10/30のツイートまとめ

Isogai_Method

芸は自分をみがくこと。無駄なものをそぎ落として行くのが、芸の訓練の道である。
10-30 22:00

伝えたいことを思うのと、伝えたいと思うことは次元がちがう。
10-30 16:00

声は無意識でも出せるが、音としての声は技術がなければ出せない。https://t.co/OysHiDI6a7
10-30 12:00

10/29のツイートまとめ

Isogai_Method

音声は、その人の心の状態を伝える一番の道具。https://t.co/PqZ29D5DnX
10-29 22:00

美しい日本語は、良い響きで良い流れが出せる事が重要。https://t.co/OysHiDqviz
10-29 16:00

呼吸がすべての始まり。無意識だからこそ楽。しかしそれは表現ではない。https://t.co/PqZ29DneMx
10-29 12:00

10/28のツイートまとめ

Isogai_Method

自分と他人を切り離すには、知性と感性と体実感が必要。
10-28 22:00

言語意識は、意味意識・感情意識・音声意識で成る。https://t.co/OysHiDI6a7
10-28 16:00

話語表現で重要なのは、意味性よりも身体性、空間意識である。
10-28 12:00

10/27のツイートまとめ

Isogai_Method

呼吸法には哲学がある。やり方だけに見つけても、心髄はつかめない。https://t.co/PqZ29D5DnX
10-27 22:00

呼吸が変わると思考がかわり情緒がかわる。https://t.co/OysHiDI6a7
10-27 16:00

演じることは、受けることから始まる。
10-27 12:00

活舌・調音・発音(2016.10.27)

講師:磯貝靖洋
助手:出先拓也

【本日のテーマ】
子音調音②
活舌音:S,Z,N,R,D

【身体法】
・IMB
・股割り
・舌運動

【講座内容】
・細舌練習
・活舌音R
・「美しく」発声練習
・骨伝導ヘッドホンを使った骨導発声体験

【担当助手感想】
ラ行はR(ル)を作って、それにつまづくようにしてその後の母音につなげるという発声法が非常に感覚として掴みやすかったように感じた。また、骨伝導ヘッドホンを使った骨導体験では、聴き手も出し手も一様に変化が感じ取れた、とても有意義なものであった。

【本日の磯貝語録】
・良い音を聴けなければ人生はつまらない。
・良い音を聴くと自分も良い音を出したくなる。

【参加者の声】
・自分が普段、如何に出す方に意識を取られているかよくわかった。
・骨伝導ヘッドホンの有無で違いを明確に感じることができた。

20161027
文責 出先拓也

10/26のツイートまとめ

Isogai_Method

アーツ(表現)には説明が入ってはダメ。
10-26 22:00

声が嗄れる、活舌が悪い…声とことばにお悩みの方におススメします!━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━「声の学校」秋の『月1ベーシック』は、磯貝メソッドの真髄「母音の音づくり法」そして「子音活舌法」と続きます。... https://t.co/br7nuDCqUA
10-26 17:52

音楽の特長は色彩である。
10-26 16:00

通じるものをつかめ。通じないものはいくら熱意や気持ちを込めても通じない。https://t.co/OysHiDI6a7
10-26 12:00

週一ベーシック(2016.10.26)

講師:磯貝靖洋/廣木睦子
助手:益田喜晴/日月貴子

本日のテーマ:IM聴き方学/音と声

【身体法】
・IMB

【講座内容】
1)イントロダクション〜「受ける」を見直す講座

2)利き耳について〜右耳で聴く

3)聴く姿勢:正しく音を受ける姿勢

4)耳の働きが低い故に起こると考えられる傾向の検証

5)図版にて器官の確認〜殊に、蝸牛と有毛細胞/ツチ骨・キヌタ骨・アブミ骨

6)足からの骨導を感じ取る実験〜耳栓をして歩く(テンポ良く)

7)気導と骨導

8)うさぎの耳の様に高い位置でとらえる


【担当助手感想】
IM聴き方学は、全てのものを受けるための方策であるが故に自分が開けてゆく。自分の分かる事のみ分かるのではなく、分からないことにも通じてゆく。

【本日の語録】
・聴き方が変われば発声が変わる。
・魚の時代に側面でとらえていた音を、今は耳でとらえている。
・有毛細胞=細胞に産毛の様な毛が生えたようなもの。
・次元は頭でとらえられなくても、耳でとらえている。
・耳の事は宇宙。宇宙が耳の中にある。


文責 益田喜晴

10/25のツイートまとめ

Isogai_Method

楽しむことと美しいことは教えられない。伝えて受けてもらうしかない。
10-25 22:00

自分の本来の資質、能力の根幹にたどりつくのは修行によるしかない。自分自身を実感するのにも時間やチャンスが必要だ。ことばはそのための1つの手はずだ。
10-25 16:00

まともな声でまともな言葉でしゃべるのがコミュニケーションの出発点である。「話す」ことは行動である。https://t.co/OysHiDI6a7
10-25 12:00

10/24のツイートまとめ

Isogai_Method

のどで詩を読めるか?口読みしていないか?山田耕筰メロディーはさぐりあえない。前に出るとフライングしてしまう。
10-24 22:00

日本語の音づくりも、そろそろ次の時代に行くべき時が来たように思う。もっと大人の音、大人の声のグレ-ドの高い言語に進化するべきと思う。https://t.co/OysHiDI6a7
10-24 16:00

自分の気持ちは喉にある。口に気持ちを置くと意識ばかりになり、上すべりの言葉になる。音のエネルギーが減り伝わりにくくなる。https://t.co/PqZ29D5DnX
10-24 12:00

10/23のツイートまとめ

Isogai_Method

話し言葉には、イントネーションはメロディーと同様で話し言葉が伝わる。https://t.co/OysHiDI6a7
10-23 22:00

芝居はその場で観せて、聞かせて完結するもの。文学や他の言葉で説明すると単なる言い訳になってしまう。人生と同一で自分の思い行動しているその事は、ほとんど伝わっていない。それでもやろうとするのが芝居。
10-23 16:00

もっと自分の利点を引き出すこと。覚えた事、知った事に縛られてはいけないが、「知らない」と始まらない。必ずちょっとで良いから奇跡を起こす。https://t.co/OysHiDI6a7
10-23 12:00

10/22のツイートまとめ

Isogai_Method

音楽を歌うことは楽しいことだ。それが伝わった時はとても嬉しい事だ。そもそも声を出す事は楽しい事だ。歌があり喉が鳴り、体に響いた時は幸せだ。美しい声なら更にうれしい。歌える事はありがたい事だ。
10-22 22:00

人間は悔しさがエネルギーになる。
10-22 16:00

人は無意識で反射的行動が先行しうまく行く事を好み、自由と感じる。新たに意識が生じると、それを行なうと意志が発動する。意識は頭脳行動が生じ、意志は身体行動が主である。
10-22 12:00

10/20のツイートまとめ

Isogai_Method

自分の曲は自分で歌う。音楽は万人のもの。
10-20 22:00

7年間で40回の開催実績を誇る磯貝メソッドの『ヴォイスチェック』━━━━━━━━━━━━━━━━━━年内の開催はあと2回!11/23(水・祝)、12/23(金・祝)━━━━━━━━━━━━━━━━━━... https://t.co/bAd4SM9PpE
10-20 17:55

7年間で40回の開催実績を誇る磯貝メソッドの『ヴォイスチェック』━━━━━━━━━━━━━━━━━━年内の開催はあと2回!11/23(水・祝)、12/23(金・祝)━━━━━━━━━━━━━━━━━━... https://t.co/Ww9CYZuCBP
10-20 17:53

喉の鳴りと響きとのバランスが重要。のどの鳴りは、声帯をしめることではなく、息の通過度で作る。響きは原則頭骨底の位置の響きとらえる。https://t.co/OysHiDI6a7
10-20 16:00

自分が何を歌っているか、歌詞を明確に分かっておくこと。
10-20 12:00

表現・話し方(2016.10.20)

講師:磯貝靖洋
助手:益田喜晴

本日のテーマ:コミュニケーション(COM)の声とことば


[1]IMB

[2]ステップワークとコミュニケーション
(1)ステップ〜前後ステップ/クロスステップ
(2)プレイヤーと参観者のコミュニケーション
〜プレイヤーはクロスステップを投げる(参観者に分かる様にプレイ)⇔Discus⇔参観者はどの様に見えるか、言葉で返す。

[3]音(ピアノ音と声)によるCOM
〜音を受けて(聞いて)、その音(音程)に近い音声を出す。
(1)単音“Aー”で出す=1人でその音とのCOM
(2)関係=リレーションと音

[4]ハーモニックス(ピアノ)と声のCOM
・COMの相手は環境

[5]30秒スピーチ


【担当助手感想】
・ステップ、ピアノ、スピーチ、仲間の考察と短い時間の中で多岐に渡る講座であった。COMは環境とのやり取りであるが故に、その媒体となる己の肉体や感性をフル活用しなければならない。
・「知らない人に会っても『誰かしら?』という態度をとらない。「前触れがないと受ける側が面喰らう」「スピーチを始める際には、その前があったという想像力を働かせる」等、COMは発する前段階が重要だと感じた。
・自分の考えを守るのではなく全部出すことは怖い。しかし、出し惜しみしたり、偽ったりするよりも、全部出す事によって外から揉まれて新たなものを得ることが出来る。


【本日の磯貝語録】
・固有性の発揮より、斬新な共有性の提案の方がハッとさせられる。
・相手のお陰で生きたCOMが成立する。
・COMはすべて環境のお陰で成立する(時間、空間、人格も)。
・人間は同質なものだけだと滅びる。異質のものが必要。
・異質なものと次々に遭遇して、生きる為の生産性が挙げられるか。つまり、喜びがつくれるか。
・コミュニケーションは人間の生きていく方策として捉えるのがVASCの特徴。

【参加者の声】
・知らない間に4人の波長が合って来て楽しくなって来た。
・毎回難しいけど楽しい。


文責 益田喜晴

10/19のツイートまとめ

Isogai_Method

伝わる言葉の第一条件は、はっきりした音、聞き易く心地よい音(声)です。気持ちが先走ったり、いい加減であるなら当然くずれます。その声は何としても伝わりにくく、聞き難い声なのです。https://t.co/OysHiDI6a7
10-19 22:00

【お知らせ】Vocal Arts Service Center は2017年7月7日に10周年を迎えます。10周年にあたり、下記の開催を決定いたしました。詳細は随時お知らせいたします。---------------... https://t.co/k3ae4QdKlP
10-19 21:52

10/16ヴォイスチェック終了報告!!-------------------------------------------2009年より始まりました磯貝メソッドの「ヴォイスチェック」... https://t.co/5gmyaTqtgt
10-19 21:37

セリフに感情をのせるというのは、役者の自我感情を行うことではない。その実態は自己の”実”状態である。自我感情は”虚”でありうそとなる。
10-19 16:00

アクセントは言葉の音の感覚である。言葉・意志をしっかり伝えたい時、音の幅を大きくつける。https://t.co/OysHiDI6a7
10-19 12:00

週一ベーシック(2016.10.19)

講師:磯貝靖洋
助手:益田喜晴/日月貴子

本日のテーマ:鳴りと響き—良い響きの作り方

【身体法】
・IMB
・スワイショー

【講座内容】

◎鳴りと響きの声
・口腔音を作る
〜口腔うがい

・音声とことばと精神
〜「ハイ」と「イイエ」を実例に使いながら

・共鳴音の作り方と精神的実感
〜眉間と額中央
〜喉頭音「ハイ」を眉間に響かせる

【担当助手感想】
・普段何気なく使っている、「ハイ」と「イヤ(イイエ)」にことば音を明瞭化する為の精神的根拠が集約されている事に驚きました。そして、そこに声とことばを磨くヒントがある事を発見しました。


【本日の磯貝語録】
・やり方を覚えるのではなく、音を覚える。
・呼吸は生命を永らわせるが、精神までケアできない。
・自分の意思、感情は喋っていても音にならなければ伝わらない。
・今の人は自家製で勝手に緊張をつくり出し、苦しみ、閉鎖し、自殺までする。
・「ハイ」を実現化すると喉頭音になる。つまり、よく鳴った地声である。
・現代日本人は否定の「イヤ」が苦手で音が良くない。当然、本人の確信は少ない。
・音声訓練は自己力、自活をつける上で大変有意義である。

【参加者の声】
・自分の散漫だったところがわかったので、対処法をつかみたい。
・鏡に向かって声を出した時、肉体は辛かったが、出来た時とそうでない時の音の位置がわかった。


文責 益田喜晴

10/18のツイートまとめ

Isogai_Method

音のイメージは難しい。それから言うとヴィジュアルイメージはずっーと簡単。音は音として聴こえて来る(幻聴も含む)ことが出来ないとはじまらない。沢山の音ストックの結果、起こる実際。
10-18 22:00

今や自分の好きなようにしゃべってはいけない。歌ってはいけない。通じないといけない。音楽に従う力を育てることだ。人間的意志と音楽はしばしば対立する。https://t.co/OysHiDI6a7
10-18 16:00

やるべき事、やりたい事(歌う時)は沢山あるが、気ばかり多く、焦点が定まってないと結果は出せない。又萬然と歌っても音楽にはならない。
10-18 12:00

10/17のツイートまとめ

Isogai_Method

重くなれるから、より軽くなれる。みぞおち~丹田にエネルギーが充満している身体の状態。https://t.co/PqZ29D5DnX
10-17 22:00

適当に流していても、特に知らなくても、人は生きてゆける。その事に気付くと意識が動く。自分の事も、自分の外のことも。言葉は意識の世界のことである。意識を高めないかぎり言葉は低い機能しか持たない。
10-17 16:00

出す前に受ける、聞く。意味よりも音で聞く。https://t.co/OysHiDI6a7
10-17 12:00

10/16のツイートまとめ

Isogai_Method

物事をする時、下を向くと老化する。前へ、上下に向く。
10-16 22:00

この読みで金が取れるか考える。
10-16 16:00

他人に伝わる声が有効な声。その声は自分の実感が少ない。意志や意味が強すぎると音をつぶし、伝わらない。https://t.co/OysHiDI6a7
10-16 12:00

10/15のツイートまとめ

Isogai_Method

日本歌曲を新しいセンスに!
10-15 22:00

芸には必ず“元”がある。分かり過ぎたら下手。
10-15 16:00

音を出しながら歌っている間に意味が出てくればいい。フレージングが大事。https://t.co/OysHiDI6a7
10-15 12:00

10/14のツイートまとめ

Isogai_Method

言葉には拍があり、リズムがあるから伝わるのである。
10-14 22:00

現代語(現代社会劇)で描かれた三島由紀夫の本の台詞を今様ではなく、リズム読みもする。そのセンスと力量を耕すこと。
10-14 16:00

瞬間瞬間で自分をチャレンジできるようになろう。
10-14 12:00

10/13のツイートまとめ

Isogai_Method

なにしろ口腔を鳴らしてはダメ。口腔は響かせる器。のどを鳴らし、下ろしても低く保つこと。https://t.co/OysHiDI6a7
10-13 22:00

10月16日(日)開催間近!磯貝メソッドの「ヴォイスチェック」━━━━━━━━━━━━━━━━━━音声の専門家が「耳」と「科学的分析」から診断します━━━━━━━━━━━━━━━━━━★年内は12月まで毎月開催!... https://t.co/du6rJ3sx8n
10-13 17:02

オペラという歌の世界は、あこがれでは歌えない。それに挑戦するエネルギーがいつも沸いていることが必要だ。
10-13 16:00

磯貝メソッドHPより抜粋【コラム】「古典音読について」 古典はそもそも我々共通の財産であるが、興味を持たぬ人が多い。今の日常語と違いすぎる点がある。分らない。用法が違う。読めない。等々…。... https://t.co/FXiXg3uJ4V
10-13 15:47

三島由紀夫芝居のセリフも動きも「音楽的」であるとよい。中でも「心理」は充分に音楽的であるべきだ。
10-13 12:00

活舌・調音・発音(2016.10.13)

講師:磯貝靖洋
助手:出先拓也、五十嵐正貢

本日のテーマ:口唇音調音

【身体法】
・IMB
・ハミング発声、鼻三味線

【講座内容】
・口唇音マパバワ調音
・マは唇の中心の最先端で子音を作り、口腔内の母音調音点に戻す
・パは唇の中央3分の1を破裂させる
・竹割り(口の前で手を叩く)で口腔共鳴をつかむ

【担当助手感想】
口唇音は口先の音なので吐き出しがちだが、歯の内側にある母音調音点に響きを戻すことによっていい音になった。

【本日の磯貝語録】
・頬をそいで調音、発声する。下顎で支える
・子音があった方が母音調音点は掴みやすいが、崩れやすい。

【参加者の声】<一番納得したこと、あるいは疑問>
・声を口の中に戻すこと。
・話す音声で意味が決まるということ。
・声を口の中に戻すことと歌との兼ね合い
・促音で詰まる。

20161014
文責:五十嵐正貢

10/12のツイートまとめ

Isogai_Method

ひと足早く11,12月講座のご案内です!━━━━━━━━━━━━━━━━━磯貝メソッド「声の学校」は『ことば系』と『歌系』の2本柱━━━━━━━━━━━━━━━━━「ことば」にはメロディー、リズムがあり... https://t.co/nhJjcjiaYp
10-12 22:46

ひと足早く11,12月講座のご案内です!━━━━━━━━━━━━━━━━━磯貝メソッド「声の学校」は『ことば系』と『歌系』の2本柱━━━━━━━━━━━━━━━━━「ことば」にはメロディー、リズムがあり... https://t.co/LonY3K0rD3
10-12 22:41

発声の基本「声帯実感」を持つ。声帯で声を出し、身体に共鳴させて音を発していく。https://t.co/OysHiDI6a7
10-12 22:00

どういう音を出しているか、どういう文字で書いているのかを理解している人は良い音を出す。思ったことがこの音でいいか、聞きながら(文書の時は考えながら)話す。
10-12 16:00

「聞く」ということを作りなおす。まず自分の音を聞く。自分の喋っている音が聞けるくらいの早さで話す。自分で聞けないものは人にも聞けない。https://t.co/OysHiDI6a7
10-12 12:00

週一ベーシック(2016.10.12)

講師:磯貝靖洋
助手:益田喜晴/日月貴子

本日のテーマ:鳴り(地声)を磨く/声と心をつなげる

【身体法】
・IMB
・3T運動
・スワイショー

【講座内容】
◎磯貝メソッドは「声・ことば・心」

◎磯貝メソッド「声・ことば・心」の基本三角形

◎基本三角形の関係

◎心と宗教

◎声の性質 心の性質

【担当助手感想】
「おはようございます」という当たり前の挨拶を具体例に、声と言葉、そして心についての深いテーマへと踏み入る内容でした。
声と言葉を研く事は、何のためか? そして、どこへ進むのか?
声と言葉は、何のためにあるのか? 誰のためにあるのか?
同様に、心は何故あるのか? 誰のためにあるのか?
原点を改めて考えさせられる講座となりました。

【本日の磯貝語録】
・人間は自分が納得している事をやっている限り、新しい「これだ!」は生まれない。
・磯貝メソッドは、いま生きている人間の声やことば、その音声と心に素直に向き合い丁寧に接する。
・声/ことばは、心と一体とならなければ生きていけない。
・自分の本心を知ること、聞くこと、触ること。

【参加者の声】
・命を頑張ろうと思った。
・自分が思いもつかないものを隣の人が出した。心に触れた気がした。

文責 益田喜晴

10/11のツイートまとめ

Isogai_Method

スポーツは身体、歌は声が資本ですね。丁寧に自分に合った育て方をして行きましょう。https://t.co/PqZ29D5DnX
10-11 22:00

役者にとって“考える”というのは行動だ。https://t.co/OysHiDI6a7
10-11 16:00

「演奏する」とは必ず聴く人を対象とする行為です。鼻歌も演奏ではないし、練習も演奏ではない。むしろ練習の先にある事で、充分の練習は条件です。でも両者は次元が違います。大きな溝があり、直接は渡れません。その差はやってみないと分かりません。
10-11 12:00

10/10のツイートまとめ

Isogai_Method

生物学的思考=頭で考えて良いと思うものを1つ持っている場合は必ず反対のそうでないものも1つ存在する。だからバランスがとれている。良い:悪い=1:1だから生物としてやっていける。https://t.co/OysHiDI6a7
10-10 22:00

拍は要素。その拍が生きもの(音楽)になるのは、リズムが躍動する事による。リズムこそが音楽の生命源。
10-10 16:00

演劇は自由ではない。自分の個性を殺せる個性を持て!
10-10 12:00

10/09のツイートまとめ

Isogai_Method

音を出す前の構えから、出した音を聞くまでが音を作ること。赤児の時は舌と下あごが分離していない。大人になり舌が独立して、クリアな音を作るようになる。その時、知性が目覚め育って行く。
10-09 22:00

我々は「話す」と「喋る」を明確に分けて使っていないし理解したりしていない。目的、方法、効果等を詳しく分類し整理する方が良い。https://t.co/OysHiDI6a7
10-09 16:00

上顎を使って息を引き上げると、音がクリアに明るく響きのある音が作れる。上顎を上手に使えるようにすること。
10-09 12:00

10/08のツイートまとめ

Isogai_Method

自分の発する言葉の意味、思いばかりでなく、”音・口調”も覚えておく
10-08 22:00

前顎骨に音を当てる。そのために舌骨を下げ、喉をあけ、下顎骨を良い角度にもって行く。https://t.co/OysHiDI6a7
10-08 16:00

外からやって来る自分の体験は誰でも何となく身が引きしまる。慣れると楽になる。この2つの差は意識ではなく「気」だ。自分の中に気を捉えること。
10-08 12:00

10/07のツイートまとめ

Isogai_Method

生の音が生きている人間のいちばんの証である。支えと構えをつくる。構えはオトガイ。母音は歯の内側でつくる。https://t.co/PqZ29D5DnX
10-07 22:00

体幹を動かすと呼吸になる。耳でなく聴覚できく。声には強弱があるが、大小はない。体に声の道がある。https://t.co/PqZ29D5DnX
10-07 16:00

話し言葉である台詞は書き言語のように思考しない方がよい。意味は当然分かること、と同時に五感による感覚思考をして行くこと。https://t.co/OysHiDI6a7
10-07 12:00

10/06のツイートまとめ

Isogai_Method

うまくなりたかったら身につけろ!!芸の鉄則。ポピュラーの人達は何千回も歌っている。人間の身にくっついていなければうまくない。
10-06 22:00

オペラ・アリア発声が、一般のポピュラーソング発声と一番異なるのは、全身をつかうことです。先ず1曲が長い。声の巾が広い、声量が多い、ダイナミックの差が大きいetc。これ等を全て欲求されることです。それで人間の深みを表現するのです。
10-06 16:00

響く声は身体に響かせること。https://t.co/OysHiDI6a7
10-06 12:00