ヴォイストレーニング・夜ジム(2/28)

■ウォーミングアップ
手もみ→体全体へ
腕振り→手の先から気を放出するイメージで
胸だけを左右に動かす、前後に動かす、一周回す
骨盤を左右に、前後に、一周回す
腹もみ
3T

■個別練習
・Aさん
①負荷歩行
 本を持って歩行(本を上に上げて、本を前に出して)
②腹ばいになり床からの返しを受けながらテキストを読む
 声が前に出てきた
③椅子に座って背中を反ってテキストを読む

・Dさん
お腹に手を当てて発声 いい音で発声すること
口の中を響かせ、いい音を見つけたらその音をシャープにしていく
体が固まってきたら下半身(膝裏)から抜くと良い
口唇音「ぱ」「ば」「ま」
     「り」「ら」「る」
     「き」「か」「こ」「く」
     「へ」「は」「ほ」「ふ」
一回一回しっかりゆっくり口を閉じて発声する
テキスト読み

・Eさん
腹を使ってテキストを読む
立位、壁を背につけて、背骨から壁に向かって読む
夢中になって声を出さない 響かせるように
腹部の支え4点(ミゾオチ、上腹、ヘソ、丹田)を使い分けられるように
やっている時も実感するように
※口が横口になったら後ろには響かない
個人課題をやってもらった

・Gさん
窓に手を置いて足踏み
つま先に力をかけすぎて痛めてしまうため、かかとをつけて足踏み
俳優は体が資本なので自分で調整できるように
汗をかくほど体を動かした方が声を出すためには丁度良い
背中を壁につけてスクワット
椅子に座って前に手を出す
鏡に映る自分に向かって手を直進させるように
腹の使い方を工夫する(ミゾオチ、上腹、ヘソ、丹田)

ヴォイストレーニング・夜ジム(2/21)

■ウォーミングアップ
 身体実感しがなら全身をゆるめる

■体感覚について(磯貝講師の講義)
・2人組になり、交互に相手の背骨を一つずつさわり確認する。(座位で行う)
 また、さわられていない状態で、さわられた感覚を再現してみる。
・座位にて身体をゆるめた状態からスッと背骨を意識する。
・背骨の感覚を意識して立つ。
・背中の識を持ちながら数字を5つずつ言い合って全員でまわす。
 ※背中の意識をもつことで、ことばが伝わりやすくなり受けやすくなる。

・仙骨をさわって骨盤を動かす。

・「ア」を発声して足の裏を響かせる。
 ※よい音は体に響いている
 ※感覚は、よく分からない状態ではいけない。
  分かると言ってしまえば必死に探すことになる。
 ※感覚は錯覚から生まれる

・ことばについては、その音を覚えるという感覚からはじまる。

・皮膚感覚をもてるよう意識的に手でさわる。
 腕をあげ腕の内側から脇腹、横隔膜のあたり。首周り。
 副交感神経を鍛える。

・ソケイ部をゆるめる
・エインについて説明

■個別練習
※稽古場に仮設ステージを設置しました。

・Aさん
 うつ伏せの状態で手を胸の脇に置き、床に向かってテキストを読む。
 (息を前に出すこと)
 腹から声が出せるように、まずミゾオチを床に押し付ける感覚を意識して読む。

・Bさん
 声をまっすぐ出すことを意識してテキストを読む。
 喉をさわりながら鳴りを実感する。
 (発している音を良く聴きましょう)

・Cさん
 胸郭を張ってテキストを読む。
 口腔内での息の流れを意識して読む。
 (胸郭の響きを使えるようにしましょう)
 仮設ステージ上で読む。

・Dさん
 歯をかみ合わせた状態でテキストを読む。
 胸郭を張ってテキストを読む。
 (口腔内を広く使いましょう)  

・Eさん
 仰向けの状態で、腹を使ってテキストを読む。
 壁に背をつけた状態で立ち、背骨から壁に向かって読む。
 仮設ステージ上で読む。 

・Gさん
 壁に手をつき駆け足。
 イスに座って鏡に映る自分に向かってテキストを読む。
 (しっかりと腹を使いましょう)

・Hさん
 立ち位置を変えながら仮設ステージ上でテキストを読む。  
 (前に向かって、遠くへ声を飛ばしましょう)
 「ン」や「ガ」など不安定な音の調整。

歌発声土曜(2/18)

講座テーマ「自選曲を楽しむ④」

[1]発声
♪「Ba」ソソファファミミレレドド
◯鼻からもずっと息が出続けていること。(切れ切れにならないように)
◯頬に指1本分入るスペース。
☆準備:鼻0口(0おでこまで)を両手で包んで、手全体が振動するくらいハミング。
「Ma」ドドシラソファミレドドドド、ハミング(上から下へ)、ドドシラ0、ハミング の繰り返し。
「Ya」①ドミソドドドソミドドド ②ドソミドソミドミソドソミド
   (間にハミング(上から下へ)入れて、すぐ次(1度上げパターン)へ)
[2]コンコーネ8番
◯今のハミングで。
◯「Ya」八分音符で動くところ
☆「アゴ柔らかく、舌の根元押しつけていない状態」になれるアゴの位置、頭の状態を見つける。
※自分の首にテンションの無い状態。
[3]個人レッスン
◯Aさん:「Time to say Goodbye」
・最初のRubato…タメを作って良い。
・「Comme V Comme」V…ブレスする
・練習番号B:しゃべる 0 練習番号Cへの入り。
・ブレスの瞬間に、身体できちんと息を吸うこと意識して。吸うためには、息を使わなければならない。伸ばしている音の間に、次へ息を流していくこと。縦口。
・アリアの最後、音を解き放って。0しゃべり「Comme V Comme」V…ブレスとる。
・最後のところaccel.かけて(早くしていく)。豊かに、苦しいところに入っていかない。
・転調のところは、なにげなくいきたい。エネルギーを身体に充満させておきたい。
◯Bさん:「いつも何度でも」
・音が鼻まで上がってきた分、鼻声になる。→口を開けること、奥歯に指1本分。口は前に突き出して良い。
・音上がるところ軽く。
・首を立てると、お腹が動いてくる。(自力でがんばろう!)
・最後「ルールルルー」で続ける。1音下がるところきちんと下がる。
 ルンルン V シド(ルルルールルルー) V…ブレスとる
◯Cさん:「What I did for LOVE」(風邪のためあまり声出ない)
・「Ya」縦口
・息吐く「Shーー」両手で両肩抱え、少し背丸めヒザ曲げ、首楽に。
 息吸う時、背骨両脇に入る。
・肋骨周り動き、横隔膜も上がる。
 息吸う時、骨盤が前に動いてしまう。(札:お腹を前に出す事に意識がいっていた。)
 「そのまま」の状態(前に出さないように)を保つと、肋骨周り動き、横隔膜上がる。
・「リップトリル」で。
・入り口として「鼻と口」開ける。
 今は、口で吸って良いので、軟口蓋上げ、鼻開けると息は入ってくる。
・頭は「赤べこ」のイメージで。首のつけ根が柔らかく、鎖骨周りも柔らかく。仕事をするのは肋骨周り。
◯1人ずつ通し
・三名とも:自分が何を歌っているのか、歌詞を明確にわかっておくこと。わかっていれば、あとは自然に起こってくるので。

◆本日の『青木』語録
自分が何を歌っているのか、歌詞を明確にわかっておくこと。

◆本日の感想
今日は、いつこの方と違うピアニストの伴奏でした。ピアニストが変わると音楽が変わるんだなと実感しました。
Theme: クラシック | Genre: 音楽

ヴォイストレーニング・夜ジム(2/14)

■ウォーミングアップ
手指・足指の水かきを開く
足踏み(床との接地面を意識して)→徐々に四股へ
手打ち

■トレーニング
・Dさん
奥歯をあわせたまま詩の朗読
新しいテキストで今一度確認
「ひ」の音が出しにくかった
舌と下顎を離す意識を持って出す
口先や首より上の部分を意識しすぎて上がってしまっている胸や腹も意識し使えるように

・Hさん
文章を間違えずに読むこと
読む時に対象を作ること、テキストと自分だけにならない
サ行が弱い 文頭の構えが不十分

・Eさん
四足で読む
いろいろな状態での聞こえ方や音をしっかり捉える
いろいろな読み方を試す コレと決めようとしない

・Gさん
トレーニングの際、中心軸や重心も意識するとよい
ただ、考えすぎないこと 決めたら動いてみる
テキストを読む際、息を外へ出す 内にこもってしまわない

ヴォイストレーニング・夜ジム(2/7)

■ウォーミングアップ
 身体実感を高めるストレッチング

■個別練習
・Aさん
 鏡を見ながらテキストを読む。
 自分で自分のことをわかるように心がけること。
 (自分の頭・心をダイナミックにしていきましょう)

・Bさん
 発散すること。息を出すこと。
 (心身ともに疲れているようです。自分自信でエンジンをかけられるように)

・Cさん
 壁に背をつけたままアップダン。中心軸を意識する。
 (あまり体を痛めつけず、ほどほどのところを見つけましょう)
 テキストを読む。
 (自分に向かって読まずに外へ)

・Dさん
 頭で考えることより、身体実感を高めること。
 壁に手をついて駆け足:様々なバリエーションで行う。
 (とても感覚的なことです。考える前にまず行動)

・Eさん
 鏡を見ながらテキストを読む。
 口をあけることで喉をあける。
 (自分で自分を観察することで実感し修正していきましょう)

・Fさん
 座位にて足の先をポイント、フレックスと交互に動かす。
 走っている姿勢での腕振り
 台に手をかけ下半身のバネ(足首など)を使う。
 (余計な力を取っていきましょう)

歌発声土曜(2/4)

講座テーマ「自選曲を楽しむ③」

[1]準備
◯呼吸…アンダーバストに手当て「シューーー」。背側も使う意識。
 強めに「シューーー」まず、息を出す筋肉鍛える。
 次にその呼気圧を支えられるように。
◯鼻から息出す(鼻三角手当て)
 ♪「ラ」から半音ずつ下がる。頭声0胸声優位へ。
 ※鎖骨周りを軽く叩きながら。
 ☆どんなに低くても「鼻の高さから」
◯声帯をばりばり鳴らす
 注)舌を巻き込まない。舌先は歯の裏に軽くつけたまま。
◯アクビ(ノドチンコできるだけ高く)
 ☆今まで使った「鼻0軟口蓋0ノド開け」つなげて。

[2]発声(コンコーネ8番)
◯「Ma」
◯3拍子、その場足踏みをしながら「2段目まで」
◯音取りの甘い箇所:
 ①最初の「レ」高い音…軟口蓋の準備してから
 ②7小節目「シラシ」下がる。ここも軟口蓋保って。
 ③2段目5小節「ソード」…「ソ」のときに次の「ド」の準備を。
☆上下奥歯の間、指1本キープ。舌先歯裏。<鉄則>
 この位の口のスペースあると音が前に出てくる。
◯両手で顔はさみ、口前へ。

[3]個人レッスン
◯Aさん「Eternal Blaze」
(最初は1オクターブ下げて)
・かかとしっかり感じて、ヒザ伸ばして、普通に立つ。
(1カッコとばし、2カッコへ。他、間奏カット)
・練習番号「I」から音を少し変更:P.168「まぼろしにさらわれぬように」
☆出来るだけしゃべるように歌って。
 上下歯つけて、しっかり音出してしゃべる練習。
◯Bさん:「あらいの崎」
・鳩尾に手当て、筋肉の力で押し返しながら「シューー」(座って)
 おへそを中心に両手で圧をかけてほぐしていく。丹田も。
・丹田でも押し返しながら「シューー」
・鳩尾と丹田に手当て、支え。+上下歯の間、1本分開け。
・口をもっと使う。
・思うより息使う。
・「エーエサエー」鳩尾から歌う。
・しっかりした足踏みしながら(踏み抜く)。腰周りに重しつけたつもり。
◯Cさん:「いつも何度でも」
・腰は安定させ、ヒザ枉げて両手を左右にブラブラしながら。
・横になって、ヒザ立てる。鳩尾と丹田に手当て「シューー」。
 鳩尾(胃の辺り)をほぐしながら歌う。
 首反り過ぎると、引っぱられて鳩尾の辺りが固くなってしまう。
・盆の窪0頭蓋骨に沿ってほぐす。
・首ゆるめる。
◯Dさん:「What I did for LOVE」
・口先だけてしゃべる感じ。(口全体を使い過ぎ)
・言葉の語尾少し大げさに。Loveの「ve」, goneの「ne」など消えないように。
・抜くところ、つなげるところ。英語のうねりが出る。
◯Eさん:「Time to say Goodbye」
・最初のところしゃべってみる。
・縦口で。もっと深いところで母音作りたい。
・Commeの発音 コンメ
・フレージング(ブレスの位置)

◆本日の『青木』語録
◯重くなれるから、より軽くもなれる。
◯鳩尾0丹田にエネルギーが充満している身体の状態。

◆本日の感想
今期は各自自由選択曲。曲目はなんと全員が名曲ばかり。各々個人レッスンを
受けているのを聞いているだけで、生演奏のぜいたくな時間、自分のレッスン
以外は、至福のひとときをすごさせてもらってます。
Theme: クラシック | Genre: 音楽