発声・呼吸月1講座(12/11)

講座テーマ「発声法と声種をつくる」

 担当 林講師
(1)準備体操
  ストレッチ(受講者 一人ずつリード役)
  腕を上に背伸び 片腕伸ばし(肋骨、側腹) 首回し アキレス腱伸ばし
  肘を回す(肩甲骨、体側ほぐし)
  バレエのポジション(片脚180°片脚90°)で両腕を上に息を吐きながら
  腕を下ろす。同じように足を替えて行う。足の解放。
  掌を開いて両腕を使って胸を開く。前屈(片足) あぐら股関節ストレッチ
  足指まわし、足裏もみ、踵、アキレス腱まわりほぐし、足甲、ふくらはぎ
  マッサージ。片足折り曲げ(腿前面伸ばし)猫のポーズ(背中、腰ストレッチ)

(2)身体感覚をつかむ(発声のための)
  割りばしを紙刀で切る―スパッと割り箸をふたつに切る
  ―丹田感覚、身体の中心、横隔膜にグっと力を入れる。
   手や腕ではなく身体で紙刃を振り抜く―

(3)発声の基本
  「声帯実感」を持ち、共鳴させる。
  喉頭けん垂、笛を左右に動かす。声帯の位置、声帯から直接前に
 音を出す。
  
 ①ハミングして声帯だけを振動させる。
 ②鼻をつまみながら声帯から鼻へ響きの位置を変化させる。
 (鼻へ上げる時に、喉から鼻の使い方にどのような変化、感覚があるかチェック)
 ③声帯から口唇へ響きの移動。
 ④声帯から前頭部への響きの移動(頭頂部、後頭部にも響かせる)
 ⑤胸に響かせる
  二人ペアになり、その人の触れた部分を響かせる→テンポアップして響きの
  位置を自由に変えていく(できればひと息で)
 ⑥各部分への響きを実際に音にしていく。
  音の高低というよりも響かせる息の位置で高低の違いがつくれる感覚
 ○各ポジションで「あ」音をつくる
 ○それぞれの響き位置で「い」音「え」音「お」音でも声にする。
  母音によって響かせやすい場所があるかなど違いを見つける
 ○母音によってどのように響きが変化するか、自分の身体の感覚をつかむ。
 ○音を出す時に、目をパチパチしたり後ろ首などに力が入らないように注意。

(4)磯貝講師からの一言
  来期の講座内容「話す」ことのためのルールを知る。
  「文脈ではなく話脈」が重要

 ◆本日の語録
 発声の基本「声帯実感」を持つこと。
 声帯で声を出し身体に共鳴させて音を発していく。

 ◆本日の感想
 いろいろな響きを順序立てて教えていただけたのが、嬉しかった。
 講師事に角度の違った教え方が面白かった。
 
  

発声・呼吸月1レッスン(11/13)

講座テーマ「発声法と声種をつくる」 

館林講師
○準備体操
 ストレッチ―体側、指振り、手首、背中、肩甲骨ほぐし、首運動
       顎関節ゆるめ、あくび体操(腕を使って肩、胸まで筋肉をゆるめる)
       前かがみになり、膝裏、ももをストレッチ。
       両足をそろえ腰を落とし足首ストレッチ。
       上体を前にかがめ、ゆらゆら脱力。床に座り上体を前屈し伸ばす。
       上半身ロールアップ
       3T(溜めない、閉じない。止めない)ゆったり、身体のどこかを動かす
       腕を使って胸郭まわりを動かす。

○「良い日本語の音と発声」②
 1鳴りと上顎構音
  日本語は母音発声である「イ・エ・ア・オ・ウ」口の中の調音点を意識し 
  きちんとした母音を発声しながら、キチンと歩く。
  歩きながら前へ音を発していることを意識する。一音ずつ構えをつくり
  調音点に狙いを定めて、クリアな音をつくる
  口の中の形が違っていることをつかむこと。

 「サ」行 「シ・セ・サ・ソ・ス」
  「シ」s 他の音よりも息を少し上にぶつける。
  音を出すことに気を取られると、身体の意識が薄れ息が下がっている
  もっと高い位置に引き上げられると声が明るくなる。

 「ラ」行 弾音 「リ・レ・ラ・ロ・ル」
  英語の様なRではないが、表記としてはRとする音。
  舌先を細くして、上歯ぐきの少し後方を鋭く弾く。子音から母音に戻ること。
  ラ行が苦手な人、舌先がペタと平たくなり、音も重い。舌先がポイントに
  届かない。

 「ナ」行 鼻音 「ニ・ネ・ナ・ノ・ヌ」
  
 「ハト鳴き」―のどを開く、のどを下げ胸の深い所から音を出す。

 「空気うがい」―のどの深い所の筋肉を使う
  【無声うがい】構音点(硬口蓋、難口蓋の中間)にぶつける。
   息を引き上げる―モチベーションが上がる。
   息をぶつけるポイントは口の中の真ん中、前、後ろと変えてうがいを鳴らす
  
  【有声うがい】―のどがカラカラと鳴る感覚で声にする。
   上顎全体に息を当てながら、上顎の形をつかみ、違いの感覚をとらえる。
   上顎の感覚がつかめると、舌の感覚もついて音の明瞭度もアップする。
   舌で上顎のポイントをたたく。
  
   舌の動きの悪い人は、舌のつけ根、舌骨周り、舌周りが固く、動きが悪く
   発音も甘くなってしまう。

  「n・r・d・t・k・g・y」すべて上顎で音をつくる。構音点を確かめて
  下顎を使わないように顎先を狭める。上顎の中心の意識を持って
  その延長線上で音をつくる。調音点から母音を構音する。
 
   
  舌と音の関係
  「n」鼻音 
  「r」弾き音 
  「d」破裂硬音
  「t」〃
  「k」破裂軟音
  「g」〃
  「y」接近音


 ○上顎を使って母音をつくる
  
   「イ」-歯の裏からのどに向かって直線を結ぶように
   「ア」-歯の裏左右の2つの点を結び上顎に息をぶつけ、3点を結ぶ。
       三角形のささえをつくり、構音する。
   「エ」-下顎の調音点と上顎の中央を結ぶ。
   「ウ」-上顎の調音点に息をぶつける。上顎洞に響かせるように声を出す。

  上顎を使えると母音がよりクリアに明るくはっきりした音になる。
  上顎を使って息を引き上げる。

○本日の館林語録 
  上顎を使って息を引き上げると、音がクリアで明るく響きのある音がつくれる。  
  上顎を上手につかえるようにすること。

○本日の感想
  今までやっていたやり方が違っていた事に気づけました。
  また発音でも50音順で並んでいるだけで、全て音が違う事を
  意識していなかったので、これからは気をつけていきたいです。
  

発声・呼吸月1レッスン(10/9)

 講座テーマ「発声法と声種とつくる」

林講師
○準備体操
 ウォーキング スペース全体を使い、速度を変えて歩く
 ストレッチ  首(呼吸をしながら旋回)・身体を倒して腕振り
        背中に手を回し握手
        腕と肩を動かす―上体を左右傾けてひねる。
        股関節(足を前後に振る)
        骨盤運動(四つ葉のクローバーを描くように回す)
        腰、背中のストレッチ(うつ伏せ体位―肩甲骨、仙骨を意識する)
        仰向けに全身で寝転ぶ(様々な姿勢、C字型他)足をバタバタ
        あぐらをかき足裏を付けて前屈、左右ひねり、足裏指圧
        股割り、股割りのまま坐骨運動

○発声・呼吸法
 側腹呼吸―側腹運動(張り出すように筋肉を動かす、他部分に力を入れない
      ようにし、ゴムまりがはずむようにする)
 呼吸法―側腹を張り出した時に、息が入る(口角を上げ気味に楽にスーと息を
     吐く)腰方形筋の後方を張り出すように、息を入れる(前面の丹田付近
     の動きも伴う)力んで筋肉を固くしてはだめなので、楽に呼吸して筋肉
     を動かす。

○発声(1)身体共鳴
 横向きに寝そべり、身体を丸めて楽に呼吸、全身がゆるむ。
 「ウ」音を、身体の奥からため息をつくように、楽に出してみる―身体に響かせる
 その体勢のまま上半身に響かせる(体位は、膝を上体に近づけ小さく丸くなる)
 回復運動―身体をゆらゆら
 「ア」音を上半身に響かせる(背中、胸など響く場所を見つける)
 
 *身体の響き方を自分で確認し、どのように、どこに響いているか
  状態をつかむ
 
 肋間筋呼吸―肋骨を開くように呼吸する(肩が大きく上がらないように)
       内側の横隔膜を動かす感覚を持つ

 「オ」音―胸声(胸に響かせる)
 舌骨が開き、喉の笛が下がった状態で響かせる
 口腔スペースを広げ、奥の部分を大きく使う
 下が緩んだ状態では音もい良くない、舌が締まると音も締まって良い音になる

○「急に秋がやってきました」この文章を声にする。
 胸声の響きのある声で、言葉にしていく。
 身体の奥に響かせるように声を出していく。

 普段から身体に響かせる声を出すために、リラックスしている時に
 感覚をつかめるように、いろいろな声を出してみる。

 上記の文章を普通の状態と胸に響かせた声2パターンで
 声に出してみる。響きのある声を出すことを自分でつかむ。
 全員で、一人一人声の違いをチェックする。

○本日の林語録
 響く声は、身体に響かせること

○本日の感想
 身体の力を抜くのは、簡単そうで難しかった。
 (先生によって教え方が違うので、面白いです。) 
  
        

発声・呼吸月1(7/10)

講座テーマ「身に付く呼吸法、腹式呼吸」
 
(1)準備体操  林講師
 手首、足首、開脚アキレス腱伸ばし
 体側伸ばし(腕を上に、手の組み方で伸展部分が違う)
 肩、胸ほぐし(腕を使って各部分をモゾモゾゆっくり動かす)
 大腿骨、骨盤(内側を意識)を回転させて動かす。
 身体ほぐし(関節をあちこち動かす)
 お尻キック(踵を後ろに蹴り上げる)前屈(足裏を合わせ開脚座り) 
 上体ねじり、腹もみ、肋間筋伸ばし(片腕を上に、片腕は後方床に付ける)
 上半身ストレッチ、首伸ばし、足裏ツボ押し(湧泉ほか)
 床にうつ伏せになりお腹、腰、背中ストレッチ、股割り
 2人組(長座で足を浮かす)座っている人の手足の片方ずつ動かす
 ーインナ―マッスル意識―

(2)丹田と横隔膜
 丹田を意識
(身体を動かす時に力が入る場所、外側から指でポイントを意識付け)
 日頃の行動でも丹田を意識している人は、側から見ると違いがわかる
 (歩行時、話す時)
 単純に腹式呼吸でお腹を膨らませるだけでは、十分といえないのは何故?
 磯貝メソッドで丹田呼吸に重点を置く意味は? 
 ―腹式でお腹だけを膨らませると腹部が固くなり喉が締まってしまう。
  丹田を意識すると、息や声のささえができる―
 丹田出し入れ時―お腹に力を入れて力んではいけない。
 
 ○丹田呼吸1ー丹田出し入れ
   横隔膜を意識ー横隔膜を下げて、そのままできるだけキープする
 ○丹田入れ吸気―横隔膜の位置、感覚をつかむ
   横隔膜の意識がない人は、声のことがわからない。
  
  呼吸以外で横隔膜を使う場合
   「笑う」「力む」「咳をする」「吐く」
 
 ○上腹筋の丹田運動
  剣状突起(胸骨の下端に付いている突起、みぞおち部分にある)
  腱画ー通常3本

  丹田を少し中に入れて、上腹筋を張る(腱画の真ん中あたり)
  背筋も使われ支えている。
  ―強い音(ストレートに飛ばす)時に有効。息をツブで出す感覚

  丹田呼吸と胸郭まわりの呼吸は併用できない。
  
 
 ◆本日の語録
  横隔膜を意識できない人は、声のことがわからない。

 ◆本日の感想
  今期、最初で最後の参加になったが、丹田呼吸について分かりやすく
  まとめられていて、非常に参考になった。
  また横隔膜の意識があまり出来ていなかったので、生活の中で
  意識していきたい。
 
 

発声・呼吸月1レッスン(5/15)


講座テーマ「腹式呼吸―腹腔運動」

林講師、館林講師
【1】ストレッチと身体づくり・身体を伸ばし、捻じる(スワイショウ)
・脇伸ばし(肋骨、骨盤からの筋肉)鎖骨(縮めて、外へ開く)
・肩甲骨(背中を丸めて開く、胸を開いて距離を近づける)
・仙骨(前後に動かし傾きを意識、回転)上半身の回し、
・股関節柔軟運動、坐骨歩き、腿の内転筋伸ばし、
・肩回し(肘から腕を動かして回す)
・足首、足の甲伸ばし(正座で膝を軽く持ち上げる)
・開脚、背中伸ばし、股割り
・二人ペア運動(腹圧歩き)丹田への力の集中、腹圧を高め、 重心を落とす。
 一人が背面にバックし、もう一方は相手の背中を両手で受けて簡単に後ろに
 下がれないように軽く抵抗する。

【2】「骨盤底」「鼠径部」「腹腔呼吸」「丹田呼吸」の確認、身体の使い方

・横隔膜を上下させる―骨盤底が固くなると横隔膜が下がらなくなる
・骨盤底を柔軟にする―脚を前後にブラブラ、股関節を回して、ゆるめる。
・鼠径部を柔軟にほぐす―鼠径部を押しこみ、はねかえす
 (足裏に重心が落ちる感覚)

 (座位)仙骨の意識を持って鼠径部を出し入れする
 (腰が入る感じ)仙骨を外さない
 (立位)肩幅に脚を広げて立ち少し膝をゆるめる。鼠径部を出し入れする。
     合わせて呼吸し重心を落とす

・腹腔呼吸―横隔膜とお腹の筋肉は拮抗筋である、腹部の筋肉を固くすると、
        横隔膜が下がらず浅い呼吸になってしまう 。

・「腹もみ」(膝を立てて、床に仰向けに寝る)
       腹部全体を掌を使って、お腹の感触を確認しつつもみほぐす。
       個々の状態が違うので交代しながら受講生のお腹にさわって、
       他の人のお腹で違いを確認、声を出している人は総体的に柔らかい

「お腹とは?」腹筋
・腹直筋(鳩尾から恥骨まで)―上部と下部を別に考える

・腹部―下部(臍から下、丹田周り、鼠径部)を使うことで、筋肉を使う 。
     特に内部(インナーマッスル)を、脚を使うことで鍛える。
     大腰筋を使うことで、腹部の筋肉を鍛える。
     腹横筋、内腹斜筋、外腹斜筋の役割、説明。
     腹直筋の上部、下部の動きをさわって確認する。

「丹田呼吸」腹筋下部の使い方
「呼吸しやすい座り方」
楽に座り、足裏を床につけ、膝を開く、身体の中心線をつくる
上半身はリラックスしてニュートラルな姿勢をいつも心がける

・丹田の位置ー出し入れして丹田の存在をつかむ、丹田の場所に
         指を置き、出し入れして確認する。

・呼吸をつけて丹田を出し入れする(口からスーと息を吐く、口角は上げておく)

◆本日の磯貝語録(代行 林講師、館林講師)
「呼吸で重心を落とす」
「横隔膜が下がりやすいようにお腹をほぐす」

◆本日の感想
まだ2回目ですが、自分の身体を普段使っているようで、全然
使いこなせていない。身体づくりも、自分のことなのに何も
知らないんだと実感しました。

発声・呼吸月1レッスン(4/10)

講座テーマ「身に付く呼吸法・腹式呼吸」

【1】ストレッチと身体づくり(○館林、林講師)

 ○足の指、足の裏(かかと、側面、外側ライン、土踏まず、全体移動して
  床をつかむ) 足の裏で立つことを意識する。
 
 ○少しずつ上へ、膝の力を抜いて、お皿を動かしてゆるめる。
 ○「骨盤説明」両腸骨を意識してゆっくり動かす。(骨盤をフラダンスのように
  まわす)仙骨
 ○「下腹部」(腹式呼吸で重要)意識。「みぞおち」前―背中ー前 背面に
  引っ張られる ように動かす。
 ○胸郭部(手を左右に伸ばして、全体円を描くように滑らかに動かす。横隔膜
  を意識。
 
 ○肩、首(ゆったりと呼吸しながらストレッチ)首と頭蓋骨のジョイントをまわす
  ようにして 首の部分をゆるめる。身体の各部分どこを動かしているか、
  意識しながらストレッチすること。自分の身体を知ること。

【2】「身に付く呼吸法」レッスン(磯貝講師)

(1)受講生紹介

(2)声帯で声を出す。しゃべる、話すの実際。
 
 ○「テキストを読むこと、話すこと」は、脳の使い方、呼吸法、ひびきに違いが
  ある。 使い分けられるとすばらしい。実際には、あまり意識されていない。
 
 ○普段、人間は無意識に呼吸している。意識と無意識の違いも意識して
  みること。 例 ハミガキ(鏡を見ている、歯を磨いているなど)無意識な
  こと、オートマティックになると生活が楽になる。
 
 ○呼吸法、昔からいろいろ意識されてきた。腹式呼吸、胸式呼吸。
  無意識に呼吸しているものを意識した呼吸にしてみる。
  …目的のある精神集中、健康のため声を出すことは安定した
  ものとする。←呼吸法の目的
  (中国で確立されたものは、4000年程前のもとと言われる。ギリシャ、アフリカ
   では、1万年前から神様と話をするためだった。
 
 ○無意識に呼吸できていれば楽である。心臓の動きも同様である。
 「声もことばも人間の心」を表している。そこに意識をするのは、何故だろう。
  呼吸→鼻から吸う→呼(はく)は口から。
  口で食べる、口で呼吸することが多くなり、鼻の存在が薄れてきている。
  鼻から上は、脳の機能である。
  
  鼻から息を吸う、息を止めるーおでこを見て息をはくー生きている実感あり。
  呼吸はいろいろあるー自分の脳を冷やす呼吸、早い、長い、ゆっくりの呼吸。
  鼻から吸って、アンダーバスト部分に入れて、口から息を吐く。
  肺(小さなが風船たくさん集まっている)に息を入れている。肺は動かない。
 
 ○「自然呼吸、無意識呼吸」・・・気にならない。
  意識していることは、どこまで無意識の状態に近づけられるかがポイント。
  呼吸する―短息、長息。横隔膜から上が呼吸器。
  酸素を吸い込み―肺に入れるー身体の中で燃焼し体温を上げている。
  酸素が必要、窒素ができる。炭酸ガスは外へ出す。酸素は体内へ。
  息苦しい、脳に酸素は行きにくい場合。

  脳に空気を送ることは、本能だ。それができない
  (鼻呼吸ではなく、口呼吸になってしまう。)
  肺胞に空気を入れるー脳を冷やす
  (鼻腔から奥の方まで空気を入れる。ー前頭洞)
  顔全体が活性化する。目は開けたまま行うこと。吸っている息を
  直ぐに落とさないこと。長息ー息を長くはく。
  息の穴から。首の付け根(ぼんの窪)に向かって息を吸う。(脳幹を冷やす)
  頭の後ろ側、首筋の後方へ働きかける。

 ○背中の意識ー左右の肩甲骨をうごかして背中、眉間にも意識をつなげる。
  長息ができるーリズムがつくれる(呼吸の律―息律、仏教用語)
  肋骨下部を意識した呼吸ー肋骨が左右に開く
  肋骨の動きは、その奥にある横隔膜が動いている。
  腹部(臓器・消化する、洗浄する)を動かすことで、どのように横隔膜に
  影響しているか。下腹部の臓器が動くことで、天井を押し上げて、
  息を送りだす。

 ○体側筋(呼吸に重要な働きをする)―両脇から背中についている。
  側腹に向かって鼻から息を吸い込むことで、横隔膜が下がる⇒腹式呼吸

 ○丹田の意識(目的を定める)―精神も行動も集約する場所
  臍下丹田を意識した腹式呼吸を行う。

 ○呼吸法は、リズムをつけることが重要である。

 ◆本日の磯貝語録 
  「声もことばも心を表している」
   呼吸はリズム(呼吸の律)を付けることが重要である。

 ◆本日の感想 
  自分の身体について意識を持つ。呼吸と身体感の密接していることを実感。
  良く考えれば当たり前のこと。その当たり前をいい加減にしていたと痛感した。