FC2ブログ

09/29のツイートまとめ

Isogai_Method

息は流れて、息で歌える!歌の声は息の流れ、響きつづける息の流れだ!口の奥を細くタテ長に高く流れる。https://t.co/PqZ29D5DnX
09-29 22:00

自分に実感しやすいものだけを実だと捉えがちだが、外で実の方が沢山あることをいつも実感してる必要あり。
09-29 16:00

日常の自意識動作の外に表現はある。次の動きを予感させる動きが良い動き。
09-29 12:00

09/28のツイートまとめ

Isogai_Method

呼吸で重心を落とす。横隔膜が下にさがりやすいようにお腹をほぐす。https://t.co/OysHiDI6a7
09-28 22:00

歌う姿勢…普段とは違う。頭蓋骨をグッと持ち上げ、シャキーンとした姿勢で。
09-28 16:00

喋り位置(息及び響き)をそのままの音調で高く前面にもってくる。日常の喋り感覚ではないが、言葉実感はある。自分をしない(自分を理解している・わかっている)。https://t.co/PqZ29D5DnX
09-28 12:00

コミュニケーションのLesson(2017.09.28)

講師:磯貝靖洋
助手:菅家ゆかり

本日のテーマ:話し言葉の形と方法(談話法)

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法
・耳栓ウォーク
・耳ひっぱり

【講座内容】
・話し言葉で何ができるか
①物事を考える(又は、思う)
②物事、自分の考えを伝える
③物事を相談又は話し合う
④社交(雑談、交歓)
・今期学んだことを振り返り、コミュニケーションの要点を確認
・先生の経験をもとに、その時々どのようなことがコミュニケーション(COMと表記)を
成立し深めたかを考える

【担当助手感想】
COMのことをいろいろ学んできたが、相手に対する前に自分と向き合うこと、自分と話し認め
納得することができなければ、相手に受け入れてもらえないことを理解できた。自分を深め
さらに相手とのCOMを深めるために、仲介者が必要であることや自分を客体化することなど
参加者個々も、COMに対する意識が変わり始めたと感じた。

【磯貝語録】
・COMでは、まずは自分の心を知ること、そして自分の心を開き相手の心を開かせること。
・COMでは、来る人を拒まず、隣人に無関心でいないこと。

【参加者の声】
・これからは、深みのあるCOMを心がけていきたい。
・これまでは浅いCOMしかしてなかった。きちんと自分と向き合っていきたい。自分を超える仲介者がいてほしい。

20170928
文責 菅家ゆかり

月刊「聲の力」 第21号(2017年 9月28日 発行)

▼月刊『聲の力』2017年 9月号▼━━━━━━━━━━━━
本メールは「声とことばの磯貝メソッド」がお届けするニュースレターです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (2017年9月28日 発行)

秋風が心地よい季節になり、夜になると虫の声が聴こえてくるようになりました。夏のにぎやかな蝉の声から、秋の夜の虫の声。季節の移り変わりは色々な形で感じられます。「音」で季節が感じられることは、日本人の特質です。
その日本人の感性が日本の風土をしみじみと豊かだなぁと思い感じるのです。秋の夜長に季節の音に耳をすませてみませんか?

__________________________________________________________________________________

■□耳栓ウォーキング■□
__________________________________________________________________________________

磯貝メソッドでは、声・ことばを「発する」こと以上に「受ける」ことを大事にしています。講座の中に「聴き方学」の時間を設けています。その聴き方学の中で「耳栓ウォーキング」を学び、日々の講座の中でも実践しています。
耳栓ウォーキングは耳の中の中耳にある“耳小骨の筋トレ”です。耳小骨は鼓膜の震えを受け取る場所で人間の骨の中で一番小さい骨です。この耳小骨はツチ骨・アブミ骨・キヌタ骨の3つの骨から成り立っており、
耳栓ウォーキングによってそれらの骨に付着している筋肉をストレッチすることを目的にしております。

『耳栓ウォーキングの方法』
・7~8m以上の直線歩行ができる場所。
・左耳、右耳の順に耳栓を入れる。
・10分間まっすぐ歩く(往復)目線を下に落とさない。。
・人や物にぶつかりそうになったら止まって方向を変え、再びまっすぐ歩く。
・10分経ったら右耳からゆっくり耳栓を外す。下顎をゆるめ、水分補給をする。
※稀に歩いていて頭が痛くなることがあります。頭が痛くなった場合は速やかに中止してください。

耳栓ウォーキング等の耳のストレッチをすることで、3~5dB聞こえが良くなると言われています(実証済み)。また、ウォーキング後に耳栓を外すと、音がクリアに聞こえるだけでなく、視野が広がることも実感できます。さらに、頭がスッキリするという方も中にはいます。
安全に直線歩行ができる場所を見つけ、ぜひ試して見てください。結果のご様子をお知らせ下さい。

__________________________________________________________________________________

■□ Vocal Arts Service Center 10周年記念公演 ■□
__________________________________________________________________________________

10月 1日(日)に設立10周年記念公演を開催いたします。
観覧ご希望の方は事務局までお問合せください。

【開催概要】---------------------------
Vocal Arts Service Center(VASC)設立10周年記念
Vocal Arts Theater No.8
「美しい声の日本語を声で語り継ぐ 雅な世界」

◆日時:2017年10月 1日(日) 13:30開場 14:00開演 (予定)
◆会場:国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟 小ホール
◆入場料:3,000円(自由席、前売りのみ)

◆プログラム
[Ⅰ] “源氏物語”「葵の巻」より(雅楽器演奏あり)
[Ⅱ] 大和ことばの雅を熟(こな)す(大和ことばの熟し技 ― ことばの熟し、身のこなし ―)
 (1) 大和ことばって何?
 (2) 大和ことばは心を熟す
[Ⅲ] 美しき日本語「雅な歌声」
 さくら、平城山、宵待草、椰子の実、秋の月

監修・演出 磯貝靖洋
※出演者、演目、順序に変更のある場合がございます。あらかじめご了承下さい。
http://isogai-method.com/archives/1321
 
_______________________________________________________

■□ 磯貝メソッドからのお知らせ ■□
_______________________________________________________

[1]10/14(土)「雅を熟す」ワークショップ参加者募集
――10周年謝恩価格 3講座各1,000円(各講座20名限定)
http://isogai-method.com/archives/2016

Vocal Arts Theater No.8 の熱気を受け、三種のワークショップを格安でお届けします。
久々のワークショップです。ぜひご参加を!
(1)源氏物語 第一帖“桐壷”からと、大和ことば(13:30~15:00)
(2)雅を歌う「童謡から抒情歌」まで(15:30~17:00)
(3)朗読「おとぎ草子」聴かせる朗読術(17:30~19:00)

[2]【9月~12月】「磯貝メソッド東京塾」中途参加者募集
――無料体験歓迎受付中!
http://isogai-method.com/

今期のことば講座は、下記の4講座です。今からでも遅くありません。ぜひご参加を!
①声のLesson(水曜夜、土曜朝)
②ことばのLesson(土曜朝)
③コミュニケーションのLesson(木曜夜)
④月一芸能表現/笑ひ芸・落語(日曜昼、10/15~)
 ※④の無料体験はありません。

[3]次のボイスチェックは、 11/23(木祝)の開催です!
――今のご自分の声の状態が分かります。
 すでに2、3回と受けられる方も多くなってこられました。専門家にも好評です。
 声・言葉改善の入口としてご活用下さい。
 ★今後の開催予定日:'18/2/12(月祝)、3/21(水祝)
http://www.voice-check.com/

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  編集後記
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ボイストレーニングというと「出す」「発する」ことに一生懸命になりがちです。その声や言葉がどうなのか聴き分ける「耳」を育てることが実は「発する」ことの上達に欠かせないのです。磯貝メソッドの講座で取り入れている「耳栓ウォーキング」を是非お試しください!
(文責:札辻静美、日月貴子)

09/27のツイートまとめ

Isogai_Method

人は元来良い笛を持っている。生活形態にあよりそれをゆがめてしまう。磯貝メソッド発声法は「本来持っている声を呼びさます」事から始める。自分そのものをさがす事とする。https://t.co/OysHiDI6a7
09-27 22:00

歌は響き。響きは身体の流れ。言葉の持つ響きを。
09-27 16:00

声楽にとって息の動き、息の流れが音楽の表現になる。
09-27 12:00

09/26のツイートまとめ

Isogai_Method

自分の頭の中に語、状態(身体、心)、状況等をしっかりと、なるべく確かにイメージして語る。https://t.co/PqZ29D5DnX
09-26 22:00

自分の“地”をつかむには、独り静かに黙々と“見つける”か大勢の前で平気で恥をかき“つかむ”しかないだろう。自分に行き着くとは、どうも楽な事ではなさそうだ。役者とはそういう仕事のようだ。
09-26 16:00

息の流れがすべての音楽の基。https://t.co/OysHiDI6a7
09-26 12:00

09/25のツイートまとめ

Isogai_Method

声は身体であり、ことばは声であり、声と言葉は心である。人に提供する自己をつくる。
09-25 22:00

人に影響を与える。人に影響されないこと。https://t.co/OysHiDI6a7
09-25 16:00

何でもない事に自ら意味を見い出せるようになったなら、何でも出来るようになる。
09-25 12:00

09/24のツイートまとめ

Isogai_Method

「声もことばも心を表している」呼吸法はリズム(呼吸の律)をつけることが重要である。https://t.co/OysHiDI6a7
09-24 22:00

筋肉で感覚を鍛える。
09-24 16:00

ほとんどの人は、頭より身体の方が優秀である。体脳を鍛え体脳にたよって生きるとよい。その後に頭脳や知能が育つとよい。頭先行で育った人は大人になると生きにくくなる。
09-24 12:00

09/23のツイートまとめ

Isogai_Method

若い時は自己治癒力を高める事。先ず鍛えることよりもバランスをとることを覚える。
09-23 22:00

コミュニケーションとは受ける側に対して自己改善していく事。https://t.co/OysHiDI6a7
09-23 16:00

口先で言うのでなく、喉に音を貯めてしっかり一音ずつ声帯を実感した音を出すと、相手にも伝わる。
09-23 12:00

09/22のツイートまとめ

Isogai_Method

響きがあることで、必ず言葉の意味が湧いてくる。自分の中で声の響きから意味を理解する習慣を身につける。https://t.co/PqZ29D5DnX
09-22 22:00

10/1公演、10/14ワークショップ、あわせてどうぞ! https://t.co/ZVD3QUteP7
09-22 21:49

「美しい音を出すことは楽しい!」「雅楽の調べのように音が連なり美しく響かせていくから日本語は美しい。」https://t.co/OysHiDI6a7
09-22 16:00

詩は意味読みしてはいけない。流れるように響きのある音で読むことで大和言葉の美しさを表現できる。
09-22 12:00

09/21のツイートまとめ

Isogai_Method

声帯を鳴らして、誰でもわかる響きのある母音をつくる。
09-21 22:00

すべて自分を基点・中心に思考し行動するのが現代の特徴だ。やはり外との打合いには限界がある。外部・外部こそ真で大で元である。意を外におき、外から受ける時の自をつかみ育てる→未来思考・未来行動を育てる磯貝メソッド。https://t.co/OysHiDI6a7
09-21 16:00

芸能には神と悪魔がいて、行ったり来たりしている。自分がいい加減や軟弱だと神も悪魔も通過しない。
09-21 12:00

コミュニケーションのLesson(2017.09.21)

講師:磯貝靖洋
助手:菅家ゆかり

本日のテーマ:自己紹介とアクセント

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法
・スワイショウ
・鼡径部ほぐし
・耳栓ウォーク

【講座内容】
・前回講座の確認復習
・日本語のアクセント・オノマトペと身体表現
・日本語指示詞(代名詞、指示形容詞、指示副詞)の音
・名字、姓名とアクセント
・自己紹介
・自我と自己の関係

【担当助手感想】
擬音語や擬声語、指示詞を声にしてみたとき、書いている文字をなんとなく音にしただけでは、
何を指しているのか、あまり浮かんでこなかった。声を発するもの自身が、何を浮かべているかが
明確にできていないと、嘘っぽく具体的な状態がつかめないことが実感できた。参加者たちが恥ず
かしがって、なんとなく音にしてしまうと、聞いている人にはわかりにくいことが理解してもらえ
た。しっかりイメージして音を出す実践が重要であると感じた。

【本日の磯貝語録】
・日本語の言葉の意味は、アクセントがつくる
・コミュニケーションは、人間が生きていくうえで重要な方法である

【参加者の声】
・コミュニケーションで大切なことは、素直ということが、新鮮だった
・言葉は道具、それを使いこなすには、人格が必要 。
・自分が名前を言うことで、緊張を高めているとわかった。

20170921
文責 菅家ゆかり

09/20のツイートまとめ

Isogai_Method

人間にとって、自分にとって、声が出るということは楽しく嬉しい。声を出して自分が自分を嬉しくする。https://t.co/PqZ29D5DnX
09-20 22:00

11月は金沢に磯貝が参り特別講座を実施いたします。 https://t.co/11St4DaaIZ
09-20 18:04

文字は情報を伝える。音声は人間を伝える。https://t.co/OysHiDI6a7
09-20 16:00

09/19のツイートまとめ

Isogai_Method

何事も身につくまでは、意識して注意深くやり覚える。それが不自然であるのは当然。身に付き今自然に感じるものは、もはや古びてしまったもの。新しいものは皆不自然なもの。https://t.co/OysHiDI6a7
09-19 22:00

呼吸法は音(声)をつくるための仕事。呼吸に気持ちで意味をのせると音は崩れ、意味も不正確となり、正しく伝わらない。音が気持ちを動かす。気持ちは音を崩すだけ。
09-19 16:00

磯貝メソッドでは、5つの呼吸法を身に付けて自然に使いまわしてゆく。訓練しないありのままの呼吸だけでは人間の可能性を押し潰すことになる。https://t.co/OysHiDI6a7
09-19 12:00

09/18のツイートまとめ

Isogai_Method

“行き詰った時、何をしたら良いか?”考えない!悩まない!思わない!では何をする?聴く事だ。なるべく遠くの音を、声を聴くことだ。考えられないくらい遠くの音や声を聴く、それは頭の理解を越えたことだ。私達は自分の解る音や声しか聴いていない。
09-18 22:00

音(声)は意味。音から意味をとる。音の変化は意味の変化。すべての音に意味を感じる感性を!https://t.co/OysHiDI6a7
09-18 16:00

日本語は情態、状況を直接表現する言葉が少なかったが、“擬声語・擬態語”のお蔭で語の基本力が一段と増した。“擬声語・擬態語”は創造力を増す、感性言語だ。
09-18 12:00

09/17のツイートまとめ

Isogai_Method

言葉の舌は食べる舌とは次元が違う。当然使う頭も違う。舌で味を味わう。舌で音(声)を聞く。なかなか粋な事だ。
09-17 22:00

自己能力を知り、それに対して有利か不利かを正確に判断出来ること。能力拡大には明確な意志が必要である。https://t.co/PqZ29D5DnX
09-17 16:00

芸がどれだけ自分を必要としているか。自分の必要から転じて必要とされる身になれ!
09-17 12:00

09/16のツイートまとめ

Isogai_Method

外国語の歌は音符にカタ仮名をつけてもうまくは歌えない。前の人に原語で喋って聞かせる様に語り歌うことだ。母音には強い弱い(アクセント)、早い遅いがあり、決して均一ではない。音符通りだと言葉は死ぬ。
09-16 22:00

「発声は発明大会。」良いサンプルを聞き、まず真似してみよう。https://t.co/OysHiDI6a7
09-16 16:00

「利他」…相手の顔を見て、話す、聴く。音楽が欲しがるように歌う。自分の歌いたいように歌ってもなかなかうまく歌えない。
09-16 12:00

ことばのLesson 土曜朝(2017.09.16)

講師:磯貝靖洋
助手:出先拓也・蔭山佑次

本日のテーマ:子音チェック

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法
・耳栓ウォーキング

【講座内容】
・子音概要
1)調音点と調音法
2)体幹について

【担当助手感想】
・子音の概念を勉強しただけで、塾生の子音が改善したことに驚いた。

【本日の磯貝語録】
・現代日本語の子音調音、調音点と調音法参照 

【参加者の声】
・何となく出していた子音に、ルールがあったことに驚いた。

20170916
文責:蔭山佑次

09/15のツイートまとめ

Isogai_Method

アンサンブルは、音の高さが大体合っているだけでは良いハーモニーにはならない。音の高さだけではなく各々が必要な音色とエネルギーを持っていること。そのために自分の音も他の人の音も良く聴く力が必要だ。
09-15 22:00

「この人の役に立ちたいな」と思ったら、その人をトコトン理解する。これがアンサンブルの極意です。
09-15 16:00

声と言葉と音楽で聴かせる歌を!歌い手には笛の感覚の豊かさが要求される。https://t.co/OysHiDI6a7
09-15 12:00

09/14のツイートまとめ

Isogai_Method

瞬間瞬間を鮮明に表現したい。譜面を乗り越えるにはシャープで強いエネルギーが必要。
09-14 22:00

9/10 仙台塾です。 https://t.co/svqk0EkihO
09-14 21:44

9/13 札幌の声とことば塾です。 https://t.co/GxUz5dZ427
09-14 21:43

動の音楽=生命的、身体的、感情的。静の音楽=空間的、天空、超時間的、無限、魂。
09-14 16:00

日本語は喉をしっかり使わないと浮いた言葉となる。本気で喋るのに口先で喋っては嘘っぽい。メロディーがつけばなおのこと喉に意志がないと、口先歌になり聴く人の心に入り込めない。気分やムードではない。
09-14 12:00

09/13のツイートまとめ

Isogai_Method

日本語の歌でしっかりと言葉の意味・意志・情況を伝えるには、話し言葉の3倍ぐらいの集中力と表現力が必要。ダメならマイクに頼るしかない。気持ちより声の力が必要。
09-13 22:00

人間の「愛」とは全国共通ではない!(本質は普遍的だが、各局面は相当にエゴだ。)
09-13 16:00

歌が他の音楽と違うのは、言葉があること。言葉を伝えない歌は歌ではない。
09-13 12:00

09/12のツイートまとめ

Isogai_Method

音楽家は音に光や色彩、輝きを感じる感性が欲しい。息の流れで歌うこと。声に輝きを持たせる。
09-12 22:00

一度にすべてが出来たらこの塾は不要!1つ・2つでも出来た事を素直に実感し、喜ぶ性格はよろしい。あれはダメ、これは出来ていないとマイナスばかりに反応する悪い性格は芸術家にはあまり向いていない。
09-12 16:00

歌曲歌いは、音楽で詩の意味や感情を語ることである。書いてある言葉を読むのではなく、メロディーを歌うことでもない。意味、感情を音楽で語りかける仕事である。
09-12 12:00

09/11のツイートまとめ

Isogai_Method

声楽家、歌い手は音で書く。
09-11 22:00

音楽上のフレージングと言葉のイントネーションとの折り合いをうまくつける事。音符の拍と同じに言葉をぶつ切りにしない。
09-11 16:00

西洋音楽の基盤はBachに在る。Bachを演奏すると実に落ち着く。不思議な力だ。世界中どこでも、いつの時代にもBachなら通じる。Bachは「音楽は楽しい。」その先を示してくれた人だ。「音楽は利己的でなく、利他的だよ!」と教えてくれた人。
09-11 12:00

09/10のツイートまとめ

Isogai_Method

日本語の歌には“美しさを表現するもの”と“言葉を語るもの”の二種類がある。
09-10 22:00

音楽的状況をいかに作っていくかが大切。
09-10 16:00

レッスンは緊張するが楽しいものだ。未知へのあこがれと新鮮さが心を楽しいものとする。練習し、理解し、身体化していく。すると今の楽しさは消えうせる。同じ字なのに・・・。
09-10 12:00

09/09のツイートまとめ

Isogai_Method

歌の息は口から外に吐かない!それは声を外に捨てることです。息が喉を通り、口の中を響かせたその残息が口から流れ出るのです。方法論はいろいろあるけれど、音楽を伝えることに結びつけていきたい。声をもっと聴く。歌った声を聴くのではなく歌おうとする声を聴く。
09-09 22:00

仏人は命がけで恋をする。シャンソンは仏人の恋の歌。気持ちや気分では歌えない恋の歌。シャンソンの歌詞の意味を口と喉で実感すること。
09-09 16:00

切望・願望の歌には、実は内に強迫ぐらいの強い願いがある。日本人が抱く様なほのかな思いではない。
09-09 12:00

https://t.co/jnQzv3c0gD
09-09 11:13

ことばのLesson 土曜朝(2017.09.09)

講師:磯貝靖洋
助手:出先拓也・月日貴子・蔭山佑次

本日のテーマ:子音チェック

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法
・耳栓ウォーキング

【講座内容】
・開講式
・子音チェック

【担当助手感想】
・子音チェックの結果、比較的力強い言葉と声を持っている人が多かった。

【本日の磯貝語録】
・言葉は、話し手の意志が、聞いている人に正確に伝わることが重要。

【参加者の声】
・相手にわかりやすく伝えたい。
・自分の声とことばの癖を抜きたい。

20170909
文責 蔭山佑次

09/08のツイートまとめ

Isogai_Method

「覚えて熟せば意味は自ずと湧き出ずる。」歌が上手くなりたければ早く覚えること。視覚が音声の邪魔をする。
09-08 22:00

金沢塾9月初級クラスの記録です。 https://t.co/AT6mxxGQ9G
09-08 20:55

その音が正確に出て、聴いている人が良く解ること。自分の実感はいらない。https://t.co/OysHiDI6a7
09-08 16:00

リズムを歌うのはセンスと身体です。これが出来ると楽しくなります。歌の声は美しい声です。
09-08 12:00

09/07のツイートまとめ

Isogai_Method

歌うことは喋ることとは違います。高い声、低い声を無理なく出し、長いフレーズでも勝手に切りません。
09-07 22:00

日常生活はだらしなくても良いから、音楽するときは規律を守りなさい。
09-07 16:00

タンギング(舌さばき)は、いい音をつくる基礎である。舌の形、位置、動きを正確にし、有効な音を作りだす作業のことをいう。
09-07 12:00

コミュニケーションのLesson(2017.09.07)

講師:磯貝靖洋
助手:菅家ゆかり

本日のテーマ:イントロダクション+言葉チェック

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法

【講座内容】
・ガイダンス
・コミュニケーションとは
・磯貝メソッドの基本理念
・本心を語れる声を持っていることが重要
・言葉チェック(テキスト使用)

【助手感想】
今期最初の時間、継続メンバーに他の講座から2人経験者が加わる。最初のコミュニケーションは
挨拶、自己紹介からスタート。発すること、受けることの実践。最初は緊張気味で「何をする
んだろう」と表情も固かったが、先生の話が進むにつれて参加者から反応が返ってきた。
先生と参加者のやり取りが、コミュニケーション実践の場になっていることが実感できた。

【磯貝語録】
・COMでは、人が話していることが見えるか、自分が話していることを見せられるかが重要
・人間関係は楽には進めない。不自由を置くことでCOMは深まる。

【参加者の声】
・COMは心なりということが印象に残った。
・早口だと人に伝わりにくい。そうだなと思った。
・COMは楽に進めない。人間は意地悪な存在であるということは考えたことがなかった。

20170907
文責 菅家ゆかり

09/06のツイートまとめ

Isogai_Method

自分が出す意味は、私の身体の中にしかない。これが言葉を話す原点である。https://t.co/OysHiDI6a7
09-06 22:00

音の響きを聴く。音を発する時の響きをとらえる。響きのある音は人に伝わる。https://t.co/PqZ29D5DnX
09-06 16:00

まともな声を出さなければ、きちんとした言葉にも繋がらない。https://t.co/OysHiDI6a7
09-06 12:00