歌発声(3/14)                        《音楽系》

3月14日(土)歌発声

講座テーマ「試演会」

[1]練習
(1)<♪あめふりくまのこ>
 ・リズム打ちのみ(歌詞を思いながら)
 ・しゃべりとリズム打ち
 ・歌とリズム打ち

(2)<♪通りゃんせ>
 ・「いきはよいよい~」…発声をしっかり。おなか使って足まで。
 ・甲…弱く/乙…強く
 ・「通りゃんせ」大きくリズムとる。
 ・身体にリズムを作っておく。
 ・最後の「通りゃんせ」の前のブレス、鼻からちょっと吸う。

(3)<♪待ちぼうけ>
 ・歌のとき、足使う。
 ・個々に練習(作り直す)
 リズム語り…頭と身体と口をくっつける。(速く軽く)

[2]試演会
(第1部)全員で
(1)あめふりくまのこ (リズム打ちと歌)
(2)通りゃんせ (ゆっくりとアップテンポ)
(第2部)個人
(1)待ちぼうけ (語り+1番歌)
(2)自作詩

[3]感想(一年間)
A:リズム少しわかってきた。声が出るようになった。
B:余計な接頭・接尾語をやめなさいと言われた。鼻使うと力抜けた。
C:お腹使って声出せるようになった。物語覚えると歌詞覚えられた。
D:リズム認識出来た。具体的に声出すことしたかった。
E:音がとれるようになった。別々のこと出来るようになった。
F:アンサンブルで他の人と声重なることが出来楽しかった。
G:自分ではあまりできなかった。きまりと自由の差が難しい。
H:身体で音を感じられた。音符にとらわれていたが、少し崩せるように。

[4]講評(一年間)
<磯貝先生>
 ・通常でないことすることおもしろい。
 ・けじめ(切替)を覚えることが芸能。
 ・リズムで人と通じ合える。
 ・言葉:語尾の処理、メリハリ自分でつけようとすること。
 ・自作詩はもっと聴きたい位おもしろかった。
 リズムにのせて作り、発表していることが良い。
<青木先生>
 ・自作詩はもう一度新鮮さを取り戻して。
 ・お辞儀がまずい!舞台立った時から「やるゾ!」というエネルギーが欲しい。
 ・自分がそこで何をやりたいかが見えない。
 ・NYでは今、言葉と歌が自然につながっている。レベル上がってる。

◆本日の磯貝語録
 ◎ケジメ(切替)を覚えることが芸能。
 ◎リズムは人を同化させる。他人と通じ合うための力を持っている。

◆本日の感想
 第3期は回数が少なく短かったわりには皆さん“作って”来ていてさすがだなと思
 いました。

歌発声(2/14)                        《音楽系》

2月14日(土)歌発声

講座テーマ「日本語のうた-喋り歌3」

[1]柔軟体操(青木先生)
 全身

[2]歌唱《リズム表記:●=4分音符/-=4分休符/◯=2分音符》
(1)<♪あめふりくまのこ>
①リズム打ち(-●/-●/-●/●●)+歌詞読み
 ・1人1番ずつ交替で
 ・全員で
 ※声を出す・・・通常ならできる。
  自分にない「何か」(人に向かってしゃべるなど)となると、邪魔ものが入る。
  音楽・・・普段使う音のもっと上下を使う『巾をもった声』が必要。
  そのために、「発声練習」+「身体のリラックス」が必要。

②人に伝わるように読んでみる。(1人1番ずつ)
 ※自分の思った、わかったようにやっても人には伝わらない。
 ◎内容を理解する。
 ◎自分は何者か。(「くま」になった方が、この場合良い。)

①+②伝わる読み+リズム打ち
 ・「くずす」ために、「あるルール」にのっていなくてはならない。
 ◯歌唱(しゃべる速度に近く、少し速めで)

(2)<♪通りゃんせ>
 ◯甲乙2グループに分かれて、読む(伝わる読み)。
 ◯リズム打ち
  (甲)-●/-●/-●/-●
  (乙)●-/●-/●-/●-
 (甲乙)一緒から、リズム打ちなし
 (甲)はいばって、(乙)は少し縮こまるような感じで歌う。
 《最後3小節の歌い方》
 (8分休符)こわいながらも/とおりゃんせ/とおりゃんせ
 ・8分休符のところ 「チョン」手打ち
 ・(こわいながらも)と(とおりゃんせ)の間 「ハッ」
 ・とおりゃんせ/とおりゃんせ 「決めゼリフ」楽譜通りでなく。

(3)<♪待ちぼうけ>※繰り返し後の前奏なし
 ◯語る(それぞれ)
 ◯歌唱(くずして語る)

[3]自作詩発表
 ※内容があって、リズムがある。→おもしろい。

◆本日の磯貝語録
 ◎「表現」のためには、「巾」をもった声が必要。
 (現代日本の女性の音調は「高め」と「低め」の二局化。「低め」の人が多くなっ
 ている。男性は「高め」になり、男女差がせばまっている。)
 ◎人間の面白さ。バツを受けることを知りながら、ルールを破ること。

◆本日の感想
 学校で習った読み方、歌い方などをマスターし(条件)、それを各自が「崩す」時
 に、読み手、歌い手自身の個性が表れる。それが個々人の見せ場、聞かせ場
 となることが分った。

歌発声(1/31)                        《音楽系》

1月31日(土)歌発声

講座テーマ「日本語のうた-喋り歌2」

[1]柔軟(各自)

[2]発声練習
 <テキスト1a、b、c>
 「Ma(マ)」
 ※顔マッサージ、リップトリルでほぐす。
 「La(ラ)」

[3]音取り
<♪あめふりくまのこ>
 階名又は、Laなどで
 ・全員で
 ・2グループに分かれて
 ※リズム注意《リズム表記:●=4分音符/-=4分休符/◯=2分音符》
  ・(歌に入って)4小節目は ● - <タン ウン>
   8小節目は ◯   <タァ アー>
   違うので注意。
  ・5番 あたまに「はっぱ」を →「はっぱ」のリズム他と違うので注意。
 ※3番の後に間奏入る。

<♪待ちぼうけ>
 ・歌詞読み(全員で)(1番ずつ1人ずつ回す)
 ・音取り「Maマ」(2~3人ずつ)
 ※歌に入る前の「8分音符」きちんと。
 ※歌7小節3拍目 ミ→シ の跳躍しっかりと。
 ・歌詞で
  (全員で)
  (2人ずつ1-4番交替で、5番全員で)

<♪通りゃんせ>
 ・音取り「Laラ」
 ※最初1泊「4分休符」でお休み
 ※歌12小節「おいわいに」の後、きちんとブレスする。
 ・歌詞で
  ◯歌詞読み
  ◯全員で
  ◯甲乙に分かれて
 ※歌の入りしっかりと。
<今日の復習>①あめふりくまのこ ②待ちぼうけ ③通りゃんせ

[4]自作詩発表 「テーマ:もうイヤだ!」

◆本日の感想
 良く知っている(つもり)童歌でも正確に覚えている分けではなく、勝手に歌って
 いた。でも皆さんもそうらしかった。でも譜面通りだとスッキリする。皆さんの作
 った詩はとてもユニークで面白かった。

歌発声(1/17)                        《音楽系》

1月17日(土)歌発声

講座テーマ「日本語のうた-喋り歌」

[1]ストレッチング(五十嵐)
 (1)上肢柔軟(首、肩、腋下)
 (2)腰まわり
 (3)下肢柔軟/座位(足裏、足部)
[2]発声
 (1)Ma(マ)
 ・ピアノで音を聴いた瞬間は音の中心をとらえているが、音を出し始める
  と下がったり上ずったりし始める。
 ・歌になると、メロディーや言葉がついて音の高低が不安定になる。
 (2)「ミ」の音を聴く
  『自分の身体のどこで音が響くか』
  首の上あたり(目・口開けたままで)
 ☆音をどこで聴くか。
  頭蓋骨、メガネのつるの後ろあたり2~3cm。
 (3)・音をとるとき必ず目を開ける。
   ・目頭の少し上と耳の上4点集中して音を出す。
 (4)人の出した音を判定してみる。
  ※音を出す人は、狙って出す。(出してから修正しない。)
[3]歌唱
 ◯待ちぼうけ→語り歌にしたい。(「声の上手さ」と「言葉のさばき」)
 ◯通りゃんせ→リズムを強調した日本語。
 ◯あめふりくまのこ→童謡。リズムの基本とラップ歌い。
 <♪あめふりくまのこ>
 ・詩を読む。(詩として、人に伝わるように読めること必要)
 ・音楽のリズムで詩を読む。(1拍ずつリズムを打ながら読む)
 ※以下のリズム表記
  (●(タン)=4分音符・♪(タ)=8分音符・-(ウン)=4分休符)
 ・● ♪♪<タン・タタ>のリズムを打ちながら読む。
  (※ラップ…長音符のところも伸ばさない)
 ・-●/-●/-●/●-<ウンタン/ウンタン/ウンタン/タンウン>
  おやまに あ めが ふりまし た←フレーズの最後は打つ。
 ・2人1組(リズム打ながら読む。)
 ・●- <タンウン>
 ・-♪♪<ウンタタ>
 ・●♪♪/●♪♪/●♪♪/●- →次の人へ渡す。
 強 弱 ←それぞれ工夫してみる。
 <タン タタ/タン タタ/タン タタ/タン ウン>
 ・上記リズム全員で。周り中に渡すつもりで。

★次回
 4行詩(3番まで可)作ってくる。
 〔参考〕五七 又は 五七七 で
 テーマ:「もうイヤだ」

◆本日の磯貝語録
 ・ここ2~30年で日本人の日常発する声の巾(高低)は圧縮して来てい
 る。(声巾がせまくなっている。)
 ・ラップ…音を加工して楽しむ。

◆本日の感想
 今年初めてのレッスンでした。年末年始にさぼっていたので、声を出すの
 がひと苦労でした。リズム取りとも久しぶりで、うまく取りのるのがうまくいか
 ず、あらためて日々の練習の必要性を実感した。

歌発声(12/13)                        《音楽系》

12月13日(土)歌発声

講座テーマ「試演会」

[1]発声
 「min min(ミンミン)」鼻、鼻からイキ吐くように。
 「mai mai(マイマイ)」クビと下アゴ使って。ノド下に手当て、響き調節。
 「o-u(オ-ウ)」(ソミド)口の中奥にまわす練習。
 音が下がってきたら、胸にのった音に。背側(腰上)の響き感じて。
[2]合わせ
 ♪メリーさんのひつじ
  ・Merryの「e」縦長に。(他も同様に。「メエメエ」)
  ・語尾は次へつながるエネルギーを。
  ・「W」は口唇で、アゴでなく。
  ※音楽のスピードにのる。支えを抜いてしまわないように。
 ♪花のまわりで
  ・口のスピードを口唇であわせる。
  ・長く伸ばす音、抜けて広がる。
   肋骨を脇から締め上げる。→来期以降、勉強する。
 ♪蕾
 ♪クラリネット

[3]試演会
 (A)メリーさんのひつじ(イギリス民謡)
 1 Aさん・Bさん/2 Cさん・Dさん/3 Eさん・Fさん
 (B)蕾(コブクロ) <全員で二声>
 (C)花のまわりで(大津三郎 旋律)
 1 Eさん・Dさん/2 Aさん・Fさん/3 Cさん・Bさん
 (D)クラリネットをこわしちゃった (フランス民謡) 全員で二声

[4]講評
 ・アンサンブルは合唱とちがう。音の重なりを基本とする。
  合唱でもソロでも役に立つ。
 ◎今回は、アンサンブルのおもしろさを感じてもらった。
 ・言われたことは一度頭で聴いて、耳から通過させてよい。
  (言われ続けることで、耳タコになっていけば良い。)
 ・続けていくことが大切。自然と定着してゆく。
 〔感想〕
 Dさん:一人で歌うとき、みんなで歌うとき、自分の声の聴こえ方がちがう。
 Eさん:人の声を聴きながら出来るようにしたい。
 Cさん:周りの声聴けなかった。自分がミスしないことに気が入って。
 Aさん:周りの音との共鳴があって楽しかった。
 <磯貝先生>ユニゾンから分かれたとき、他人の存在を感じた。
         (子供時代)
 Fさん:音取りのとき頭でとろうとしていたが、響きで取るとピアノがなくて
  も逃さずとれた。アンサンブルで知ったことがうれしい。
 <磯貝先生>耳だけで聴くと出せない。鼻とノドで響きをとらえる。
 Bさん:人と感覚がちがう。私はどうやろうかと考えた。
 <磯貝先生>アンサンブル、人とのかけひきが始まる。人生と同じ。それ
  が起こるとおもしろい。

 ★三期予告
 ・日本語しゃべり歌
 ・自分で作ったものを歌ってみる。

◆本日の磯貝語録
 ・アンサンブルはかけひき、人生と同じ。それが起こるからおもしろい。
 ・スポーツと芸ごとにはライバルが必要。

◆本日の感想
 改めて、アンサンブル音楽のたのしさ、難しさを実感しました。他の人の
 音と自分の音が重なるのはとても良い感じで、しかも楽しかったです。

歌発声(11/29)                        《音楽系》

11月29日(土)歌発声

講座テーマ「重唱 試演会のGP」

[1]準備体操(塾長)
・身体:腰、下肢を中心に柔軟。肩から背面の伸張運動
・顔:鼻奥と上、喉頭の中の筋肉を動かす。
・舌(タン):前胸部まで動かす。
・口唇動かす:「P」「M」で音にする(Pa,Pu,Po,Pi,Ma,…)
・ほほ骨のところ意識すると、タテに開く。→声の種類多くなる。
 『骨に音当てる』がわかると良い。

[2]発声
・口唇から息を「U(ウ)」で吐く(下唇を前へ突き出して)
 (「真似する」…身体の前面で聴く。耳と鼻と一緒に聴く。)
・のど「Ma」(鼻を抜く)
 ◯ほほ骨にのるように。
 ◯鼻の上方まで使って軽く。
 ※自分の出した音…骨に響いた音を聴いている。ひいき目に聴いてし
  まう。
  外で人が聴いている音は違う。
 ★頭蓋骨上前に響かせる。(下方に響く音は暗い)
  前頭骨共鳴をつかむ。
・「N」目頭~眉間
 ※のどに意識集まらないように。抜く。
 ◯横隔膜…背中側肋骨使っておろす。
・「M」鼻、おでこ
・「UOA」前方に響かせる。

[3]歌唱
♪蕾(パート 上:Aさん・Bさん・Cさん/下:Dさん・Eさん・Fさん)
♪メリーさんのひつじ
 (パート 上:Fさん・Eさん・Bさん/下:Dさん・Aさん・Cさん)
  拍子の取り方…上にとる。
♪花のまわりで(パート メリーさんと同じ)
《パート・組分け》(上・下)
・メリーさんのひつじ(Bさん・Aさん/Eさん・Cさん/Fさん・Dさん)
・花のまわりで(Fさん・Cさん/Bさん・Dさん/Eさん・Aさん)
<♪花のまわりで>
 下パート練習→ペアで全員で→各ペア1番ずつ歌う(全3回)
 →3番のみ全員で
<♪メリーさんのひつじ>
・ペアで全員(2人の少し前方で音を集める)
・1ペアずつ
 ※語尾が粗くなりやすい。ていねいに。
 ◎軽い音楽をつくる。スーッと(レガート)、ブツブツしない。
 ◎説明しながら歌う。
<♪クラリネットをこわしちゃった>
(パート 上:Cさん・Eさん/下:Aさん・Bさん・Fさん・Dさん)
・下パートのみ全員で…「パ オ(↑) パ オ(↑)」にする
・上1人・下2人のチームごとに。(下パートは上パートの人に向かって歌う。)
※言葉の意味や表情を一緒に合わせる。
<♪蕾>
【試演会】
「蕾」全員で
「クラリネットをこわしちゃった」2チームで
「メリーさんのひつじ」「花のまわりで」3ペア

◆本日の磯貝語録
 自分の出した音で、自分の骨に響いた音を、伝えるべき音と認識してい
 るが、外に出て人が聴いている音は異なる音である。

◆本日の感想
 ふだんの歌い方が重くなっていたせいか、今日の発声で声があがり、歌
 声が軽くなり、歌い方が楽になりました。

歌発声(11/15)                        《音楽系》

11月15日(土)歌発声

講座テーマ「テキスト歌唱2」

[1]準備
 ・ランニング(体を一つにつなげる)
  クールダウン(ゆっくり歩く)
  伸びをして身体を解放する。
 ・ふくらはぎを伸ばす
 ・肩入れ(足の付根をしっかり伸ばす)
[2]鼻呼吸
◎鼻呼吸のとき音がしてしまうのは…
  筋肉がどこか固くなっているから。
  「鼻腔と軟口蓋=入口」が開いている状態で。
 【姿勢】
  仰向けに寝る。片足ずつ自分の方に引き寄せ、足裏指まで床につける。
  手をみぞおちあたりに置く。→手を床の上へ、手の平上に。
 【呼吸】・・繰り返す
  ・口から吐く→音を立てた方がわかりやすい。
  ・鼻から吸う→音は立てない。
  (注)首の後ろいつも長く、アゴが上がらないように。
 ・4カウントで吐いて、4カウントで吸う。
  ※鎖骨長く、ヒザは天井の方へ。頭は向いている方へ長く。
 ・両足天井の方へ持ち上げ(ヒザ曲がっていて良い)、ブラブラ。両手もブラ
  ブラ。
 ・片足をもう一方の足にかけて、そちらへ体をヒネる
  もう片方も同じ方向へたおし、両手でかかえる。
 ・手をついて起き上がる。
[3]発声
 ♪リップトリル(寝ていた時の姿勢で。ヒザをロックしない。)
  ・やりにくい時、口角を手で支えてみる。
 ・舌根ストレッチ
 ♪舌出しハミング(舌出して歯で噛む、鼻三角に手当てハミング)
  ・吸うとき静かに。
 ・肋骨を両脇から触る。
  ・吸ったとき、全体がフワッと広がる。(筋肉でやらない。)
 ◎腹腔と肋骨まわりはいつも柔らかく。
 ♪発声テキスト2a
 ・舌出したまま「N」
 ・「Ya」(準備:口閉じたまま、モグモグする。ガクガクはしない。)
  モグモグ筋(アゴ)を使う。アゴ止まらない。
  ☆上の音は質量軽い。上にいったとき重くなったら、力で押している。
   (自分でf(フォルテ)を出そうとしているとき以外)
[4]歌唱
 <♪花のまわりで> (原調:G dur)
 ・「Ya」 息を使って音をつなぐ。
  *1パートずつ全員で。
  *男性のみ下パート…( )内「まわーる」レガートで。
  *女性のみ下パート…2頁2小節目シレソの「ソ」がフラットしやすい。
                息を流すと軽くなる。(鼻開ける→軟口蓋)
 ・歌詞で
  *全員上パート
  *男性/上パート、女性/下パート
  *女性/上パート、男性/下パート
 ◎男性→上パート 女性→下パート(音がまとまる)
 <♪蕾>
  (小音符(ハモリ)パート:Aさん・Bさん・Cさん・Dさん)
 ・2声に分かれて。
 ・B~ パート別音取り。
 ・Dの3~6小節、間奏カット
 ・同性ペアの予定

◆本日の感想
歌の最も重要事の“息が繋がる”という事が実感出来ました。

歌発声(11/1)                        《音楽系》

11月1日(土)歌発声

講座テーマ「テキスト歌唱1」

[1]歌唱(磯貝塾長)
 <♪蕾>
 ・二声で復習(1カッコまで)
 ・メロディーのみ(歌詞2番まで)
 ・B~ ハモリパート(2番まで)
 ・3番まで、パートに分かれて
 (パート分け)
 上パート:Aさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさん
 下パート:Fさん、Gさん、Hさん
 <♪花のまわりで>F dur(ヘ長調) 原調:G dur
 ・メロディー(1番歌詞で)
 ・下パート(3番まで)
  【下パート注意ポイント】
  *( )内歌詞歌う。
  *2頁3小節目「まわる」は上パートなので歌わない。
  *3番カッコ 音が変わっているので注意。
 ◎男性→上パート 女性→下パート(音がまとまる)
 ・個人で不安なところレッスン
 ・男性(メロディー)パート
  (注)「まわる まわれー」…スタカート、アクセント強調して歌う。
 ・全員で二声歌唱
 <♪クラリネット~>
 ・「どうしよう」まで1パートずつ全員で音取り。
 ・二声で歌う(パート毎にまとまって)
  *同一パート内では、合わせようとして、引けて弱々しくなるとよくない。
   しっかりと良く響いた声で、軸をブレない様に前に出す。
  *歌詞のエネルギーにうまく乗る。雰囲気に入らず、しっかり歌う。
  *下パート「とてもだいじにしてたのに」自信持ってしっかり出す。
  *「どうしよう」内向せずもっと陽気に。
 ※パート内のたくらみが同じになってくると良い。
 ☆「クラリネット」歌詞確認  3番「みつけられたら」正当
 <♪メリーさんの羊>
 ・二声で歌唱
  1・2番―ゆっくり、3・4番―早く、5番―もっと早く、6番―ゆっくり
  (スピード感を変えると物語になる。)
 ◎アンサンブル(重唱) 〔※もっと多くなると合唱に→あまり自由きかない〕
  ・2人で気を合わせて、いろんなことが出来る。
  ・但し、自信をもって完全犯罪する。

◆本日の磯貝語録
 演奏は、完全犯罪に近い程良い。たとえ、まちがっても自信を持って歌い上
 げること。重唱は双方が考え込んだり、スクンだりしては楽しくもないし、うまく
 行かない。

◆本日の感想
 小編成のアンサンブル(重唱)を歌った。小学生の頃にコーラスしただけで
 少し心配だったが、思ったより楽しさを実感出来た。

歌発声(10/18)                        《音楽系》

10月18日(土)歌発声

講座テーマ「重唱の楽しみ3 -重ねるピッチの取り方-」

[1]発声
 ・リップトリル(軽やかに)
 ・舌のストレッチ
 ・上下の歯をしっかり合わせて、「口角横に引く」⇔「タコのように口唇突出す」
 ・手の平温めて、「顔マッサージ」「耳をほぐす」「首」
 <発声テキスト>
 ♪1a:①ハミング ②Na(ナ)(①の響きを使って)
 ※手を組んで上に伸びをする。
  音が上がる時、この感覚を使う。(身体が上下に伸びる)
  但し、カカトは床につけておく、上に伸びきらず、少し余裕がある状態。
 ♪1b:La(ラ)
 ♪1c:Go(ゴ) (声帯をしっかり鳴らす。鼻は開けておく。)
[2]歌唱
 <♪蕾>音取り(Adur)
 ※練習番号C 6小節目 4拍目 リズム変更
  「はなびら」の「な」をひとつ先の音符まで伸ばす。
 ◯メロディー
 ◯ハモリパート
 《歌い方》同性2人 ①②
 A ① → A’② → B パート
 〔練習〕同性2パートで
 ・A ① → A’② → B 2人メロディー
 ・A ① → A’② → B 2人ハモリパート
 ※基本は3度の重なり
 ・B~ 全員で ①メロディー ②ハモリパート
 【注意】
 B 8小節目 リズム8分音符で「わ・か・っ・て・た」
 C 6小節目 メロディーからハモリへの音
 <♪メリーさんの羊>
 ・男女混合2声で。(1、2番→パートチェンジ 3、4番→隣同志ハモル 5、6番)
 ※3度の感覚
 ※下パートがしっかりしていると、メロディーのりやすい。(音が良い)
 <♪クラリネットをこわしちゃった>
 ・下パートの音取(歌詞で)
 ・2声に分かれて歌唱

◆本日の磯貝語録
 重唱は声を重ねること、合唱は声を合わせること。
 やはりそれらはちがうこと。

◆本日の感想
 今日は歌詩をつけてハーモニクスの実戦でした。はじめの方はつられて歌っ
 てましたが、後半は音がとれ、皆きれいにハモっていました。蕾は好きな歌な
 ので完璧にアンサンブルにしたいと思います。

歌発声(10/4)                        《音楽系》

10月4日(土)歌発声

講座テーマ「重唱の楽しみ2 -テキスト譜読み-」

[1]準備
 ◯体
 ・腕の伸長を使って上半身をゆるめる。
 ・座骨を意識して下半身、上半身を伸ばす。
 ・ヒザをかかえて座骨・モモの付根を伸ばす。
 ・顔の筋力をゆるめる。
 ◯発声
[2]ハーモニクスについて(塾長)
(1)自分の出している音をキャッチする。 原則:前の響きで聴く
  ・空気がどこかに当たって、響きになる。
  ・曲に合った「当てるポイント」をつかむ。
 ◯自分に聴こえる音(体内:骨導)
 ◯外に聞こえる音を聴く(耳に手を当てて<前、後向き>)
  ・出している位置が同じでも響いている位置がちがう。音の高さによっても変
   わる。
(2)響きの共鳴(重ねるときに必要なもの)
 全員で出した成果物で感じとる。位置を統一していく。
(3)しゃべり声は上アゴ前側に近い。
  歌のときは上アゴの柔らかいところと固い
  ところの間、前後1cm位。
  <1人ずつ響きの位置を探す>
 ◯出す声の「幅・太さ」は変えられる。(ポイント広すぎない、点で出す)
 ◯発する位置に執着せず、執着点を見る。(キャッチャーミット)
 ◯上アゴの骨を意識して、響かせる。(長く出し続ける)
 ◯音をちゃんと聴いて、出す。(聴いているようで、聴いていないことがある)
 ◯上アゴの天井を経由する。(前アゴに向かって、うがい)
 ◯容量の大きい人は、左右に広がらないように、前後いっぱい使う。
(4)ハーモニーをつくる
 <3人1組 3グループ:♪ド・ミ・ソ>
 ◯3人1組みで同音をとる。→3グループで「ド・ミ・ソ」のハーモニー
 ☆音を取るとき「人中」(鼻下1点、肉の内側)で取る。
 ◯ハーモニーを聴く。(1グループ1人ずつ抜けて、ハーモニーを聴く)
 ☆自分の「しっかり出せるポイント」を決めて、そこで責任をもって出す。(調声)
 ♪ド・ミ・ソ→♪シ・レ・ソ
 ◯全員小さくまとまって「ドミソ」(耳に手<前・後>、手をはずして)
  ハーモニクスを作るとは…
 ・自分の出す音のポイントをしっかりと。
 (隣の人に合わせるというのではなく。)
 ・音が変わっても同じポイントで。

◆本日の磯貝語録
 外に出た音を聴いてくれる耳(もしくは師)を持つこと。

◆本日の感想
 アンサンブルの為の音のとり方、響かせ方、ハーモニーの取り方など知らなか
 った事の練習をしました。特にその根本となる自分の声の響かせ方や聴き方、
 とらえ方を1人1人学べました。