FC2ブログ

声のLesson 水曜夜(2018.01.31)

講師:磯貝靖洋・廣木睦子・館林敦士
助手:日月貴子

本日のテーマ:聴き方学 音と声

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法+股割
・正中取り
・複眼

【講座内容】
・耳トレーニング
 ①耳栓ウォーキング
 ※実施前後の音声を録音。聴き比べる
 ②耳ストレッチ
・耳の機能について解説
・聴き方、受け方トレーニング
 ①聴く姿勢レクチャー
 ②骨導ハミング

【担当助手感想】
・自分の声や言葉が人と比べてどうか?ということは知ることができるが、人が音をどう聴いているのか?自分の聴き方と違いがあるのかを知ることは難しい。そもそも自分の音の聴き方が正しいのかどうかもわからない。私たちは聴くことについて実は無知である。
・しかし耳の絶対法則に「人間は聴いた音しかだせない」とあるように、いい声を出したければ耳を育て、いい音を聴けるようになることが大切だ。

【本日の磯貝語録】
・(騒音や悪い音を)聴かないということも耳を守り、育てること。

【参加者の声】
・音を客観的に捉えられた。今後、聴き方が変わりそう。

20180131
文責 日月貴子

01/30のツイートまとめ

Isogai_Method

日常の自意識動作の外に表現はある。次の動きを予感させる動きが良い動き。
01-30 22:00

コミュニケーションのLesson(2018.01.25)の磯貝語録・自己確認は、自分で自分と話をすること。「何故?」と問いかけると自己確認が深まる。... https://t.co/XNOOpfkOLr
01-30 19:07

声のLesson 土曜朝(2018.01.20)本日のテーマ:イントロダクション・ヴォイスチェック 【参加者の声】・声とことばのためには行動を変える必要があるという考え方が面白かったです。... https://t.co/YDa8PnX3r3
01-30 18:15

呼吸で重心を落とす。横隔膜が下にさがりやすいようにお腹をほぐす。https://t.co/OysHiDI6a7
01-30 16:00

歌う姿勢…普段とは違う。頭蓋骨をグッと持ち上げ、シャキーンとした姿勢で。
01-30 12:00

01/29のツイートまとめ

Isogai_Method

喋り位置(息及び響き)をそのままの音調で高く前面にもってくる。日常の喋り感覚ではないが、言葉実感はある。自分をしない(自分を理解している・わかっている)。https://t.co/PqZ29D5DnX
01-29 22:00

人は元来良い笛を持っている。生活形態にあよりそれをゆがめてしまう。磯貝メソッド発声法は「本来持っている声を呼びさます」事から始める。自分そのものをさがす事とする。https://t.co/OysHiDI6a7
01-29 16:00

歌は響き。響きは身体の流れ。言葉の持つ響きを。
01-29 12:00

01/28のツイートまとめ

Isogai_Method

声楽にとって息の動き、息の流れが音楽の表現になる。
01-28 22:00

自分の頭の中に語、状態(身体、心)、状況等をしっかりと、なるべく確かにイメージして語る。https://t.co/PqZ29D5DnX
01-28 16:00

自分の“地”をつかむには、独り静かに黙々と“見つける”か大勢の前で平気で恥をかき“つかむ”しかないだろう。自分に行き着くとは、どうも楽な事ではなさそうだ。役者とはそういう仕事のようだ。
01-28 12:00

01/27のツイートまとめ

Isogai_Method

息の流れがすべての音楽の基。https://t.co/OysHiDI6a7
01-27 22:00

声は身体であり、ことばは声であり、声と言葉は心である。人に提供する自己をつくる。
01-27 16:00

人に影響を与える。人に影響されないこと。https://t.co/OysHiDI6a7
01-27 12:00

ことばのLesson 土曜朝(2018.01.27)

講師:出先拓也
助手:蔭山佑次・館林敦士

本日のテーマ:子音概要

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法
・耳栓ウォーキング

【講座内容】
・調音点に息を届けるために、舌と口唇が重要。
・磯貝メソッドテキスト子音調音図を見て、仕組みを解説しながら各自子音を発語。
・声とことばの本幹を探る。
・自分にとって受けやすい(聞きやすい声)とは何かを考える。

【担当助手感想】
・声の本幹は地声にありとみた。

【参加者の声】
・相手が良いと言ってくれたものを信じればいいんですね。

20180322
文責 館林敦士

01/26のツイートまとめ

Isogai_Method

何でもない事に自ら意味を見い出せるようになったなら、何でも出来るようになる。
01-26 22:00

【終了報告】1月13日(土) 着物で“百人一首”****************************霜柱が立ち、お庭の池に氷が張るオリンピックセンターのお茶室「桜花亭」にて贅沢なひとときとなりました... https://t.co/PkZC0L5V87
01-26 20:47

声のLesson 水曜夜(2018.01.24)本日のテーマ:呼吸「丹田と腹式呼吸、胸式呼吸」〈担当助手感想〉・「良い吸気が良い呼気につながる」“出す”前に、息の“入れ方”が大切。... https://t.co/xkLCizHtl8
01-26 18:25

「声もことばも心を表している」呼吸法はリズム(呼吸の律)をつけることが重要である。https://t.co/OysHiDI6a7
01-26 16:00

筋肉で感覚を鍛える。
01-26 12:00

01/25のツイートまとめ

Isogai_Method

ほとんどの人は、頭より身体の方が優秀である。体脳を鍛え体脳にたよって生きるとよい。その後に頭脳や知能が育つとよい。頭先行で育った人は大人になると生きにくくなる。
01-25 22:00

コミュニケーションのLesson(2018.01.18)の磯貝語録・話し言葉においては、必ず目的があり、そのためには自己確認をして問題の焦点をつかむことができること。・話すことは、心の交換である。... https://t.co/3idZpO5W0z
01-25 17:38

若い時は自己治癒力を高める事。先ず鍛えることよりもバランスをとることを覚える。
01-25 16:00

コミュニケーションとは受ける側に対して自己改善していく事。https://t.co/OysHiDI6a7
01-25 12:00

コミュニケーションのLesson(2018.01.25)

講師:磯貝靖洋
助手:菅家ゆかり

本日のテーマ:自己と他者/認知と尊重

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法+股割
・耳ストレッチ

【講座内容】
・先週のおさらい
・自己と他者
・認知と尊重

【担当助手の感想】
・今回は、コミュニケーションに於ける人間関係の根本を学んだ。参加者の日常での人間関係にも触れて、かなり深い掘り下げになりました。コミュニケーションでは自分に正直になること、バリアを取り払うことが必要だと感じました。

【本日の磯貝語録】
・自己確認は、自分で自分と話をすること。「何故?」と問いかけると自己確認が深まる。

【参加者の感想】
・自己確認ができないと他人に対する行動につながらない。おしゃべりも行動も自己確認ができるようにしたい。

20180125
文責 菅家ゆかり

01/24のツイートまとめ

Isogai_Method

口先で言うのでなく、喉に音を貯めてしっかり一音ずつ声帯を実感した音を出すと、相手にも伝わる。
01-24 22:00

コミュニケーションのLesson(2018.01.18)の磯貝語録・話し言葉においては、必ず目的があり、そのためには自己確認をして問題の焦点をつかむことができること。・話すことは、心の交換である。... https://t.co/23JbsqQmw3
01-24 17:55

響きがあることで、必ず言葉の意味が湧いてくる。自分の中で声の響きから意味を理解する習慣を身につける。https://t.co/PqZ29DneMx
01-24 16:00

「美しい音を出すことは楽しい!」「雅楽の調べのように音が連なり美しく響かせていくから日本語は美しい。」https://t.co/OysHiDI6a7
01-24 12:00

声のLesson 水曜夜(2018.01.24)

講師:日月貴子
助手:酒井真理子

本日のテーマ:呼吸「丹田と腹式呼吸、胸式呼吸」

【身体法】
・身体をさする
・磯貝メソッド基礎身体法+股割

【講座内容】
・胸式呼吸、腹式呼吸 解説 -テキストより-
・腹式呼吸…お腹の中でも「丹田」をポイントとする。
・丹田位置の確認と丹田実感
 準備:腹揉み、金魚運動
・丹田(運動)呼吸
 丹田張り出し吸気、丹田引き込み吸気
・息を「支える」
 動きを止める=支えを入れる
・胸式呼吸(予習)
 肋骨広げると、息が入る意識

【担当助手感想】
・「良い吸気が良い呼気につながる」“出す”前に、息の“入れ方”が大切。
・「支え」には、必要箇所に力を入れることが必要だが、意識せずに余分なところに力が入っていることが多い。これに気づき、力を抜くということが意外と難しい。

【本日の磯貝語録】
お休み

【参加者の声】
・肩こりの原因がわかった。
・息を入れるのは瞬時。瞬間なので、変な所に入ってしまう事があった。


20180124
文責 酒井真理子

01/23のツイートまとめ

Isogai_Method

詩は意味読みしてはいけない。流れるように響きのある音で読むことで大和言葉の美しさを表現できる。
01-23 22:00

声のLesson 水曜夜(2018.01.17)の磯貝語録・あなたの声やことばは他の人の為にあるものである。https://t.co/hW9iemJbLx https://t.co/oQE3GSdjRC
01-23 17:48

声帯を鳴らして、誰でもわかる響きのある母音をつくる。
01-23 16:00

すべて自分を基点・中心に思考し行動するのが現代の特徴だ。やはり外との打合いには限界がある。外部・外部こそ真で大で元である。意を外におき、外から受ける時の自をつかみ育てる→未来思考・未来行動を育てる磯貝メソッド。https://t.co/OysHiDI6a7
01-23 12:00

01/22のツイートまとめ

Isogai_Method

芸能には神と悪魔がいて、行ったり来たりしている。自分がいい加減や軟弱だと神も悪魔も通過しない。
01-22 22:00

人間にとって、自分にとって、声が出るということは楽しく嬉しい。声を出して自分が自分を嬉しくする。https://t.co/PqZ29D5DnX
01-22 16:00

文字は情報を伝える。音声は人間を伝える。https://t.co/OysHiDI6a7
01-22 12:00

01/21のツイートまとめ

Isogai_Method

何事も身につくまでは、意識して注意深くやり覚える。それが不自然であるのは当然。身に付き今自然に感じるものは、もはや古びてしまったもの。新しいものは皆不自然なもの。https://t.co/OysHiDI6a7
01-21 16:00

呼吸法は音(声)をつくるための仕事。呼吸に気持ちで意味をのせると音は崩れ、意味も不正確となり、正しく伝わらない。音が気持ちを動かす。気持ちは音を崩すだけ。
01-21 12:00

01/20のツイートまとめ

Isogai_Method

磯貝メソッドでは、5つの呼吸法を身に付けて自然に使いまわしてゆく。訓練しないありのままの呼吸だけでは人間の可能性を押し潰すことになる。https://t.co/OysHiDI6a7
01-20 22:00

“行き詰った時、何をしたら良いか?”考えない!悩まない!思わない!では何をする?聴く事だ。なるべく遠くの音を、声を聴くことだ。考えられないくらい遠くの音や声を聴く、それは頭の理解を越えたことだ。私達は自分の解る音や声しか聴いていない。
01-20 16:00

音(声)は意味。音から意味をとる。音の変化は意味の変化。すべての音に意味を感じる感性を!https://t.co/OysHiDI6a7
01-20 12:00

声のLesson 土曜朝(2018.01.20)

講師:磯貝靖洋・廣木睦子・益田善晴
助手:菱倉あゆみ

本日のテーマ:イントロダクション・ヴォイスチェック
【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法

【講座内容】
・ボイスチェック
・イントロダクション(講座内容及び諸注意)
・声とことばの全体システム

【担当助手感想】
・声とことばは精神と繋がり、生き方と繋がっているということを再認識しました。忘れてはいけない、大切なこと。私自身も毎回初心に戻って、ともに成長してゆきたいです。

【参加者の声】
・声とことばのためには行動を変える必要があるという考え方が面白かったです。
・身体法で、思いのほか下半身が疲労して、これまでいかに上半身しか使っていなかったかが分かりました。

2018.01.20
文責 菱倉あゆみ

01/19のツイートまとめ

Isogai_Method

日本語は情態、状況を直接表現する言葉が少なかったが、“擬声語・擬態語”のお蔭で語の基本力が一段と増した。“擬声語・擬態語”は創造力を増す、感性言語だ。
01-19 22:00

言葉の舌は食べる舌とは次元が違う。当然使う頭も違う。舌で味を味わう。舌で音(声)を聞く。なかなか粋な事だ。
01-19 16:00

自己能力を知り、それに対して有利か不利かを正確に判断出来ること。能力拡大には明確な意志が必要である。https://t.co/PqZ29D5DnX
01-19 12:00

01/18のツイートまとめ

Isogai_Method

芸がどれだけ自分を必要としているか。自分の必要から転じて必要とされる身になれ!
01-18 22:00

コミュニケーションのLesson(2018.01.11)の磯貝語録・必ず結果を作る、出してしていくのが、磯貝メソッドのコミュニケーションである。... https://t.co/XTAJjgtrk0
01-18 18:25

外国語の歌は音符にカタ仮名をつけてもうまくは歌えない。前の人に原語で喋って聞かせる様に語り歌うことだ。母音には強い弱い(アクセント)、早い遅いがあり、決して均一ではない。音符通りだと言葉は死ぬ。
01-18 16:00

「発声は発明大会。」良いサンプルを聞き、まず真似してみよう。https://t.co/OysHiDqviz
01-18 12:00

コミュニケーションのLesson(2018.01.18)

講師:磯貝靖洋・菅家ゆかり
助手:佐藤昌裕

本日のテーマ:話し言葉の種類と方法

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法+股割
・耳引っ張り

【講座内容】
・コミュニケーション(COM)とは、伝達、交信、交流。
・話し言葉の条件
 ①言葉、声で伝達する
 ②必ず、目的(内容)がある←そのためには自己確認ができること。
 ③誰と(相手)
 ④形態(どんなやり方で)
 ⑤場、環境
・話し言葉の種類と方法
 ①一方向と双方向の違い
 ②「話し」と「喋り」の違い

◎COMでは、他の人と考えを交流するためには、「心を開く」ことが重要
 ⇒相手を理解する、同意する、同調する
◎相手と話すには、『信頼』が必要

【担当講師感想】
・話すことにおいて自己確認がないと、確信、納得ができないため、思いつきで伝えることになり、相手にも内容が伝わりにくいことが理解してもらえた。
・相手との交流には相手に喋らせることも必要で、そのためには日ごろの関心の広がり、経験の積み重ねがCOMには大切だと感じた。
・この講座の経験も、今後に役立ててほしい。

【本日の磯貝語録】
・話し言葉においては、必ず目的があり、そのためには自己確認をして問題の焦点をつかむことができること。
・話すことは、心の交換である。

20180118
文責 菅家ゆかり 

01/17のツイートまとめ

Isogai_Method

「利他」…相手の顔を見て、話す、聴く。音楽が欲しがるように歌う。自分の歌いたいように歌ってもなかなかうまく歌えない。
01-17 22:00

* 終了報告 ********2018年1月8日『声初め』15名の演者が「歌い、語り」ました!*-----*-----*-----*-----*普段から温めていた“作品”を稽古とは違う、少し改まった場で... https://t.co/mTqVC47Csq
01-17 21:04

声のLesson 水曜夜(2018.01.10)の磯貝語録「声」の問題なのか「ことば」の問題なのか切り離して判断できるようになると、声やことばのことは進みがはやくなる。... https://t.co/qW9B4fA3MS
01-17 17:56

金沢塾の1月朗読クラスの記録です。今年は豪雪だそうです。 https://t.co/m8YL21WxA7
01-17 17:49

アンサンブルは、音の高さが大体合っているだけでは良いハーモニーにはならない。音の高さだけではなく各々が必要な音色とエネルギーを持っていること。そのために自分の音も他の人の音も良く聴く力が必要だ。
01-17 16:00

「この人の役に立ちたいな」と思ったら、その人をトコトン理解する。これがアンサンブルの極意です。
01-17 12:00

声のLesson 水曜夜(2018.01.17)

講師:磯貝靖洋・館林敦士
助手:日月貴子

本日のテーマ手:呼吸「声と身体の仕組み」

【身体法】
・身体をさする
・磯貝メソッド基礎身体法+股割

【講座内容】
・図を見ながら身体法で使用する各部位解説。
・基礎講座の心得 -テキストより-
・呼吸システム解説
・丹田運動

【担当助手感想】
・自分の身体がどういう構造になっているか身体図を見ながら客観的に確認しました。講座の始めに行う身体法の意味も分かったのではないでしょうか?
・今回得た知識と自分が身体を動かした感覚を照らし合わせながら、身体法に取り組んでみて欲しいです。

【本日の磯貝語録】
・あなたの声やことばは他の人の為にあるものである。

【参加者の声】
・テキストを読む時に、相手のことを考えていなかったことに気がついた。


20180117
文責 日月貴子

01/16のツイートまとめ

Isogai_Method

声と言葉と音楽で聴かせる歌を!歌い手には笛の感覚の豊かさが要求される。https://t.co/OysHiDI6a7
01-16 22:00

1/14に仙台塾で2講座が行われました。年度のまとめの時期ですね。 https://t.co/hcoNZTdwcm
01-16 17:54

瞬間瞬間を鮮明に表現したい。譜面を乗り越えるにはシャープで強いエネルギーが必要。
01-16 16:00

動の音楽=生命的、身体的、感情的。静の音楽=空間的、天空、超時間的、無限、魂。
01-16 12:00

01/15のツイートまとめ

Isogai_Method

日本語は喉をしっかり使わないと浮いた言葉となる。本気で喋るのに口先で喋っては嘘っぽい。メロディーがつけばなおのこと喉に意志がないと、口先歌になり聴く人の心に入り込めない。気分やムードではない。
01-15 22:00

日本語の歌でしっかりと言葉の意味・意志・情況を伝えるには、話し言葉の3倍ぐらいの集中力と表現力が必要。ダメならマイクに頼るしかない。気持ちより声の力が必要。
01-15 16:00

人間の「愛」とは全国共通ではない!(本質は普遍的だが、各局面は相当にエゴだ。)
01-15 12:00

01/14のツイートまとめ

Isogai_Method

歌が他の音楽と違うのは、言葉があること。言葉を伝えない歌は歌ではない。
01-14 22:00

音楽家は音に光や色彩、輝きを感じる感性が欲しい。息の流れで歌うこと。声に輝きを持たせる。
01-14 16:00

一度にすべてが出来たらこの塾は不要!1つ・2つでも出来た事を素直に実感し、喜ぶ性格はよろしい。あれはダメ、これは出来ていないとマイナスばかりに反応する悪い性格は芸術家にはあまり向いていない。
01-14 12:00

01/13のツイートまとめ

Isogai_Method

歌曲歌いは、音楽で詩の意味や感情を語ることである。書いてある言葉を読むのではなく、メロディーを歌うことでもない。意味、感情を音楽で語りかける仕事である。
01-13 22:00

声楽家、歌い手は音で書く。
01-13 16:00

音楽上のフレージングと言葉のイントネーションとの折り合いをうまくつける事。音符の拍と同じに言葉をぶつ切りにしない。
01-13 12:00

01/12のツイートまとめ

Isogai_Method

西洋音楽の基盤はBachに在る。Bachを演奏すると実に落ち着く。不思議な力だ。世界中どこでも、いつの時代にもBachなら通じる。Bachは「音楽は楽しい。」その先を示してくれた人だ。「音楽は利己的でなく、利他的だよ!」と教えてくれた人。
01-12 22:00

日本語の歌には“美しさを表現するもの”と“言葉を語るもの”の二種類がある。
01-12 16:00

音楽的状況をいかに作っていくかが大切。
01-12 12:00

01/11のツイートまとめ

Isogai_Method

レッスンは緊張するが楽しいものだ。未知へのあこがれと新鮮さが心を楽しいものとする。練習し、理解し、身体化していく。すると今の楽しさは消えうせる。同じ字なのに・・・。
01-11 22:00

まだ間に合う!!来週1月20日(土)より開始!*--------*--------*--------*--------*--------*--------*土曜朝にヴォイストレーニングはじめてみませんか!?... https://t.co/xF2dnhP6uY
01-11 21:38

歌の息は口から外に吐かない!それは声を外に捨てることです。息が喉を通り、口の中を響かせたその残息が口から流れ出るのです。方法論はいろいろあるけれど、音楽を伝えることに結びつけていきたい。声をもっと聴く。歌った声を聴くのではなく歌おうとする声を聴く。
01-11 16:00

仏人は命がけで恋をする。シャンソンは仏人の恋の歌。気持ちや気分では歌えない恋の歌。シャンソンの歌詞の意味を口と喉で実感すること。
01-11 12:00

コミュニケーションのLesson(2018.01.11)

講師:磯貝靖洋
助手:菅家ゆかり

本日のテーマ:言葉チェック

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法

【講座内容】
・声と言葉のコミュニケーション
 コミュニケーション(以下COM)の意味は―生き合う、分かち合う。
・COMの関係―Evenであるべき(5対5 対等)
 トランプ米大統領の誕生、EUの関係が変化しているなど、最近では、COMが上手くいかず、共通崩れてきている。
・COMは、人間が生き合っていくうえで、必要なToolである。
・語チェック
 磯貝メソッド語チェックシートを参加者に読み上げてもらい、講師がチェック評価。

【磯貝語録】
・必ず結果を作る、出してしていくのが、磯貝メソッドのCOMである
・COMを志向するときには、楽観的であることポジティブであること

【参加者感想】
・最初難しいと思ったが、聴いていくうちに面白く感じた。これから楽しみである
・自己中心的な所もあるので、どんどん吸収して変えていきたい

20180111
文責 菅家ゆかり

01/10のツイートまとめ

Isogai_Method

切望・願望の歌には、実は内に強迫ぐらいの強い願いがある。日本人が抱く様なほのかな思いではない。
01-10 22:00

「覚えて熟せば意味は自ずと湧き出ずる。」歌が上手くなりたければ早く覚えること。視覚が音声の邪魔をする。
01-10 16:00

その音が正確に出て、聴いている人が良く解ること。自分の実感はいらない。https://t.co/OysHiDI6a7
01-10 12:00

声のLesson 水曜夜(2018.01.10)

講師:磯貝靖洋・館林敦士
助手:日月貴子

本日のテーマ:イントロダクション+ボイスチェック(入塾時母音)

【講座内容】
・ガイダンス
・磯貝メソッド基礎身体法+股割
・ボイスチェック

【担当助手感想】
今期の講座が始まりました。まずはボイスチェックで今の受講生の状態を確認しました。4ヶ月後、どう変化しているのか楽しみです。

【本日の磯貝語録】
「声」の問題なのか「ことば」の問題なのか切り離して判断できるようになると、声やことばのことは進みがはやくなる。

20180110
文責 日月貴子