12/30のツイートまとめ

Isogai_Method

音から意味をとっていく。
12-30 22:00

声はその人のエモーション(情動)。https://t.co/OysHiDI6a7
12-30 17:00

響きのある声を感じる、とは心を感じること。だから歌はなくならない。
12-30 15:00

話し声は“音”である。音は出し方で品格が変わる。https://t.co/OysHiDI6a7
12-30 12:00

何者かによって試されるのが芸術である。
12-30 07:00

12/29のツイートまとめ

Isogai_Method

全部他人が判断する。
12-29 22:00

書いてある事をそのまま読めるようになれ。
12-29 17:00

呼吸を読む(出来る者は呼吸を読める)。
12-29 15:00

良い声をつくるには、下半身の柔軟さを欠かす事ができない。https://t.co/OysHiDI6a7
12-29 12:00

頭脳(知覚)と身体脳のバランスを高める。https://t.co/OysHiDI6a7
12-29 07:00

12/28のツイートまとめ

Isogai_Method

役者は観客を開放させること。
12-28 22:00

声や言葉には、それ相応の<響き所>がある。それを外れると伝わりにくい。
12-28 17:00

身体は楽器!自身の喉の原音を知る事は、自分を知る事である。https://t.co/OysHiDI6a7
12-28 15:00

自分なりの工夫や努力は禁。音楽になり、音楽をする。
12-28 12:00

声によって自分自身のイメージを変える。https://t.co/OysHiDI6a7
12-28 07:00

12/27のツイートまとめ

Isogai_Method

全世界の音楽の基本には必ず宗教音楽がある。
12-27 22:00

音楽は瞬発芸ではない(持続性が基本である)。
12-27 17:00

沢山の感情は沢山の色彩→沢山の声質
12-27 15:00

他人の云う事は、下腹で受けよ!https://t.co/OysHiDI6a7
12-27 12:00

受けゼリフが出来て、はじめて投げゼリフが出来る。
12-27 07:00

12/26のツイートまとめ

Isogai_Method

音声を作るための設計図を自分の中に確立すること。https://t.co/OysHiDI6a7
12-26 22:00

演じ手の優秀なところに良い作品が生まれる。
12-26 17:00

一生懸命と本気(気の芯)はことなる。https://t.co/OysHiDI6a7
12-26 15:00

身体実感に繋がったイメージでないと役に立たない。
12-26 12:00

“音のイメージ”は言葉を使う人間にとっての教養である。https://t.co/OysHiDI6a7
12-26 07:00

12/25のツイートまとめ

Isogai_Method

声は練るもの。母音は鳴りだ。https://t.co/OysHiDI6a7
12-25 22:00

演劇というのは人間の弱部をやるもの。 弱い人間には演じられない。
12-25 17:00

高いエネルギーを持っていなければ低い(又は弱い)表現はできない(低い表現:力の抜けた表現とは違う)。
12-25 15:00

力のある単純さは人に伝わる―芸の基本
12-25 12:00

自分の考えと対極にあるものを考えるのが社会性。
12-25 07:00

水曜隔週ベーシック(2015.12.23)

講師:磯貝靖洋
助手:出先拓也、五十嵐正貢


今日は今期最後の講座でした。

【ウォーミングアップ】
IM身体法、直線歩行

【前回の復習】
「アクセント」
音楽のように高低をつけるとはっきり伝わる。
好きな食べ物の言葉で練習する。

【今日のテーマ】
「舌さばきと発声」
舌の位置と動きで口腔の形を変える子音のうちで下記の調音練習を行う。
下顎と下唇の支えと構えが大事です。
やはり音をよく聞くことです。

1、弾き音
◎ラ行
・小さい「ツ」を前につけて息を詰める
・音を外に出す
・舌が歯茎にずれるとダ行になる

◎ナ行
・小さい「ン」を前につけて息を詰める
・音を鼻から外に出す

2、こすり吹き出し音
◎サ行
・小さい「ス」を前につけて息を詰める
・音を歯間から外に出す
◎ザ行
・サ行より舌を歯に強く当て
 小さい「ズ」を前につけて息を詰める
・音を歯間から外に出す

【本日の感想】
・声が楽に出るようになった。
・自分一人でトレーニングしてもまだなかなか思うように行かない。
・地面に足をしっかりつけて姿勢に気をつけるようになった。
・途中から入ったので1月の呼吸法が楽しみです。
・はっきりとした音を作るのは大変疲れるが、充実感があった。

20151223
文責 五十嵐正貢

12/24のツイートまとめ

Isogai_Method

息を入れることが出すことだ(息の入れ方で出し方が決まる)https://t.co/OysHiDI6a7
12-24 22:00

音楽は“うねり”とうい感性を教えてくれる。
12-24 17:00

【磯貝コラム】ヴォイストレーニングということ『ところで皆さんは、日本語の発声を小中学校等で教わりましたか?発音やアクセントについては、少しは訓練を受けた方がおられるかも知れません。... https://t.co/HVA3g8PBYS
12-24 15:35

自分で自分が分かるために言語がある。
12-24 15:00

自分を使い果たして自分でないものをやる。https://t.co/OysHiDI6a7
12-24 12:00

歌を歌うためには、先ず自分を楽器として研く事から始める。
12-24 07:00

12/23のツイートまとめ

Isogai_Method

内向表現は、外にはうまく伝わらず、誤解の原因となることが多い。
12-23 22:00

自分のことは、自己理解より他人の方が正確にキャッチしている。https://t.co/OysHiDI6a7
12-23 17:00

音楽の音は出してから確認すること。出す前に考えてもだめ。
12-23 15:00

「なろう」と思う気があるから、そのものになれない。それを捨てるからなれる。
12-23 12:00

通じない言葉は使えない通貨と同じである!!https://t.co/OysHiDI6a7
12-23 07:00

週一ベーシック(2015.12.22)

講師:磯貝靖洋
助手:戸村健作

【今日のテーマ】
総おさらい

【磯貝メソッド身体法】
今期最後の週一ベーシック講座です。
ということで、やはりストレッチングからスタート。
受講者の弱点部分に重点をおいてトレーニング。
横隔膜をはる、肋骨を開く、そけい部を意識し重心おろし。

【磯貝講師による総まとめ】
全体を通して個人個人に対してアドバイス。

・全体として
身体に関しては、やはり下半身。腰、骨盤、脚、足首。
実感を持って最大限に声のため活用できるようにしていきましょう。

・呼吸について
今までは筋肉トレーニング、グレードの高いことを目指しましょう。

・そして、ことば
何はともあれ、息を落とさず明るく柔らかい声を心がけましょう。

声・ことばに関する問題は全体に共通することも多くありますが、そこへのアプローチなど個人差も多大にあります。
受講者の弱点・良さ・改善案などアドバイス。


2015年中期週一ベーシック講座終了です。お疲れ様でした。


20151222
文責 戸村 健作

12/22のツイートまとめ

Isogai_Method

私がやりたい≠人に伝えたい。私がやりたい≠私に出来る。各々次元の違う出来事。
12-22 22:00

一番良い音を出せる声の「通る道(声の道)」をつかまえる。
12-22 17:00

磯貝メソッドの訓練の第一は、各個人の声、言葉、身体、感覚のニュートラルをつかんでいくことである(表現や主張はその次)。https://t.co/OysHiDI6a7
12-22 15:00

ただただやるのではなく、その先をみてやりなさい。https://t.co/OysHiDI6a7
12-22 12:00

芸人にとって必要なことは100%の主観と100%の客観。その間を行き来するエネルギー。
12-22 07:00

12/21のツイートまとめ

Isogai_Method

先ず肯定。
12-21 22:00

芸の道には、「戻るところ(基)」を持つこと、つくること。
12-21 17:00

文字ことばを音読するとき、句読点でリズムを生み出さないと、生きた立体感あるものとならない。
12-21 15:00

音声には「重い」「軽い」がある(気持ちが音を重くするのではない)。
12-21 12:00

声は、人の精神を現す。言葉はどんな声で喋り語るかが重要。https://t.co/OysHiDI6a7
12-21 07:00

12/20のツイートまとめ

Isogai_Method

朗読の第一歩は助詞の扱い方から。
12-20 22:00

芸能をすることは、わがままでなくなることである。(芸能は、自分の好き勝手をすることではない)
12-20 17:00

「自分」と「周り」を区別して認識すること(自と他の正確な分離)。https://t.co/OysHiDI6a7
12-20 15:00

芸事にとって慣れは毒である。
12-20 12:00

読まされてしまうのと読んで伝えるのは正反対の行為。https://t.co/OysHiDI6a7
12-20 07:00

12/19のツイートまとめ

Isogai_Method

「演奏する」ということは、自分の外側に音楽を造形すること。
12-19 22:00

ブレスの精度が増すと、次のフレーズの品度が上がる。https://t.co/OysHiDI6a7
12-19 17:00

強い声を弱くする時、表現と技術が生まれる。弱い声で強い声を出しても、力みや圧迫になり、表現性は乏しい。
12-19 15:00

出すぎるとイヤらしい。引っ込むと分からない。https://t.co/OysHiDI6a7
12-19 12:00

下顎と舌を離すことで、言葉のセンスを上げる。https://t.co/OysHiDI6a7
12-19 07:00

12/18のツイートまとめ

Isogai_Method

俳優は、生きた人間をそこにつくることである。
12-18 22:00

私的体験そのままの再現は演技ではない。
12-18 17:00

芸とは、つつましやかなもの。
12-18 15:00

コミュニケーションは、言葉の意味情報をやり取りするだけでなく、声や顔の表情で人間情報のやり取りをする事が大切。https://t.co/PqZ29DneMx
12-18 12:00

音声技術とは、巧妙な錯覚であるhttps://t.co/OysHiDI6a7
12-18 07:00

12/17のツイートまとめ

Isogai_Method

ことばは意味理解でなく状態理解からはじめ、意味化する。https://t.co/OysHiDI6a7
12-17 22:00

メロディーや伴奏の雰囲気に流されない。
12-17 17:00

良いところを見つけつかみ取るのが自分の仕事。正確に批判するのが周りの仕事。
12-17 15:00

詩自体に音楽的リズムがある。(リズム感は音楽だけにあるのではない)
12-17 12:00

音が取れたら感情が取れるのではない。音楽の感情が取れたら、音が取れるのである。
12-17 07:00

週一ベーシック(2015.12.15)

講師:磯貝靖洋
助手:戸村健作、菅家ゆかり

【今日のテーマ】
発音⑦「口唇と舌」
  
▼磯貝メソッド身体法
・ストレッチしながらタンギング
・顎関節をゆるめる
・タンギングしながら坐骨歩き
・タンギング+3T
   
▼今期の振り返り+習得の確認(受講生の一人が、今季最後の参加のため)

理解できていないことを申告、実演してもらい、何ができていないかを確認。
  
・9月呼吸
①丹田の出し入れの位置が高い、丹田の出し入れの感覚がはっきりしない。
⇒足首、鼠径部、丹田の出し入れ(下から順番に確認する)
②呼吸時、横隔膜を広げ、収縮する位置が高く、呼吸量が少ない。
⇒背筋をもっと使えると良い。身体法を行う時に、肋間筋を良く動かすことで胸周りの筋肉が強化されると横隔膜が上手に使えるようになる。

・10月発声
①喉実感がまだ十分つかめていない 口の実感でなく、声は喉で鳴る。
②顎が決まらないと発声も上手くいかない→日常、しっかり噛むことでささえがしっかりする。
③目の前にいる人には話しかける。話す相手への意識が定まると呼吸、声が変わる。表情も変わる。言葉の佇まいも変わる。

・11月~12月発音
①「イ」「エ」が難しい。良い言葉を発するには、緊張の持続が必要。
②母音のさばきができるようになると、言葉がはっきりする。言葉を実感する。音を言っている実感がある→相手に伝わる。
③子音…舌の使い方が重要。子音の響く位置がわかると、声が明るくなり自分の言っていることが、わかる。
ex  「ハヒフヘホ」子音を作る場所と、響く位置を、一音ずつ手で触れて確認する
   「パヒプペポ」音の粒を小さくする。(口唇の真ん中を使い、音を集める)
   「マミムメモ」口唇音だが、響きのポイントを意識すると、舌の動きが変わり、音が良くなる。
  
今期学んだことを振り返り、個人のことをチェックしながら全体の重要な点を確認することが出来ました。
声や言葉を良くするために、磯貝メソッドでは身体づくり、自分の体への意識を高めることを重視しています。
受講生個々の姿勢が整い、動き良くなってきたので、これからが楽しみです。

【受講生の感想】
講座を受講して約8カ月、首や肩のラインが変わり胸まわりが大きくなりました。 
毎回身体を動かし、呼吸をおこなっていることで、自分でも声やことばがしっかり出せるようになってきたと思います。

20151215
文責 菅家ゆかり

12/16のツイートまとめ

Isogai_Method

音楽が不自由にしてくれるから、その人の才能は伸びる。
12-16 22:00

他人が納得するために、自分をどう変えるか。https://t.co/OysHiDI6a7
12-16 17:00

【磯貝コラム】「人の声は変わります」『…言い方を変えると“声を訓練する”ということは、放っておくと悪くなる声(悪く変わる)を、少しでも良い状態に保つ(良く変える)ことです。…』... https://t.co/JnZvSoNJT0
12-16 15:02

歌うとき、自分の声・音・響きを自分がキャッチできる状態をつくること。
12-16 15:00

表現呼吸とは呼気・吸気法でなく、横隔膜の張りと停止の方法。https://t.co/OysHiDqviz
12-16 12:00

身体意思は足裏から上肢へ。
12-16 07:00

12/15のツイートまとめ

Isogai_Method

情感は皮膚で感じるもの。頭脳の思いだけでは伝わらない。https://t.co/OysHiDI6a7
12-15 22:00

顔芝居(眼芝居、口芝居)より、体芝居の方が説得力がある。
12-15 17:00

音を嗅ぐ。音は香るものである。https://t.co/OysHiDI6a7
12-15 15:00

古典は、語や文の意味を現代(今)の価値観で読んでは読み間違える。特に心や感情について。
12-15 12:00

自分の力だけでは限界がある。人の力でそれを越えることができる。https://t.co/OysHiDI6a7
12-15 07:00

月刊「聲の力」 第3号(2015年12月15日 発行)

▼月刊「聲の力」第3号▼━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本メールは「声とことばの磯貝メソッド」がお届けするニュースレターです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (2015年12月15日 発行)

2015年も師走を迎えました。クリスマスの華やかな空気に混じって、おたふく風邪が流行、なんて話も聞こえてきます。この忙しくも楽しい季節を乗り切るためにも、声を使って自身のエネルギーをしっかり燃やしていきましょう。
ニュースレター「月刊 聲の力」の第3号をお届けします。スキマ時間のお供に、ぜひご覧ください。


_/_/_/_/ 目 次 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 1. 最近、どうですか? ―磯貝メソッドからのお知らせ

 2. 耳よりヴォイスケア情報「正しい“うがい”のやり方」

 3. 地方塾からの便り/仙台より

 4. 磯貝メソッド参加者の声 ―声の学校から

 5. 声とことばのちょっと嬉しいQ&A ~今さら聞けない声のこと~



■□最近、どうですか? ―磯貝メソッドからのお知らせ ・・・‥‥‥………

[2]【1/11(祝)】俳優&声優向け「台詞の発声チェック+ワークショップ」
  ――声の表現者に特化した、簡易なボイスチェック付きのWSです。
  http://isogai-method.com/archives/689

[1]【1月~】「磯貝メソッド声の学校」今年度後期(1~4月)参加者募集中!
  ――発声法から表現まで、日本語音声を幅広く学べるスクールです。
  http://isogai-method.com/archives/614
  
[3]【1/9(土)~】“ユニバーサルな音楽講座”うたショートレッスン!
  ――カンツォーネとシャンソンで、歌うことの楽しみをプロと一緒に。
  http://isogai-method.com/archives/628
  
[4]【2/21(日)】冬のボイスチェック、開催決定!
  ――サイトがスマートフォン対応してより見やすく。お申込はお早めに。
  http://www.voice-check.com/

[5]【日程調整OK】磯貝靖洋の個人レッスン受付中!
  ――舞台演出家、音楽指導者の顔も持つ磯貝靖洋のマンツーマンレッスン
  http://isogai-method.com/archives/524



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 2. 耳よりヴォイスケア情報「正しい“うがい”のやり方」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
相撲の力士は仕切り前に口を漱ぎ(すすぎ)、衣で肌を拭います。それは身を清める神事としての儀式です。人の口は良からぬものを食い、怪しきことを喋る、不浄なものとも言えます。不摂生の上句「喉が荒れた、声が嗄れた」ときには、神に感謝し身を清める「嗽(うがい)」をするのが宜しいでしょう。薬を使わずとも、白湯で十分です。
①口に程々の湯量を含み、唇をふさぎ、下あごと舌を動かし口中をブクブクと丁寧にすすぎ、吐き出す。
②口を縦に開け、湯を適量入れ上向き姿勢をとる。安定したら舌骨から息をガラガラと吐き出すようにすすぐ。舌骨と舌の下ろし具合を変え、息の位置を上下して、湯を上あご、軟口蓋、喉頭部と当てながらガラガラゴトゴトとうがいを行う。息を継ぎながら30~60秒を一回とし、2~3回を目安として行うと良い。
尚、この際しっかりと鼻から丹田呼吸を行うと「腹式呼吸嗽法(ふくしきこきゅううがいほう)」となり、風邪の予防としても効果が高くなります。(磯貝)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 3. 地方塾からの便り/仙台より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは、IMS声とことばの磯貝メソッド仙台塾です。

今年度のIMSは「声をつくるクラス」「ことばを磨くクラス」「リーディングヴォイスパフォーマンスクラス」の3クラスを開講しています。講師は3名で、各クラスごとにメイン講師とサブ講師を割り当てて指導しています。
毎年度5月から3月までを3期に分け、それぞれ「響きのある発声」や「なめらかな喋り方」などのテーマを設け、年度末には一年間の集大成として発表公演「こえの広場」を上演しています。
なかでも、「リーディングヴォイスパフォーマンスクラス」は声の表現に特化したクラスで、10年来続けている方々もいらっしゃり、そういったメンバーと『IMSやまねこ屋』というユニットを結成し、リーディングライヴも行っています。

大阪塾からの「受講生自身の考えを発展させる」ようなレッスンですが、個人レッスンや2~3人の少人数レッスンだとそれもいいかもしれませんね。IMSには受講年数が長い方もいらっしゃいますので、「こういうことをやってみたい」などの意見を聞きながらカリキュラムを組み立てることはしています。

さてお次は、メンバー同士がとても仲が良さそうで、数々のリーディングライヴをこなしてうらやましい限りの「ヴォイスサークル金沢」の様子を教えてくださいまし。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 4. 磯貝メソッド参加者の声 ―声の学校から
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(50代男性、公務員/声の学校・トレーニングクラスにご参加)

▼参加のきっかけ
声は通るが聞こえない、と人に言われたことが動機となり参加しました。ヴォイストレーニングの類を受けるのは初めてでした。

▼参加して変わったこと
3年通っていますが、まず声を出すための身体が変わりました。今までいかに無駄な力を使っていたかということが理解できました。
まだ身体に緊張が残っていますが、逆にそれが伸びしろだと感じます。
あとは、声に対する感度が上がりました。他人の声が気になるようになり、同僚が隣の席で別の話をしているときにも、「この声は…」と分析するようになりました(笑)。

▼磯貝メソッドの特徴は?
生きる、ということの本性を理解した上での実践を求められるところが特徴だと思います。
発声の方法論だからと言って、ただ声のことをやっていればいいのではないということですね。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 5. 声とことばのちょっと嬉しいQ&A ~今さら聞けない声のこと~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■質問■
男性なのですが、声が高いです。落ち着いた低い声で話したいのですがどうしたら良いでしょうか?

□答え□
まず、話し方の問題からお話しましょう。
低い声でも落ち着いて話さない方が多いです。高い声は聴きやすい声なのですが、話し方が早めであったり、言葉が不明確だと「落ち着いて話す」というものから離れてしまいます。また、男性の場合は高く、軽く、薄い声でその上言葉が不鮮明だと、内容が分からず軽薄に感じられることがあります。
元来の持ち声が高い人は、低い声にはなりにくいです。話し言葉は、日本語では口だけでしゃべるので声は変わりにくいですが、持ち声さえ崩れていなければ訓練により魅力的な話し方が身に付きます。(磯貝)



::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
 編集後記
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
◆書類を整理していたら、10年前の自分の写真が出てきました。十年一昔と言いますが、変わらないと思っていた自分にもずいぶん変化があったことに気付かされました。◆変わらないためには変わり続けること、とは言いますが、次回から編集責任者が交代します。これからも皆さまとの架け橋となるべく試行錯誤を続けていきますので、ご意見・ご感想などお寄せ頂けると幸いです。◆少し早いですが、2016年もどうぞよろしくお願いいたします。よいお年をお迎えください。(K)

12/14のツイートまとめ

Isogai_Method

他人の個人指導をそのまま、まねてもあまり役に立たない。身体、笛が各々異なるのだから。
12-14 22:00

自分の外に意識(音)が作れていれば、合わせようとしなくても自然に 周囲と音と響きが合ってくる。https://t.co/OysHiDI6a7
12-14 17:00

胴で語れるのが良い語り(口ではダメ)。
12-14 15:00

クラシック音楽(芸術)は、永い年月幾多の人がたずさわり、今なお育っている。そこに品格が生まれる。https://t.co/OysHiDI6a7
12-14 12:00

自分が何かに引っ張られていく能力を大事にすること。
12-14 07:00

12/13のツイートまとめ

Isogai_Method

全部うまくいこうと思わないこと。真剣にやりすぎないこと。https://t.co/OysHiDI6a7
12-13 22:00

“虚”を表現媒体にした方が幅が広がる。
12-13 17:00

詩は人の心のうごきのことばである。https://t.co/OysHiDI6a7
12-13 15:00

「何のために」するのか。「どこを使うのか」「どのように行うのか」を正確に把握する。https://t.co/PqZ29D5DnX
12-13 12:00

自分の体を自分で把握していく(知的→視覚→触覚)
12-13 07:00

12/12のツイートまとめ

Isogai_Method

文読みで幹をつくり、語読みで枝葉をつくり、それを一体化させる。https://t.co/OysHiDI6a7
12-12 22:00

抽象意志ではなく身体意志を育てる。https://t.co/OysHiDI6a7
12-12 17:00

相手をわかるとは、受けていれば良いその感覚。
12-12 15:00

声を出すことで生きた意味を具体的につくり出し、伝えるのが話芸。
12-12 12:00

全ての事に実感を持つ。知能と体能と感能。
12-12 07:00

12/11のツイートまとめ

Isogai_Method

言葉の身体化。表現性は身体性である/声は身体である。https://t.co/OysHiDI6a7
12-11 22:00

良い発語には、必ず構えがあり、各音のポジションがある。https://t.co/PqZ29DneMx
12-11 17:00

音は響きである。周りを振動させる。他人が捉えやすい響きをつくること。https://t.co/OysHiDqviz
12-11 15:00

アーツは現実の確認ではない。なにかを発見しなくてはならない。
12-11 12:00

ただ読む、ただ喋る、これをやめる。必ず受ける人、伝える人を想定する。その上で、聞き手に対して語りかける、喋りかける。
12-11 07:00

活舌・発音法(2015.12.10)

講師:磯貝靖洋
助手:出先拓也 益田喜晴

【基礎身体法】
スワイショウ 15分間。
IMB

【本日のテーマ:言葉の良い響き②】
「仏教哲学について」
深く知れば知るほど天に昇って行くように感じる→これが宗教。
見えないものを想像できるかどうかが重要。
これは、声と宗教の共通点。
人間は、生の実感を多く得られる人生だと幸福である。
プラスでもマイナスでも生の実感を多く得たい。
生の実感ある声というのも存在する。
それが、"地声"である。
赤子の泣き声などはまさにコレ。

「地声発声」
地声を持っている人が初めて発声練習に入れる。
地声が最も発声しやすい音は"あ"である。
地声は声帯の骨自体を響かせる。
声帯の骨の前に当てた音を同時に後ろに反射させる。

「テキスト地声発声練習」
テキストを使って、地声で読む練習を行った。
とにかく口から吐かない。
口の中に吸い込むように音を出す。
声を出すのと同時にお腹をペシャンコにするように息を吸う。

※「想像はできないけど、きっとあります!」
先があることを確信できることがまさに想像。
先があるからそこから引っ張られる。

【感想】
結果ばかり気にして、その先を考えていなかった。
地声の音が頭の中で整理できたので、これを感覚で掴めるようにしたい。

20151210
文責 出先拓也

12/10のツイートまとめ

Isogai_Method

舌と下顎を分離して構音することで語音感はよくなる。舌が生き生きすることで音が良くなる。https://t.co/OysHiDI6a7
12-10 22:00

【重唱(アンサンブル)の楽しみ】音と音が重なり合うと、別のものが生まれる。安定したもの、不安定なもの、それぞれのつらなり、それを作りだす面白さが重唱の楽しみである。... https://t.co/ZIRq4QnaZv
12-10 17:23

リズム感は、その文化固有のもの。ひとりひとり固有なもの。育てることはできるが身につくには時間がかかる。
12-10 17:00

すぐ先が無くなる様な芸でなく、自分がいつまでも追い、そしてつなげて行ける芸をつかまえることが大切。
12-10 15:00

【参加者募集】1/11俳優・声優向け「台詞の発声 チェック&ワークショップ」声の演技に特化した磯貝メソッドのワークショップ。今回は簡単なVoice Checkがセットでこの破格!お金がなくてきちんとした訓練を受けられなかった人へ。 https://t.co/0XN17CuHOm
12-10 12:59

表現は各々の考え、各々の方法で誰でもできるが、芸は考えも方法も技として訓練し、その先にあるもの。https://t.co/OysHiDI6a7
12-10 12:00

芸は流行を追うものではなく、本質とつなげるものだ。
12-10 07:00

水曜隔週ベーシック(2015.12.9)

講師:磯貝靖洋
助手:出先拓也、五十嵐正貢


【基礎身体法】
手で体全体をさする。
体の外側を実感すること。
体の内側を実感すること。


【本日のテーマ】
言葉の音(発音、アクセント)

音は光と違って、鮮明不鮮明がハッキリしている。
声や言葉が鮮明になれば自分の実感も高い。
すると、他人にも伝わる可能性が高くなる。

「発音、アクセント」
日本語をより正確に伝えるために重要なのがアクセントである。
アクセントを正確にすると伝わりやすくなる。

アクセントの種類を知る。
どのような目的があるのかを知る。

実際に4種類のアクセントを読み分けてみる。

「自分の名前を正確なアクセントで発音する実習」
まずはそれぞれの名前のアクセントを正確に発音する練習。
高い音低い音がバラバラになったりしないように、それぞれ音を合わせる。

次に、"私の名前は◯◯です"
を各自練習。
"です"が消えたり、自分の中に引っ込まないように、最後まで相手に届ける。

最後に、"あなたの名前は◯◯さんです"
を練習した。


【本日の感想】
今まで自分の名前をどのように言うか意識したことがなかったので、よいきっかけとなった。
アクセントを正確にする事で、聴き手が受け取る印象が全く違うとわかった。


20151209
文責 出先拓也

週一ベーシック(2015.12.8)

講師:磯貝靖洋
助手:菅家ゆかり、戸村健作、札辻静美

【今日のテーマ】
発音⑥ 活舌さばきの子音

【磯貝メソッド身体法】
磯貝メソッド身体法で声と言葉のための身体準備
この身体法があって始めて声と言葉のことを実践する準備が出来ます

【子音復習】
1.顔のストレッチ
 顎関節を緩める
 口輪筋をほぐす
 オトガイ筋をまわす

2.ラ行(準備)
 テキストで舌の位置を確認
 “ウ”で舌先を歯茎に付けた状態から”ラ”を作る
 舌先で歯茎を舐め、その位置から”ラ”
 ※縦口、細舌で。上記舌の位置で舌を弾く
 ※舌先で太鼓を叩くのと同じ
 ※サンプルを聞いてその音を出す
 ※やり方よりも音。言葉は人間技であると同時にあなたの精神

3.ラ行(調音)
 言葉を喋れる喋れないはその音を持っているかどうか
 他人が聞いて良いと音と思う音を作っていく
 声と言葉のために一番重要なのは舌

4.調音練習準備
 前歯を合わせて細舌で口の中を使う
 奥歯を合わせて唇を前に突き出し舌を奥に飲む
 うがい(口いっぱいの”ハ”を作りうがい)
 発話時は下顎と上顎をくっつけない
 方法や論理を知った上で、とにかく良い音を出す

良い音を出すという目的を忘れないで、方法だけを必死にやることのないようにしましょう。
良い音を知り(用意し)、その良い音を出すための自分のやり方を見つけましょう。

【本日の感想】
身体感覚に頼りすぎてはいけないと思った。
音に集中したおかげで、いつもより音の良し悪しがわかった。

本日もお疲れさまでした。

20151208
文責 札辻静美

12/09のツイートまとめ

Isogai_Method

良い母音を持つことは、良質な言葉を持つための基本である。https://t.co/OysHiDI6a7
12-09 22:00

結果は瞬間、全ては準備だ。
12-09 17:00

心の透明度を増す。
12-09 15:00

キュウキュウ詰まって自己の内部が圧迫され出したら、勇気をもって外に飛び出ればよい!
12-09 12:00

自と他とか、内と外とか、すこぶる具体的なのに、どうも観念的に逃げ込むクセがある。時によっては観念は迷路の案内人。
12-09 07:00

12/08のツイートまとめ

Isogai_Method

具体的に実感して目の前に作ることが想像力である。瞬間に変われるかどうかが鍵!!https://t.co/OysHiDI6a7
12-08 22:00

音声効率が高い人の音は聴いていて疲れない。骨に響かせた音は効率がよい。https://t.co/PqZ29D5DnX
12-08 17:00

息を混ぜるのは「技術」、息がもれるのは「未熟」である。https://t.co/OysHiDI6a7
12-08 15:00

中心は必ず在る。でも見えない、触れない。それをつかむ。もしくは中心につ かまれるこれが訓練。これが修行。
12-08 12:00

前に出そうとした時は後の支えを、上に上げるときは下への引っ張りを…。これは物事を行うときの必常。対の意識と実感を育てたい。
12-08 07:00