FC2ブログ

伝わる声とことば(3/14)                     《ことば系》

3月14日(日)伝わる声とことば

講座テーマ「コミュニケーションの声 パブリックスピーキングとはどういうことか」

[Ⅰ] ストレッチ―館林講師
・首をゆるめる→顔のマッサージ→頭皮のマッサージ
・腕を前で組んで伸ばす、斜めに左右にして伸ばす、後ろで組んで前屈
 前屈のまま手は前について片足ずつ伸ばす
・座って坐骨を地面に押し当て回す様にほぐす、股関節を足の裏を合わせて
 バウンド その状態で前屈
・仰向けになって体を揺らしほぐす→丹田の1呼吸で呼吸をする→次に発声
 をする(完全に喉の音ではなく、息と半々程度にハミングのように)
・立った状態でさきほどと同様に発声

[Ⅱ]コミュニケーションの声 パブリックスピーキング―磯貝塾長
・言葉を発するということにおいても、パーソナルなこととパブリックなことがある。
・言葉には“意識の方向性”というものがある。
 この点においてパブリックスピーキングは圧倒的に外に向いている。
・日本語は何千年も縦書きを使ってきたので、横書きでは上手くいかない。
 横書きの頭がないからだ。横書き頭だと文が長くなる傾向にある。
(1)パブリックスピーキングを考える
①<種類>
 演説、講演、談話
 説教、講義、講話
②<どういうことが出来るのか:目的>
 事柄についての意見、見解を述べる
 物事、事象についての説明
 政治、政策、戦略の主張
 個人的経験、心象などの発表
③<方法と手順>
 ①何の目的で(テーマ)
 ②何、どういうこと(コンセプト)
 ③誰に(なるべく明確に)
 ④どんな風に(方法、場)
 ⑤話のデザインとレイアウト→原稿、図
④<相手に対して留意点>
 興味を持ってもらう
 分かり易さ
 納得(説得力)
◎各項目について説明と全員で討論する。
・目的が多岐に渡っているので複層しやすい。
・方法では柱と筋道をはっきりさせ、論点をシャープにする。
・親近性、近しさは導入としては役立つ。
・ユーモア性は人間感、生命感のあるものがよい
・パブリックスピーキングは基本、一方向。オーディエンスはあくまで受け手。
 発する側が十分に相手を納得させることが必要である。
・生の観客に口を見せて話すということがパブリックスピーキングの基本。
・しゃべりっぱなしということはない!その行為や結果に対して“責任”を持つ。
・ボランティアなど経済関係がなくても“話しっぱなしにしない”
・日常的関係、空間、プライベイト以外ではパブリックに対し責任を持つこと。
・パブリックの概念は不特定で多数であり、一般、公共である。
・話にプライベートな思いや語法が先行しないこと。
・オーディエンスが「納得」し易い論の組み立てを工夫する。
・話し手のリラックス度はTPO。
・信頼度が重要。聞き手を馬鹿にしてはダメ。下手に出てもだめ、その上信
 頼を。
☆自分の心情で他人の心情を動かすのはむずかしい。
(2)パブリックスピーキングの演習
演習-1「3月28日(日)みんなで花見に出掛けませんか?」
(30秒程度で作る)
   ↓
・言いたいことだけを書いてしまってはならない(原稿)。必要項は必ず入れる。
 特に“3月28日(日)”これは自分のことではない。相手にとっての内容。
・人の前に出てどこまで自分を出していいか、これを節度という。
 心情をメインにすると情報落ちが出るし、全くなければさむ~くなる。
演習-2「なぜ言葉を改めて学ぶのか」(1分間スピーチ。書いたらすぐリハーサ
     ルをする)
   ↓
・リハーサルをする場合、必ず口を動かすこと!目で追ってもダメ
・全員発表(1分間限定。オーバーしたら切る)
 Aさん…言葉ではなく国語しか習ってこなかったことに気付いた。
     …言葉は生きていくのに必要、人とのコミュニケーションのため
      言葉は道具、よく手入れすべきなので
 Bさん…学ばないとどうなるか?
      正確に聞き伝えるためのものが言葉、そのために学びの場が必要
      だから何度やっても必要。
 Cさん…ナレーションの仕事での経験、昔の仕事を改めて聞くと言えてな
      かった。少しましになったがまだまだ。
 Dさん…自分の伝えたいことが伝わらない。あせって整理できていない。
 Eさん…最近言葉が乱れている、だが、その言葉が当たり前になるかも、今
      の正しい言葉と新しい言葉も学んでいきたい。
 Fさん…対人関係において、もっと相手に伝わるようにしたい。
 Gさん…人前できれいな言葉で話したい。美しい言葉で歌いたい。
 Hさん…自分にしか出来ないことをやりたい、朗読ボランティアをやりたくて、
      学ぶこと。芝居のセリフとは違うので。
 Iさん…仕事柄、相手は選べない。どんな人にも通じるように
 Jさん…大切なことを他人と共有し、伝えるために必要。
・おしゃべりに制約はない。だが“話す”ことには、制約がある。
 制限時間、相手、作法、用語、音声、仕事…。
・自分の経験をもとに話すことも悪くはないが、それに固執すると不正確に伝
 わる可能性がある。
・自分の思いはどう伝えるかではなく、「正確に、簡略に」
・情動が多くなると呼吸が多くまざってくる。論点がぼける。
・情動は自己生理、これが多いと他人にはわからない。
 自己生理をわかってもらおうとすることが“おしゃべり”(発散)
・声の音色によって、“おしゃべり”と“話し”は大きく分かれる。
 自分の体に響くということ、そしてその深さがあることこれが、“話す”というこ
 とにおいては重要なことである。
・体に響かせるということに重要なことは呼吸と発声である。

◆本日の磯貝語録
 自分の心情で相手の心情を動かすことは難しい。出来ても誤解がほとん
 どだ。

◆本日の感想
 今日はパブリックスピーキングです。「なぜ改めて言葉を学ぶか」の1分間ス
 ピーチです。言語を正確に話している時は頭が論理的に働き、それに実感
 の欲しいときは体の響きを大きくし、呼吸を少し深めると楽々と出来ました。

伝わる声とことば(2/14)                     《ことば系》

2月14日(日)伝わる声とことば

講座テーマ「コミュニケーションの声 伝わる話し方の方法」

[Ⅰ] ストレッチ―館林講師
・立った状態でのストレッチ→座った状態で開脚のストレッチ
 →寝転がった状態で足を天井に向けたり、組んだりのストレッチ

[Ⅱ]伝わる話し方をさぐる
(1)話すと喋る
  喋る=言う      ↑私的、日常、生活、個的
--話す=話す(わす)----共通的、共有的--------
  講、談、説(する)= ↓社会性、公共性
・喋るということが苦手な人が多い。
 ものを言うということを理解しない限り、世の中を生きていくことは難しい。
Q.あなたにとって“もの言うもの”とは何か?(力のあるものは?)
  まず世の中で一番ものを言うのは金である。次いで土地、地位、身分、家
  柄、学歴、権力
・(枼)→喋る、蝶、葉などに使われる。つまりペラペラしているということだ。
・生きているということは喋るということだ。
Q.しゃべるということ話すということはどちらが好きか?
・人の前で話せない→しゃべればいいのだ。
社会的なことが重要視されすぎて、私ということ、つまり喋るということが育っ
 てない。
Ex-1:二人ペアになってお喋りをする(なるべくくつろいで)
①A:「Bさん、すいませんが100円貸してください。」をキッカケに喋りを育てる。
    その後
②B:「Aさん、この間の500円返してくださいよ」で喋り合う。
  ↳「喋る時の語」と「話すときの語」が違っているからだ。
・私⇔社会 ここの差を分かって出すことができるかどうか。
喋りの面白さつじつまあわせである。思い付きである。
・喋りの矛盾は流せるということ。流れてしまう。止まっていられない。
・喋ることは文字になりにくい。文章化しにくい。文章は話し語化。
 だからこそ音として伝えることをする。
・みんな喋れてない。だからセリフも喋りになってない。
・喋りと話のボーダーを見つけてみよう(境目はどこだ!)。
Ex-2:「相手を喜ばせる」事について思い切り喋り合ってみる(二人で)。
※ここで重要なのは“聞いている方が王様”(聴者優位)
 聞いている方の価値観、主観に従う。相手に喋らせる。
・喋れてたと感じたペアは→思いつきで言葉を出せた。
 そうじゃないペアは→考えて言葉を出していた。
喋ろうとする人に話そうとすると会話は上手くいかない。
喋りというのは行き着く先がない。
喋りができると楽しい人生を送れる。話が出来るとうまい人生が生きられる。
・何だかわからないところに面白さがある。
・話しと喋りの頭の回路は違う。
・"言う"の内容の本来は、言葉をつくすということであった。
 喋り時は“云う”と記したが近年統一され、言うになった。
・喋りと話しを上手く使い分けると上手い人生を送れる。
◎次回は喋りのときの頭の違いや心の違いをより詳しく考える。

◆本日の磯貝語録
 聴いている方が王様(決定権有り)。聴き手が分かるように話すのが話のルー
 ルその1。話し側の事は、全てその中で成立する。
 徹底的に相手主義が話しの原理。お喋りは逆。
 喋りができると楽しい人生を送れる。話が出来るとうまい人生が生きられる。

◆本日の感想
 磯貝師の「喋り」と「話し」が満載でした。目の前の実演で同じことでも話しと
 喋りがこんなに違うのだと明確に分かりました。今迄考えもせず話していた
 ので、他人のことも自分のことも意識できると面白いと思います。

伝わる声とことば(1/10)                     《ことば系》

1月10日(日)伝わる声とことば

講座テーマ「コミュニケーションの声 読むことと伝えること」

[Ⅰ] ストレッチ
・各々、各パーツをひとつずつ緩めていくストレッチ。
・二人組になり、互いを引っ張りあったり、背中合わせになって乗りあったりする。
 引くときのポーズは問わない。個人が引っ張るというよりは
 相手に引っ張られるという感覚。
・股割りの状態で丹田を意識した呼吸。
 坐骨を床に向かってはたく。
 肘を膝につけて坐骨を引っ張りあげる。
 さらにそのまま手を床について軽くバウンドさせる。

[Ⅱ]言語論
・生物の多様性―人間はここまでどんどんと拡がってきた。
・言語の多様性―現在、中国語が最も人口が多い。
 日本語も一億人以上の人がいるため多い。しかし、言語が多様化すると
 他者との共通性が薄くなり言語機能が低下する。
この場合共通語が必要となってくる。
・言語の進化論―チョムスキーは言語は進化すると定義した。
 赤子のうちからあれほどの早さで母国語をマスターできるのは
 遺伝的な要因があるのではないか。
◎赤子のまだ不明瞭な言葉を「喃語」という。
・学習によって得る言語は、各個人の脳の出来方にもよるが、
 母国語のようにしゃべることは出来ない。にもかかわらず、
 子どもは教えもしない言葉をしゃべりだす。(言語の生得性と学習性)
◎言語は文法、つまりルールである。
 このルールはDNAに刻まれているとチョムスキーは唱えた。
 ・没落品種―生物の中にもあるが、言語にもある。(消滅言語)
・ここで相反する事柄が生じる。
◎言語はしぼむと滅びる。かといって拡がりすぎるとダメになる。
 この矛盾をどうするかが21世紀の言語学の命題。
 ・この問題を考えるとき、五十音というものが頭を離れない。
 ・あいうえお…この成り立ちは実ははっきりとわからない。
  やはりDNAに入っているからではないだろうか?
◎ここでは「い、え」前母音、「あ、う、お」奥母音に分けている。
 これは単純に明瞭度で分けているものだ。
・言葉には大きく二つの領域がある。「文字」と「音声学」である。
☆言語の個有性だけを肥大化させると言語は滅びる。
 このことについて我々は考えなくてはならない。
 ⇒つまり「言語の核」というものを発見しなければならない。
・日本語を母音にしているものにとって「あいうえお」は核である。
・これから我々は日本語の母音の核を作り上げたい。
 自分たち個有なものはひとまず置いといて、共通語をつくる。
◎伝える声・言葉においても、自ら独自性を出せば出すほど
 自らの独自性(つまり自分の伝えたいこと)を殺す。
◎「核音」という概念と実際を確立すること。

[Ⅲ]母音の核音をつくる「u」
☆以上から母音を考えたとき、5母音の集積された音に近いのは「ウ」である。
 →そのためには「う」の核音を捉えてみる。
◎これまでのおさらい
 “前歯をあわせて口の中を開ける。唇が口を覆うと
 音の広がりを殺すのでなるべく閉じない。この状態で「う」を出す。
・各々出してみたが、個人個人で全く違う。
 これでは不便である。
・この場でも「う」の核音を時間をかけて作っていこう。
☆核をつかむ、これによって中心がわかる。
 中心がわかることによって外側の色々なものがわかる。
 これが有機的であると定義する。

[Ⅳ]読むことと伝えること
・読むこと伝えることにおいても、学習するよりも、
 DNAに刻まれていることをどう具現化するかになってくる。
・読むこと―目読すること、音読することの違いはなにか?
 声に出してただ読むこと、相手に伝えるということの違いは何か?
☆自分の思いを伝えようとするのではなく、
 相手の頭の中に文字を作るということが伝えることには重要。
・自らの個有性を少なくして、より正確に伝達できるようにする。
◎個有性は拡大しないこと。
 しかし、その個人の特殊性はあってもよい。
響き率を上げることにより明確にしてほしい。
・散文のように情報言語のみで書かれているわけではなく、
 情動言語が含まれている場合、自分の情動をいれない。
 その文の情動をとらえて表すと良い。
・言葉を身体化する。頭脳化しない。(知覚抽象化)
・音も共通音声に、情動も共通情動にして出せるようになれるとよい。
※演習「泣いた赤鬼/浜田廣介作」全員朗読

◆本日の磯貝語録
 言語は縮小しても拡大してもほろびる。
 そのために、核音が必要だ。
 日本語の母音の核音を作る。母音が集約される音は「ん」だ。

◆本日の感想
 言葉の個有性と共通性、物事の多様性、
 普遍性を学んだが大変に難しいことだった。
 それぞれを持たせないといけないが<核音>は音楽的なのかなと思う。

伝わる声とことば(11/15)                   《社会人系》

11月 15日(日) 伝わる声とことば講座

講座テーマ「基本発語法② アクセント・イントネーション・プロミネンス」

[Ⅰ] ストレッチ―安藤さん

・体の部位毎に軽く揺らしてほぐす。
・首のストレッチ―前に倒す、回すように左右、後ろに倒す。
・前屈から腕を床についたまま、ゆっくりと左右に振る。
・座った状態での前屈、座骨を立てて座り、片足ずつ前に伸ばす。横に伸ばす。
・寝転んだ状態で膝を立てて片足ずつ反対側の膝を倒すように、
 右手と右足、左手と左足を背中でつないで伸ばす。

[Ⅱ]基本発語法② 話し言葉のエネルギーの移動様式―磯貝講師

◆アクセント、イントネーション、プロミネンス、モダリティー他

・被テキスト言語とテキストなしの言語での違いは。
・職業として言語を使うか、普段の言語として使うかの違い。
(ここではテキスト有りで、さらに表現として言語を扱う)
 →こうなると大変に難しい、昔から比べるとさらに難しくなっている。
我々はテキスト(虚)を実にし、さらに伝達することを基本とする。
◎実として出すにはどうすべきなのか?職業として言語を使う場合の最重要事項。

・芸能というくくりが出来、どれにどの程度の金額を支払うかのくくりが出来た。
・より他との違いを明確に、またお金になるものを発明する、このことを常にやり続けている人を、プロと呼ぶ。
・虚を実にする―基本的には経験に基づいて行っている。
 しかし、全く自分に関係のないものをやる場合、今のやり方だと、いわゆる人間関係に基づいたやり方をしている。
 →これだけではしっくりこないし、他との差は生まれない(金は発生しない)。
◎ともかく、文字には書いていない生々しさ(心臓の鼓動や体温など)を出せなくてはならない。

・関係性だけをやっていると停滞する―結局、人によって考え方は様々だから。
・一人一人の言葉に関して問題にするのではなく、言葉そのものをあぶりだす中で、生のものを出せる何か共通項があるのではないか?
・言葉表現で生のものを出す智恵を身につけよう。

(1)アクセント(accent):語の↑↓強弱
・中高型(ex.コガラシ、ウトマシク)
・頭高型(ex.イソイソ)
・尾高型(オカネ)
・平板型(ユウヤケ)
・日本のアクセントは難しい。子音→母音の繰り返しなので変化がつけづらい。
 子音の強さによる違いはあまりない。よって日本語のアクセントは高低を重要視する。

(2)イントネーション(intonation):文の抑揚、うねり/上昇、下降、句末強調、自然上昇・下降、半疑問
・上昇なのか下降なのかで意味が変わる。
 すべて上昇で、すべて下降でしゃべってみると、その人の違いが出る。
 →つまり、音が感情を作っている。気分とかの問題ではない。
・自然上昇・下降、はっきりと上昇下降させるよりもその人の意志が弱く聞こえる。
・半疑問だと現代の若者に近い演技が出来る。

(3)プロミネンス(prominence):文中の強勢/語強調、句強調、(2)と同調して文の強勢
・「今、アメリカから着いたばかりのビリーです」
 これを様々な場所を強調して試してみる。

(4)モダリティー(modarity):話者の主感・情動/

◆本日の磯貝語録
・智恵があると生きていける。
・テキストを読み取るとは、思いつくことだ。

◆本日の感想
話し言葉のエネルギーの位置や動かし方で、同じ文章が全く違った効果を作り出す(聞こえてくる)ことが、とても面白かったです。

伝わる声とことば(10/11)                     《ことば系》

10月 11日(日)伝わる声とことば

講座テーマ「基本発語法① アーティキュレーション 母音・子音」

[Ⅰ] ストレッチ―館林講師
・首のストレッチ→背中→腰→腿の裏
・座った状態で足のストレッチ(足首・指)、足の付け根を動かし、骨盤をゆる
 める。
・足を抱える・足を伸ばすストレッチ。
・仰向けになって膝を立て、肩甲骨で、仙骨で、片方の足裏で、順に地面を意
 識してみる。
・同じように首で地面を意識する。実際に床にべったりは着かないが、喉頭を着
 けるイメージ。すると喉が開いてくる。

[Ⅱ]基本発語法① アーティキュレーション 母音―磯貝塾長
・太古の日本人は母音のみを使って言葉を発していた。後に子音が発達した。
・母音三角形。太古の母音は三音。後年増えた。
・中国から文字言語が入ってきて、一気に複雑化してきた。
 しかしその前からあった音声というものの影響も多大で、日本独自音になった。
・言語は文化であり、その地域で生きていくためのもの、道具を超越したもの。
◎言語は道具であるとよく定義されるが、この講座では一歩踏み込んで人の一
 部だと考える。
◎つまり言語はDNAにもともとあるもの!…ではないか?
◎言語は環境言語である。住んでいる場所、自然環境(温度)等により音調は
 変わってくる。
・日本においては、様々な環境や文化の侵略等で混ざり合ったことによって母音
 も増え、最大八つまでなった。(ex.ゐ、ゑ)今は五つ。
・DNAに言語が刻まれていると仮定すれば、様々な文化による言語の差異を越
 える、共通の音声が存在するのではないか。(※日本において)
・書き言葉と話し言葉が長らく違った日本だが、明治時代の言文一致の令や、
 その後戦争での兵の伝達言語の統一化の必要性から戦後NHKがやっと共通
 語を作り始めた。(標準語)
・言語は核音普遍的意味により成り立っている。
 が、個人の固有概念、固有音の差が生まれ、社会の中で揺らぎが生じて
 いる。
・共通語のためには共通音がなければ成立しない。
・パフォーミングアーツの分野においても、言語が問題にされてきたが、
 今なお、言語の根源にある共通性よりも表層の固有なものを重要視する考え
 が一般的だ。(相対思考)
・日本語の共通音のために調音点を定めた。(中心、芯、核等の考え)
 が、日本語はもっと色々あっていいとの反論と抵抗が存在している。
 日本は感情を音で表す習慣がない。
◎アーティキュレーション(調音、構音)
 まず母音は響きであるという認識を持つこと。
・テキストを参照し、母音の調音点を確認する。
・磯貝メソッドにおいては、まず核音を作る。
 それぞれ固有のものをいちいち作るよりも、核音を持っていることにより、そこを
 基調にして作る方が作りやすい。
・言葉は音である。常に音の意識を持つ。
・核音を言おうとする→そして出そうとする→さらには聞こうとする。
 音のためには意識をこのようにグレードアップする。
・思いで音を作らない、聴感で作る。

◆本日の磯貝語録
 ◎声とことばはコミュニケーションの道具という狭義のものより、人間そのものの
 一部である。

◆本日の感想
 日本の古代が「イ、オ、ア」の三音しかなかったことに驚きを覚えました。
 渡来人が「ウ、エ」をもたらし、その後8母音まで増やしたという。(今は5つ)
 世界中に通用する日本語母音の「核音」を作り上げたいと思いました。

伝わる声とことば(7/12)                     《ことば系》

7月12日(日)伝わる声とことば

講座テーマ「基本発声・呼吸」

[Ⅰ] ストレッチ―館林講師
・前回同様ゴムひもを使った二人ペアでの運動。
 向かい合って座ってゴムを持ち合って、片方がゴムを支え、もう片方が背中を
 意識しながら引っ張る。

[Ⅱ]基本発声・呼吸まとめ―磯貝塾長
・なぜ発声法や呼吸を繰り返しやるのか!
 ①自ずから自分の喉を壊さない。嗄声を改善するため
 ②安定した良質の声とことばをつくるため
・ほとんどの人が「口まわり」で音声を発し、言葉を実感している。
◎奥歯から少し奥の低い響きの人も多い。これはエネルギーが弱く、最近の若
 者に多い。⇒音声学言語でいうところの『劣化音声』といわれる。
・音声とは?=日本人は多くの場合「気持ち」としてとらえる(音としてはとらえ
 にくい)。
 気持ちとは? 文字通り「気」の問題。心と意味である。
・音を発すると、どこかにぶつかって返ってくる。その響きに実態を感じている
発散と共鳴・共感の複合作業である
・共鳴・共感を外に向かって行う前に、自分の中とらへたり、つくろうとしているか?
・最近の心理学等では感情の横軸の広がり、分岐に視点が移っている。
 (感情の高低だけでなく、同じ感情にも様々あるのではないかという考え)
・日本人は原因と結果だけを音声に求めがちである。
 中間的な、どんな音でどんな声でというものを重要視してこなかった。
 ↳よって出来る人にしか出来ないあいまいな音声言語人が多くなった。
・できるためには音を聞けるかどうか。(周波の微細な違いを聞き分けられるか)
・音を聞き分けるには自らの体をどのようにセットしたらよいか、するべきか?
 ↳まず、様々な声の発声を実体験をしてみる。(そのために磯貝メソッドでは歌を
 すすめている。歌唱は声の高低、強弱、息の流れを教えてくれる)
音を様々変えてみると自分の中で全く別のものが起きるのがわかる
・つまり、自分の出しやすい音調だけで出している人は、その音調にマッチした
 ものしか聞くことが出来なくなる。(好バンド帯のみの人生となる)
◎どれだけの音を持っているかは、正にどれだけの音を聴く力があるかである。
・日本は軍国主義の時代、ガリガリのダミ声でとにかく大声を良しとした。
 (特に男性)
 戦後それを嫌い、穏やかにしようとした。(NHKなど)

[Ⅲ]鼻腔共鳴法による音声の拡大――鼻腔・共鳴解剖図参照
(1)資料をもとに鼻の断面図を見て状態を学ぶ。
 図4-13、8下鼻甲介の位置をとらえられるようになるとナ行が出しやすくなる。
鼻がうまく機能する人は、軟口蓋の使い方がうまい。その人は喉頭の使い方
 がうまい。(喉の通気(発声)と共鳴率が高い)
・下鼻道は歯ぐきよりせまい。ナ行はその狭い場所を響かせる。
(2)鼻腔共鳴発声演習
・語音感よりも情報の量を現代社会は重視する。
(EX-1)副鼻腔を意識して音を作ってみる(ナ行:ナカノニワ、ナツハキヌ)
 口が横に広がっては副鼻腔は開きにくい。
・鼻腔共鳴として前回はファルセットを発声した。鼻腔に鼻が上がれば多く響か
 せられるようになり、より様々な音が出せるようになる。
音で聞く!とにかく手本となる音を出せるようになること。

◆本日の磯貝語録
 鼻がうまく機能する人は、軟口蓋の使い方がうまく、また喉頭の使うのがうまい。
 ◎俳優はスタンダードができる。それのおかげで別にとぶ。

◆本日の感想
 「良い響きの声を発する」ための様々なアプローチを学びました。
 良い声を自分で発し、それを良く聴き覚えることが重要だとわかりました。

伝わる声とことば(6/14)                     《ことば系》

6月14日(日)伝わる声とことば

講座テーマ「基本呼吸・発声法③」

[Ⅰ] ストレッチ―館林講師
・体の各部位をそれぞれほぐす。
・座った状態での前屈―①足を組んで、②片足を前に出して足首フレックス
 ③足を横に伸ばして
・ペアを作って、一人が肩幅くらいにヒモを持って、もう一人がヒモを支える。
 この状態から背中を使うように後ろに引っ張る。
・同じように頭の上にヒモを持って引っ張る。
 これを各10回ずつ行う。

[Ⅱ]基本呼吸・発声法―磯貝塾長
・発音文字が日本語にはない(カタ仮名以外)ので、声と共鳴とを分けて考えな
 ければならない。
・発音と発語、発声などが日本語においてはごちゃごちゃである。
 各個人の子音の使い方も、人によって様々。わが国においては語音の規範が
 ない。
・日本語は音の違いで内容を表すよりは、文字の違いで表す。
・我々は日本語が本来持っている流れのようなもの、その特色を他の言語と比
 較して表すことができない。
・日本人はパブリックな言語(記号的)と情動言語(思い的)の二つがかけ離れ
 ていて、一向に近づこうとしない。
・記号と記号の羅列に過ぎず、それらをつなげる助詞や助動詞などのより人間
 的な部分が未熟であり、発音できない。
・そもそも日本人は人間の発する音に対して好意的でない。
 人間の発する音を情動的にしかとらえない。
・音声を音としてとらえると楽になるのに、それができない。その音が自分にとっ
 て有利か不利かということを判断してしまう。→情動判断
・前頭葉(使命感)脳幹(本能)
 ↳前頭葉を常によく使う生活の現代人は、それが肥大化することにより脳幹が
 圧迫され、欲を発覚したくなる。
 音声は本来脳幹でとらえるものだ。
・音声は喉。横の世界ではなく、縦の世界、前後の世界だ。(波と時間)

[Ⅲ]共鳴
(1)頭声①―ファルセットとハミング(鼻腔共鳴)
・鼻腔共鳴がわからなければそこでしゃべっている人の気持ちがわからない。
 文字面でなく意味を取るには、その声と状態がシンクロすることではじめてわ
 かる。
 受けるためには出せなければならない。
・ファルセット(嘘声)→裏声、はじめは1オクターブ上の声で作る。
 首の後ろに当てるように。鼻にも響いているのがわかるはず。
・ハミングで鼻腔共鳴を作っていると、普段の言葉でも高低がつけられる。
(2)咽頭共鳴―口腔の後部壁の響き。→口声ともいう。
・奥歯を意識してその奥を開ける。その奥に軽く流し当てる。はっきりした音。
・自分の音をどこで響かせるかによって感情が変わる。
(3)胸声―前胸部共鳴
・様々な音声を持つ人々が様々な音声で表現する。それとシンクロできなけれ
 ば、ただの個々の独特なものになってしまう。
・ファルセット、ハミング、口声、胸声などの位置でも高低を作れたらよい。

◆本日の磯貝語録
 ◎様々な音声(言語+人間情報)を感受するためには、受ける人がすでにそ
 の多様さに感応できるように、多種発声が可能となっていることが必要である。
 発声法は発するためだけでなく、受けるためにも必要である。

◆本日の感想
 声を研ぎ、声のバンドを拡げるのは、多くの声を聞く力、その人を理解する力に
 なる。今までは話すためのことばかり考えていた。これはやはりすごいことだ。

伝わる声とことば(5/10)                     《ことば系》

5月10日(日)伝わる声とことば

講座テーマ「声以前の「呼吸法」① 腹式とささえ法」

[Ⅰ] ストレッチ―館林講師

 ・仙骨を中心に動かす(上半身が一緒に動かないように)
 ・腸骨を中心に動かす(仙骨とは少し動く部位が違う、フラダンスやベリーダンス
  のよう)
 ・丹田を中心に腰を動かす(骨盤旋回運動)
 ・腰を落として坐骨で座って骨格がきちんと組み上がるように意識をする。
 ・両膝を軽くバウンド、そのまま前にゆっくり息を吐きながら倒れる。
 ・片足を前に出して足首をフレックス、つま先を持って前に倒す。
 ・座った状態で丹田呼吸を行う。
 ・寝そべって仙骨を中心に身体を揺らす。

[Ⅱ] 声の呼吸(息の種類)―磯貝塾長

 ・無意識呼吸と意識呼吸がある。
 ・声と言葉のためには臓器等の胴の部分を意識的に使って呼吸する。
  ↓
 ◎『息』→横隔膜下の内臓器を使った呼吸
 ・自分の意識が身体のどこまであるかと息は連動している。
  (無意識であればあるほど息は高くなる。浅いともいう)

[Ⅲ] 声と言葉の練息法

 ≪練息法5種≫
       (1)長息
       (2)短息   必ず丹田の支えを入れる。
 練息法 (3)強息   丹田呼吸は前出しでも後ろ引きでも出来ること。
       (4)弱息   必ず声門通過(意識)で行う。
       (5)細息
 ・しゃべるという脳の作業をしながら息をするのだから、声と言葉を発するとどう
  しても『息』ではなく『呼吸』になりがち
 ・今のコミュニケートは『発する』から『受ける』に変わりつつある。
  そのためには練息法というものが重要になってくる(受けやすい声かどうか)
 ・自分の使っている息が他人と連動できるかが重要!
  『呼吸』よりも『息』の方が連動しやすい(ex.あくび)

(1)声のため、言葉のため練息法
 ①長息法
 ◎出口意識を イ)喉息(声門通過:音楽息)と、 ロ)口息(言葉息)とある
 ・腹が固まってるとダメ、丹田で支える、抜いてしまってもダメ。
 ・個人差が大きいので、「のど息」と「口息」の分離は各個人で開発する必要が
  ある。

 ②短息法
 ・姿勢が大事。骨盤が立っている状態で短い息を出してみる。
 ・短息は息を出しすぎてもダメ。
  喉から粒のようでいいから良い音がでるように短い息を出してみる。
 ・『ハッ ハッ ハッ』『ハッハッ ハッハッ』『ハッハッハッ ハッハッハッ』
  連音や三連音を使ってみるとわかりやすい。強くならないように。

 ③強息法
 ・丹田を使う。丹田から声帯まで一気に息が上がるようにすると喉を悪くしない。
 ・こちらから強息を積極的に使うわけではないが、コミュニケートする相手がこの
  状態だった場合それと同調することが必要である。
 ・横隔膜を締めない(それはヒステリーの状態になる)
 ・横隔膜を瞬間強くバウンドさせること。

 ④弱息法
 ・仰向けに寝そべった状態で数を数えると弱息になる。
 ・弱息訓練の場合は少し長めに出す。
  アンダーコードを使って出す。

 ⑤細息法
 ・弱息とは少し違う。弱息よりも細くピンポイントで出ている。
 ・細息はたまに無意識でやっていることがある。
 ・糸のように結られたものがギュッと引っ張って細くなるイメージ。

 ☆息で言うならば、お経であったり古武道であったりで訓練されていたものに
  戻る

 ・言葉のことは生きていることなのでひとつに固定することはできない。
  社会の現状によって様々変化する。良悪判定は難しい。
 ・逆に身体のことはこれというものが存在する
 ☆それぞれ、この五つの練息法を丹田を意識して行ってみる。
 これを使い分ける練習をやってみる。すると息の種類が増える。
  息の種類が増えると表現できる感情が増える。理解も増える。
 ・コミュニケーションの原則⇒まず相手側に行く(同調した音を出す)
 ◎相手の息を読む、身体で同調する。
 ・相手の言っている事や意味から相手の感情を読み取ろうとすると読み間違う
  ことが多い。息の軸が入っていることが重要。
 ・練息法は練るわけであるから、毎日五分でもいいから続けて練習する。

◆本日の磯貝語録
 新しいコミュニケーションの原則⇒まず相手側に行く。そして相手を受ける。同
 調し理解して行く。

◆本日の感想
 練息法を知った。息の種類を増やし、意識や感覚を広げ、相手の息を読み、
 同調理解できるなら、人はすばらしく、社会も良くなるであろう。

伝わる声とことば(4/12)                     《ことば系》

4月12日(日) 伝わる声とことば

講座テーマ「言葉以前の声の出し方① 発声法―表出」

[Ⅰ] 身体表出のためのウォームアップ

(1)関節連動を主体としたリラキゼーション(立位)
 内臓を意識した(人間の情動をつかさどっているのは腹である)
 関節運動で臓器内に滞留している血液をうごかそうとする。
 ☆ただ体をほぐすだけでは伝えるための体の状態にはならない。
  上記を行うことによりその準備となる。
 ・下半身を静止して上半身だけを動かす
  上半身を静止して下半身だけを動かす――上記(1)の解放を調整

(2)表出のために自分の皮膚を感じる(全身の皮膚)
 表皮は全て繋がっているという感覚。自分の全身のスキン感覚の覚醒をする。
 ヒザの左右を意識するとつかみやすい。
 ☆触らずとも全身を感じられる→両手の手掌感覚と連動させる。
 <仮説>手の指令により、身体を動かすこともできるかもしれない。
 ・人はなるべく楽なところだけをつかってやりたがる。全身を意識しないと首か
  ら上だけになってしまう。全身を意識した状態でやれば、体が伝えたいこと
  をつかんでいるので説得力が増す。
 ・伝えるということにおいて手は大きな役割を持つ。
  手と顔が連動して腹まで伝わっていれば、説得力の高い表出となる。
  自分の体全体を使って相手の話を聞き、そのまま返せばよい。
 ☆表現としてよく伝わる声・言葉のために、この“自分の体全体の意識”という
  チャンネルを持ち、育てていくこと。
 ・人は自然を好む(ただし、自分自身の自然と他人の自然は違うものだが)
  日本人同士では共通感覚が多いので、それをつかまえ、さらに相手の固有
  感をとらえ、自己感覚を重ね、コミュニケートするとよい。

[Ⅱ]言葉以前の声の出し方

(1)声とは何か、言葉とは何か、を切り離して考えてみる。
・人が意識的に感じられる速度は1/10秒くらいであるが、意識や感覚の実速は
 1/100~1/1000間にあり、実感に不可能である。
・エネルギーに応じた反応が返ってくるが、意識理解であるというより、同調(シン
 クロ)をしている場合が多い。
・表面的な伝達や反射行為でなく、もっと有機的で多方面な機能を人間は持っ
 ている。創造塾では、言語は人のより深く、複雑な思考が可能なものと定義す
 る。
☆言語=概念語である
 ↳固有な意味合いは人によって様々異なり機能する。
◎大体共通する意味には、通念(社会通念)が影響している。
 社会通念においても、自身に近い範囲(世間)が影響。
◎「暑くなってきましたね」を一人一人言ってみる。
 ↳全員違う。何が違う? 口調が違う、実感が違う。
・口調とはなんぞや?・・・高さだったり、間?強弱、流れ方。イントネーション
                (抑揚)?アクセント 他
・抑揚とは何か?→声の流れ方(スピードや強弱をラインでトレースできるもの)

(2)“言語化しない音声”言語を考える(非言語音声)
・言葉は前頭葉で発するが、音声は脳幹に支配される。
 (あくびであったり、くしゃみであったりも声である→本能的)
 えー・・・、あー・・・、など(間語などと呼ばれる)←※これを上手く使うと芝居は
 面白くなる。
・声には、1言語的音声、2生理的音声、3音楽的音声がある。
 この理解を体に落とし、表現として出してみよう。共通言語をテーマにしよう。

[Ⅲ]共有音声について

・言葉は意味や感情等を共有できる。
・日本人は“音声(こえ)”は、言葉や歌を表し伝える素材と考えている。又声は、
 個人固有のもので、変化する事のないもので、その人の個性であると理解して
 いる。その限りにおいては、音声は共有しにくいものと考えてきた。
・磯貝メソッドでは、声は充分に変化し、共有化できるものと考えている。
・人の音声器官の器質は同じであり、生活機能段階で様々な歪みをおこし固有
 化していく。
・人が身体全体の実感性を高め、その時、他の人との間で様々な身体感覚を
 覚醒させ、伝え合い、共有感を持つことは可能である。
・身体での音声同調が可能であるならば、非言語で音声共有が可能なはずで
 ある。
・共有音声によりシンプルな意志同調、感情同調ができる。

◆本日の磯貝語録
 相手と自分との共通項を、頭ではなく体でつかまえることにより、本物の表現
 (表出)となる。言葉は概念である。

◆本日の感想
 共有音声を作るため、先ず、身体全体の実感(臓器と皮フ)を持つこと。それが
 どのように他人に伝わるかを感じる事の大事さを実感しました。途中の制度と
 個人とのバランスは自分のバランスでもあります。