「声ことば初級」講座 1/21

2014年1月21日 レッスンデータメモ「声ことば初級」講座
 担当講師 磯貝靖洋
 講座テーマ「通る声、届く声の発声法ーささえとロングブレス」

[1]準備体操 
  ○立位開脚…上半身を前に倒し、腕をブラブラ
        倒したままー回復運動
  ○長座…膝をゆるめて脚伸ばし、前屈ー足を持って前屈、腰を伸ばす。
   右脚を伸ばし、足首、膝に手を置き、浮かないようにお辞儀(脚替え)
   ―お尻、腰の筋肉を伸ばしす。首に力を入れないこと。
  ○両手を後ろにつき、肩、背中を動かし、ゆるめる。
  ○両手を組んで上にあげ、軽く左右に動かす。
  ○再び、両足を前に、さらにお尻を後方に引き、お辞儀。
  ○足裏合わせ、胡坐。仙骨を立て、首を上に伸ばす。―お辞儀
  ○膝を90度にし、両足を横に左右に揃え、前傾する(腰を少し浮かせる)
  ○正立位(自分の感覚で、真直ぐに立つ)

[2]正中感覚をとらえるー身体左右中心にとらえる(感覚)
 背面正中線ー踵を合わせるー尾てい骨を合わせる→背骨→頭骸骨の付け根

 ◎自力で踵から頭蓋骨までつなげる。
  踵→恥骨→丹田→臍→鳩尾→鎖骨真中
  自分の待ている長さのまま、保って立つ。

 ○正中線を実感し、体幹を整える。
  実感を素糧、まっすぐに身体をとらえる力,OK。

 思うこと…○○な感じ、はっきりしていない。焦点がない。

 ◎『感覚』…見えないものをとらえる力。
  回復運動。

 ○今回からの新メンバー
  O・Wさん 今回から参加。外国人に日本語を教える。

[3]声ことばコミュニケーション
 ○ことば発声の初級講座は、“まずは身体”。
  声、音を聴く体制を持つこと…それには、身体である。
  話をすることは、コミュニケーション。

 ○答えが返ってくることを予想する、条件である。

 ◎「相手が前に立った時、相手を“緊張させない”“がっかりさせない”
  相手を“圧迫しない”(コミュニケーションの条件)
  緊張がなければ(リラックスしすぎる)、声をしっかりだせない。
  「いやだ」と思うことは、駄目な緊張。
  物の善悪は、ある点で線引きする。

 ○緊張しても、他人を生きにくくしてはいけない。
  自分に圧迫を加えない。(自分を守ることは、当たり前)
  ⇒大腿の感覚⇔実感⇒知覚する。
  実感⇒眩しい⇒息を止める。

 ○投げたら、もらって返す(コミュニケーションの条件)
 ◎空気を入れるー意識的に出す⇔自然呼吸(『無意識』)
  身体を安定させる、整える⇔話したくなる

 ○息を吐く…意識が通る→言葉を吐く、話す
  (言うことを聞かない…身体をこする→脳を刺激ー言葉とつながる)

 ◎この講座の「呼吸」―ことば、声のための呼吸
  無意識に吐いている呼吸を、意識に変える。
  無意識に吐いている言葉を、意識することで変える。


 ○無意識状態から変えることで、意識する状態を変える。

[4]呼吸活動を整理する
 (1)呼吸システムー肺の生理機構

 Ex―肋骨を触ってみよう。(自分の手で肋骨の立体をとらえる)
   肋骨…上部(鎖骨の下)を使って呼吸するー少しできる
      最下部をつかって呼吸ー大きく動いている、可能
   肋骨を繋ぐ胸骨の呼吸…まずまずまともな呼吸
   「背面肋骨」…呼吸ができる、ひろがる。

 ◎声とことばの呼吸…長い方が良い
  しっかり伝える声、ことばは、長い呼吸のほうが良い(有利)
 (横隔膜は意識しなくてよい、大きな運動としてつかむ)

 ○鳩尾から手でサイドに移動させたか所から少し背面に両手を置く。
  Exー“鼻から息を吸い込む”…たくさん吸気できる。
                多くの空気を取り込んだ方が良い。
     肺の中には、いつも残気があるので、息を吐き切っても
     息は残っている。この残気も出したい。吸気したら
     思い切り吐き切る。


  お釈迦様の呼吸法ー鼻から吸ってお腹がぺしゃんこになるように、
           しっかり吐く。

 ○逆にお腹が張るくらいまで“吸いこみ、お腹がぺしゃんこになるまで吐く”
  意識して行う(呼吸も数種ある)

 ○血液の循環がよくなり、呼吸で空気の流れも良くなる。
 ○大きく呼吸することで、『呼吸の意識』が変わる。

 Ex―鎖骨に向かって息を入れ、鎖骨で吐く(呼吸量が少ない)
 Ex―腹式呼吸…多少加減する事ができる。
   「ささえ」呼吸ーささえに向かって息を入れ、ささえを使って息を吐く。

(2)様々な呼吸法
 ○背面呼吸(後肋骨)―肩甲骨に向かって息を入れる。
 ○胸郭呼吸(胸式呼吸)
 ○腹式呼吸  
  この3種を身につけてほしい。(肺の容量を多く使うなら、お腹を使う)

 ◎「お腹は、どこか?」(腹腔ー胴を知る)
   『鳩尾』の下から腿の付け根(『鼠径部』)までを指す。
   『腹腔』は容量が大きいので、多くの吸気を入れる仕事をする。

   自分が覚える前に解放すると身体がやったことを覚える。

 ○脳の運動野と内部脳が覚えていかないといけない。

 ◎音を覚え、その音が身体をどのように使えばいいかを見つけて覚えると
  本当の意味で「覚える」といえる。

 ①〈鼠径部(上半身の底)を覚える〉
  鼠径部を前に張りだすー30回くらい繰り返して覚える。
  後方の臀部、腰の筋肉も連動して動いている。

 ②〈丹田を覚える〉
  ◎丹田の位置=臍と恥骨との1/2の位置
  Ex‐その部分を指で押す(丹田は内臓と直結しているので、丹田が安定すると
              内臓、特に小腸の調子が良くなる)
  ○丹田を指で押すー腹圧で押し出すー再び引っ込めるー出す
  『丹田出し入れ運動』(磯貝講師のお腹を押し込み確認)
    腹圧の高い人ー呼吸をすることで柔軟になり、お腹も良く動くようになる。
    丹田を押し込んでも、首や肩に力を入れない。
    身体は、足裏でしっかりささえる。―しっかり立てる事が重要

  ○腹式呼吸…「どこでささえるか」によって、使う筋肉が違う。
  Exー胸部、腹部を素直に全部使って呼吸を練習してみる。
    肺の機能を高めるには、横隔膜を良く動かすこと。

  受講生の感想(面白かったこと)
  Sさん 先生のお腹を押したこと
  Fさん 先生のお腹が奥深く押し込めたこと
  Iさん 先生のお腹と比べると、自分は固いことが分かった。
  Oさん 丹田もそうだが、鼠径部の動きも、大きく動くので、びっくり。

  ◎自分の手で、動きを上手くキャッチし、意識的に使えるようになること。

  ◆本日の磯貝語録
   音を覚え、その音が身体をどう使えばいいかを見つけて覚えると
   本当の意味で「覚える」といえる。

  ◆本日の感想
   常に自分を駄目だと思っていることが、呼吸や発声に影響していたことを
   知りました。
   今迄、一度も実感できませんでしたが、本日一度だけ鼻から吸い、口から
   出す呼吸を実感できました。 良い気持ちなんですネ~。

「声ことば初級」講座 1/7

2014年1月7日 レッスンデータメモ「声ことば初級」講座
  担当講師 磯貝靖洋
  講座テーマ 「通る声・届く声の発声法」

 [1]準備体操
  ○椅子座位―楽にすわる(せもたれに背中を付け、膝を開く)
        指を広げ、鼻に息が通るように鼻呼吸
        指を広げ両手を合わせる→手首をブラブラ
        指の股をよくほぐす→痛いと感じた時は疲労度が大きい

   中国の療法―水かきのケア。何か違和感のある場所
         感覚で病気やトラブルの元を診る。

  ○手をこする→掌の温度、気を感ずる。
   手首をほぐす(こする)→手を組んで回す

 ◎「身体の気」→手、指を動かすことで、身体の一部分に偏在している気を
         動かして、流れをよくしてバランスを整える。

   呼吸や声にプラスになる必要なものを、ピックアップして行う。

  ○坐骨で座る―坐骨を椅子の上で動かす→上半身、肩は動かさない。
   (上半身が動かないことは、声や呼吸には重要なことである)

 [2]自己紹介とアドバイス
  ○N・Yさん―2年前にダンスで腰を痛める。腹筋と背筋のバランスが悪かった。
        自分本来の声を掴みたい。

○S・Aさん―昨年9月期より入塾2期目

  ○F・Aさん―中1の時、ソフトボールで腰を痛める。すべて初めて本当のことを
        知りたくて来た。

   自分の身体のことは、どんなコンディションかを把握して、自分で治していく
   こと。自分の身体は、一度はいいポジションに整えることができる。
   [できること」を信じる、つかむこと。


 ◎声、呼吸は、自分で行うことなので、上手くいく動かし方、やり方を学んで、
  “自分で良くする方法”を見つけ、実行していくこと。

  F・Aさんの目的、目標―声とことばが平坦だという実感があるので、
             “丸みのある(球体)声”、ことばを目指したい。
             その方が表現が良くなる感覚がある。それは、どの
             様な状態か。

   アドバイス:球が見えるようになること。球を自分の手で触れるように
         なると良い。   
        例…球を2つ持つ。形をなぞって、8の字を描けるようにしていく。

    サルバドール・ダリの言葉
     ⇒[無いものが、あるように見えることが、芸術である」