俳優発声実践(10/11)                      《ことば系》

10月11日(木)俳優発声実践

講座テーマ「情の言語、意の言語  入情ということ」

[1]日本語と情の特性(磯貝講師)
 ・情は受身:刺激に対して装置が動く。間の影響が大。
 ・日本語は:自分を立てる必要がない。自分を消す構造。主体が見えない。
       割愛したエネルギーが「情」になる。
 ・日本語の研究:どんな社会・感情を生み出す構造なのか。
   借り物の哲学、漢字をベースにやって来た。
   日本語の性質を理解してグレードをあげる。「独特」ではすまされない。
 ・個と全体の両軸がある哲学を実論検証するのが音声言語。
 ・個と全体が適当に都合よくすりかわる曖昧さが今の日本語。
 ・日本人の心性が日本語をつくる→感情移入特性の強い言語構造。
 ◎自分の心にひきつける。事実よりも大事。喋り言葉は特に自己心理的

[2]「情の音声」を考える  言葉の扱い方、つかまえ方、置き方から
 長唄、新内、端唄、小浄瑠璃等は情の音声傾向が高い

 ◎口の中が湿っぽいと良い。色情「濡れ場」 乾いてはダメ。
      潤っている。温度感と湿度が必要。平温±2度の揺らぎ。
 ・現代語は乾いてる。
 ◎《情の音声学》→軟口蓋にためるしゃべり。両奥歯の後ろ側。
 ・口の奥が開いて動く形。茄子のような口型:奥が深く声を溜められる。
  日常は前か奥
 ・あまり奥すぎないで軟口蓋に集める。少しカン高い声になる。
 ・のどをいつも湿らせておく。発声法と呼吸法が入要。
  その中で場所を変えて声を変える。
 ・情は直接的でなく表面的でなく、奥に沈んでもいない。
  情は理屈っぽくない。形容詞、形容動詞、副詞的。
 ・身体的だが筋肉的は多く水分を含んだ声
  それでいてビンビン響く発声法。

[3]落語「崇徳院」で情を読み出せるかの演習。
 ・頭蓋骨をひびかせる。吐き出さない。広げない。
 ・湿気を逃がさない。しゃべる(台本の字を読まない)
 ・強い声を出す。頭蓋骨と軟口蓋と喉にあつめる。ふくらむ。
 ・若旦那が病気を白状する部分を各自やる(熊はとばす)
 ◎<色っぽいセリフ>女は男っぽく、男は女っぽく。 しめっぽく。
  色気。色には品(しな)がある。声帯を細く、なよなよとした声。
  しめるのとは違い、メリハリはある。

 ◎情のポジションをみつける。
  息が流れる。糸のようなセリフを出す。

 次回 崇徳院と着物

◆本日の磯貝語録
 日本語の構造・性質を理解して日本語のグレードをあげる。
 情のポジションをみつける

◆本日の感想
 和室がとても素敵な空間で心地良かった。自分は色気がないなぁとしみじ
 み感じました。 情のしめっぽさが欲しい。(K・T)

実践朗読(3/15)                              《ことば系》

3月15日(木)実践朗読

【試演会】
 1.「姥ざかり」p.11~p.24輪読
   ①Aさん
   ②Bさん
   ③Cさん
   ④Dさん
   ⑤Eさん
   ⑥Fさん

 2.「姥野球」p.144~p.147
   ①Gさん、Cさん
   ②Eさん、Fさん
   ③Dさん、Aさん
   ④Bさん、Hさん

 3.講評
   ・Eさん:テキストとの間だけでなく、サービス精神が欲しい。
   ・全体:歌子がかわいくない(人のかわいさを本気でとらえていない)
   ・対話のほうがやりやすいが、1人で四苦八苦しているほうが何か
    伝わってくる。
   ・反応がよくない。
     へそあたりで反応するとよい。
     知っているから早く反応しすぎることがある
     字を受けている
   ・Cさん:やり過ぎ。本が面白いので本に負ける。Eさんぐらいの方が
        想像して楽しめる。
   ・日頃から人間観察するといい。

◆本日の磯貝語録
 朗読者は読みながら、心がドンドン動く事が必要。

実践朗読(3/1)                              《ことば系》

3月1日(木)実践朗読

◎歌子と次男の対話を読む(磯貝塾長)

 p.44 小林がインタビューされている ~p.47「もうええわい・・・」

 ・Aさん・Bさん
  聞き手は親子として聞く。「親子は仲悪い。でもやっぱり親子」と思わせたい。

 ・Cさん・Dさん
  喋る前に相手を聞く-書いてあるものを読まない。
  歌子・・・母だから正面から対立しない。陰険にならない。ユーモアがあって
  いじめる。
  耳だけでなく鼻も使って受ける。
  例えば、「気の毒やけど」をオオアリクイになって喋る。…それくらい面白く
  喋る。

◎長いセリフは、沢山の事を云っているので、読む人が納得してないで、一語
  一語丁寧に変化をつけて表現すること。
  試演会は上記ペアとEさん・Fさん、Gさん・Hさんで、①個人読み②ペア

◎2/15に決めた分担部分を各自練習

◆本日の磯貝語録
 次元の増えた表現を高度な表現という。

実践朗読(2/15)                              《ことば系》

2月15日(木)実践朗読

1.次々回の試演会について
 A.1人が役を読み変えながら、順々に読み進めていく
 B.あらかじめ読む箇所を決め、その中での役をグループで分担して読む。
    ↓
  AとB、両方やる。
  Bの読む箇所は追って決める。

2.テキスト読み
 ※Aの形式でやってみる

 ①始まり~p.11、L2「・・・うんざりする」   参考タイム  約5分
 ②    ~p.14、L5「・・・清潔で簡便だ」  参考タイム  約6分
 ③    ~p.17、L5「・・・一ばんなのだ」   参考タイム  約4分半
 ④    ~p.19、L15「・・・あんぽんたん」 参考タイム  約5分半
 ⑤    ~p.22、L7「・・・波長が合わない」参考タイム  約5分
 ⑥    ~p.24、L10「・・・こたえない」   参考タイム  約4分

◆本日の磯貝語録
 テキストを自分なりに解釈して読んではいけない。
 (テキストは書かれてあることをそのままに読む)

実践朗読(2/1)                              《ことば系》

2月1日(木)実践朗読

「姥ざかり」p.21~最後まで

 (1)3人組みで練習

 (2)(1)の組みで試演
  1組:Aさん(地)、Bさん(歌子)、Cさん(その他のキャラクター)
  2組:Dさん(地、歌子(後半))、Eさん(地、歌子(前半))、Fさん(医者、長男、
     嫁)

 (3)批評
  ・関西弁だと雰囲気になりがち(Cさん)
  ・地と歌子の喋り分けが難しい
  ・地は喋り文でありながら語尾が文語である難しさ
  ・読点をそのままではなくアレンジして読んだ(Aさん)
  ・Cさんは方言のほうが語尾がしっかりしている
  ・Bさんの声が遠くに聴こえる
  ・Dさん、Eさんの歌子に「76才のかわいいお姥ちゃん」がちょっと見えた
  ・Dさんは聞き手にしっかり語りかけていた(丁寧に置いていた)

実践朗読(1/18)                              《ことば系》

1月18日(木)実践朗読

今期のテキスト「姥ざかり」田辺聖子

[1]小説読み
 ・パフォーマンスでは、何人かで読む例が多い
 ・ひとりで読むと作品に負ける
  (小説は基本が"説明体"で、柱の主人公への集中性を保つことが
  難しい。声を出すと疲れる)
 ◎パフォーミングアーツは、演じ手が"疲れ"や"ダレ"、"気抜け"など
  見せたら終わり

 テキストを声に出して読む
  地+歌子とその他のキャラクタを分担
 ・説明部分は誰かに話す、喋る→相手を特定して対話する
 ・特徴的なキャラクタをリアルに考える→マンガに描けること
 ・「こんなおまわりもいる」などと考えない。普通のおまわりをやる。
  もし普通でないなら、おかしくする。
 ・キャラクタを下着のレベルで考え、意識して喋る
 ・自分で作って楽しむ
 ・男が女役をやるとき→会陰よりも上を意識
 ・対象をはっきりする

◆本日の磯貝語録
 読まされてしまうのと読んで伝えるのは正反対の行為

実践朗読(12/14)                              《ことば系》

12月14日(木)実践朗読

<試演会>
 俳句、(和歌)短歌、現代詩(一遍)から2偏ずつ朗読

19:40~20:10
 俳句(2首)<謡う>
 Aさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさん、Fさん

 詩を詠むには、自分で詩を書くことが必要
 今日の朗読は、生き生きしていない→迷わずやり始めること。

 芸能とは、自己発散ではない。「他人が見て聞いている」を意識

 詩の朗読
  文でなく"語"をやる
         ↓
       身体力:語は意味を持っており、音でできている。

 Eさん:自由にやりたいのに苦しがっている
 Dさん:自分で作ると読みもできてくる。自分のものはおもしろいので
     朗ずることができる。
 Fさん:人の朗読楽しい。予想外で。良い詩/詠める詩。
 Aさん:できないことに自信を持つ→そこから始める。
     身の大の人生"笑うセールスマン"→口の中の実感をことばに出す
                                   ↓
                            自由詩を書くこと!
 Bさん:自分でおもしろがれるものをやりたい。詩をやりたい。
                 ↓
     七五の詩。声に出せるものを書く。こどもの詩(五、七)を書く。
     お手本は不用→"技"が必要
     芸をする人 "マメ"であること

     日本の芸能
        ↓
     身につけること。
     深みがあり、落ち着きがあった。
     できる人が教えること!
 Cさん:つくりすぎて失敗
        ↓
     "ことば"をやるとは、語感 無防備でそのことばにふるえる。  

  技術から"芸"へ

◆本日の磯貝語録
  詩は、その国の言語を豊かにする装置

実践朗読(11/30)                              《ことば系》

11月30日(木)実践朗読

<詩の読み方⑥>
詩のことばと音楽性(磯貝塾長)
 セリフ・・・たくさんやると新鮮さがなくなる(語感が生き生きしなくなる)
 歌・・・・・練る→安定感(響きのつながり具合の調合をする)

 ・言葉の音(楽)性・・・語の説明にしない。語感のつながりで詩情をつくる。

 ◎空間の軌跡をつくる。

<試演会の練習>
 Aさん:「夏草や兵どもが」
     夏草と兵は同じ音程にしないほうがいい
 Bさん:「狐のわざ」
     説明が多い←口でやると説明になる
 Cさん:「蜻蛉に寄す」
     「寄す」について
      ・きす-漢文風に歌ったほうがいい。語音性を強調
      ・よす-和文風に。意味感情を語音で締めるように。

 ◎コツ、注意点
  (1)説明しない
  (2)途切れない
  (3)イメージが起こってこないときは、ゆっくり歌っていると起ってくる。
   それを繰り返し、語音から興す生理と感覚をつける。
         
◆本日の磯貝語録
  詩を読む時、各フレーズの終部の読み方がむずかしい。
  出すぎるとイヤらしい。引っ込むと分からない。

実践朗読(11/9)                               《ことば系》

11月9日(木)実践朗読

詩-読み人によって違いが出やすい(想像力を要する)
   作者を意識しすぎず、踏み込んでいい。詩情を強く感じること。

歌い方-口腔の奥を開けて息を回す。「歌位置」でやる。
      ※息の幅が広いと、下奥歯にあたり、上顎にいかない。
       下顎、前部口腔に当てない。

歌-喋りとは違うことをやる。もっと選んで洗練したもの。
   口いっぱいでことばにするのは、芸ではない。

☆音程を付ける
 ・言葉のアクセントに合わせる
 ・くずしてもいい(が、変でないこと)。

◎啄木の短歌(8曲)を、フシ(棒読みでなく)をつけて、謡ふ。

◎「汚れちまった悲しみに・・・」
 ・芸人は、まず、ど真ん中をやる。真ん中のエネルギーでやる。
 ・「に」と「は」の違いを明確にあらわすこと。
         
◆本日の磯貝語録
  芸とは、日常とはちがう、気の充満したもの。   

実践朗読(10/26)                               《ことば系》

10月26日(木) 実践朗読

「日本の詩を学ぶ④」(塾長)
[1]俳句を読む
 連歌:上の句(五・七・五)と下の句(七・七)を二人の歌人でつくり、
    多人数でつなげてゆく。
    第一句を発句、第二句を脇、…終句を挙句という。
 俳句:発句の五・七・五の17音句で必ず季語を入れる。
 テキスト、江戸期に松尾芭蕉により完成される。
  ・芭蕉、奥の細道より6句、大自然との中で胸中に興る叙景的句
  ・子規6句。明治に改革された現代的生活叙情と季節感の句
  ・昔から歌は声に出して詠んでいた。
   (歌垣等野外で声を使いうったえていた)
    ↑高い声を用いた←天にとどく声
  ・声を職業にしている者=身体的→精力的→色好み
  ・子規の時代は声に出して詠む事より、文字にしたためる作風が一般化した。
  ・句界の新しい動き-子供に句を作らせ、絵にしたり踊ったりさせる。
  ・「歌」は聞いた人が良いと思わなければ良い詠みではない。
   →句会ではメンバーに合わせて詠む。

[2]藤村の和歌=首を詠む
 五・七・五・七・七の律(リズム)と間の関係をさぐる。
 読んではダメ。喋ることより歌うこと。ナナメ前に高くアプローチし、
 とばすこと。

[3]詩
 「ふるさとの」「やはらかに」読み
 ・間(ピタッと止める)でリズムを作る

◆本日の磯貝語録
  詩の音読みは文の律(リズム)を教え、語の勢いを覚える