FC2ブログ

Voiceトレーニング・ジム(2019.02.16)

講師:菅家ゆかり

本日のテーマ:個人別メニュー

【本日の講座内容】

[1]準備体操―IM(磯貝メソッド)基礎身体法


[2]個人別メニュー

○Aさん
IMテキスト P33 母音、子音の発音確認
苦手なラ、タ、ダ、サ音の調音を中心に実施

個人の課題ナレーション原稿練習(4月の本番に向けて)
ピアノ演奏、時間の制約あり。
早く滑らかに読む必要がある。

○Bさん
筋力強化、重心の意識徹底。
大股歩行・つま先歩行―丹田を意識し身体の中心がぶれないこと。
直線歩行―「あ」のロングトーン発声しながら歩行。
オーディションに備え、練習用原稿の読み。

【担当講師感想】
2人ともに、ナレ―ションの発表、オーディションが目前にあり、表現も必要だが、まずは相手に伝わる音を出すこと。明瞭な発音で言葉を発せられるかが重要であると感じた。
美しい言葉のために、母音調音、活舌の基本を繰り返し練習し身に付ける努力を続けてほしい。

【参加者の感想】
・丹田を意識し足を出して歩行すると、身体がぶれなくなり歩きやすくなった。
・活舌は学んできたが、力が入ってしまって上手く音が出せない。
・ナレーション原稿読みになると、ますます苦手な音がしっかり発音できてないことを痛感した。

20190216
文責 菅家ゆかり

Voiceトレーニング・ジム(2018.12.08)

講師:磯貝靖洋
助手:菅家ゆかり・菱倉あゆみ

本日のテーマ:個人メニューでのトレーニング

【講座内容】
[1]準備体操
・磯貝メソッド基礎身体法
・耳ストレッチ

[2]個人メニュー別トレーニング
・Aさん
 拗音⊷Mya、Myu、Myo ・Rya、Ryu、Ryo
重心を下ろし股割りをしながら、拗音を発音する。
 拗音子音発音の原理説明
  Jyaー2つの子音を一つにして発音すること。離さない。
  特に頭音をしっかり出すこと。
 拗音と濁音をきちんと出す、品性がでる。

・Bさん
 個人課題台本をセリフにして演じる。本番直前なので仕上げる。
 明るい音にする。
 歩きながらセリフをいう(体に力が入るため)
 口先で音にしない。舌骨をおろす(声が裏返る)
 動きを入れながらセリフを口にする。関西弁にしてみる。
 かなりキャラクターが際立って、暗さが消えいきいきとしてきた。

【本日の磯貝語録】
 発音を明瞭にするには、発音の原理を知ることが必要である。


20181208
文責 菅家ゆかり

Voiceトレーニング・ジム(2018.11.10)

講師:磯貝靖洋
助手:菅家ゆかり・蔭山佑次

本日のテーマ:個人メニューでのトレーニング

【講座内容】

[1]準備体操
・磯貝メソッド基礎身体法

[2]個人メニュー別トレーニング
 
・Aさん
 課題のテキスト
 丹田呼吸で、伝える。
 口でセリフをしゃべらない
 息を吐きすぎず、柔らかく声を出す。

 正立を意識する。
 踵と膝を付けて腰を立てる。この姿勢で声を出すと、
 顎が自然引けて喉頭音になり、しっかり伝わる。
 
・Bさん
 拗音のトレーニング(IMテキスト)
 繰り返し、拗音の言葉の発音練習
 
 拗音は、意味が取りにくいので、音にしにくい
 意味の実感が取れることが重要。
 子音をシャープにつくれること
 
 課題テキスト。
 拗音に注意して読む。


20181110
文責 菅家ゆかり

Voiceトレーニング・ジム(2018.11.03)

講師:菱倉あゆみ
助手:菅家ゆかり

本日のテーマ:呼吸、発声法

【講座内容】

・身体法
 IM基礎身体法
 手をこすり合わせ、全身をさすり覚醒する。(特に共鳴する骨、関節部分を丁寧に)

・磯貝メソッドテキスト P.5 P.6解説
 発声と共鳴の関係
 「人の声とことばの全体システム」
 人は聞いた音しか出せない―人は周囲の環境の音を聴いて発声する。
              良い音を聴くこと。

(1)呼吸システム
・磯貝メソッドの呼吸法は、「目的呼吸」=声やことばのための呼吸である。
 IMの呼吸は、吸う、吐く、止める(ささえる)

・「呼吸作業の生理」の解説
①胸式呼吸
鼻から吸気し、肋骨を広げ保持しながら吐く―息をささえる
胸郭保持訓練―IM胸郭6点法 実施
 
②腹式呼吸(丹田腹式呼吸法)
・丹田の位置を確認、丹田出し入れ運動。
・丹田ささえ法
 丹田張り出し呼吸法、丹田引き込み呼吸法の実践。

(2)発声システム(テキストP・15)
・喉頭のしくみ説明
・「鳴り」と「共鳴」の違い説明
・喉頭実感(喉頭を指で皮膚の上から触れる)
 振動「鳴り」を実感する。

【参加者の声】
・身体全体を意識することがなかったので新鮮だった。
 背骨を意識すると声の響きが違ってきた。

20181103
文責 菅家ゆかり