FC2ブログ

聴き方・耳トレ(2018.12.01)

講師:磯貝靖洋/廣木睦子
助手:益田喜晴

本日のテーマ:音の聴き方・言葉の聴き方④音と声

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法
・耳ストレッチ
・耳栓歩行

【講座内容】
◎生理学
・外耳-内耳-中耳
その働きと骨との位置関係

◎骨導ハミング

◎質・方向・距離を聞き分ける耳の力(実践)
〜目測ではなく、耳・肌で受け取る。

【受講者感想】
・今まで目に頼って方向性をとっていた。
・方向はわかるが、遠近がとりづらい。
・自らを開かないと、方向性を取る準備が出来ない。
・どうしてもハミングで押してしまうので聞けない。
・心して人間をやらねば。

【磯貝語録】
距離・角度は目測ではなく、受け取る感覚。

20181201
文責 益田喜晴

聴き方・耳トレ(2018.11.03)

講師:磯貝靖洋・廣木睦子
助手:日月貴子・益田喜晴

本日のテーマ:音の聴き方、言葉の聴き方②音と声

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法
・耳栓ウォーキング
・耳ストレッチ


【講座内容】
〈1〉耳の解剖学

〈2〉音と記憶
目の記憶は進んでいるが、音の記憶はこれからの分野。
はっきりとした音しか覚えられない。

〈3〉自分のハミングを聴く
質の良い、他を受け容れる事のできるハミング。

〈4〉打楽器の音を聴く/528Hzとトライアングル
・鳴りを聴く=はじまりを聴く。
・自分本来の音を聴く=自分で自分を受け容れる。
・想像力/ある欲しい音があると信じる。それを出すとか聞くではなく、それと一つになろうとする。

〈5〉感想
・打撃音が衝撃的
・舞台で相手の科白を聞くとはどういうことか?真剣に聞こうとすると閉じる。
・打撃音である第一声が全てではないか?
・自分で自分を受け容れる事を飲み込むまでが大変。何かしようとすると離れていく。
・楽になると良く聞ける。
・中に入り込むのは人間関係と同じ。

【磯貝語録】
・「良い」or「悪い」ではなく、自分本来の潜在能力に触れる。
・「受ける」とは作った音を聞くことではなく、自分本来の音を聞くこと。


20181111
文責 益田喜晴

聴き方・耳トレ(2018.07.21)

講師:磯貝靖洋・廣木睦子
助手:佐藤昌裕

本日のテーマ:音の聴き方・捉え方③
 自分の言葉を聴き取る

【耳のトレーニング】
・耳のストレッチ:
 耳のマッサージ、引き上げ 他
・耳栓歩行
 膝に手を当てて中腰になる。その膝の位置で立つ。
・ハミング
 自分の骨に響く音(振動)を手で触って感じる<鎖骨、膝、足首 等>

【講座内容】
「言葉の音(声)を受け取る、心を捉えてみる」
・音を「嗅ぐ」(鼻から吸い込むように聴く)
・自分の言葉の音を一音ずつ小さい声でゆっくり言う。言葉を心で捉まえる。
・自分の中で、瞬間出てくるものを嗅ぐ。自分が意識できる前の心を捉えようとする。

【参加者感想】
・歌のハミングとは全く違うものだった。
・喋る時、無意識に手が動いてしまう癖がある。最後の感想を述べる時、手が出てしまったことにすぐ気づけた。
・毎回難しいと感じるが、自分にとっては向いている内容である。
・大切なのは心。演じている時、もっと観客を信じても良いのかなと思った。

【本日の磯貝語録】
・「人に聞かせる声」の前に「自分の声」を聴く。自分が意識できる前の心を捉えようとする。
・大きな声でいうと言葉の「意味」しか取れない。

20180721
文責 酒井真理子