発声呼吸入門(3/10)                            《共通系》

3月10日(土)発声・呼吸入門

[1]ウォーミングアップ(沖田講師)
 歩く(ゆっくり)→歩く(早足)→走る(ゆっくり)→走る(早足)→
 走る(ゆっくり、肩脱力)→歩く(ゆっくり、腕肩ストレッチ)

 ストレッチ①
  ・足裏を合わせて座り、膝をバウンドさせる。
  ・座位から片足ずつ交互に伸ばした状態で前屈
  ・立位で腰部をまわす
    尾骨、仙骨、鼡径部、丹田のそれぞれを順番に意識しながらまわす。
    (止めない、目を閉じない)→全身をまわす(止めない、ためない)
  ・股割
    左右交互に身体をひねり、ひねりきったところで息を吐く。
    バウンド
    腰を膝の高さまでおとし、姿勢をキープ
 ストレッチ②
  ・脚のストレッチ
  ・首のストレッチ(首の重みで伸ばす、まわす)

[2]公開試演会準備(磯貝塾長)
 おさらい(試演会項目に添って)
  1.腹腔呼吸運動
   ①鼡径部出し入れ運動
   ②丹田ささえ呼吸運動
  2.発声共鳴
   ①前胸部共鳴
   ②後頸部共鳴
   ③上顎骨共鳴
  3.母音調音
   ①ア段
   ②イ段
   ③エ段
   ④オ段
 個人練習

[3]公開試演会(自己採点)
 上記[2]のおさらい1~3の各項目を各自一斉に実施
 ※注意点2.③下顎をしめて発声
       3.自分の音をしっかり聞く
 自己採点の申告(全員全項目)

[総評]
 ・或る特定のシチュエーションだけは公的にしゃべれても、別の場では又、
  私的しゃべり(調音発声)になってしまう→×
 ・改善するには、公共性高い調音発声を身につける必要がある。
 ◎音声は、その人の精神状態、身体状態をも伝える重要な仕事がある。
  音声が単一だと、それが伝わらない。
  この大前提を大切にしよう。
 ◎発声法で、様々な声を自分で発することができない人は、発する音声状態
  が限られているので、受ける(聴く)場合も受けられず、聴き分けできない。
  (他人の精神状態、心の状態をそのまま受けられず、自分なりに想像して
  曲解する可能性が高くなる。
 ※次年度は、語音から文音まで発展したい。

◆本日の磯貝語録
 言葉の構音とは、音で意味を作っていくこと。

発声呼吸入門(2/24)                            《共通系》

2月24日(土)発声・呼吸入門

(1)連絡事項
 ・公開試演会 Exhibition 次年度カリキュラム

(2)ウォーミングアップ
 ・腕の曲げ伸ばし、前屈、肩回し
 ・弾みをつけて腰を左右に振り、その反動で腕を回す
 ・股割→前進

(3)母音調音
  準備
   ・口を閉じて、口の中をまんべんなくなめる
   ・顔面を手でほぐす
   ・口、鼻、目を開けて口をまわす

  ◎母音調音点の確認 i、e、a、o(テキストで確認し発声)
   ※発声時のポイント
    一回毎にきちんと音をつくる

   個人練習 i、e、aテキスト

   個人指導
    Aさん:一語一語言葉をつくる。声が裏返らないように。
    Bさん:口の中を使って発語する。音を飲み込ます、前に出す。
        歯を閉じて練習。
    Cさん:喉と口の中をしっかり使って声を前に出す。

発声呼吸入門(2/10)                            《共通系》

2月10日(土)発声・呼吸入門

「母音構音」(沖田講師)

1.ストレッチング

2.「母音調音法演習」(テキスト a、e、i、o 使用)
 (1)各母音調音点を正確に一語一語を発語してください(明瞭度を高める)。
 (2)練習母音以外の母音とうまく、はっきり分離発語してください。
 (3)なるべく息も響きも前に出してください。
 (4)丹田のささえを適度に入れ、腹胸部とうまく連動してください。
 (5)口唇、舌面は横に広くせず、多少縦口で口の中を広げてください。
 (6)調音発語と同時に、意味を頭と喉ではっきり実感してください。
 (7)口喋りにならず、前の人に向かってしっかりと発語してください。

発声呼吸入門(1/27)                            《共通系》

1月27日(土)発声・呼吸入門

1.ストレッチング(西本講師)
 ・指先をこすり合わせる
 ・首回し、腕伸ばし、股関節の外側のストレッチ
 ・座骨で座り、身体を左右にゆする
 ・正中で立つ
   -首回し
   -前屈の状態から大きく円を描くように身体をまわす
   -前屈の状態で身体を左右に8の字にまわす
   -前屈から背骨をひとつずつ意識し上体をおこす
   -腹式深呼吸
 ・四股
   -肩入れ
   -バウンド
   -四股踏み
 ・骨盤を回す

2.呼吸
 ・丹田呼吸(1)
  吐きながらお腹を引っ込める
   呼吸時のポイント
    ①糸のように細い息をはく
    ②上腹を硬くする
 ・丹田呼吸(2)
  吐きながらお腹を出す
 ・胸部呼吸

3.母音調音(テキストp.27図 参照)
 母音調音点に音を当てると言葉の明瞭度が上がる

 ・母音調音の前のエクササイズ
  -顔を手のひらでこする
  -顎関節を指で押さえて欠伸
  -下顎を左右に速く動かす
  -口を閉じたまま唇を上下左右、斜めに大きく動かす
  -口を開いて唇を動かす(欠伸の手前のような状態)
  -舌を細くして前に突き出す

 ・"イ"、"エ"調音
  ※発声時は、毎回ポジションを作り直すこと

  -一人ずつMDに録音し、自分の声を聞く
   "イ"×3回、"エ"×3回、各2セット

  -個別チェック "イ"
    Aさん:フラットに音が出せるように
        喉を開けて胸部を使い発声する
        調音点をしっかり決めて発声する
    Bさん:調音点が広い
        細く明瞭度の高い音が出せるように
        →息を細く鋭くはき出す練習
    Cさん:ポジションがたまにぶれる
        時々"L"が入る

発声呼吸入門(1/13)                            《共通系》

1月13日(土)発声・呼吸入門

[1]ストレッチング
 1)腕伸ばし、首回し、肩回し
 ※骨からゆっくり動かす

 2)内分泌系を意識して身体を動かす
 (上半身)
  ・手のひらをこする。指の間、手の平、手首をなでる
  ・胸の脇、肩をなでまわす
 (下半身)
  ・足踏み(ゆっくり軽く)
  ・膝を折り股関節をまわす
  ・坐骨も一緒にまわす→動きが大きくなる
  ・鼠蹊部~足の下までなでまわす
 →ここまでやると身体の重心がおりる 四股も踏みやすい
  ・四股の体勢で息を吐く

[2]発語システム テキストP25-P28
 テキストP25-P28解説
  ・言葉の意味がわかっても"実"がわかってなければいけない
  ・もっと"実"を感じるように "実"の共有
  ・日本語の共通の響きの"美しさ" 伝わる音声が必要
  ・人様に通じる物を持とう
  ・私語では相手に伝わらない
  ・他人は私とは違うという幕(意識)がなければ伝わらない
  ・他人がわかる音声が必要
 母音調音点
  「イ」「エ」…前母音 「ア」「オ」「ウ」…奥母音
  「ウ」「イ」「オ」…上顎調音 「エ」「ア」…下顎調音
 ※調音時、口の形は唇の形が出来ればいいというものではない

[3]母音調音演習
 音声演習テキストP1
  ・"アマガサ"~ 鏡を見ながら発声
  ・"ア"を重点的に
  ・良い響きになると声が大きくなる
  ・喉を意識してしゃべること。

発声呼吸入門(12/9)                            《共通系》

12月9日(土)発声・呼吸入門

[1]ストレッチ(沖田講師)
 ・身体をまっすぐにする→身体の歪み、癖を知る
   (ふたり一組になり、相手をよく見て矯正する)
 ・壁を使っての倒立
 ・三点倒立→声の為に、頭頂ではなく、おでこで立つこと
   ※倒立を通して、身体の中(鼻や喉など)が通る、広がるということを
     つかむ

[2]講座(磯貝塾長)
 ・喉頭から上がってきたエネルギー(息)がどこかにぶつかって
   音声になる→そのぶつかる位置をきちんと決めるのが声の訓練
 ・笛の動き(上下)によっても、音の高低が変わる
 ・口ではなく、喉でやること
 ・"うがい"で口の中の共鳴点を実感するとよい 歯、前歯
 ・犬歯のあたりに響かせる(上顎の高いところ)
 ・息を吐かない限り、声は鳴らない
 ・上顎で笑う→笑えないのは、普段使っていない ずれている
 ・上顎まで上げて前に出す
 ・胸部共鳴の場合には、胸の中側でなく、前そして外に響かせる→声も前にでる
 ・顎の関節を動かしながら唇を動かす→呼吸を整える
 ・胸部、後頭部下、下顎、上顎で名前を2回ずつ言う→それぞれ発表する
   Aさん:もっと明確に当てる場所を変える
   Bさん:だいぶはっきり分けて出せるようになった
   Cさん:はずかしさがあるが、大きく出せるようになってきた
   Dさん:響きを上げた時に割れるので、もっと下を使う(降ろしながら)
   Eさん:上だけでなく、下、後ろを使うとよい
  ※響く位置が違うと感じ方が違う
  ※全身で見つけながらやる

◆本日の磯貝語録
  上顎に響いた言葉は思考を聡明にする

発声呼吸入門(11/25)                            《共通系》

11月25日(土)発声呼吸入門

[1]ウォーミングアップ (沖田講師)
 (1) ストレッチ 丹田を中心に体をまわす
 (2) 股割り
 (3) 仰向けの状態で足の開脚
 (4) 仰向け~両つま先が頭の上につくように体を丸める(腰がのびる)
 (5) 肩入れ 四つんばいの姿勢から肩と頭を内側に入れ、伸ばす(左右交互)
    
[2]懸壅垂の鳴り(磯貝塾長)
 ・日本語の音声が違っている。ことばが共有できない(日常会話)
 ・話をするときに、修飾語を並べたてる(バプリックスピーキング)
 ・感情で解決しようとしている(引きこもり)
      
 これらはみな、「声の問題で解決できる」というところに行き着いていない。  
 →声を出すことが当たり前すぎたから(日本におけるかつての水と同じ)

 ・日本語は、皆同一に感じ理解することはない。
 ・日本語の"い""え""あ""お""う"が地域や人によって違っている。
 ・今、日本人は他人と喋る時の客観的言語を持っていない。
  (自分はよく分かるが、Youは分からない。SheやHeは、自分に
   取り込んでわかったつもりになる。Youに対してもSheやHeと
   同様の扱いをしようとする)
 ・これからは、見えないものを売る時代(触るか、聞かせるか)
  →音声言語に頼る社会に移行しつつある(高齢化社会)
 ・喉を使って喋る 喉の状態、発声の仕方によって感情が変わる
  →このことをわからないと聞くことができない

 <エクササイズ①>舌を細くする
  ①舌を浮かせたまま、舌先を細く突き出す
    唇の前に人差し指をかざし、指先を少しだけなめる
  ②①でつきだした舌先の状態(細い舌先)で奥に入れる

  弛緩した状態で話しをするとコミュニケートできない。

 <エクササイズ②>喉を開けて、響きを作る
  ①下顎か舌を離し、喉を開ける(縦口、生アクビに近い状態)
  ②①の状態で"あ"と発声(懸壅垂に響かせる)

  個人チェック
  Aさん:自分が分からない言葉は、人にも分からない。
      自分が出している音を出して修正すること。
  Bさん:1m先のマイクに向けて音をだすように。自分の中だけに入れない。
      自分の外側の音を聞くこと。
  Cさん:上唇の中心部は使っているが、口角を使っていない。
      だが、口角を緊張し続けるのではなく、口角で支える。
  Dさん:目の前にいる人に話す(横や後ろに人はいない) 
      空間意識を持つ。目の前の人に通じる音を出す。
  Eさん:サンプルみたいに、きれいな音声。
  Fさん(見学者):笛の実感がない。笛を下げて発声する。

  エクササイズ②を二人一組で  

◆本日の磯貝語録
 日本人の情動表現は、ほとんど上半身である。

発声呼吸入門(11/11)                            《共通系》

11月11日(土)発声呼吸入門

[1]ウォーミングアップ (沖田講師)
 (1)歩く→走る→股上げで歩く→手をほぐしながら歩く
 (2)腹筋
  ①仰向けの状態で肘をたて、両足をフレックス→両足の膝を交互に立て腹筋
  ②二人一組で、一人は仰向けになり、もう一人が足を押さえる(またがる)
    →仰向けになった人が、手を頭の後ろに組み腹筋
 (3)背筋
  ①うつ伏せの状態で両手両足を肩幅より少し長めに広げる→
   A:右手左足、左手右足の組み合わせで交互に上げ下ろし
   B:両手両足を全部上げて20カウント
 (4)腕立て伏せ
    脇広げ腕立て、脇閉め腕立て、各20回
    ※腕立てができない人は膝立て腕立て
 (5)ストレッチ
    腕のストレッチ-身体の前で左右にのばす。前後に腕をのばす
    首のストレッチ-上下前後左右
 (6)股割
    股割の状態で身体を上下にバウンド

[2]胸部共鳴(磯貝塾長)
 書き言葉(メール)としゃべり言葉
  ・メールの普及で言葉を自分なりの意味でとらえるようになった
  ・文字だと音声に付随する個人の人間情報は伝わらない
  ・書き文字では、書いている人の個人の人間情報は伝わらないのでは?
 <受講生の意見>
  Aさん:しゃべりでも程度により同じ事が起こるのではないか
  Bさん:声だと相手の気持ちがわかりやすいが、文字だと自分で想像を広げ
       てしまう
  Cさん:文字だけでは感情表現しにくくて顔文字を使っている。
      でもそれにも限界がある
  ・自分の中に種々のボイスソースを持っていると、相手の発している声に
    反応するので話し手の状態を理解できる
  ・それができないと、自分の状態で勝手に意味情報だけ理解する
  ◎状態を捉える、皮膚感覚で捉えることが重要

  ・音声化する作業は知的作業。音化することの意味がある
  ・声は心、身体に宿る
  ・音声言語と同じ位置の頭で理解すること
  ・聴く脳(大脳)と発する脳(前頭葉)は違う
   情動音声は、更に別の脳(脳幹)も使う
    (前頭葉だけでは言葉の意味をとれない)
    →脳幹に近い音声は情動音声(口の奥、胸で発している)
     口の奥、胸=身体で声を発している時は喉、声が下がる
   ◎音声技術とは、巧妙な錯覚である
  ・現代人は楽をしようとする。声もまたしかり
   声を発する時に、相手に通じる音を出そうとは思っていない
  ・人に伝わる声を出そう

 Ex1) "エ"の発語練習(単純胸声)
  ・"エ"は胸声を作りやすい
  ・舌面で"エ"をつくらない(舌面は音を吸収するするため響かない)
  ・歯の中で、口を縦にして下顎の音を胸に響かせる

   相手を落ち着かせる音声は胸声。一方的に押しつける時は口しゃべり
   →この違いがわからない人は、それらの声を持っていない人

 Ex2) 胸声を使う
    "せんせい" "けんてい" "(自分の名前)”

 個人指導
  Aさん:声をもう少し前に出す
  Bさん:外に響かせる 胸に響くかしっかり確認する
  Cさん:発した音の余韻を自分でつかむ 胸を意識する 胸に響かせる

 <受講生の感想>
   Aさん:胸部発声を維持するのは難しい
   Bさん:慣れてないから頭がくらくらする
   Cさん:下顎への意識集中がまだわからない

◆本日の磯貝語録
①音声技術とは、巧妙な錯覚である
②コミュニケーションは、言葉の意味情報をやり取りするだけでなく、
 声や顔の表情で人間情報のやり取りをする事が大切

発声・呼吸入門(10/28)                            《共通系》

10月28日(土) 発声・呼吸入門

[Ⅰ]ウォーミングアップ(沖田講師)
 ・股割りの体勢で両手を前で組背中を伸ばす。
  a)四股踏み
  ①股割り
  ②①の体勢で左右の足を交互に踏み降ろす
  ③両足の間隔を少しせばめる(腰はしっかりおろしておく)
  ④③の姿勢で支えを意識し踏み降ろす(床を踏み抜く)
   ※足を上げた時に足の裏が床を見ていること
   ※早くたくさんではなくゆっくり丁寧に
   ※足裏の感覚をつける
  b)床打ち
  ①正座の状態から両膝を左右に肩幅ほど開く
  ②①の姿勢で前屈みになり両手を前につく(かえるポーズ)
  ③②の姿勢で左右の手で床を交互に打つ
   ※手、肩、腰に余分な力を入れない
   ※指は開いておく
   ※手を打ち抜く
  c)回復運動

[Ⅱ]発声とキャラクター(磯貝講師)
 ・ことばの種類 ⇒ 文字のことば、声のことば
 ・声の出し方はことばの種類、態度を使い分ける(TPOによって)
  →これが現在はくずれてきた(場により使い分けが出来にくい)
 ・プライベートな場以外での声の出し方(発声法)を学ぶこと
 ◎まず、相手の状態を受ける事から(内容だけを聞くのは×)
  受ける力をつける(音声授受)→聴く力をつける
  耳だけで聞くのではなく、身体で受ける

 EX)ひびきの違いを実感する
 ・様々な箇所を手でおさえ、おさえた場所に向けてひびきを作る
  ("あ"でひびかせる)
  ①鎖骨下
  ②首の付け根(背面)
  ③下あご
  ④脇鼻
  ⑤後頭部
  ※ひびきの位置の違いでキャラクターが違ってくる
   →生き方によって声が違う
  ※相手が出している声のひびき位置がわかると相手がわかる
 ◎聴く力→ひびく位置を知り、共振すること

[Ⅲ]話声区について
 ・女性-口~喉の高さ
 ・男性-喉~胸の高さ
 ※口は音の種類を作る、喉は音の高さを作る

 EX)
  ①胸骨を軽く繰り返し叩く(テキストP16図22で位置確認)
  ②①の位置をおさえながら軽く"あ"と声を出す
   ※共鳴点を胸にもとう!
  ③鎖骨下(胸骨)に手のひらをおく、手を置いた所から音を前に出す
   1."あ"2."お"3."え"4."い"5."う"

◆本日の磯貝語録
  話の信憑性は声で測れる(声はその人の精神をあらわす)

発声・呼吸入門(10/14)                            《共通系》

10/14(土) 発声・呼吸入門

[Ⅰ]ストレッチング
 ・波(全身を脱力し、ゆする) ①一人で行う ②足をもってもらいゆすられる
 ・股割り→肩入れ→手を前に出して歩行
 ・二人組みで波による回復運動。各自で足をほぐす。

[Ⅱ]『声の劇場in東京2』感想
 ・声が出るな 年配の方と若い方では声が違った
 ・スタッフで参加していて前から観たかった、響きを受けたかった

[Ⅲ]講座「懸よう垂を知る」
 ・各自、鏡で観察→他の人と観察し合う 違いを認知する
 ・空気うがい 各自空気を当てている感覚をつかむこと
 ・「い、え、あ、お、う」
  ①懸よう垂を響かせて発語練習
   ※感覚をつかむこと
   ※響かせるためには力を抜くこと
  ②普通の状態で発声
   ※この時①での発語との違いを見付ける
  <実感を述べ合う>
   Aさん:喉が下がって、口の中が広がった
   Bさん:喉が響いていた、広がった
   Cさん:まだうまくやれていないかも 
       (講師より→力を入れすぎ、全部を響かせている)
   Dさん:深く動く感じがする
   Eさん:口の中が大きくなる感じがした
  
 テキストを①②の状態で喋り、違いをくらべる
 1)「あっ、ちょっとまって下さい。それ私のです」
 2)「そうですか、もういらっしゃらないのですね。残念だなぁ。」
 3)「これはまずいな。全然味がなってやしない。」

 懸よう垂で行うとき、無意識かもしれなが準備をしているので、
 これをもっと意識的に正確にすれば良くなる。
  
 『はな』を懸よう垂読み