07/30のツイートまとめ

Isogai_Method

音楽は“うねり”とうい感性を教えてくれる。
07-30 22:00

自分で自分が分かるために言語がある。
07-30 16:00

自分を使い果たして自分でないものをやる。https://t.co/OysHiDqviz
07-30 12:00

07/29のツイートまとめ

Isogai_Method

歌を歌うためには、先ず自分を楽器として研く事から始める。
07-29 22:00

内向表現は、外にはうまく伝わらず、誤解の原因となることが多い。
07-29 16:00

自分のことは、自己理解より他人の方が正確にキャッチしている。https://t.co/OysHiDI6a7
07-29 12:00

07/28のツイートまとめ

Isogai_Method

音楽の音は出してから確認すること。出す前に考えてもだめ。
07-28 22:00

「なろう」と思う気があるから、そのものになれない。それを捨てるからなれる。
07-28 16:00

通じない言葉は使えない通貨と同じである!!https://t.co/OysHiDI6a7
07-28 12:00

活舌・調音・発音(2016.07.28)

講師:磯貝靖洋
助手:出先拓也

【本日のテーマ】
語発音①
清音、濁音、拗音

【身体法】
・IMB
・股割り
・鏡を見ながら中心を取る練習

【講座内容】
・鼻腔音発声練習
・濁音の音を低くせず、高く明るく出す必要性
・カ,ガ行、サ,ザ行、タ,ダ行発声練習
・語音矯正では言葉を言おうとしてはならない、音を出そうとしなければならない

【担当助手感想】
磯貝メソッドでは普段の自分のしゃべり声とは違う音を作ることに主眼を置いている。それは良い音を作るということである。鼻腔共鳴はまさにその音作りとして最適であると感じた。

【本日の磯貝語録】
・濁音の音が低い人は暗い人と思われてしまう

【参加者の声】
・自分は濁音が低くて周りにいい印象を与えてなかったと気付いた
・濁音に暗い音と明るい音があることを初めて知った

20160728
文責 出先拓也

07/27のツイートまとめ

Isogai_Method

私がやりたい≠人に伝えたい。私がやりたい≠私に出来る。各々次元の違う出来事。
07-27 22:00

8月の「うたショートレッスン」はポピュラー・ジャズ入門 第2弾!“サン・トワ・マミー”--------------------------------------------♪二人の恋は~  終わったのねぇ~... https://t.co/vN6743hUo6
07-27 20:20

一番良い音を出せる声の「通る道(声の道)」をつかまえる。
07-27 16:00

磯貝メソッドの訓練の第一は、各個人の声、言葉、身体、感覚のニュートラルをつかんでいくことである(表現や主張はその次)。https://t.co/OysHiDI6a7
07-27 12:00

週一ベーシック(2016.7.27)

講師:磯貝靖洋/廣木睦子
助手:益田喜晴/日月貴子

本日のテーマ:IM聴き方学

【身体法】
・IMB

【講座内容】
IM聴き方講座

◎聴き方講座はなぜ必要か?
⇒いい声を持っている人は耳がいい。
⇒出すだけではいけない。受ける事を学ぶ。

《レジュメを基に》
◎ポイント
1、人間は“聴いたことのある音”(聴脳が認知し、記憶した音)のみ再生できる。
2、聴き方が変われば発声が変わる(声を変えるには、聴き方を変えなければならない)。

◎耳の主要な働き
1)音を聴く 2)平衡感覚、バランス 3)脳へのエネルギーチャージ(音からのエネルギー90%、食物からの栄養10%)

◎耳の構造と機能—耳の解剖学
・外耳
・中耳
・内耳

◎耳を育てるキーポイント
1)良い姿勢  
2)自分の声を聴く 
3)右耳で聴く

◎倍音について
—実際に音叉やピアノを使って体験。
—周波数と背骨の位置との関係を体感する。

◎骨導音を体験しよう
・骨導音と気導音の違い。
・機会を使って骨導を体験。
・機会の有無でそれぞれの声(簡単なテキスト読み)を録音し、その違いを聴いてみる。

☆有毛細胞を大切に。
☆耳には響きが必要=高周波。
☆自分の骨導を聴く事が良い。⇒歌を歌う事は良い。
☆情報化のはっきりはいらない。生物的に高等になるには響き。
☆響く言葉、文章を選ぶ。(高周波、倍音関係が豊か)
☆ウサギの耳のように高い位置で響きを捉える。

【担当助手感想】
内容の濃い講座だったが、それでも足りない位、耳や聴き方の世界は奥が深い。
聴き方の開発は、自分の中に眠るマテリアルの発掘、可能性の発見に繋がる。

【本日の磯貝語録】
・音が聴けないから話せない
・聴こえる音以外の音を聴く
・骨と骨の共振が共感


【参加者の声】
・普段の日常生活の中で聴いているという感覚と違う視点を知った。
・高周波が重要であることを実感した。
・耳を育てる上でとても役に立った。

文責 益田喜晴

07/26のツイートまとめ

Isogai_Method

ただただやるのではなく、その先をみてやりなさい。https://t.co/OysHiDI6a7
07-26 22:00

芸人にとって必要なことは100%の主観と100%の客観。その間を行き来するエネルギー。
07-26 16:00

先ず肯定。
07-26 12:00

07/25のツイートまとめ

Isogai_Method

芸の道には、「戻るところ(基)」を持つこと、つくること。
07-25 22:00

「女性の時代」到来!!今年の夏は、日本の女詩力(じょしりょく)でエネルギーチャージ!!!<男子の参戦、大歓迎!>---------------------------------------------------... https://t.co/oEYU3ijyRf
07-25 21:21

文字ことばを音読するとき、句読点でリズムを生み出さないと、生きた立体感あるものとならない。
07-25 16:00

音声には「重い」「軽い」がある(気持ちが音を重くするのではない)。
07-25 12:00

07/24のツイートまとめ

Isogai_Method

声は、人の精神を現す。言葉はどんな声で喋り語るかが重要。https://t.co/OysHiDI6a7
07-24 22:00

朗読の第一歩は助詞の扱い方から。
07-24 16:00

芸能をすることは、わがままでなくなることである。(芸能は、自分の好き勝手をすることではない)
07-24 12:00

07/23のツイートまとめ

Isogai_Method

「自分」と「周り」を区別して認識すること(自と他の正確な分離)。https://t.co/OysHiDI6a7
07-23 22:00

芸事にとって慣れは毒である。
07-23 16:00

読まされてしまうのと読んで伝えるのは正反対の行為。https://t.co/OysHiDI6a7
07-23 12:00

07/22のツイートまとめ

Isogai_Method

「演奏する」ということは、自分の外側に音楽を造形すること。
07-22 22:00

ブレスの精度が増すと、次のフレーズの品度が上がる。https://t.co/OysHiDI6a7
07-22 16:00

強い声を弱くする時、表現と技術が生まれる。弱い声で強い声を出しても、力みや圧迫になり、表現性は乏しい。
07-22 12:00

月刊「聲の力」 第9号(2016年7月22日 発行)

▼月刊「聲の力」7月号  いよいよ毎月開催!『ボイスチェック』のススメ!!▼━━━━━━━━━━━━
本メールは「声とことばの磯貝メソッド」がお届けするニュースレターです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (2016年7月22日 発行)

暑中お見舞い申し上げます。

いよいよ梅雨も明け、暦は大暑となります。
そしてこの時期(今年は7/19~8/6)は、夏の土用にあたります。

土用は、これから移り変わっていく季節に向けて、こころとからだを整えるために大切な期間です。

しかし、「そもそも土用って何?」「鰻を食べる日じゃないの?」という方も多いのではないでしょうか?

実は土用とは・・・・・・続きは、後半で。

まずは今月の特集です。


_/_/_/【今月のPick*Up】_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■□いよいよ毎月開催!『ボイスチェック』のススメ!!■□ 
____________________________

毎回好評の、声とことばの健康診断『ボイスチェック』が、毎月開催となりました。
これまで参加された方々の感想を、いくつかご紹介します。

―自分の今の状態を客観的に知ることができた。
―自分の弱点の原因が明確に理解でき、改善の道筋が見えた。
―自分の声が嫌いだったが、良いところもあることが知れてよかった。
―声の出し方がわからないまま、がむしゃらに練習して、喉に負担をかけていたことがわかった。
―今まで、活舌や発声について悩んできましたが、やっと具体的な問題点、解決法が見えた気がします。

・・・等々、<声とことば>の改善や悩みの解決につながったとの声を頂いています。
そして、2回目のチェックを受けた方から、次のようなコメントも頂きました。

―前回のデータと比較しながら診断してもらえたので、自分の進化が実感できて嬉しかった。

・・・そうなんです。<声とことば>は日々刻々、変化します。

一度悪くしてしまうと、病気と同じで元に戻すまでとても大変です。
気持よい“声”が出せなければ、ストレスが溜まりますし、“ことば”がはっきり発せなければ、人とのコミュニケーションに不具合が生じます。
当然、心と体に悪い影響を及ぼします。<声とことば>が、心と体のバロメーターたる所以です。

また、<声とことば>の改善、向上を目指す方にとっても現状把握は不可欠です。
闇雲に歩いて目的地に辿り着く事は偶然か奇蹟でしかありません。
現在地をご自身で確かめながら着実に歩を進める事が、〈声とことば〉を磨く為の近道です。

『ボイスチェック』は、あなたの〈声とことば〉の欠陥をたちどころに治す特効薬でも魔法でもありません。
ましてや、あなたの〈声とことば〉を披露する為の発表会や試験でもありません。
あなたが〈声とことば〉を磨くための道標として、健康診断や歯科検診を受ける様に、気軽に『ボイスチェック』を利用して頂けましたら幸いです。


【今後の予定】

日時 : 2016年 8月11日(木祝)

日時 : 2016年 9月19日(月祝)

日時 : 2016年10月16日(日)

日時 : 2016年11月23日(水祝)

具体的なチェックの様子や詳細は【http://voice-check.com/】をご参照下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて、お待たせ致しました。土用とは・・・

陰陽五説に由来する暦の雑節です。
四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間で、各最終日が節分です。

つまり、鰻を食べるのは「夏の土用」、豆をまくのは「冬の節分」となります。

節分は、季節を分ける日という意味で春夏秋冬がその日から入れ替わるということを示します。
従って、土用の18日間は、四季の間にあって、それぞれの強い“気”を和らげるクッションのような存在となっています。
季節が変わる時期で体調を崩しやすいので、力仕事や気を遣う行事は控えて、滋養のあるものを食べて休んでおきましょうと、先人達は考えました。

昔から夏の土用は、
「ウのつくもの」たとえば、ウリ・うずら豆・うどん・ういろう
うぐいす餅・ウルメイワシ・梅干しな等、
「黒いもの」たとえば、黒豆・黒ごま・ゴボウ・しじみ・あんこ
黒砂糖・醤油・ひじき・海藻・こんにゃく等が体に良いとされています。

勿論、「うなぎ」もビタミンA・B群が豊富に含まれているため、夏バテ、食欲減退防止の効果が期待できます。
暑い時期を乗り切るために栄養価の高い鰻を食べるという習慣は万葉集にも詠まれています。

因みに、鰻の旬は脂がのって一番美味しい晩秋から初冬です。
しかしながら、「土用の丑の日に何故、鰻なのか?」
これは諸説ありますが、夏場に鰻が売れないと嘆く鰻屋の店主が、知人である平賀源内の提案で「本日丑の日」と書いて店先に貼り出したところ大変繁盛した、という説が有名です。

古来より、庶民の貴重な栄養源として親しまれてきた鰻ですが、最近では高騰が続き益々高級食材化が進み、私の口には中々入らなくなりました……
鰻を食べても食べなくても、土用には心身は勿論、〈声とことば〉のメンテナンスをいつもより少し意識して、暑い夏を乗り切って下さい。(喜)

07/21のツイートまとめ

Isogai_Method

出すぎるとイヤらしい。引っ込むと分からない。https://t.co/OysHiDI6a7
07-21 22:00

下顎と舌を離すことで、言葉のセンスを上げる。https://t.co/OysHiDI6a7
07-21 16:00

俳優は、生きた人間をそこにつくることである。
07-21 12:00

表現・話し方(2016.07.21)

講師:磯貝靖洋
助手:札辻静美

本日のテーマ:表現の声・ことば セリフ(2)楽しむコツ

【身体法】
・IMB

【講座内容】
セリフ練習1)-4)
・互いのセリフを耳と頭ではなく、鼻と喉で聞く。
・相手が言っていることを情報で取らない。
・自分の心が動く聞き方をする。

【担当助手感想】
セリフをどう出すかではなく、まず、どう受けるか、というこを意識すると発するセリフも変化していた。

【本日の磯貝語録】
セリフの声を自分の真実の声で言う。

【参加者の声】
・相手のセリフを鼻と喉で聞くということが新しかった。
・自分にとって真実味のある声、本当の声を探さなければと感じた。
・鼻で聞く、を改めて思い出した。

20160721
文責 札辻静美

07/20のツイートまとめ

Isogai_Method

私的体験そのままの再現は演技ではない。
07-20 22:00

7/17(日)に開催いたしました“声とことばの健康診断” ボイスチェック 終了報告です!----------------------------------------------------... https://t.co/oyLJNCpDFz
07-20 21:42

7/17(日)に開催いたしました“声とことばの健康診断” ボイスチェック 終了報告です!----------------------------------------------------... https://t.co/JfZCiJrUzj
07-20 21:37

芸とは、つつましやかなもの。
07-20 16:00

コミュニケーションは、言葉の意味情報をやり取りするだけでなく、声や顔の表情で人間情報のやり取りをする事が大切。https://t.co/PqZ29D5DnX
07-20 12:00

週一ベーシック(2016.7.20)

講師:磯貝靖洋
助手:益田喜晴/日月貴子

本日のテーマ:口と舌の母音さばき

【身体法】
◎IMB
◎歩行
・直線
・中心を意識して
1)両手を上に上げて
2)両手を水平に広げて
3)両手を前に伸ばして
4)正中を意識して
・大股歩き〜45分間

◎母音について「これはわかる」という事をそれぞれ挙げる。

◎鏡を見て母音の演習
・縦口。舌が歯より前に出ない(日本語の場合)。
・上下歯が開口の際、僅かに確実に見える。
・縦口と舌先の相性が良くなるように練習する。
・舌が浮く
TEXT:イ・エ・ア・オ・ウ

☆歩く事の意味は「見られる」と言う事。
格好良く歩く→自分で(格好良いを)決める→周りに批判されたら格好良く見られるよう研究する。
⇒この感性無くば「声とことば」はよくならない。

☆フィジカルの先にあるものを想像する。⇒92歳の自分で今の自分を見る。

【担当助手感想】
・言葉による講座も大切だが、今回(大股歩き45分)のように理屈ではなく身体を動かす事で、皆さんの吸収力がUPする事を目の当たりにしました。
皆さんの声・ことばが素直に発せられ、確実に良くなっている事が顕著でした。

【本日の磯貝語録】
・心は想像力が無ければ育たない。

【参加者の声】
皆さんの大汗が、言葉以上のものを語っていました・・・


文責 益田喜晴

07/19のツイートまとめ

Isogai_Method

音声技術とは、巧妙な錯覚であるhttps://t.co/OysHiDI6a7
07-19 22:00

ことばは意味理解でなく状態理解からはじめ、意味化する。https://t.co/OysHiDI6a7
07-19 16:00

メロディーや伴奏の雰囲気に流されない。
07-19 12:00

07/18のツイートまとめ

Isogai_Method

良いところを見つけつかみ取るのが自分の仕事。正確に批判するのが周りの仕事。
07-18 22:00

詩自体に音楽的リズムがある。(リズム感は音楽だけにあるのではない)
07-18 16:00

音が取れたら感情が取れるのではない。音楽の感情が取れたら、音が取れるのである。
07-18 12:00

07/17のツイートまとめ

Isogai_Method

音楽が不自由にしてくれるから、その人の才能は伸びる。
07-17 22:00

他人が納得するために、自分をどう変えるか。https://t.co/OysHiDI6a7
07-17 16:00

歌うとき、自分の声・音・響きを自分がキャッチできる状態をつくること。
07-17 12:00

07/16のツイートまとめ

Isogai_Method

表現呼吸とは呼気・吸気法でなく、横隔膜の張りと停止の方法。https://t.co/OysHiDI6a7
07-16 22:00

身体意思は足裏から上肢へ。
07-16 16:00

情感は皮膚で感じるもの。頭脳の思いだけでは伝わらない。https://t.co/OysHiDI6a7
07-16 12:00

07/15のツイートまとめ

Isogai_Method

顔芝居(眼芝居、口芝居)より、体芝居の方が説得力がある。
07-15 22:00

音を嗅ぐ。音は香るものである。https://t.co/OysHiDI6a7
07-15 16:00

古典は、語や文の意味を現代(今)の価値観で読んでは読み間違える。特に心や感情について。
07-15 12:00

07/14のツイートまとめ

Isogai_Method

自分の力だけでは限界がある。人の力でそれを越えることができる。https://t.co/OysHiDI6a7
07-14 22:00

英語で「ムーンリバー」を歌いませんか?磯貝メソッドの「歌唱法入門」よい声づくりは、まずは「歌」から!!-----------------------------------------------------... https://t.co/ftPHhrnSU9
07-14 21:15

他人の個人指導をそのまま、まねてもあまり役に立たない。身体、笛が各々異なるのだから。
07-14 16:00

自分の外に意識(音)が作れていれば、合わせようとしなくても自然に 周囲と音と響きが合ってくる。https://t.co/OysHiDI6a7
07-14 12:00

活舌・調音・発音(2016.07.14)

講師:磯貝靖洋
助手:出先拓也、五十嵐正貢

本日のテーマ:子音調音③活舌音:T,K,G,Y(J),H

【身体法】
・IMB
・3T

【講座内容】
・子音の調音点と調音法の確認
・各音練習

【担当助手感想】
出そう出そうとせずに自分の外にある音を鳴らすと力むこともない。
活舌のために唇・歯・歯茎を含めた口腔の様々な箇所をフルに使うということを手本を間近で受けながら、1音1音丁寧に作っていった。

【本日の磯貝語録】
・声帯を振動させ口腔内を鳴らす息の粒子は、口の外の同じ音の成分粒子を振動させ、外に聞かせている。
・音をつくる場所と方法が合っていれば自動的にその音が出る。
・まず出そうとする音を想像してから調音法と調音点を用いて出す。

【参加者の声】
・喉頭声門音(ハ行)が面白く、気持ち良かった。
・舌尖・舌端・唇の使い方がわかった。

20160714
文責:五十嵐正貢

07/13のツイートまとめ

Isogai_Method

胴で語れるのが良い語り(口ではダメ)。
07-13 22:00

ボイスチェックから磯貝メソッドの講座に参加し、先日の公演にも参加した中澤瞭斗さんのご感想をご紹介します(公演写真の左端の方です)。---------------------------------中澤瞭斗です。... https://t.co/XXzDwWLmzd
07-13 21:08

クラシック音楽(芸術)は、永い年月幾多の人がたずさわり、今なお育っている。そこに品格が生まれる。https://t.co/OysHiDqviz
07-13 16:00

自分が何かに引っ張られていく能力を大事にすること。
07-13 12:00

週一ベーシック(2016.7.13)

講師:磯貝靖洋
助手:益田喜晴/日月貴子

本日のテーマ:日本語の母音②

【身体法】
・IMB
・3T運動(「内観で動く」or「外からの刺激で動く」。この二つは明確に区別する。
・3Tの要領で上半身を自由に大きく動かす(歩かないまでも多少足もついていく)。
・手を叩くのに合わせてstop&go。
☆訳の分からない事をやると、訳の分からない音が出せるようになる。
⇒新たなイマジネーションが生まれる。⇒どんな事も出来るようになる。
⇒身体の中にあるそれをさがしてゆく。

・歩く
直線を意識して自由に。気配を感じる。

【講座内容】
◎遺伝子(DNA)について

◎「おはようございます」
ストレートに、音で伝える。

◎母音の舌の位置

◎立位「イ・エ・ア・オ・ウ」

◎磯貝先生の5母音のサンプルを真似る

【担当助手感想】
・先天的なもの(遺伝)の大きさを感じた。だからといって悲観するのではなく、今あるもの、自分の持っている者を有効に使う。
人間の肉体は可能性の宝庫である。

【本日の磯貝語録】
・上手くなるには自分で悩むより、いいサンプルを聴く。
・声、ことばの事は沢山練習しすぎると駄目になる。一発で決めてやるという集中力を養う。
・生まれながらにいい音を先天的に持っていると信じる(後天的なものでどうこういようとしない)。
・「人間の余裕」= 自分の音(響き)を聴く。
・声を伝えようとすると、相手を考える。その結果、無駄が省かれ明晰になる。
・答えを一つに決めつけない。


文責 益田喜晴

07/12のツイートまとめ

Isogai_Method

全部うまくいこうと思わないこと。真剣にやりすぎないこと。https://t.co/OysHiDI6a7
07-12 22:00

“虚”を表現媒体にした方が幅が広がる。
07-12 16:00

詩は人の心のうごきのことばである。https://t.co/OysHiDI6a7
07-12 12:00

07/11のツイートまとめ

Isogai_Method

「何のために」するのか。「どこを使うのか」「どのように行うのか」を正確に把握する。https://t.co/PqZ29D5DnX
07-11 22:00

自分の体を自分で把握していく(知的→視覚→触覚)
07-11 16:00

文読みで幹をつくり、語読みで枝葉をつくり、それを一体化させる。https://t.co/OysHiDI6a7
07-11 12:00

07/10のツイートまとめ

Isogai_Method

抽象意志ではなく身体意志を育てる。https://t.co/OysHiDI6a7
07-10 22:00

相手をわかるとは、受けていれば良いその感覚。
07-10 16:00

声を出すことで生きた意味を具体的につくり出し、伝えるのが話芸。
07-10 12:00

07/09のツイートまとめ

Isogai_Method

全ての事に実感を持つ。知能と体能と感能。
07-09 22:00

言葉の身体化。表現性は身体性である/声は身体である。https://t.co/OysHiDI6a7
07-09 16:00

良い発語には、必ず構えがあり、各音のポジションがある。https://t.co/PqZ29D5DnX
07-09 12:00

07/08のツイートまとめ

Isogai_Method

音は響きである。周りを振動させる。他人が捉えやすい響きをつくること。https://t.co/OysHiDI6a7
07-08 22:00

アーツは現実の確認ではない。なにかを発見しなくてはならない。
07-08 16:00

ただ読む、ただ喋る、これをやめる。必ず受ける人、伝える人を想定する。その上で、聞き手に対して語りかける、喋りかける。
07-08 12:00