FC2ブログ

美しい日本語の歌(2018.06.30)

講師:磯貝靖洋
助手:酒井真理子

本日のテーマ:昔の物語り歌は楽しい
(一寸法師、浦島太郎、金太郎)

【講座内容】
◎物語り歌は、絵本の物語りを歌にしたもの
・近年でいうと「赤胴鈴之助」などがある。
・「金太郎」の作曲者、田村虎蔵は「言文一致運動」の急先鋒。しゃべり言葉と書き言葉を同じにした。

【課題曲歌唱】
・歌詞読み(1人1番ずつ読む)
 歌ったことのない人は、他の人が読んでいる時、一緒に口を動かしてみる。
・楽譜通りでなく、自分が聞き覚えたように歌ってみる。(楽譜通りと2パターン)
・誰か相手を見つけて、語って聞かせる。
・「当て振り」しながら歌唱。身体で表せない限り言葉は死んでいる。
・最後は一人ずつ、選んだ1曲を当て振りしながら歌唱。

美しい日本語の歌講座風景20180630

○「一寸法師」「浦島太郎」は、物語やその一生を5番の歌詞の中にうまくまとめている。
 同じメロディーの繰り返しで、覚えやすい。思い出しやすい。
○やっていて「おかしい」「変だ」と思うことを、大真面目に本気で出来るようになると面白くなってくる。
○全てやるのではなく、必要なことをパッパッと押さえてやっていくと、他人はわかる。
○歌っている言葉や振りを「先取り」していく。「前振り」だと見ている人も想像してくれる。
○本日の「物語り歌」はリアリズム。前回までの「歌」はポエジー。

・前回6/16〜5/19までの課題曲を遡って復習。本日は13曲を歌唱。

【担当助手感想】
子供の頃、昔話は本からよりも「物語り歌」から先に触れたような気がする。
「当て振り歌い」の発表では、皆さん頭も身体もフル稼働されていた。
皆で歌う、相手に聞かせる。「物語り歌」は大変楽しい、そして懐深いものだと思った。

【担当ピアニスト感想】
振り付きで歌うと1番ごとにどんどん音楽が変化していって、一緒に演奏していて面白かった。

【本日の磯貝語録】
・歌はコミュニケーションツール。多少リズムや音が違っても、一緒にやることでエネルギーが高くなる。違っているからと、はじき出すものではない。
・自分を「道具」として共有する。

【参加者の声】
質問:「物語り歌」と前回までの「歌」、どのような違いを感じましたか?
・「歌」は言葉少なく壮大なイメージ。「物語り歌」は細かい描写あり、言葉の楽しさがある。
・「歌」はメロディーに言葉をのせていく。「物語」は言葉の実感がないとのっていけない。

20180630
文責 酒井真理子

コミュニケーションのLesson(2018.06.30)

講師:磯貝靖洋・益田喜晴
助手:菅家ゆかり

本日のテーマ:コミュニケーションの形と方法

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法
 シャバアーサナ(死体のポーズ・身体の力を抜き、全身を軽くゆする)
 ―自分の身体とコミュニケートする。

【講座内容】
・コミュニケーションの形

 ①COMは―双方向、インタ―ラクティブであること。
 ②COMは、言葉を使った交流、談話。
 ③自分と他者との関係で、2者間にベクトルの橋を架ける。相手と付き合っていく。
 ④COMの原則
  1目的・2内容(どんなこと)・3誰と(相手 他者)
  4形態(どんなやり方で)・5環境(どこで、時間)

 
 〇質問する→言葉が返ってくる→受ける→反応を返す 

 ⑤COMの必要条件
  1親和的であること。2お互いを理解する。3相手の話を受けて聴く。
  4信頼関係を築く。5了解し和解が起こる
 
 ・まずは、自分を認め、自分と話して了解する。
 ・相手と一緒に何か行動したい。そのために対話する→COMが成立する。

【磯貝語録】
 ・COMは生き合うことであり、それが大原則である。
 ・COMは自分を了解する前に、自分に嘘をつくことが必要。

【参加者の声】
 ・今日一番の気づきは、自分を「こうだ」と決めてしまっていたこと。

20180630
文責 菅家ゆかり

Isogai_Method

セリフに感情をのせるというのは、役者の自我感情を行うことではない。その実態は自己の”実”状態である。自我感情は”虚”でありうそとなる。
06-29 22:00

アクセントは言葉の音の感覚である。言葉・意志をしっかり伝えたい時、音の幅を大きくつける。https://t.co/OysHiDI6a7
06-29 16:00

音のイメージは難しい。それから言うとヴィジュアルイメージはずっーと簡単。音は音として聴こえて来る(幻聴も含む)ことが出来ないとはじまらない。沢山の音ストックの結果、起こる実際。
06-29 12:00

Isogai_Method

今や自分の好きなようにしゃべってはいけない。歌ってはいけない。通じないといけない。音楽に従う力を育てることだ。人間的意志と音楽はしばしば対立する。https://t.co/OysHiDI6a7
06-28 22:00

やるべき事、やりたい事(歌う時)は沢山あるが、気ばかり多く、焦点が定まってないと結果は出せない。又萬然と歌っても音楽にはならない。
06-28 16:00

重くなれるから、より軽くなれる。みぞおち~丹田にエネルギーが充満している身体の状態。https://t.co/PqZ29D5DnX
06-28 12:00

Isogai_Method

適当に流していても、特に知らなくても、人は生きてゆける。その事に気付くと意識が動く。自分の事も、自分の外のことも。言葉は意識の世界のことである。意識を高めないかぎり言葉は低い機能しか持たない。
06-27 22:00

出す前に受ける、聞く。意味よりも音で聞く。https://t.co/OysHiDI6a7
06-27 16:00

物事をする時、下を向くと老化する。前へ、上下に向く。
06-27 12:00

ことばのLesson(2018.06.27)

講師:出先拓也
助手:札辻静美

本日のテーマ:舌尖摩擦音S,Z(1)

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法
・中心感覚
 ・正中の位置確認

【講座内容】
・今迄の復習
 ・上下の歯を合わせたまま”い・え・あ・お・う”
  ※響きを口の中で作ることがポイントです。
・S音調音練習
 ・”S”の練習「噴射練習」
  ・下ではなく前に飛ばす。
  ・お腹のポンプを使って噴射の音を出す。
  ・門歯に向かって前に出す。
・「Sa,Si.Su,Se,So」 練習
 ・音を下に落とさない。
 ・上顎に母音を響かせる。

※声が低いと息が低いは違います。

【担当助手感想】
・音を前に飛ばしても響きは口の中で作るというのはなかなか難しいものです。

【受講者感想】
・子音(調音)は本当に面白いです。

20180627
文責 札辻静美

Isogai_Method

この読みで金が取れるか考える。
06-26 22:00

9/2(日)に磯貝が金沢塾にて「絵本を読む」特別講座を行います、どうぞお出かけください。 https://t.co/jRME1QmCzz
06-26 21:19

他人に伝わる声が有効な声。その声は自分の実感が少ない。意志や意味が強すぎると音をつぶし、伝わらない。https://t.co/OysHiDI6a7
06-26 16:00

日本歌曲を新しいセンスに!
06-26 12:00

Isogai_Method

芸には必ず“元”がある。分かり過ぎたら下手。
06-25 22:00

音を出しながら歌っている間に意味が出てくればいい。フレージングが大事。https://t.co/OysHiDI6a7
06-25 16:00

言葉には拍があり、リズムがあるから伝わるのである。
06-25 12:00

Isogai_Method

現代語(現代社会劇)で描かれた三島由紀夫の本の台詞を今様ではなく、リズム読みもする。そのセンスと力量を耕すこと。
06-24 22:00

瞬間瞬間で自分をチャレンジできるようになろう。
06-24 16:00

なにしろ口腔を鳴らしてはダメ。口腔は響かせる器。のどを鳴らし、下ろしても低く保つこと。https://t.co/OysHiDI6a7
06-24 12:00

Isogai_Method

オペラという歌の世界は、あこがれでは歌えない。それに挑戦するエネルギーがいつも沸いていることが必要だ。
06-23 22:00

三島由紀夫芝居のセリフも動きも「音楽的」であるとよい。中でも「心理」は充分に音楽的であるべきだ。
06-23 16:00

発声の基本「声帯実感」を持つ。声帯で声を出し、身体に共鳴させて音を発していく。https://t.co/OysHiDI6a7
06-23 12:00

Isogai_Method

どういう音を出しているか、どういう文字で書いているのかを理解している人は良い音を出す。思ったことがこの音でいいか、聞きながら(文書の時は考えながら)話す。
06-22 22:00

ことばのLesson(2018.06.13)本日のテーマ:口唇音調音M,P,B,W【担当助手感想】・同じ音を繰り返し調音すると段々と音が崩れて行くので、一音一音作り直すことが大切だと感じました。https://t.co/JCqcWi7FSG https://t.co/JCqcWi7FSG
06-22 17:46

「聞く」ということを作りなおす。まず自分の音を聞く。自分の喋っている音が聞けるくらいの早さで話す。自分で聞けないものは人にも聞けない。https://t.co/OysHiDI6a7
06-22 16:00

スポーツは身体、歌は声が資本ですね。丁寧に自分に合った育て方をして行きましょう。https://t.co/PqZ29D5DnX
06-22 12:00

Isogai_Method

役者にとって“考える”というのは行動だ。https://t.co/OysHiDI6a7
06-21 22:00

「演奏する」とは必ず聴く人を対象とする行為です。鼻歌も演奏ではないし、練習も演奏ではない。むしろ練習の先にある事で、充分の練習は条件です。でも両者は次元が違います。大きな溝があり、直接は渡れません。その差はやってみないと分かりません。
06-21 16:00

生物学的思考=頭で考えて良いと思うものを1つ持っている場合は必ず反対のそうでないものも1つ存在する。だからバランスがとれている。良い:悪い=1:1だから生物としてやっていける。https://t.co/OysHiDI6a7
06-21 12:00

06/20のツイートまとめ

Isogai_Method

拍は要素。その拍が生きもの(音楽)になるのは、リズムが躍動する事による。リズムこそが音楽の生命源。
06-20 22:00

仙台塾のリーディング・ヴォイスパフォーマンスクラス(5-8月期)のテキストは宮沢賢治の「やまなし」だそうです(6/15の様子)。 https://t.co/eaM6pLskF8
06-20 18:14

演劇は自由ではない。自分の個性を殺せる個性を持て!
06-20 16:00

音を出す前の構えから、出した音を聞くまでが音を作ること。赤児の時は舌と下あごが分離していない。大人になり舌が独立して、クリアな音を作るようになる。その時、知性が目覚め育って行く。
06-20 12:00

06/19のツイートまとめ

Isogai_Method

我々は「話す」と「喋る」を明確に分けて使っていないし理解したりしていない。目的、方法、効果等を詳しく分類し整理する方が良い。https://t.co/OysHiDI6a7
06-19 22:00

金沢塾の6月朗読クラスの様子です。 https://t.co/YgYTEXo10Q
06-19 17:29

上顎を使って息を引き上げると、音がクリアに明るく響きのある音が作れる。上顎を上手に使えるようにすること。
06-19 16:00

自分の発する言葉の意味、思いばかりでなく、”音・口調”も覚えておく
06-19 12:00

06/18のツイートまとめ

Isogai_Method

前顎骨に音を当てる。そのために舌骨を下げ、喉をあけ、下顎骨を良い角度にもって行く。https://t.co/OysHiDI6a7
06-18 22:00

外からやって来る自分の体験は誰でも何となく身が引きしまる。慣れると楽になる。この2つの差は意識ではなく「気」だ。自分の中に気を捉えること。
06-18 16:00

生の音が生きている人間のいちばんの証である。支えと構えをつくる。構えはオトガイ。母音は歯の内側でつくる。https://t.co/PqZ29D5DnX
06-18 12:00

06/17のツイートまとめ

Isogai_Method

体幹を動かすと呼吸になる。耳でなく聴覚できく。声には強弱があるが、大小はない。体に声の道がある。https://t.co/PqZ29D5DnX
06-17 22:00

話し言葉である台詞は書き言語のように思考しない方がよい。意味は当然分かること、と同時に五感による感覚思考をして行くこと。https://t.co/OysHiDI6a7
06-17 16:00

うまくなりたかったら身につけろ!!芸の鉄則。ポピュラーの人達は何千回も歌っている。人間の身にくっついていなければうまくない。
06-17 12:00

06/16のツイートまとめ

Isogai_Method

オペラ・アリア発声が、一般のポピュラーソング発声と一番異なるのは、全身をつかうことです。先ず1曲が長い。声の巾が広い、声量が多い、ダイナミックの差が大きいetc。これ等を全て欲求されることです。それで人間の深みを表現するのです。
06-16 22:00

響く声は身体に響かせること。https://t.co/OysHiDI6a7
06-16 16:00

自分で表現を見つけるには続けること。10年やって自分のことが自分で認められる。もう10年やって他人が自分のことを認める。
06-16 12:00

コミュニケーションのLesson(2018.06.16)

講師:廣木睦子・磯貝靖洋
助手:菅家ゆかり

本日のテーマ:聴く力と伝える心

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法
・耳栓ウォーク+耳たぶマッサージ

【講座内容】

・聴き方学ー廣木講師

(1)骨導ハミング
①身体の上から下への響きを確認する。
 ◎音を出そうとしない、自分の内側に響いた音を受ける

②鼻、口、喉が鳴って音を強く出すのではなく「身体の中の振動を捉える」

③聴き方では、人間は本来受ける動物である。聞くことによって
  その原点を取り戻す、そのことをしている。

④話すことは、どんなことか?―受けて返す―
  ボ-ルを投げ合うことで実感する。
  身体の動きがないとエネルギーが低くなり声が変わる。

・声、ことば、心―磯貝講師―

・言葉が違うと通じない。
 言葉は、「心」であると決めること!

・心は、人間が生きていくためのエネルギーともいえる。

⑤COMの本質を考える
・人間関係の作り方、構築のための作業等。

【参加者の声】
・骨の響き、骨伝導が分かりにくかった。
・骨伝導が徐々にわかってくると、心の中に何か芽生えた気がした。

20180616 
文責 菅家ゆかり

06/15のツイートまとめ

Isogai_Method

人はすべて何かモデルを持っている。しかし声や言葉にしてはおそまつで貧弱だ。自分で見聞きして決めるしかない。天才でない限り目標やサンプルモデルは必ずいるものだ。https://t.co/OysHiDI6a7
06-15 22:00

“当たり前”と“当たり前じゃない”のギリギリ境目をふらふら歩く。
06-15 16:00

どうしたら自分の声が外に出ているかを見つける。https://t.co/PqZ29D5DnX
06-15 12:00

06/14のツイートまとめ

Isogai_Method

満足を得るためには、リスクが生じる。https://t.co/OysHiDI6a7
06-14 22:00

日本人なら日本語を正確に喋る権利もあれば、話す義務もある。その正確な日本語の音(声)を学び修得するのがこの教室です。
06-14 16:00

真ん中の「つもり」の意識が積もって感覚になる。意識の感覚化
06-14 12:00

06/13のツイートまとめ

Isogai_Method

声が安定することは、心が安定することと同意である。https://t.co/OysHiDI6a7
06-13 22:00

稽古でしかわからないことがあるから絶対にやめてはいけない
06-13 16:00

人が集まって社会をつくる。社会は通念を大切にする。しかし通念はひとりひとりを救わない。文字は人ひとりを救える。
06-13 12:00

ことばのLesson(2018.06.13)

講師:出先拓也
助手:札辻静美

本日のテーマ:口唇音調音M,P,B,W

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法
・口唇の運動(リップトリル、口唇破裂音)

【講座内容】
本日は、まず口唇調音を作る唇の位置、範囲を確認してから実際の調音に入りました。
・P音(口唇破裂音)
 スイカの種飛ばしの要領で破裂音を作り、それを調音に繋げて行きます。
・M音(口唇破裂鼻音)
 口を閉じて鼻腔を響かせてから音を作ります。
・B音(口唇破裂音)
 破裂の音を強くしようとして横に広がらないように注意します。
・W音(接近音)
 歯と下唇の間の”ウ”を少し広げて”ワ”にします。

※どの音を出す場合でも真ん中の意識を忘れないように。

【担当助手感想】
・同じ音を繰り返し調音すると段々と音が崩れて行くので、一音一音作り直すことが大切だと感じました。

20180613
文責 札辻静美

06/12のツイートまとめ

Isogai_Method

物語を完全に読み分け読み聞かせする力があれば、芝居のセリフ言いはむしろ楽に出来る。
06-12 22:00

現代は理論と説明の時代で”そのもの”まで説明しないと伝わらない。人間がうれしかったり楽しいのは、そのものだからである。そのものは細かくしては壊れてしまう。だから現代は楽しくないのだ。
06-12 16:00

横隔膜を意識できない人は声のことがわからない。https://t.co/OysHiDI6a7
06-12 12:00

06/11のツイートまとめ

Isogai_Method

声帯で音声を感じる。音には焦点がある。宮澤賢治(「雨ニモマケズ」)の詩はありがたい。
06-11 22:00

同じフレーズは同じ音色で歌う。
06-11 16:00

何としても言葉の良い音を憶える。芸は自己流ではダメ。他人に通じるものを見つける。
06-11 12:00

06/10のツイートまとめ

Isogai_Method

人間の心は瞬間!長々ひきずるのは情緒。https://t.co/OysHiDI6a7
06-10 22:00

正常というものは、世の中の中庸を示している。常識で物事を読み解くくらい危ないものはない。中庸などというものは実際有るはずがないからだ。書いてある表面は表面でその中には沢山のものが入っているのが常識だ。
06-10 16:00

意識が心や身体を縛ってはいけない。常に命題から心と身体をときほぐそうとするのが本来の意識だ。
06-10 12:00

日曜月一朗読(2018.06.10)

講師:磯貝靖洋
助手:五十嵐正貢

本日のテーマ:「徒然草を読む②」

【講座内容】
・「意」と「気」について
・意(頭)と気(体)をつなぐ
・第1項『世俗譚』購読(50,236,115,40,209段)

次回から第2項『しばらく楽しぶ』に入ります(74,75,108,58,59段)。

【参加者の感想】
・単純に可笑しいものや、お話として良く出来ているものがあり、面白かった。

【担当助手感想】
・随筆は、これまで余り扱うことがなかったので、これからどのように表現をつくっていくのか楽しみです。

【本日の磯貝語録】
・気は背骨と皮膚の間の筋肉を通す

20180626
文責 五十嵐正貢

06/09のツイートまとめ

Isogai_Method

同音異語の違いを上手く出せないことが活舌に大きく影響している。https://t.co/OysHiDI6a7
06-09 22:00

今の実感より、ひらめき、予感を欲すること。
06-09 16:00

体と息と声とことばを深い所でつなげる(一体化する)。https://t.co/OysHiDI6a7
06-09 12:00

06/08のツイートまとめ

Isogai_Method

眼鏡をかけかえて見ると、その曲の違った面が見えてくる。
06-08 22:00

https://t.co/9GcxpdXreo
06-08 20:17

金沢塾の6月木曜基礎クラスの記録です。今週末は朗読公演だそうです。 https://t.co/apfwF1rDzX
06-08 19:19

生命と美を人は自由に出来ない。有難く従うまでだ。内に引き込まない、内で考えない、内を頭にまかせない。つもりになるだけ。
06-08 16:00

日本の詩歌芸は表向きの意味を捉えただけでは芯にせまれない。底や裏に潜むものが浮び出てはじめて”解かる”のである。和歌は声に出し歌ってはじめてわかるもの。
06-08 12:00

06/07のツイートまとめ

Isogai_Method

「丹田入り呼吸」は深い息になるので身体の感覚がつかめると精神力も高まり安定する。呼吸を安定させるには「丹田の構え」「息の支え」も重要である。https://t.co/OysHiDI6a7
06-07 22:00

7月8日 夏のフォーラム「聲とことばと心のトライアングル」(東京都) https://t.co/t5VrA0bJfj #磯貝靖洋 #西舘好子 #声とことばの磯貝メソッド #講演 #対談 #ヴォーカル・パフォーマンス
06-07 19:47

音楽は勢い。鼻先とのどを使って口の中に息を流す。フレージングをすること、音楽をすること。
06-07 16:00

日本人の日本語の歌は内向したものになり易い。https://t.co/OysHiDI6a7
06-07 12:00

06/06のツイートまとめ

Isogai_Method

そろそろこの作品を通して、何を考え、どう行為して、何を考えるのかが皆少し分かってきたようだ。考えた先に心が用意されているのは幸せなことだ。
06-06 22:00

今、自分が出来ることはだいたい解っている。ゴチャゴチャ考えず、その「表現」にポンと行こう!https://t.co/OysHiDI6a7
06-06 16:00

その譜面から音楽を見付けだす(譜面を読む、又は解釈する)作業は、知的だがとても肉感的で実際的でなくてはいけない。
06-06 12:00