■□
__________________________________________________________________________________

昨年の11月から始まった、月一芸能表現講座『源氏物語と声』が新章に入りました。
悪戦苦闘しながらも【桐壺】を読了し、今期は第九帖【葵】です。
源氏物語屈指の名場面「車争ひ」、光源氏の長子・夕霧の誕生、謡曲「葵上」で有名な六条御息所の生霊、葵の死、「紫の君」との結婚等々、見せ場満載でとてもドラマチックな帖です。

「源氏物語の講座はどんな事をやっているのですか?」と云う質問をよく受けますので、ちょっと内容をかい摘んでご紹介したいと思います。

まず午前中は、源氏物語についての簡単なディスカッションや、古典を読む上で必要となる身体法等が中心となります。また、日本人としての「佇い(たたずまい)」についても学びます。

休憩を挟み午後は、ひたすら全員で素読をします。そう、ただ在るがままに読むのです。世界に誇る文学と対峙するには、俄か仕込みや付け焼刃の知識と解釈など何の役にも立ちません。唯一の拠所は生身の肉体です。千年前に記された文字を立体化する為に、己の声を駆使します。その一文字一文字が素直な音となり、心地の良い声で言えた時には、何となく内容がわかってくるから不思議です。それどころか何度も、何度も声に出してゆくと、景色や色、音、香、味、肌触りまで感じられるような気になります。これぞ我々の持つ日本人のDNAの成せる技なのでしょうか?

さて、素読の際のポイントをひとつ。
日本語の文書はそもそも筆による縦書きです。そこで、一文字一文字を筆で縦書きする如く流れるように読んでみます。短冊に和歌を書きながら声を出すつもりで、身体で音を実感します。すると、古典の世界と現代の日常生活とでは情報量の質が違うことが明確にわかります。

それでは皆さんも、ご自分のお名前で試してみて下さい。実際にご自分の人差し指と中指を筆に見立て、目の前の空気中に名前を書きながら声に出して見て下さい……。如何ですか、自分の中に眠る日本人のDNAが目を覚ましましたか(笑)。漢字だけでなく、平仮名、片仮名と色々試してみて下さい。それぞれ違った発見があります。流石にローマ字でやってみると、「あぁ、縦書きではないな」と実感します。

月一芸能表現講座は、我々の中に眠る「日本人」と出会う講座です。それは同時に「声とことば」の源流を辿る旅でもあります。ご興味ある方は是非一度体験してみてください。
【源氏物語『葵』】は10月1日に行われる、ヴォーカル・アーツ・シアターで上演される演目のひとつに予定されていますので、乞うご期待!

磯貝先生曰く「源氏物語は文化を超えて文明である。」

_______________________________________________________

■□ 私の推薦図書 /中島敦 作『文字禍』■□
_______________________________________________________

冒頭でご紹介した文字の精霊ついてですが……、実は中島敦の短編『文字禍』からの抜粋です。
中島敦と言えば、教科書にも載っている『山月記』や『名人伝』等が有名ですが、将来を嘱望されながら34歳で夭折した悲運の作家です。
この『文字禍』は、碩学の老博士が文字の精霊達に挑む一方的な戦いを、真面目且つユーモラスに語ります。
文字を睨み続けた博士に生じた怪現象がおかしくも恐ろしく、そして落語のオチのような意外なラストを迎えます。
古い小説だからといって侮るなかれ。文字と情報に溢れている現代社会を生きる我々こそ身につまされるテーマです。
ことばを介して、声と文字は表裏一体。だからこそ「声とことば」を学ぶ我々も、文字の驚異をよく知っておく必要があるのではないでしょうか?
短くて読み易い物語ですので、是非、声に出して読んでみて下さい。
中島敦はこの他にも『憑依』という、古の語り部を主人公にした作品でも言葉の一面を言い当てています。もしかすると彼も「声とことば」の関係に強い関心を持っていたのかもしれません。〈喜〉

_______________________________________________________

■□ 磯貝メソッドからのお知らせ ■□
_______________________________________________________

[1]【5月~】「磯貝メソッド東京塾」2017年度前期(5~8月)参加者募集中!
――声とことばの基礎講座が、目的別の3講座展開に!

1.「声のLesson」土曜朝/水曜夜
 ◎声が小さい、通らない、すぐ嗄れるなど発声に問題を感じている方
 テーマ:呼吸・発声・発音

2.「ことばのLesson」土曜朝/木曜夜
 ◎しゃべりにくい言葉があるなど活舌に問題を感じている方
 テーマ:子音調音・活舌・アクセント・イントネーション

3.「コミュニケーションのLesson」火曜夜
 ◎人前で話す機会のある方、または面接対策に。
 テーマ:話し方・説明・会話・プレゼンテーション・スピーチ

[2]ボイスチェックは、大型連休最終日 5/ 7(日)の開催です!
――声とことばの健康診断です。日本語を話す全ての方へ。次回は 7/17(月祝)。
http://www.voice-check.com/

[3]Vocal Arts Service Center 10周年
―― Vocal Arts Service Centerは2017年7月7日に10周年を迎えます。
http://isogai-method.com/archives/1321

月刊「聲の力」 第16号(2017年 3月28日 発行)

▼月刊『聲の力』2017年3月号▼━━━━━━━━━━━━
本メールは「声とことばの磯貝メソッド」がお届けするニュースレターです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (2017年3月28日 発行)

3月に入っても春の歩みが遅く感じましたが、ようやく春到来!東京では日本列島で一番早く桜の開花が告げられ、これから全国に桜前線が移動し春色に染まっていくことでしょう。春は植物が芽吹き成長するエネルギーにあふれる季節です。職場や学校の新年度がスタート、学びや新たなことにチャレンジする意欲も高まります。磯貝メソッドの講座の新年度は5月です。開講前に講座の基本のおさらいと新年度に向けての準備としてニュースレター春号をお届けします。

__________________________________________________________________

■□「声とことばの基本は、楽器である身体への意識を持つこと!」■□
__________________________________________________________________

磯貝メソッドの講座では、常に基本指導の根幹に、声やことばを発するためには「身体への意識を高める」ことが重要と掲げています。

たとえば、各講座の最初に必ず身体法を行い筋肉の固さをほぐし整え、声を出す準備をします。基礎講座では歩行訓練を繰り返し行います。腰回りを動かすことに重点を置き、呼吸や発声に大事な役割を持つ腰部感覚を身に付けます。鏡を使って立ち姿、動きのバランスチェックをします。発声発音時には唇の動きや舌使い、舌のポジションも鏡により自分で確認してもらっています。

講座時には、度々姿勢に関してチェックをしてもらいます。実は、簡単にできるようで、まっすぐに安定姿勢で立つことは難しいものです。私も最初は左右の肩の高さが違い、身体の片側に体重がかかり、安定しませんでした。

身体の左右バランスのとれた中心のある美しい立ち姿、力みなく腰がすっと立ち上がり安定した座り方は、声を出すための必須要素であり、見た目にもかっこよく落ち着きを感じさせます。

皆さんの姿勢は、いかがですか?
もう少し具体的に姿勢に関する注意点、身体の意識をどこに持てばいいのか、どのような感覚が重要なのかを確認しておきましょう。

【1】身体の中心感覚を持つこと
声やことばを発するには、身体の中心軸、正中を取れることが重要です。
鏡の前で、全身をチェック! 
 
≪身体の前面≫ 頭頂ー眉間ー人中ー声帯ー胸骨―臍ー恥骨のライン
・身体の中心にある各点を結んだ正中がまっすぐに整っているでしょうか。
・足裏をしっかり地に付け、中心が整った立ち姿勢であること。
・縦の中心だけでなく、身体の水平ライン、肩、骨盤の水平も取れていることも、大切な確認点です。

【2】発声、発音にも中心感覚が重要!
身体の表から見えるところだけでなく、鼻中隔、声帯、口腔、舌の中心感覚を整え、使えることも発声、発音には重要です。
かなり専門的なことですが、イ)声帯の真ん中から声を出す。ロ)舌の真ん中を意識して発音する。ハ)鼻の中心に向かって響かせるなど、音の明瞭度や発音の美しさなどに関係しています。声帯、口腔内、鼻の中心感覚がないと声がひずみ、音が崩れやすいのです。

【3】音を受けるしっかり聴く時にも、中心が取れていること。
音を正確にとらえるためにも、姿勢はとても重要です。
・リラックスして椅子に浅く座る。膝をしっかり立てる。
・首をまっすぐに、鎖骨左右を平行に背骨をまっすぐにし、十字の状態にする。

中心と水平のラインをつくれるようにすると、しっかりと音を聴く準備ができます。
音を正確にとらえることで、相手の話す内容もしっかり理解できるようになります。声を出す、しゃべることはもちろん、聴くことにも身体の中心、左右バランスはとても重要なのです。

______________________________________________________

■□ 磯貝メソッドからのお知らせ ■□
_______________________________________________________

[1]【5月~】「磯貝メソッド東京塾」2017年度前期(5~8月)参加者募集中!
――声とことばの基礎講座が、目的別の3講座展開に!

1.「声のLesson」土曜朝/水曜夜
 ◎声が小さい、通らない、すぐ嗄れるなど発声に問題を感じている方
 テーマ:呼吸・発声・発音

2.「ことばのLesson」土曜朝/木曜夜
 ◎しゃべりにくい言葉があるなど活舌に問題を感じている方
 テーマ:子音調音・活舌・アクセント・イントネーション

3.「コミュニケーションのLesson」火曜夜
 ◎人前で話す機会のある方、または面接対策に。
 テーマ:話し方・説明・会話・プレゼンテーション・スピーチ

[2]ボイスチェックは、大型連休最終日 5/ 7(日)の開催です!
――声とことばの健康診断です。 声の悩み日本語を話す全ての方へ。次回は 7/17(月祝)。
http://www.voice-check.com/

[3]Vocal Arts Service Center 10周年
―― Vocal Arts Service Centerは2017年7月7日に10周年を迎えます。
http://isogai-method.com/archives/1321

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  編集後記
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

今回は、声やことばを学ぶための基本中の基本である姿勢をご紹介しました。聴く姿勢の理想像は「弥勒菩薩像」とか。 余計な力が抜け穏やかな表情と中心のとれた美しい姿勢、重心の下り方しなやかさは、見ているだけでも、心が定まり雑念が消えていきます。あのような姿で音を捉えたいものです!
姿勢は身についても時々鏡などでチェックしましょう。意識が薄れたり、習慣化するとクセが出たりして、ゆがみ徐々にずれてしまうものです。姿勢の確認、身体への意識を忘れずに、声やことば磨きを継続してくださいね。(菅家ゆかり)

月刊「聲の力」 第15号(2017年 2月28日 発行)

▼月刊『聲の力』2017年2月号▼━━━━━━━━━━━━
本メールは「声とことばの磯貝メソッド」がお届けするニュースレターです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (2017年2月28日 発行)

余寒お見舞い申し上げます。

2月も半ばを過ぎ、今年も残すところ10ヶ月余りとなりました…
アッと言う間と思うか、まだまだと思うかはあなた次第。
さぁ、間もなく春ですよ。
__________________________________________________________________

■□『月刊 聲の力』読んでますか? ~バックナンバーの掲載、始めました!■□
__________________________________________________________________

早いもので『月刊 聲の力』も、15号目となりました。

「あっ、見逃してしまった!」
「もう一度、読みたい。」
「えっ、ニュースレターなんてあったの?」

という方々の為に、バックナンバーが再読出来るようになりました。
因みに、これまでを振り返ると……


Vol.1《【創刊号】『月刊 聲の力』ヴォイスケア情報ほか》

Vol.2《声とことばの語録ほか》

Vol.3《“正しいうがいのやり方”って?》

Vol.4《芯をつかむ磯貝メソッド~2016年 年頭所感》

Vol.5《磯貝メソッドの現場から「初級歌講座」》

Vol.6《磯貝メソッド基礎身体法》

Vol.7《声の3D劇場~Vocal Arts Theater》

Vol.8《『Vocal Arts Theater No.7』開催直前》

Vol.9《 『ボイスチェック』のススメ!! 》

Vol.10《『声の表現を磨く』新講座登場》

Vol.11《『新正講師 お披露目口上』》

Vol.12《『声の学校講座レポート「木曜歌講座」』》

Vol.13《『右側に気をつけろ!』~あなたの利き耳は?》

Vol.14《『2017年 声とことばの磯貝メソッド~年頭所感』》


如何ですか?気になるトピックはありますか?
各回ちょっとしたコラムもあり、意外な発見があるかもしれません。
是非とも読みたいという方は、下記リンクよりアクセス下さい。

http://owsldm.blog14.fc2.com/blog-category-102.html

これからも『月刊 聲の力』は様々な情報を提供してゆく所存です。
ご感想、お気づきの点等ございましたら、忌憚なく聞かせて下さい。
また、「こんな記事が読みたい」「こんな情報があるよ」「私に書かせろ」等々、皆様からの情報を心よりお待ちしております。
勿論、編集部への激励も大歓迎です。

_______________________________________________________

■□ 掲載情報 ■□
_______________________________________________________

雑誌「ハルメク」3月号にて、特集記事が掲載されました。

【編集長が挑戦!おばあさん声を回避せよ!美声への道】
『更年期を境に、声が変わり嗄れてきた実感はありませんか?加齢とともに、声はどんどん老けていきます。
「声が低くなったと言われた―」
傷心の編集長・矢部万紀子さん(56歳)が、磯貝メソッドの門を叩きました。1か月間の美声トレーニングへの挑戦です。』

まず、ボイスチェックを受け自らの現状を把握し、それを元に磯貝先生の特別レッスンを受けられた、矢部編集長の体験奮闘記です。
1か月という短い期間ではありましたが、その成果はしっかりとデータに表れました。
ご本人もその進化を実感し、取材が終わった今でも、改善法の1つハミング練習を続けているそうです。

是非読んでみたいという方はお取寄せ致しますので、磯貝メソッド事務局までご一報下さい。

http://magazine.halmek.co.jp/subscription/201703/number.html

_______________________________________________________

■□ 磯貝メソッドからのお知らせ ■□
_______________________________________________________

[1]【1月~】「磯貝メソッド声の学校」2016年度後期(1~4月)参加者募集中!
――発声法から表現まで、日本語音声を幅広く学べるスクールです。
  NO残業の水曜夜と週末土曜朝に、大人の日本語学校「声とことばの基礎」開講!
http://isogai-method.com/guide

[2]【3月~】声で聴かせる表現講座「ヴォーカル・パフォーマンス」は発声からやります。
――火曜夜は朗読(フランス詩)/台詞(チェーホフ「かもめ」)、日曜月1は源氏物語
http://isogai-method.com/guide

[3]ボイスチェック毎月開催!
――声とことばの健康診断です、3/20, 5/7, 7/17と実施します。就活生におすすめします。
http://www.voice-check.com/

[4]Vocal Arts Service Center 10周年
―― Vocal Arts Service Centerは2017年7月7日に10周年を迎えます。
http://isogai-method.com/archives/1321

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  編集後記
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

「今年も始まったばかり」なんて思っていると、あっという間に四季が巡ってゆきます。2017年はVASCの10周年等、イヴェントが目白押しです。
十月十日で赤ん坊も生まれると云いますから、残りの10ヶ月で新しい自分になるぞ!!……と思っちゃいるけれど、まずは今宵もお疲れ様の缶ビール。
とりあえず、一日一日を大切に積み重ねてゆきましょ。〈喜〉

月刊「聲の力」 第14号(2017年 1月25日 発行)

▼月刊「聲の力」2017年1月号▼━━━━━━━━━━━━
本メールは「声とことばの磯貝メソッド」がお届けするニュースレターです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (2017年1月25日 発行)

2017年が動きだし、はや1か月。本年第1号のニュースレター「聲の力」をお届け致します。
近年ではお正月も簡素化され風情も薄れてきているように感じますが、それでも新年の挨拶や喜びの言葉を口にすると、気持ちが引き締まり活力が湧いてきます。
皆さん、今年はどのような抱負を胸に刻まれたでしょうか。新たな意気込みをしっかり実行していきたいものですね。
今年も声とことばに関する情報を発信してまいりますので、どうぞよろしくお願い致します。
まずは、遅ればせながら代表の磯貝より「2017年年頭所感」をお届けします。

___________________________________

■□  『2017年 声とことばの磯貝メソッド』 ■□
_______________________________________________________

2017年 年頭所感
Vocal Arts Service Center 代表 磯貝靖洋 (2017.1.5)

明けまして おめでとうございます。
本年が健康に恵まれ、良き活動の年となりますことをお祈り申し上げます。

今年は私たちVocal Arts Service Centerにとって、大変良い年になりそうです。
2007年7月7日に、それまで30年続けたOpera Work Shop(OWS)を大きく衣替えし、“声とことばの専門グループVocal Arts Service Center(VASC)”が誕生しました。
そのVASCが創設10年を迎えます。あれから早10年が経過しました。たくさんの方々が参加され、力をいただきました。
2017年は、これから10年先へ向かい、丈夫な枝を繁らせる始まりの年です。


◆創設10周年までの主な仕事

第一は、「声とことばの磯貝メソッド」の体系化です。
「美しい日本語の音」をコンセプトに「発声、発語、発話のメソッド化」とその研修をシステム化しました。こう書かれてもピンとこないくらい、私達日本人にとって「ことばの声」は切実でなく「意味が分かれば良いだろう」「なぜ良い声でないとダメ?」等で止まっているのが現状です。しかし美しさを求めるのは人間の本能です。

第二は、磯貝メソッド「指導者養成講座」の実施です。
最低2年間の研修の後、試験認定試験を経て、全国に正講師14名、準講師16名が輩出されました。すでに7都市、札幌、仙台、新潟、金沢、東京、大阪、広島で「声とことばの磯貝メソッド」による日本語の音声改善が始まっております。

第三は、磯貝メソッドの柱の1つである“美と芸能の実践”としてのVocal Arts Theater(ヴォーカルアーツシアター)の開催です。
毎年テーマをきめ、様々な声のアーツを実演してきました。昨年2016年には「日本の女詩力」をテーマに平安期から現代迄の女性の詩を、楽しく生き生きとステージに展開しました。さらに古典の「竹取物語」を原文のまま朗読劇にし、古典の美しさを楽しみました。
今年は、10月1日(日)に「源氏物語」をお届けする予定です。お楽しみに。(於:東京代々木のオリンピックセンター)

第四は、ヴォイスチェック(声とことばの診断)の定期的実施です。
喋っている本人には分かりにくい自分の声を、いくつかの検査で明らかにする事業です。検査データの説明から、今後どうすればよいのかのアドバイスを致します。
全国各地からの参加者に加え、定期的にチェックを受けられる方も増えました。
2017年は、2/19、3/20、5/7、7/17、9/18、11/23に開催予定です。

◆さて、VASCの未来のお話を致します。

そもそも歌の発声指導で始まった磯貝メソッドが、本家帰りを考えています。今迄積み上げてきた「音楽発声法・歌唱法」を総まとめし、さらに先に進める「歌マスターコース」の開設を予定しています(2017年6月以降)。乞う御期待!
コンセプトは「新しい響きの美しい日本語発声と歌唱法」です。
母音言葉の日本語は、自然にまかせたままでは劣化します。
楽器(喉)を磨き、声を澄まして、今迄にない響きをつくり出します。上質のヴォーカルステージづくりです。気を入れてやらないと出来ない仕事です。多分10年がかりの覚悟が必要な取り組みでしょう。思いつきでなく、本気でやる仲間を全国から集めたいと思います。

その他沢山、未来計画がありますが、丁寧にやっていきたいので、慌てずにお知らせ致します。

今年一年、どうぞよろしくお願い致します。


_________________________________________________________

■□ 磯貝メソッドからのお知らせ ■□
_______________________________________________________

[1]【1月~】「磯貝メソッド声の学校」2016年度後期(1~4月)参加者募集中!
――発声法から表現まで、日本語音声を幅広く学べるスクールです。
  NO残業の水曜夜と週末土曜朝に、大人の日本語学校「声とことばの基礎」開講!
http://isogai-method.com/guide

[2]【1月~】声で聴かせる表現講座「ヴォーカル・パフォーマンス」は発声からやります。
――火曜夜は朗読(絵本・フランス詩)/台詞(泉鏡花・チェーホフ)、日曜月1は源氏物語
http://isogai-method.com/guide

[3]ボイスチェック毎月開催!
――声とことばの健康診断です、2/19, 3/20, 5/7と実施します。
http://www.voice-check.com/

[4]Vocal Arts Service Center 10周年
―― Vocal Arts Service Centerは2017年7月7日に10周年を迎えます。
http://isogai-method.com/archives/1321


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  編集後記
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

お正月は、日本の伝統を感じる機会です。門松、初詣、年賀状、お節料理、お雑煮、七草がゆ等、新年を祝い平穏を祈念する習わしや行事が受け継がれています。我が家のカレンダーにも日本らしい風習を見つけました。1月、2月の表記に並んで睦月や如月の呼称が印刷されているのです。睦月は家族や親戚が集い睦み合う月、如月は寒さで着物を重ねて着る気候、3月弥生は草木がいよいよ生い茂るという意味が込められているんです。継承されてきた日本語は、日本の生活や伝統を物語っています。日本語は、音声にするとそこに込められた意味や風景が映像として捉えることができる、素敵な言葉です。今年も日本語と真摯に向き合い、美しい音声やことば、伝わる声を届けていきたいものです。 (文責 菅家ゆかり)

月刊「聲の力」 第13号(2016年11月25日 発行)

▼月刊「聲の力」11月号《右側に気をつけろ!》▼━━━━━━━━━━━━
本メールは「声とことばの磯貝メソッド」がお届けするニュースレターです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (2016年11月25日 発行)

『右側に気をつけろ(原題:Soigne ta droite)』

ジャン=リュック・ゴダール監督の仏映画をご存知でしょうか?
私はその公開時、意気揚々とスクリーンに向かったものの、余りにも捉え処ろが無くて敢え無く爆睡。
その敗北感から、再度、再々度(結局のべ4回位かな…?)、映画館へと足を運ぶ事となった思い出深い作品です。正に「右も左もわからない」そんな経験でした。

ところで「右」「左」といえば、あなたが電話で相手の声を聴く時、受話器をあてているのは「右側」ですか?「左側」ですか?

今月のテーマは「耳」です。
_________________________________________________________

■□ 磯貝メソッドからのお知らせ ■□
_______________________________________________________

[1]【9月~】「磯貝メソッド声の学校」2016年度中期(9~12月)参加者募集中!
――発声法から表現まで、日本語音声を幅広く学べるスクールです。
  残業しない水曜の夜に、大人の日本語学校「声とことばの基礎」開講!
http://isogai-method.com/guide

[2]【9月~】自分のペースですすめられる、トレーニングクラス!
――火曜夜は発声専門、土曜朝はメニュー別、好きな回数、好きな日にトレーニングできます。
http://isogai-method.com/guide

[3]ボイスチェック毎月開催!
――声とことばの健康診断です、12/23, 2/19, 3/20と実施します。
http://www.voice-check.com/

[4]Vocal Arts Service Center 10周年
―― Vocal Arts Service Centerは2017年7月7日に10周年を迎えます。
http://isogai-method.com/archives/1321


_/_/_/【今月のPick*Up】_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■□新講座登場!《IM聴き方学》■□
____________________________

声・ことばを磨く上で、ついつい「話す」ばかりに気が向き、「聴く」が疎かになっていませんか?
吸って吐いて成立する呼吸のように、コミュニケーションも受けて発する事により成立します。
故に、「聴けない人は上手に話せない」。
逆に、「良い声を持っている人は耳が良い」と言えるのではないでしょうか。

今回は新登場の講座、《IM聴き方学》の中から面白いトピックをひとつ。

あなたの利き腕はどちらですか?……と問われて、答えられない人はいないと思います。
しかしあなたの〈利き耳〉は?……と問われたら、すぐに答えることが出来ますか。
〈利き耳〉とは普段言葉を聞くときに使っている耳、電話をする時に受話器を当てる耳です。
私達の耳は右が左脳支配、左が右脳支配と交叉していますが、脳の言語を処理する機能は左脳にしかありません。
従って〈利き耳〉が右の人は言語情報がストレートに左脳に入ります。
ところが〈利き耳〉が左の場合、一旦言語情報を右脳に受け、その後脳梁を通って左脳に送るという遠回りをしなければなりません。。
その時間差は100分の1秒、しかしこのわずかな差が脳の処理能力に大きな違いを生み出すのです。

だからと言って、右耳ばかり酷使して極端にバランスを崩してしまう事は勿論良くありません。
人の話を聴く時に「右側に気をつけろ」とちょっと意識するだけでいいのです。
こんなちょっとした事で大きな有利不利が生じてしまうのが「耳の世界」なのです。
それにも関わらず、日々の生活の中で「耳」の事をついつい疎かにしていませんか?
この当たり前になってしまっている、「耳」の事、「聴」く事、「受」ける事を一から見直して、その潜在能力を高める事が《IM 聴き方学》の目的です。

ポイントは、
1、人間は“聴いたことのある音”(聴脳が認知し、記憶した音)のみ再生できる。
2、聴き方が変われば発声が変わる(声を変えるには、聴き方を変えなければならない)。
3、IM聴き方学により、自分が開かれてゆく(自分のわかる事しかわからないのではなく、わからない事にも通じていく)。

他にも……
『ウサギの耳の様に高い位置で聞く』
『人間の体で一番小さい骨、アブミ骨のストレッチ』
『イヤホンの恐怖』
『聴くことで脳へのエネルギーチャージ』
『耳の世界は宇宙であり、耳の中に宇宙がある』
……等々、面白くて興味深い話題がいっぱいです。

《IM聴き方学》は現在、実験的に一部講座でのみ不定期に開催されています。
今後は色々な講座に本格的に導入されるとのことです。また、単発でのWSも予定されています。
開催情報は、月刊「聲の力」や「声とことばの磯貝メソッドHP」にて告知致しますので、ご興味がある方は是非一度体験してみて下さい。

詳しい講座の様子は、[声とことばの磯貝メソッドHP/声の学校ブログ]をご参照下さい。
※2016週一ベーシック/2016-7-27 及び、2016-10-26 講義録より
http://owsldm.blog14.fc2.com/blog-entry-1800.html
http://owsldm.blog14.fc2.com/blog-entry-1924.html

《IM聴き方学》であなたの世界、否、宇宙が変わるかも知れません!?


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  編集後記
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

『右側に気をつけろ』について監督のゴダールは、「映画館の外で町を観ても、空を見上げても、理解しようとは思わずにただ感じるだけなのと同じに観るべきだ」と語ったそうです。
それを知ってから私は“わかろう”と躍起になる事をやめて、ただ“感じるだけ”を心懸けるようになりました。それからというもの、映画との付き合い方、楽しみ方が一気に広がった気がします。
会話もこれと同じで、その発せられる言葉や字句だけを追いかけ、“理解しよう”ばかりに専念してしまうと、結局よくわからなくなってしまうなあ……と、ふと考える今日この頃です。
しかしながら『右側に気をつけろ』は今日に至っても、やっぱりよくわかりません?!〈喜〉

月刊「聲の力」 第12号(2016年11月1日 発行)

▼月刊「聲の力」10月号 声の学校講座レポート「木曜歌講座」▼━━━━━━━━━━━━
本メールは「声とことばの磯貝メソッド」がお届けするニュースレターです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (2016年11月1日 発行)

紅葉前線が徐々に南下し、関東周辺でも美しい錦秋を楽しめる季節を迎えました。自然豊かな山間部で育った私にとって、鮮やかな色彩を目にし自然の恵みを感じるこの季節になると、口ずさむ歌があります。
「しずかなしずかな里の秋 おせどに木の実の落ちる夜は、
 ああかあさんとただ2人 栗の実にてます いろりばた」
童謡『里の秋』です。ふるさとを離れ何年経過しても、懐かしい秋の風景を思い起こさせてくれます。皆さんの心に残る歌は、どんな曲でしょうか。
今月の特集では、声の学校講座レポート「うた系講座」を取り上げ、歌の魅力を探っていきます。

________________________________________________________

■□ 磯貝メソッドからのお知らせ ■□
_______________________________________________________
 
[1]【9月~】「磯貝メソッド声の学校」2016年度中期(9~12月)参加者募集中!
――発声法から表現まで、日本語音声を幅広く学べるスクールです。
  残業しない水曜の夜に、大人の日本語学校「声とことばの基礎」開講!
http://isogai-method.com/guide

[2]【9月~】自分のペースですすめられる、トレーニングクラス!
――火曜夜は発声専門、土曜朝はメニュー別、好きな回数、好きな日にトレーニングできます。
http://isogai-method.com/guide

[3]ボイスチェック毎月開催!
――声とことばの健康診断です、11/23, 12/23, 2/19と実施します。
http://www.voice-check.com/

[4]Vocal Arts Service Center 10周年
―― Vocal Arts Service Centerは2017年7月7日に10周年を迎えます。
http://isogai-method.com/archives/1321

_/_/_/【今月のPick*Up】_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 特集 声の学校講座レポート【うた系講座―発声・歌唱法―】
  今月の特集テーマ 『木曜歌講座―VASCの歴史・歌の魅力―』
____________________________

「声の学校・声とことばの講座」の前身は、1977年オペラワークショップ(OWS)として設立されました。設立当初は、声楽家、ミュージカル俳優対象の歌中心のワークショップであったということをご存知でしたか?
現在の講座に参加している私たちも、歌は常日頃声の表現に大いに役立つといわれるのは何故なのか、それを知るために木曜の歌講座に潜入してきました。

=【発声・歌唱法講座】(毎週木曜日10時~12時)=

現在の受講生 10人。OWSから継続し30数年参加している方から2年半ほどの方まで、受講者の継続率の高い講座で、音大出身者や歌のキャリアが長い方が多く受講されています。
講座では、先生が選んだ課題曲の中から、自分が歌いたい曲をひとつ選び、レッスンをしていきます。当初はオペラのアリアなどクラシックの曲を取り上げることが多かったそうですが、次第に幅広いジャンルから選曲されるようになりました。日本や海外の芸術歌曲、唱歌、小唄や俗謡、なんと演歌を取り上げたこともあるそうで、驚きです。

今期の課題曲は山田耕筰。「この道」「あわて床屋」「樹立」「さくら」「赤とんぼ」「野薔薇」「砂山」等。
どれも有名で、私のよく知っている曲ばかりなのですが、皆さんの歌声を聞くと全く別の曲のように感じました。柔らかな美しい響きに歌詞の意味がしっかり伝わり、普段何気なく口ずさむ童謡とは違って、声も歌詞も耳にすっーと入ってきました。
先生からは、「口先でなく、身体に良く響いた声を出すこと」「息のささえをしっかりすること」「伴奏のメロディーに言葉をのせていくこと」「息をコントロールし明瞭な発音で歌うこと」等々、厳しい指摘がされました。
しかし、どのアドバイスも何だか聞いたことがあるような……?

「そうだわ!」私たちが参加している講座でも繰り返し言われている事と全く変わりありません。
声やことばで必要な基本はすべて「歌うこと」の中にあるのだと気付かされました。呼吸法、発声法、発音発語、話すことに大切な要素が、歌の表現にも全て活かされているのです。

受講生たちは、指摘されたポイントが、なぜ上手くいかないかをその場で考え理解し、発声や共鳴、発音の仕方を変えて、先生の指導に答える声で歌っていくのです。
大事なことは、「声を出せる身体を用意すること。柔らかい息で歌うこと。」でした。それを基本に、指導がなされていました。
かなりレベルの高い指導がされていましたが、何よりも先生と受講生の信頼関係があり、厳しくも音楽を楽しんでいることが伝わってきました。皆さんのいきいきとした表情が印象に残りました。

受講者の感想を伺ってみました。

☆磯貝メソッドは、きちんとした理論と実践に基づいているので、先生が仰る事も求められる音楽も出す声も、初めてお会いした30数年前からぶれがありません。
☆レベルによって手加減する事なく、何が大切か、どうすべきかを具体的に指導して下さいます。自分の身体や声が分かる様に、根本からしっかり指導して下さいます。
☆声は常に変化し、ちょっとした油断ですぐに崩れてしまいます。ここで学んだ事を引き出しに、常に調整・修正できるよう心がけています。
☆美しいメロディに乗せてメッセージを届けられることは、喜びだけれど難しさでもあります。
☆メロディ、リズム、言葉と決まり事や制約だらけの中で自由を得る事によって、様々なキャラクターを表現でき、時には時空をも超えてしまう喜びがあります。
☆いろいろなジャンルの曲を歌うチャンスがあり、歌うことが楽しいですし、元気でいられます。

皆様、ご協力ありがとうございました。

木曜歌講座では、公開レッスンや発表会も定期的に開催されています。また、個々人がそれぞれコンサートやイベントにも出演されているそうですから、是非機会がありましたら生の歌声に触れてみて下さい。当ニュースレターでも随時ご案内致しますので、お楽しみに。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  編集後記
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
秋は、人の感性を豊かにしてくれる季節です。先日は友人のシャンソンのコンサートに足を運び、その歌声に感動しました。歌はいいものですねぇ~。
今回、歌の講座に参加してみて、響きのある声のすばらしさ、きちんと聞き取れる歌詞等を通し、基本ができていることの重要さを実感しました。次は、聞いて楽しむだけでなく、自分でも歌うことを楽しみたいと思います。
磯貝メソッドの声の学校には、初心者でも参加できる土曜日月2回開催の歌唱入門クラスもありますので、歌を歌ってみたい方は、お気軽にご参加ください。
私の目標、童謡の次は、シャンソンの「枯葉」などを歌えるようになりたいものです・・・。

月刊「聲の力」 第11号(2016年9月27日 発行)

▼月刊「聲の力」9月号《新正講師 お披露目口上》▼━━━━━━━━━━━━
本メールは「声とことばの磯貝メソッド」がお届けするニュースレターです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (2016年9月27日 発行)

猛暑の予報をよそに次々と台風が上陸し、あたかも夏を連れ去ってしまったかのような今年の残暑。寒暖の差が大きく、ジメジメした蒸暑さと雨の繰り返しの中、夏場の疲れを感じる方も多いのではないでしょうか?

『暑さ寒さも彼岸まで』

気候も安定して過し易くなり、段々と夜が長くなります。そして、どこからともなく秋の声…。
ひと呼吸入れて、少しざわついた心と身体を落着かせたいものです。
_________________________________________________________

■□ 磯貝メソッドからのお知らせ ■□
_______________________________________________________

[1]【9月~】「磯貝メソッド声の学校」2016年度中期(9~12月)参加者募集中!
――発声法から表現まで、日本語音声を幅広く学べるスクールです。
  残業しない水曜の夜に、大人の日本語学校「声とことばの基礎」開講!
http://isogai-method.com/guide

[2]【9月~】自分のペースですすめられる、トレーニングクラス!
――火曜夜は発声専門、土曜朝はメニュー別、好きな回数、好きな日にトレーニングできます。
http://isogai-method.com/guide

[3]ボイスチェック毎月開催!
――声とことばの健康診断です、10/16, 11/23, 12/23と実施します。
http://www.voice-check.com/

_/_/_/【今月のPick*Up】_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■□新正講師 お披露目口上■□
____________________________

去る8/26日~28日、磯貝メソッド正講師、準講師が全国から集結し、恒例の指導者養成講座夏期特別セミナーが行われました。神奈川県・真鶴の絶景のロケーションの中、朝6時から夜9時まで、座学、実技、ディスカッションと研修漬けのカリキュラム。
メインテーマは「提案と実行《Propose & Practice》」。知識と技術の確認、習得と共に、これから「先」について語り合い、濃密で有意義な時間を共有しました。
毎年この合宿から、春の指導者認定試験を合格した新正講師が本格始動します。
今年度は3名の正講師が誕生しましたので、ご披露、ご紹介致します。

……【札辻静美 正講師】…………………………………………………………………………
現在、都内の日本語学校で日本語教師をしながら磯貝メソッドを学び深めています。学校では主に外国人留学生を相手に日本語を教えていますが、外国語として眺める日本語は、日本語を母語とする私たちが考えている以上に、論理的かつ美しい言語です。
磯貝メソッドを通し日本語の美しさ、特に日本語の音の美しさを外国人に伝えつつ、日本人にも再発見してもらう。そんな役割の一端を担えればと考えています。
磯貝メソッドの東京の講座では助手を務めていますが、一方では自分を広める為、神出鬼没に様々の受講生になることもあります。講座でお会いしましょう。

……【萬崎由美子 正講師】………………………………………………………………………
磯貝先生の「教育現場の声とことば」シリーズを2009年から札幌でスタートさせ、今年11月に13回目を迎えます。毎回、小中高校教師、大学教授、アナウンサー、各種インストラクター、医師、弁護士など、幅広い分野の方々が継続され、ご参加頂いております。
また、独自の勉強会を、という有志の声から2013年に始めた「声とことば塾」は9月で20回を数えました。北海道大学では研究者対象の「声セミナー」の講師も務めることになりました。
アナウンサーとして長く勤めた北海道放送を9月末で退職します。いよいよ、声とことばの改善指導のプロとして努めて参ります。

……【三井恵子 正講師】…………………………………………………………………………
石川県金沢を中心に、演劇、朗読活動を行いつつ、磯貝メソッドを10余年研修を続けて参りました。
そもそも私は小さい頃から「ハスキーな声」「おばあちゃん声」と言われ、声に強いコンプレックスを持って生きてきました。それが磯貝メソッドに出会い「声は変わる。そして自分が変わる。自分が変わると周りが変わる」という事実を自ら経験し、獲得しました。
磯貝メソッドには希望があります。このメソッドを自分の声が嫌いだ、自信が無いという全ての人に伝え、可能性を拡げてらもらうことが私の使命だと思っています。声や言葉にハンディキャップのある全国の皆さん、是非一緒にやって行きましょう。

………………………………………………………………………………………………………
札辻さん、萬崎さん、三井さん有難うございました。
皆様、改めまして新正講師3名を、隅から隅までずずずいーっと御願い申し上げ奉ります!

磯貝メソッドでは、「声とことば」の良きサンプル及び改善者となれる指導者の育成を行っています。皆さんの「声とことば」磨きのお手伝いをする為、認定試験の狭き門をクリアした講師達。講座の前後などちょっとした隙に、是非、気軽に声を掛けてみて下さい。講座の慌しさの中、忙しそうに見えるかもしれませんが、ひょっとすると彼らも話しかけられるのを待っているかもしれません。
但し、中々の個性派揃いである事、予めご了承下さい。もう、充分ご存知かもしれませんが…(笑)

今後も機会を設けて、ユニークで魅力的な講師の皆さんを紹介してゆきたいと思いますので、乞う、ご期待!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  編集後記
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
<秋の声>とは、俳句の季語にも使われている、とても日本人らしい素敵な感性を表す言葉です。
「物音がさやかに聞こえること。風やせせらぎなど自然の音ともかぎらず、人のたてる物音ともかぎらない。具体的な音ばかりでなく、心の中に響いて来る秋の気配もまた、秋の声である(長谷川櫂監修『大人も読みたい こども歳時記』)」
私もそんな優しく心に響く音声を持ちたい……。しかし、「人間は自分の聴く事の出来る音しか発することが出来ない(磯貝語録)」という事ですから、まずは聴く事、受ける事。この秋は、心と身体と耳を澄ませて秋の声に身を浸し、少し俗事を忘れる時間を持ちたいと思います。でも、持てるかな?持てるんぢゃないかな?持ちたいなぁ……、否、持つぞ!?〈喜〉