FC2ブログ

歌・演奏(4/28)

4/28(木)歌・演奏

(1)ストレッチ(各自)
(2)歌唱レッスン(塾長)
 イ)Sop-1「Ach ich liebte, war so glucklich」
   )笛を動かさないこと。
   )鼻と喉がつながった所に息を流す。
   )口先に集めない。喉で出した音(息)を鼻(おでこ)に。
 ロ)Sop-2「Tace a la notte placida
   )後半部をテンポ少しゆっくりで(Neで歌う)
   )下アゴが参加している→×、鼻腔と喉をつなげた所で。
   )鼻腔を引き上げ開けたままで歌う。
   )中間音になっても弛めない。音によりポジションを動かさない。
   )喉で変わらないように。
   )一本の笛で歌う。持ち替えは無し。
   )口歌いをしない。

俳優発声中級(4/27)

4/27(水)俳優発声中級

(1)ストレッチ(河上)

(2)床打ち(西本→磯貝)(何をどう打つか、中心はどこか)
   )手~ひじを曲げ、腕に重心
   )足
   →次回は息と腹部の支えについて

(3)リズム教室(河崎)(体のリズム、息のリズム、ことばのリズムに向けて)
   )手拍子~裏拍子を意識(裏に声を入れる)
   )もも打ち~表アクセント、フリーアクセント

(4)サ行調音(磯貝)
   )歯を合わせ、唇で息を止める
   )テキストを各自読む→対面で関係性を意識して
  
   ※サ行調音がうまくいかない人の矯正
   イ)舌が前に出すぎる場合
   ロ)下が上顎の位置に上がらない場合
   ハ)下顎と舌が分離運動しにくい場合
   ニ)呼吸法がまずく、速い息が前に出難い場合

朗読発声(4/21)

4/21(木)朗読発声

(1)ストレッチング(各自)
(2)歌謡講座(磯貝塾長)
 イ)歌謡のテキストは文字を読まず「詠む」ことをする。
 ロ)「詠む」=は―――る―――す―――ぎ―――て―――
   ・母音をのばし、息でとぎれない様につなげていく。
    喋り言葉、喋り速度にならず、流しつなげていく。

   ※日本語のアクセントは高低でストレスは少ないが、
    高低差を必ず響きと流れでつなげること。
   ※詠み、謡におけるささえとブレスについて。
    骨盤の底、両脚の付け根まで下ろし、更にその下につなげるようにする。
    下腹は張るが、鳩尾はしめずに前にあけておく。
    ブレスは鼻や口でせず腹部運動で自然に流入させる。

歌・演奏(4/21)

4/21(木)歌・演奏

(1)ストレッチング(各自)
(2)歌のレッスン(磯貝塾長、ピアノ:川村紀子)
   ・指定アリアの歌唱、発生の個人レッスン
   Sop-1「後宮よりのとうそう(モーツァルト)」Arie der Constanze
Sop-2「Trovatove(Verdi)」Tace a la notte placida
M.Sop「Don Carlo(Verdi)」Odan tatale
    ※顎関節をあけ、そこまで音を引き上げておく。
    ※下アゴと舌を必ず分離すること→奥舌を細くする。

俳優発声中級(4/20)

4/20(水) 俳優発声中級

(1)ストレッチング(塾生・五十嵐)

(2)床打ち+マッサージ(〃・西本)

(3)講座(塾長)
 イ) 人生とことばと芸について
   ※人は自分の人生の中で言葉を覚え、理解し、あやつって生きていくが、「芸」はその範囲をはるかに超える必要がある。
    声や言葉は生活の道具だけではなく、その考え、方法こそが声や言葉の芸を生み出す力となる。

 ロ) 子音-③
   両唇音(M,P,B)
   ) Pは明確な破裂をつくる。ポジションを明確に。
   ) MはNと同じ鼻音である。鼻音は副鼻腔(左右)を響かせる。
   ) Bは口にたまった強い息を口唇中央部から破裂噴射する。
    ※生活言語より息を強く前へふき出すこと。
    ※自分の出している音声を良く聴くこと。感覚を鋭くする。
    ※音の響き位置が奥にこもる、または下にさがると言葉の
明瞭度は低くなる。

俳優発声初級(4/19)

4/19(火) 俳優発声初級

(1)身体動を少なくしたストレッチ
 イ) 上向きに寝、全身を脱力し、自分の脈を感じる。呼吸も感じる。
 ロ) 身体の末梢から徐々に各部位を実感する。
 ハ) 丹田に手を置き腹式呼吸をする。
 ニ) 全身をゆっくりと伸ばす。

(2)腰まわり(骨盤実感)
 イ) 模型と筋肉解剖図による骨盤の構造及び機能の解説。

(3)呼吸法-(3)
 イ) 表現呼吸のための機能訓練。
 ロ) 腹部筋の運動(必ず回復運動を行なう)

歌・演奏(4/14)

4/14(木)歌・演奏

(1)腹筋の運動(笛が自分のからだの外にある実感)
(2)声出し→腹筋の運動
(3)各パート課題を歌う

俳優発声中級(4/13)

4/13(水) 俳優発声中級

(1)ストレッチング
 イ) 前の人のストレッチングを真似て、リレーしてまわす(山田講師)
 ロ) 床式ストレッチング(青島)
 ハ) 床打ち(手、足)(西本)

(2)子音調音講座(塾長)
 ※日本語は1語の中に子音の少ない言語のため、子音をおろそかにしがちである。
  経験に流れず子音の調音点を正確に把握すること。
  喋り言葉の伝わり方、伝わりの質等は子音の質による。
  思い、気持ちが先行しすぎると、子音が不正確となり
明瞭性の低い言葉となる。

 イ) さししめす(Sa Si Si Me Su)
 ロ) 自分の名前を子音を立てて
 ハ) 両唇音(M,P)の練習
   ※子音が良く立つと、話者の中に別の感情が生まれる。

俳優発声初級(4/12)

4/12(火) 俳優発声初級

(1)呼吸運動法概論講座(塾長)

(2)ストレッチング(1) 腰(骨盤)まわりと首・肩まわり
 イ) 寝姿勢で全身脱力
 ロ) 立位で上肢脱力
 ハ) 座位前屈
 ニ) 首筋を伸ばす(前後)
 ホ) 背部・肩部を伸ばす
 ヘ) 腰を返す

(3)呼吸法-(1)
 イ) 呼吸作業→外部との呼吸→呼吸運動(筋肉運動)
 ロ) 呼吸法の目的
   ) 呼吸量を増す
   ) 息を長く続かせる
   ) 呼吸保持
   ) コントロールが可能
 ハ) レッスン:浅い息と深い息(意識呼吸)
    丹田を把握する→丹田運動→腹部チェック
    《丹田呼吸法》仙骨を支えに、丹田の出し入れで呼吸する。
    ※磯貝メソッドは表現のための呼吸法を行ないます。

朗読発声(4/7)

4/7(木)朗読発声

(1)開講式(ガイダンス、自己紹介、規約確認)
(2)中世歌謡を謡う講座(塾長)
(3)講座説明
   ・字を読む朗読講座とは違う。
    テキストの様々の状態を表現するには、素材としての声に沢山の
    声色、声種を持つこと。その上で文の内容をのせる方法をとる。
(4)第一期「日本の中世歌謡講座」説明
 イ)歌謡とは
 ロ)韻律について(5・7音律)

歌・演奏(4/7)

4/7(木)歌・演奏

(1)開講式、ガイダンス、新規約確認
 イ)塾長あいさつ
   ・つもりや思い、気持ちといった身体性や具体性のない感念の世界ではなく、
    身体と言葉に居き替える「実感」を追うこと。
 ロ)オペラアリア講座(塾生、ピアノ:川村)
 ハ)各レパートリーと譜面の確認
 ニ)各パート毎音取り
   ・各国語をカタカナ化しない。その語の舌となる口の開け方を確実にすること。

俳優発声中級(4/6)

4/6(水) 俳優発声中級

(1)開講式
 イ) 入塾生・講師・スタッフ紹介
 ロ) 各講師あいさつ
 ハ) 塾務事務説明

(2)初回講座(塾長)
 イ) 子音調音と表現構音の違い
 ロ) 顎間接運動と実感
 ハ) 顔面筋運動(眉間にしわを寄せる)
   ※皮膚感覚による身体の内と外を明確に使い分けること。

俳優発声初級(4/5)

4/5(火) 俳優発声初級

(1)開講式
 イ) ガイダンス:塾生紹介、講師スタッフ紹介。
 ロ) 新入塾者ヴォイスチェック:テキスト芥川龍之介作「一塊の土」
 ハ) 呼吸・発生講座(塾長)
 ニ) 声とことばシステム概論:磯貝メソッドテキストP1~P6