02/28のツイートまとめ

Isogai_Method

わからなくなったら戻る場所が基礎力をつける。https://t.co/OysHiDI6a7
02-28 22:00

口腔でつくった母音が、身体に響く事で深みや色合いがつく。
02-28 16:00

感性が開放できる発声法を身につけること。https://t.co/OysHiDI6a7
02-28 12:00

02/27のツイートまとめ

Isogai_Method

日本芸の基本は"練"るにある。練れば身に付き、味が出る。
02-27 22:00

語音は、身体や精神状態によりくずれ易いので、正確なものを覚える必要がある。https://t.co/OysHiDI6a7
02-27 16:00

生きていることを楽しく感じるのが芸、感じさせるのが芸人。
02-27 12:00

02/26のツイートまとめ

Isogai_Method

古い言葉、古い文から今、未来を見付け出すこと。https://t.co/OysHiDI6a7
02-26 22:00

芸は自分をみがくこと。無駄なものをそぎ落として行くのが、芸の訓練の道である。
02-26 16:00

伝えたいことを思うのと、伝えたいと思うことは次元がちがう。
02-26 12:00

活舌・発音法(2016.02.25)

講師:磯貝靖洋
助手:出先拓也、札辻静美
ゲスト助手:益田喜晴

本日のテーマ:舌子音調音(2) S,Z,K,G

【身体法】
・IMB
・喉頭、舌、口唇エクササイズ

【講座内容】
・テキストを使い調音S行、Z行、K行、G行
・自分の息は声だから響かせないともったいない。
・幾ら方法論を真面目にやっても、その音が違えば意味がない。
・サンプル音を勢いのまま真似ること。音は反射、考えたらできない。

【担当助手感想】
・自分の頭の中に正しい(理想の)音を持って、発声することの重要性を強く感じた。
・正しい音を自分でまだ持っていない人は、サンプル音声を聞いて、その音を自分の頭の中に持ち、そのまま真似ることで自分の音を育てていくのだと改めて実感した。

【本日の磯貝語録】
言葉で重要なのは語音感。結果が全て。

【参加者の声】
上顎より上で響きを作り、(そのポジションで)音を出し続けるのが大変だった。
オトガイ筋が緩んでいるのがわかった。


20160225
文責 札辻静美

02/25のツイートまとめ

Isogai_Method

声は無意識でも出せるが、音としての声は技術がなければ出せない。https://t.co/OysHiDI6a7
02-25 22:00

音声は、その人の心の状態を伝える一番の道具。https://t.co/PqZ29D5DnX
02-25 16:00

美しい日本語は、良い響きで良い流れが出せる事が重要。https://t.co/OysHiDI6a7
02-25 12:00

02/24のツイートまとめ

Isogai_Method

呼吸がすべての始まり。無意識だからこそ楽。しかしそれは表現ではない。https://t.co/PqZ29D5DnX
02-24 22:00

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━【参加者募集】3/21俳優・声優向け「台詞の声◆感情と表情 チェック&ワークショップ」━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━... https://t.co/89oGxflIXC
02-24 21:15

【コラム】「声とことばの磯貝メソッド」のこと... https://t.co/Gz8zO8rU97
02-24 20:36

自分と他人を切り離すには、知性と感性と体実感が必要。
02-24 16:00

言語意識は、意味意識・感情意識・音声意識で成る。https://t.co/OysHiDI6a7
02-24 12:00

02/23のツイートまとめ

Isogai_Method

話語表現で重要なのは、意味性よりも身体性、空間意識である。
02-23 22:00

呼吸法には哲学がある。やり方だけに見つけても、心髄はつかめない。https://t.co/PqZ29D5DnX
02-23 16:00

呼吸が変わると思考がかわり情緒がかわる。https://t.co/OysHiDI6a7
02-23 12:00

02/22のツイートまとめ

Isogai_Method

演じることは、受けることから始まる。
02-22 22:00

アーツ(表現)には説明が入ってはダメ。
02-22 16:00

音楽の特長は色彩である。
02-22 12:00

02/21のツイートまとめ

Isogai_Method

通じるものをつかめ。通じないものはいくら熱意や気持ちを込めても通じない。https://t.co/OysHiDI6a7
02-21 22:00

楽しむことと美しいことは教えられない。伝えて受けてもらうしかない。
02-21 16:00

自分の本来の資質、能力の根幹にたどりつくのは修行によるしかない。自分自身を実感するのにも時間やチャンスが必要だ。ことばはそのための1つの手はずだ。
02-21 12:00

02/20のツイートまとめ

Isogai_Method

まともな声でまともな言葉でしゃべるのがコミュニケーションの出発点である。「話す」ことは行動である。https://t.co/OysHiDqviz
02-20 22:00

のどで詩を読めるか?口読みしていないか?山田耕筰メロディーはさぐりあえない。前に出るとフライングしてしまう。
02-20 16:00

日本語の音づくりも、そろそろ次の時代に行くべき時が来たように思う。もっと大人の音、大人の声のグレ-ドの高い言語に進化するべきと思う。https://t.co/OysHiDI6a7
02-20 12:00

02/19のツイートまとめ

Isogai_Method

自分の気持ちは喉にある。口に気持ちを置くと意識ばかりになり、上すべりの言葉になる。音のエネルギーが減り伝わりにくくなる。https://t.co/PqZ29D5DnX
02-19 22:00

話し言葉には、イントネーションはメロディーと同様で話し言葉が伝わる。https://t.co/OysHiDI6a7
02-19 16:00

芝居はその場で観せて、聞かせて完結するもの。文学や他の言葉で説明すると単なる言い訳になってしまう。人生と同一で自分の思い行動しているその事は、ほとんど伝わっていない。それでもやろうとするのが芝居。
02-19 12:00

02/18のツイートまとめ

Isogai_Method

もっと自分の利点を引き出すこと。覚えた事、知った事に縛られてはいけないが、「知らない」と始まらない。必ずちょっとで良いから奇跡を起こす。https://t.co/OysHiDI6a7
02-18 22:00

“あなたの声はどんな声?”“声の診断を受けてみませんか!!”━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2/21(日)Voice Check、今週末に開催迫る!━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━... https://t.co/uQCR0w09M6
02-18 18:34

音楽を歌うことは楽しいことだ。それが伝わった時はとても嬉しい事だ。そもそも声を出す事は楽しい事だ。歌があり喉が鳴り、体に響いた時は幸せだ。美しい声なら更にうれしい。歌える事はありがたい事だ。
02-18 16:00

人間は悔しさがエネルギーになる。
02-18 12:00

水曜隔週ベーシック(2016.02.17)

講師 磯貝靖洋
助手 菅家ゆかり

【本日のテーマ】
 「日本語母音」 ―発音―

【ウォーミングアップ】
・IM身体法
・股割り
・開脚上体伸ばし 半開脚前屈 片足伸展ストレッチ


1.日本語母音の基本
 実践練習「自分の名前をしっかり伝える」
 ・受講生、順番に名乗る。
 ・骨盤と横隔膜、身体のささえをつくり、「あいうえお」を発音。
 
2.母音調音(テキスト P24)

3.核母音(テキスト P25)
 母音の中心音は、良く鳴って聞きやすい音である⇒核母音
 ・核母音の調音法、留意点の説明
 ・5核母音調音点説明、確認


【本日の感想】
・核母音の大切さ。母音が良い音だと理解しやすいことがわかった。
・アクセントを正しく読むと、音が良く伝わる。
・声を出すことは奥が深く、訓練が必要だと思った。ゼロからしっかり学んでいきたい。

【担当助手感想】
すでに半年参加している受講生は、聞きやすい音を出せるようになってきた。
今期数回参加、本日から初参加と、受講生の調音実践値が違い、調音点を意識して母音がつくれている人と、調音点を確定できていない人では、音の違いがはっきり聞き取れ、受講生も調音点が重要だと実感できていた。


【磯貝語録】
・母音が良い音になると、聞く人にも伝わる。
・母音がいい音になると、いい気分になる。いい音が出せるようになると、自信が付いてくる。


20160217
文責 菅家ゆかり

02/17のツイートまとめ

Isogai_Method

人は無意識で反射的行動が先行しうまく行く事を好み、自由と感じる。新たに意識が生じると、それを行なうと意志が発動する。意識は頭脳行動が生じ、意志は身体行動が主である。
02-17 22:00

日本歌曲は言葉のまとまり・言葉の実感・息のスピード・子音の早さ。
02-17 16:00

日本人の多くは、口腔前部共鳴を主体に発音している。その場合は喉頭共鳴率は少なく有声化が弱い。口腔に声を吹き上げてしまうため、喉の良く鳴った音声が少なく、音声の消耗率の高い声で日常を過ごしている。https://t.co/OysHiDI6a7
02-17 12:00

02/16のツイートまとめ

Isogai_Method

表現は決まったものを崩す、または崩れたものを正すところから生まれる。そして芸はそこを行ったり来たりするもの。磯貝メソッドでは、文章読みには朗読(単純読み)と、読演(表現読み)とがある。
02-16 22:00

自分の曲は自分で歌う。音楽は万人のもの。
02-16 16:00

喉の鳴りと響きとのバランスが重要。のどの鳴りは、声帯をしめることではなく、息の通過度で作る。響きは原則頭骨底の位置の響きとらえる。https://t.co/OysHiDI6a7
02-16 12:00

02/15のツイートまとめ

Isogai_Method

自分が何を歌っているか、歌詞を明確に分かっておくこと。
02-15 22:00

伝わる言葉の第一条件は、はっきりした音、聞き易く心地よい音(声)です。気持ちが先走ったり、いい加減であるなら当然くずれます。その声は何としても伝わりにくく、聞き難い声なのです。https://t.co/OysHiDI6a7
02-15 16:00

セリフに感情をのせるというのは、役者の自我感情を行うことではない。その実態は自己の”実”状態である。自我感情は”虚”でありうそとなる。
02-15 12:00

02/14のツイートまとめ

Isogai_Method

アクセントは言葉の音の感覚である。言葉・意志をしっかり伝えたい時、音の幅を大きくつける。https://t.co/OysHiDI6a7
02-14 22:00

音のイメージは難しい。それから言うとヴィジュアルイメージはずっーと簡単。音は音として聴こえて来る(幻聴も含む)ことが出来ないとはじまらない。沢山の音ストックの結果、起こる実際。
02-14 16:00

今や自分の好きなようにしゃべってはいけない。歌ってはいけない。通じないといけない。音楽に従う力を育てることだ。人間的意志と音楽はしばしば対立する。https://t.co/OysHiDI6a7
02-14 12:00

02/13のツイートまとめ

Isogai_Method

やるべき事、やりたい事(歌う時)は沢山あるが、気ばかり多く、焦点が定まってないと結果は出せない。又萬然と歌っても音楽にはならない。
02-13 22:00

重くなれるから、より軽くなれる。みぞおち~丹田にエネルギーが充満している身体の状態。https://t.co/PqZ29DneMx
02-13 16:00

適当に流していても、特に知らなくても、人は生きてゆける。その事に気付くと意識が動く。自分の事も、自分の外のことも。言葉は意識の世界のことである。意識を高めないかぎり言葉は低い機能しか持たない。
02-13 12:00

02/12のツイートまとめ

Isogai_Method

出す前に受ける、聞く。意味よりも音で聞く。https://t.co/OysHiDI6a7
02-12 22:00

物事をする時、下を向くと老化する。前へ、上下に向く。
02-12 16:00

この読みで金が取れるか考える。
02-12 12:00

活舌・発音法(2016.02.11)

講師:磯貝靖洋
助手:出先拓也

本日のテーマ:舌子音調音(1)

【身体法】
・IMB
・直線歩行

【講座内容】
・方法論はレールに過ぎない、レールを敷くことに満足せず、常にその上で動かさなければならない
・言葉は双方向のもの、自分の事ばかりでは上達しない
・K行、G行、J行、H行、S行、Z行調音発声練習

【担当助手感想】
参加者の一人は、Keの音がKyeに近い音になるという悩みを持っていたが、参加者全員、Kuの音がQuの音に近い音になっていた。
周りで許容されている音に流されず、各個人が正確な音を身に付ける必要性を強く感じた。

【本日の磯貝語録】
良い音は出しやすい音である。
同様に、達人はやりやすい事をやっているから達人なのである。

【参加者の声】
まだ音では出し分けられないが、感覚としてKeとKyeの違いがわかった。
頭でわかった事を繰り返し練習して身体で覚えさせる事が重要だとわかった。

20160211
文責 出先拓也

02/11のツイートまとめ

Isogai_Method

他人に伝わる声が有効な声。その声は自分の実感が少ない。意志や意味が強すぎると音をつぶし、伝わらない。https://t.co/OysHiDI6a7
02-11 22:00

日本歌曲を新しいセンスに!
02-11 16:00

芸には必ず“元”がある。分かり過ぎたら下手。
02-11 12:00

02/10のツイートまとめ

Isogai_Method

音を出しながら歌っている間に意味が出てくればいい。フレージングが大事。https://t.co/OysHiDI6a7
02-10 22:00

言葉には拍があり、リズムがあるから伝わるのである。
02-10 16:00

現代語(現代社会劇)で描かれた三島由紀夫の本の台詞を今様ではなく、リズム読みもする。そのセンスと力量を耕すこと。
02-10 12:00

02/09のツイートまとめ

Isogai_Method

瞬間瞬間で自分をチャレンジできるようになろう。
02-09 22:00

なにしろ口腔を鳴らしてはダメ。口腔は響かせる器。のどを鳴らし、下ろしても低く保つこと。https://t.co/OysHiDqviz
02-09 16:00

オペラという歌の世界は、あこがれでは歌えない。それに挑戦するエネルギーがいつも沸いていることが必要だ。
02-09 12:00

02/08のツイートまとめ

Isogai_Method

三島由紀夫芝居のセリフも動きも「音楽的」であるとよい。中でも「心理」は充分に音楽的であるべきだ。
02-08 22:00

発声の基本「声帯実感」を持つ。声帯で声を出し、身体に共鳴させて音を発していく。https://t.co/OysHiDI6a7
02-08 16:00

どういう音を出しているか、どういう文字で書いているのかを理解している人は良い音を出す。思ったことがこの音でいいか、聞きながら(文書の時は考えながら)話す。
02-08 12:00

02/07のツイートまとめ

Isogai_Method

「聞く」ということを作りなおす。まず自分の音を聞く。自分の喋っている音が聞けるくらいの早さで話す。自分で聞けないものは人にも聞けない。https://t.co/OysHiDI6a7
02-07 22:00

スポーツは身体、歌は声が資本ですね。丁寧に自分に合った育て方をして行きましょう。https://t.co/PqZ29D5DnX
02-07 16:00

役者にとって“考える”というのは行動だ。https://t.co/OysHiDI6a7
02-07 12:00

02/06のツイートまとめ

Isogai_Method

「演奏する」とは必ず聴く人を対象とする行為です。鼻歌も演奏ではないし、練習も演奏ではない。むしろ練習の先にある事で、充分の練習は条件です。でも両者は次元が違います。大きな溝があり、直接は渡れません。その差はやってみないと分かりません。
02-06 22:00

生物学的思考=頭で考えて良いと思うものを1つ持っている場合は必ず反対のそうでないものも1つ存在する。だからバランスがとれている。良い:悪い=1:1だから生物としてやっていける。https://t.co/OysHiDI6a7
02-06 16:00

拍は要素。その拍が生きもの(音楽)になるのは、リズムが躍動する事による。リズムこそが音楽の生命源。
02-06 12:00

02/05のツイートまとめ

Isogai_Method

演劇は自由ではない。自分の個性を殺せる個性を持て!
02-05 22:00

音を出す前の構えから、出した音を聞くまでが音を作ること。赤児の時は舌と下あごが分離していない。大人になり舌が独立して、クリアな音を作るようになる。その時、知性が目覚め育って行く。
02-05 16:00

我々は「話す」と「喋る」を明確に分けて使っていないし理解したりしていない。目的、方法、効果等を詳しく分類し整理する方が良い。https://t.co/OysHiDI6a7
02-05 12:00

水曜隔週ベーシック(2016.02.03)

講師 磯貝靖洋
助手 菅家ゆかり 五十嵐正貢

今日のテーマ:「発声」仕組みと声の種類

1 ウォーミングアップ ― 磯貝メソッド基礎身体法  
 首、胸郭、肩甲骨周辺、骨盤を動かし、呼吸や発声がしやすいように筋肉をほぐす。
 股割り…呼吸、発声が安定するように、重心をおろす。

2 発声の概論
 人間は進化し、言葉を持ち、コミュニケーションをするようになった。
 行動範囲が広がり、声を発ししゃべることがより有効になり、
 声を出すことは、自分のためではなく周囲の人のためでもあると考えられるようになった。

 言葉を覚えて人に話す→相手が反応する→そのお陰で自分は成長する
 →自分自身の愛情が育つ

 ◎声を出す、声をかけることが、人を助ける
  IMでは、素晴らしい声でなくてもいいから、まずは、しっかり声を出すことが重要だと考えている。
  声を出すことは、面白く楽しいことだと思ってほしい。
 
  自分で声を出すこと、様々な方法で声を出してみること。出来ない
  恥ずかしいと自分を内に抑え込むと、声が出しにくい。
  何でもいいから、色々声を出してみよう。

3 実際に声を出す
 「ア」の音を一回 次に「アアア」と連続3回 「アアアア」4回
 「ア アー」 先のア、後のアー どっちが良く聞こえる?
 自分の声を良く聴きながら発声すること
  
 音を出している時に、何を感じているか―笛を感じること(声帯実感)
 音の高低、強弱、響きを変えて、「アアア」3連続 「アア」2連続
 ストップと声がかかるまで、ずっと色々な音を出し続ける。

 ◎声を出していくうちに、周囲が気にならなくなり、自分の声に
  集中し声をいろいろ変えて出せるようになる
  ⇒自分の声を聞いて色々な声を出していると、声を出すことが楽しくめるようになる。

  「お待たせしました」 いろいろ出してみる 
    ⇔「どうも ありがとう」返答も色々な声で出してみる。

  声は外に出す、相手は外側にいる。
  声は自分のエネルギー、目からも相手に伝わるオーラが出ている。
  目を相手に向け、相手に向かって声を出すこと。

  相手に伝える声は、喉の実感があるエネルギーのある地声。
  自分でも安心でき、相手の実感でき伝わるのは地声である。
  
 ◎IMでは、地声をどんどん出して、響かせる発声法を指導している。
  自分の地声を知っておくとよい。地声で相手に伝えることが重要である。
  一番基になること、声を身につけることで、応用も出来るようになる。

「本日の感想、印象に残ったこと」
 ・自分の声なのに、地声がわかっていないことが分かって、面白かった。
 ・「自分を楽しませる」というキーワードを知ったこと。
  自分を認めること。これまで、そんな考え方をしたことがなかった。
 ・自分の声が地声とは違っていたと気付いた。いろいろな声を出すことが面白かった。

「本日の磯貝語録」
 声を出すことは、自分のためでなく、他人のためである。

声を出す事の面白さ、楽しむ事を実感してもらえて、これからの声の変化が楽しみです。

20160203
文責 菅家ゆかり

02/04のツイートまとめ

Isogai_Method

上顎を使って息を引き上げると、音がクリアに明るく響きのある音が作れる。上顎を上手に使えるようにすること。
02-04 22:00

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2/14(日)俳優・声優向け シリーズ第2弾 開催迫る!!「台詞の活舌 チェック&ワークショップ」━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━... https://t.co/js0NNrnu7G
02-04 20:57

自分の発する言葉の意味、思いばかりでなく、”音・口調”も覚えておく
02-04 17:00

前顎骨に音を当てる。そのために舌骨を下げ、喉をあけ、下顎骨を良い角度にもって行く。https://t.co/OysHiDI6a7
02-04 15:00

外からやって来る自分の体験は誰でも何となく身が引きしまる。慣れると楽になる。この2つの差は意識ではなく「気」だ。自分の中に気を捉えること。
02-04 12:00

生の音が生きている人間のいちばんの証である。支えと構えをつくる。構えはオトガイ。母音は歯の内側でつくる。https://t.co/PqZ29D5DnX
02-04 07:00

02/03のツイートまとめ

Isogai_Method

体幹を動かすと呼吸になる。耳でなく聴覚できく。声には強弱があるが、大小はない。体に声の道がある。https://t.co/PqZ29D5DnX
02-03 22:00

話し言葉である台詞は書き言語のように思考しない方がよい。意味は当然分かること、と同時に五感による感覚思考をして行くこと。https://t.co/OysHiDI6a7
02-03 17:00

うまくなりたかったら身につけろ!!芸の鉄則。ポピュラーの人達は何千回も歌っている。人間の身にくっついていなければうまくない。
02-03 15:00

オペラ・アリア発声が、一般のポピュラーソング発声と一番異なるのは、全身をつかうことです。先ず1曲が長い。声の巾が広い、声量が多い、ダイナミックの差が大きいetc。これ等を全て欲求されることです。それで人間の深みを表現するのです。
02-03 12:00

響く声は身体に響かせること。https://t.co/OysHiDI6a7
02-03 07:00