04/29のツイートまとめ

Isogai_Method

自分が納得しても、更にその先の納得を求めるところに芸道がある。
04-29 22:00

声が変わればシチュエーションが変わり、実感が変わる。https://t.co/OysHiDI6a7
04-29 16:00

私の全部を使って客観性を表現する。
04-29 12:00

04/28のツイートまとめ

Isogai_Method

読み時にコントラストを作る。それが読み手の力量。
04-28 22:00

眼で読んで良い作品でも、声読みをして良い作品とは限らない。
04-28 16:00

息を変えれば声は変わる。息を変えれば意も変わる。https://t.co/PqZ29D5DnX
04-28 12:00

04/27のツイートまとめ

Isogai_Method

“私の思い”ありきではない。“こういう音声を出す”とこういう意志・感情になるというのをつかむこと。https://t.co/OysHiDI6a7
04-27 22:00

聴くセリフも見る文字も自分化し、自己感情に置き替えるのではすがすがしい芝居にはならない。自分も役も客体化出来た時に新しい感覚や表現が現れる。
04-27 16:00

自己練習の先には演奏はない。演奏はテキストを練習とは違った次元のものにすること。練習はそのためにある。https://t.co/OysHiDI6a7
04-27 12:00

基礎講座Ⅱ(2017.4.27)

講師:磯貝靖洋
助手:出先拓也

【本日のテーマ】
コミュニケーション⑧ディスカッション

【身体法】
・IM基礎身体法
・スワイショウ、3T

【講座内容】
・「話し方」コミュニケーションと「社会学的」コミュニケーションの違い
・コミュニケーションとは知らない人とどうやり取りするか
・知らない人に対して、㈰聴けるかどうか?㈪応えられるかどうか?
・コミュニケーションの大原則は「相手を認める」こと
・質問は相手が答えやすい質問をすること

【担当助手感想】
今期のコミュニケーション講座も最終回であったが、それに相応しく、コミュニケーションと心の問題に踏み込んだ講座であった。自分の主張だけを相手に訴えるのはコミュニケーションではない。心で相手を認め、対等に意思疎通することがコミュニケーションである。そして最終的には自分の心とのやり取りまで含む、奥深い内容になった。

【本日の磯貝語録】
・コミュニケーションには答える義務と拒否する権利がある。
・コミュニケーションは相手を認めることである。

【参加者の声】
・自己主張を通すのはコミュニケーションではないのだと納得した。
・今回の講座で得た11項目のキーワードを心に留めておきたい。

20170427
文責 出先拓也

04/26のツイートまとめ

Isogai_Method

日本人は他人の事でも自分化してしまうクセがある。一方では自分の思いや気持ちを他人化できず、うまく伝えるのが下手。https://t.co/PqZ29D5DnX
04-26 22:00

芸人とは器用芸人、マルチ芸人の事は言わない。その者にしか光らないものを捉え、磨き上げてゆく事、その人を言う。
04-26 16:00

人間はことばだけでは生きてゆけない。音楽的な歌うという行為で、生物的な本来の欲求や生命感を満たしている。https://t.co/OysHiDI6a7
04-26 12:00

04/25のツイートまとめ

Isogai_Method

一番良い音を出せる声の「通る道(声の道)」をつかまえる。
04-25 22:00

声は生きている証しであることを実感すること。https://t.co/OysHiDI6a7
04-25 16:00

喉を通して、生きるという実感を持つ事。https://t.co/PqZ29D5DnX
04-25 12:00

月刊「聲の力」 第17号(2017年 4月25日 発行)

▼月刊『聲の力』2017年4月号▼━━━━━━━━━━━━
本メールは「声とことばの磯貝メソッド」がお届けするニュースレターです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (2017年4月25日 発行)

文字の霊などというものが、一体、あるものか、どうか。
「文字ノ精ハ人間ノ頭脳ヲ犯シ、精神ヲ痲痺セシムルニ至ッテ、スナワチ極マル。」
単なるバラバラの線に、一定の音と一定の意味とを有たせるものは、何か? ここまで思い到った時、古代アッシリヤのナブ・アヘ・エリバ博士は躊躇なく文字の霊の存在を認めた。

__________________________________________________________________________________

■□千年前の文字をあなたの声で立体化!?/月一芸能表現講座『源氏物語と声』■□
__________________________________________________________________________________

昨年の11月から始まった、月一芸能表現講座『源氏物語と声』が新章に入りました。
悪戦苦闘しながらも【桐壺】を読了し、今期は第九帖【葵】です。
源氏物語屈指の名場面「車争ひ」、光源氏の長子・夕霧の誕生、謡曲「葵上」で有名な六条御息所の生霊、葵の死、「紫の君」との結婚等々、見せ場満載でとてもドラマチックな帖です。

「源氏物語の講座はどんな事をやっているのですか?」と云う質問をよく受けますので、ちょっと内容をかい摘んでご紹介したいと思います。

まず午前中は、源氏物語についての簡単なディスカッションや、古典を読む上で必要となる身体法等が中心となります。また、日本人としての「佇い(たたずまい)」についても学びます。

休憩を挟み午後は、ひたすら全員で素読をします。そう、ただ在るがままに読むのです。世界に誇る文学と対峙するには、俄か仕込みや付け焼刃の知識と解釈など何の役にも立ちません。唯一の拠所は生身の肉体です。千年前に記された文字を立体化する為に、己の声を駆使します。その一文字一文字が素直な音となり、心地の良い声で言えた時には、何となく内容がわかってくるから不思議です。それどころか何度も、何度も声に出してゆくと、景色や色、音、香、味、肌触りまで感じられるような気になります。これぞ我々の持つ日本人のDNAの成せる技なのでしょうか?

さて、素読の際のポイントをひとつ。
日本語の文書はそもそも筆による縦書きです。そこで、一文字一文字を筆で縦書きする如く流れるように読んでみます。短冊に和歌を書きながら声を出すつもりで、身体で音を実感します。すると、古典の世界と現代の日常生活とでは情報量の質が違うことが明確にわかります。

それでは皆さんも、ご自分のお名前で試してみて下さい。実際にご自分の人差し指と中指を筆に見立て、目の前の空気中に名前を書きながら声に出して見て下さい……。如何ですか、自分の中に眠る日本人のDNAが目を覚ましましたか(笑)。漢字だけでなく、平仮名、片仮名と色々試してみて下さい。それぞれ違った発見があります。流石にローマ字でやってみると、「あぁ、縦書きではないな」と実感します。

月一芸能表現講座は、我々の中に眠る「日本人」と出会う講座です。それは同時に「声とことば」の源流を辿る旅でもあります。ご興味ある方は是非一度体験してみてください。
【源氏物語『葵』】は10月1日に行われる、ヴォーカル・アーツ・シアターで上演される演目のひとつに予定されていますので、乞うご期待!

磯貝先生曰く「源氏物語は文化を超えて文明である。」

_______________________________________________________

■□ 私の推薦図書 /中島敦 作『文字禍』■□
_______________________________________________________

冒頭でご紹介した文字の精霊ついてですが……、実は中島敦の短編『文字禍』からの抜粋です。
中島敦と言えば、教科書にも載っている『山月記』や『名人伝』等が有名ですが、将来を嘱望されながら34歳で夭折した悲運の作家です。
この『文字禍』は、碩学の老博士が文字の精霊達に挑む一方的な戦いを、真面目且つユーモラスに語ります。
文字を睨み続けた博士に生じた怪現象がおかしくも恐ろしく、そして落語のオチのような意外なラストを迎えます。
古い小説だからといって侮るなかれ。文字と情報に溢れている現代社会を生きる我々こそ身につまされるテーマです。
ことばを介して、声と文字は表裏一体。だからこそ「声とことば」を学ぶ我々も、文字の驚異をよく知っておく必要があるのではないでしょうか?
短くて読み易い物語ですので、是非、声に出して読んでみて下さい。
中島敦はこの他にも『憑依』という、古の語り部を主人公にした作品でも言葉の一面を言い当てています。もしかすると彼も「声とことば」の関係に強い関心を持っていたのかもしれません。〈喜〉

_______________________________________________________

■□ 磯貝メソッドからのお知らせ ■□
_______________________________________________________

[1]【5月~】「磯貝メソッド東京塾」2017年度前期(5~8月)参加者募集中!
――声とことばの基礎講座が、目的別の3講座展開に!

1.「声のLesson」土曜朝/水曜夜
 ◎声が小さい、通らない、すぐ嗄れるなど発声に問題を感じている方
 テーマ:呼吸・発声・発音

2.「ことばのLesson」土曜朝/木曜夜
 ◎しゃべりにくい言葉があるなど活舌に問題を感じている方
 テーマ:子音調音・活舌・アクセント・イントネーション

3.「コミュニケーションのLesson」火曜夜
 ◎人前で話す機会のある方、または面接対策に。
 テーマ:話し方・説明・会話・プレゼンテーション・スピーチ

[2]ボイスチェックは、大型連休最終日 5/ 7(日)の開催です!
――声とことばの健康診断です。日本語を話す全ての方へ。次回は 7/17(月祝)。
http://www.voice-check.com/

[3]Vocal Arts Service Center 10周年
―― Vocal Arts Service Centerは2017年7月7日に10周年を迎えます。
http://isogai-method.com/archives/1321

ヴォーカル・パフォーマンス2:台詞(2017.4.25)

講師:磯貝靖洋
助手:戸村健作

本日のテーマ:セリフ/チェーホフ④

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法
・踏み足
・3T

【講座内容】
・考えると思う、声の違い
・テキスト「かもめ」
 役を割り振ってセリフの掛け合い
 各々の読み癖など指摘
・踏み足のコツ、実践
・体と心と役について
・本日の感想

【担当助手感想】
・自然なセリフは、それっぽいことではない
・役とは自分の中でのそのキャラクターのリアリティ

【本日の磯貝語録】
・役とあなたの違いはどこにある
・準備が不自然
・型にはめるな、もっと自然でいい、ただし嘘はダメだ
・作った役の普通をするな
・体が自分に嘘をつかせる

【参加者の声】
・今まで完璧にやろうと思っていたが、それをやめたら楽になった
・文字を追ってしまって考えてしまっていたが、自由でいいと思えた
・無駄な息を吐かない
・硬くなっていることがわかった

20170428
文責 戸村健作

04/24のツイートまとめ

Isogai_Method

“音声言語は生である”https://t.co/OysHiDI6a7
04-24 22:00

芸とは神性を感じて表現することである
04-24 16:00

つもりは全て無効。概念、観念、思い等は極力生理的実感に落とし込むこと。https://t.co/OysHiDI6a7
04-24 12:00

04/23のツイートまとめ

Isogai_Method

音楽には力がある。自分の意志や力で全部やろうとしてもダメ。音楽に助けてもらえば出来る。
04-23 22:00

歌を歌うことで、あなたの笛(楽器)が名器になっていく。これは歌の特徴である。
04-23 16:00

調音は、誰もが聴いてそれと分かる音をつくること。自分の思いでその言葉を言うことの練習ではない。https://t.co/PqZ29D5DnX
04-23 12:00

04/22のツイートまとめ

Isogai_Method

冷静とは、激することのひとつである。
04-22 22:00

呼吸(息)は、精神活動に直結している。https://t.co/OysHiDI6a7
04-22 16:00

考える感情を表す。「考える」と「思う」を分ける。考えるポケットを沢山持つ。
04-22 12:00

04/21のツイートまとめ

Isogai_Method

音声に意味や内容がある。時には状態や状況をも表現している。https://t.co/OysHiDI6a7
04-21 22:00

譜面から早く離れようとすること。
04-21 16:00

メロディを追いかけない。響きだけを追いかける。響き位置で聴く。
04-21 12:00

04/20のツイートまとめ

Isogai_Method

自分の言葉を客観化すると自分がわかる。https://t.co/OysHiDI6a7
04-20 22:00

感覚的洗練は、知的洗練と共振する。強い直感は、洗練の種になる。
04-20 16:00

良い声とは、雑音がない声。https://t.co/OysHiDI6a7
04-20 12:00

基礎講座Ⅱ(2017.4.20)

講師:磯貝靖洋
助手:出先拓也
サポート:菅家ゆかり

【本日のテーマ】
言語⑧言葉をていねいに

【身体法】
・IM基礎身体法
・歩行

【講座内容】
・丁寧語を知るために、非丁寧語も同時に知ること
・「です」発声練習→横口にならない
・「ます」発声練習→「します」の「し(仕)」をしっかり出す
・助手に対して「〜ですか?」「〜だよネ?」の質問を投げて、反応の違いを見る

【担当助手感想】
文字上の丁寧語であっても、音の違いで丁寧さが強調されたり、逆に丁寧でなくなったりすることを実際のやり取りの中で感じてもらえたと思う。自分の思いと相手に伝わっている印象の差を埋めていくことも言葉の音の練習の中では重要だと感じた。

【本日の磯貝語録】
・実際の領域に踏み込まないとどれだけ子音を訓練しても意味がない。

【参加者の声】
・同じ言葉を投げかけても反応が様々で面白かった。
・自分の思い通りの言葉が伝わったので嬉しかった。

20170420
文責 出先拓也

04/19のツイートまとめ

Isogai_Method

音声は身体の一部である。言語は知である。https://t.co/OysHiDI6a7
04-19 22:00

歌は自分の現実と非現実を同時に持てる行為 https://t.co/OysHiDI6a7
04-19 16:00

朗読者は読みながら、心がドンドン動く事が必要。
04-19 12:00

04/18のツイートまとめ

Isogai_Method

シェイクスピアセリフは、音声の肉体表現
04-18 22:00

アーツの世界は格差がある。
04-18 16:00

言葉の構音とは、音で意味を作っていくこと。https://t.co/OysHiDI6a7
04-18 12:00

ヴォーカル・パフォーマンス1:朗読(2017.4.18)

講師:磯貝靖洋
助手:戸村健作

本日のテーマ:フランスの詩④

【身体法】
・磯貝メソッド身体法
・3T

【講座内容】
・試演会
各自発表する作品を選び評価シート記入
各自練習
発表(仮説ステージ上にて)
聞き手からの感想
読み手の感想

【担当助手感想】
・練習時と発表時のスイッチが違う
・内容よりも声からの情報が直接的だった

【本日の磯貝語録】
・ずっと読み続けると動きだす
・やっている人は見ている人と一緒になって楽しむ

【参加者の声】
・今までのやり方と違う意識がでてきた

20170423
文責 戸村健作

04/17のツイートまとめ

Isogai_Method

文には必ずリズムがあり、息のうごきと声によってつくり出される。
04-17 22:00

「思う」より「考えろ」→「思う」と「考える」を別々なものとして使い分けよ。https://t.co/OysHiDI6a7
04-17 16:00

同じ言葉でも響きによっては、意味や感情の実感は逆転する。https://t.co/PqZ29D5DnX
04-17 12:00

04/16のツイートまとめ

Isogai_Method

芸術家は、自分の演奏が相手に届いているかを確認するサーヴィス作業が必要である。
04-16 22:00

文字は具体性の意味をあらわす。語音は非言語の抽象意味、状態をも現わす。
04-16 16:00

シビアになるとシンプルになる。https://t.co/OysHiDI6a7
04-16 12:00

04/15のツイートまとめ

Isogai_Method

理屈で考えると理屈に負ける。https://t.co/OysHiDI6a7
04-15 22:00

話す時のその声は、その人の今の全てを表出してしまっている。https://t.co/PqZ29D5DnX
04-15 16:00

自分で"ああ歌いたい、ここはこう歌いたい"等は、その曲を正確に歌えるようになってから。
04-15 12:00

基礎講座Ⅰ土曜朝(2017.04.15)

講師:磯貝
助手:蔭山/菱倉

本日のテーマ:発音⑦日本語アクセント

【身体法】
・磯貝メソッド身体法
・腹背筋強化運動,匍匐前進,耳栓ウォーキング

【講座内容】
・前回復習:
 子音舌捌きR,N,D,T
・正しいアクセントで話す
① 平板型(最初の音節が低く、2音目から高くそのまま続く)
/ ̄ ̄ サクラ、 / ̄ ̄ ユウヤケ、 / ̄ ̄ ハハオヤ、 / ̄ ̄ オショウガツ
② 頭高型(最初は高く、2音目から低くなりそのまま続く)
\ チズ、 \__ サンジ、 \__ センダイ、 \__ キノウエの
③ 中高型(はじまりは低く、2音目は高く、単語の終わりでまた低くなる)
/\ ユミヤ、 / ̄\ ソレデモ、 / ̄\ ナカノク、 / ̄ ̄\ キョウイクシャ
④ 尾高型(最初音節は低く、それ以降が高くなり、続く助詞が低くなる)
/ ハナ、 / ̄ ̄ オトウト、 / ̄ ̄ オンナ、 / ̄ ̄\ アナタガタが
・アクセントを正しく自分の名前の自己紹介をする。
例)山田 花子 ヤマダ/ ̄ ̄ ハナコ\__

【担当助手感想:蔭山】
・アクセントをはっきりさせるだけで、言葉の意味がクリアに聞こえた。

【本日の磯貝語録】
・なるべく言葉がよくわからない人に対して、言葉を作る(調音する)意識を持つことで、言葉や声がよくなる。


20170415
文責:蔭山

04/14のツイートまとめ

Isogai_Method

自分が出しやすい音は、必ずしも他人が聞き易い語ではない。https://t.co/OysHiDI6a7
04-14 22:00

音から意味をとっていく。
04-14 16:00

声はその人のエモーション(情動)。https://t.co/OysHiDI6a7
04-14 12:00

04/13のツイートまとめ

Isogai_Method

響きのある声を感じる、とは心を感じること。だから歌はなくならない。
04-13 22:00

2017年5月7日(日) ゴールデンウィーク最終日に開催!━━━━━━━━━━━━━━━━━「声と言葉の診断」磯貝メソッドの『ヴォイスチェック』━━━━━━━━━━━━━━━━━Q.ヴォイスチェックとは?... https://t.co/8jOO05sAhz
04-13 17:07

話し声は“音”である。音は出し方で品格が変わる。https://t.co/OysHiDI6a7
04-13 16:00

何者かによって試されるのが芸術である。
04-13 12:00

基礎講座Ⅱ(2017.4.13)

講師:磯貝靖洋
助手:菅家ゆかり

【本日のテーマ】
コミュニケーション⑦プレゼンの声とことば

【身体法】
・IM基礎身体法
・喉開け、舌骨おろし
・顔面マッサージ、口唇運動

【講座内容】
・プレゼンテーションについて
 コミュニケーションのひとつ、ディスカッション、スピーチもCOMの要素
 日本人は、自分のことを話せない人が多い。話しの中に自分がいる、自分の考えを述べる。
・プレゼン演習、発表
 テーマ:5月5日高齢者施設で柏餅をプレゼントする。その「柏餅」の作り方をプレゼンする。
・プレゼンの内容を作るときには、自分の体験経験を活かすと良い。

【助手感想】
それぞれのプレゼンには個性が出ていた。慣れないことで戸惑っていたが、これまで講座で学んだことを活かして組み立て、それぞれの意図が内容に反映されていた。内容がまとまっても実際に声にしてプレゼンしないと身につかない。経験を重ね場数を踏むことで、何が必要が聞き手が求めるものが何かわかり、うまいプレゼンができると感じた。

【磯貝語録】
・プレゼンテーションには、ユーモアが必要。

【参加者の声】
・自分の本心、良心で話せるようにすることを学んだ。
・今回はプレゼンの内容が浮かばず、まとまらなかった。
・これまで学んできてしゃべることは好きだが、もっとチャレンジしていきたい。

20170413
文責:菅家ゆかり

04/12のツイートまとめ

Isogai_Method

全部他人が判断する。
04-12 22:00

書いてある事をそのまま読めるようになれ。
04-12 16:00

呼吸を読む(出来る者は呼吸を読める)。
04-12 12:00

基礎講座Ⅰ水曜夜(2017.4.12)

講師:磯貝靖洋・益田喜晴
助手:日月貴子・札辻静美

本日のテーマ:発声-6「子音の舌捌き(2)」

【身体法】
・磯貝メソッド身体法
・顔面ほぐし
・腹筋強化運動
・耳栓ウォーキング
・耳ストレッチ
・背面を意識して歩く

【講座内容】
・前回までの復習
・舌・口腔・口唇準備運動
・子音(S,Z)

【担当助手感想】
今まで気が付いていなかったことに気付いて自覚していくことは、より良い音を獲得していく一歩につながると感じました。

【本日の磯貝語録】
・生き残りたければシャープな音を出すこと。

【参加者の声】
・今まで行ってきた発声と全く違っていた。
・鼻三味線をすることで鼻の響きを知ることが出来た。

20170412
文責 札辻静美

04/11のツイートまとめ

Isogai_Method

良い声をつくるには、下半身の柔軟さを欠かす事ができない。https://t.co/OysHiDI6a7
04-11 22:00

“声とことば”に悩むすべての人のために━━━━━━━━━━━━━━━━━声とことばの磯貝メソッドのヴォイストレーニング━━━━━━━━━━━━━━━━━2017年5月から磯貝メソッド「基礎講座」は... https://t.co/dHQs5DJ9d9
04-11 20:37

頭脳(知覚)と身体脳のバランスを高める。https://t.co/OysHiDI6a7
04-11 16:00

役者は観客を開放させること。
04-11 12:00

ヴォーカル・パフォーマンス2:台詞(2017.4.11)

講師:磯貝靖洋
助手:戸村健作、五十嵐正貢

本日のテーマ:セリフ/チェーホフ③

【身体法】
・IM基礎身体法、股割りの確認

【講座内容】
・肚(腹腔:横隔膜~骨盤膜)に心がある
・肚の部位(上腹、側腹、下腹)によって感じ方が違う
・瞬間瞬間を肚でやり、台詞に心を入れる=嘘っぽくない声を肚から出す
・少しでも「分かった」実感を掴み、積み上げる

【担当助手感想】
・肚と声・言葉をつなぐのは呼吸だろうか。

【本日の磯貝語録】
・肚に心・感情がある、肚の反応が頭の反応につながる
・肚のない台詞は嘘っぽい、文字を読んだだけ

【参加者の声】
・自分の出した台詞が嘘っぽいことがわかった。
・肚に落とすよりも、肚から始めるのがいいのではないかと感じた。
・肚でわかるというのは、頭でわかるというより「腑に落ちる」に近いと感じた。

20170413
文責 五十嵐正貢

04/10のツイートまとめ

Isogai_Method

声や言葉には、それ相応の<響き所>がある。それを外れると伝わりにくい。
04-10 22:00

身体は楽器!自身の喉の原音を知る事は、自分を知る事である。https://t.co/OysHiDI6a7
04-10 16:00

自分なりの工夫や努力は禁。音楽になり、音楽をする。
04-10 12:00

04/09のツイートまとめ

Isogai_Method

声によって自分自身のイメージを変える。https://t.co/OysHiDI6a7
04-09 22:00

全世界の音楽の基本には必ず宗教音楽がある。
04-09 16:00

音楽は瞬発芸ではない(持続性が基本である)。
04-09 12:00