FC2ブログ

09/23のツイートまとめ

Isogai_Method

言葉の舌は食べる舌とは次元が違う。当然使う頭も違う。舌で味を味わう。舌で音(声)を聞く。なかなか粋な事だ。
09-23 22:00

自己能力を知り、それに対して有利か不利かを正確に判断出来ること。能力拡大には明確な意志が必要である。https://t.co/PqZ29D5DnX
09-23 16:00

芸がどれだけ自分を必要としているか。自分の必要から転じて必要とされる身になれ!
09-23 12:00

09/22のツイートまとめ

Isogai_Method

外国語の歌は音符にカタ仮名をつけてもうまくは歌えない。前の人に原語で喋って聞かせる様に語り歌うことだ。母音には強い弱い(アクセント)、早い遅いがあり、決して均一ではない。音符通りだと言葉は死ぬ。
09-22 22:00

「発声は発明大会。」良いサンプルを聞き、まず真似してみよう。https://t.co/OysHiDI6a7
09-22 16:00

「利他」…相手の顔を見て、話す、聴く。音楽が欲しがるように歌う。自分の歌いたいように歌ってもなかなかうまく歌えない。
09-22 12:00

09/21のツイートまとめ

Isogai_Method

アンサンブルは、音の高さが大体合っているだけでは良いハーモニーにはならない。音の高さだけではなく各々が必要な音色とエネルギーを持っていること。そのために自分の音も他の人の音も良く聴く力が必要だ。
09-21 22:00

「この人の役に立ちたいな」と思ったら、その人をトコトン理解する。これがアンサンブルの極意です。
09-21 16:00

声と言葉と音楽で聴かせる歌を!歌い手には笛の感覚の豊かさが要求される。https://t.co/OysHiDI6a7
09-21 12:00

09/20のツイートまとめ

Isogai_Method

瞬間瞬間を鮮明に表現したい。譜面を乗り越えるにはシャープで強いエネルギーが必要。
09-20 22:00

動の音楽=生命的、身体的、感情的。静の音楽=空間的、天空、超時間的、無限、魂。
09-20 16:00

日本語は喉をしっかり使わないと浮いた言葉となる。本気で喋るのに口先で喋っては嘘っぽい。メロディーがつけばなおのこと喉に意志がないと、口先歌になり聴く人の心に入り込めない。気分やムードではない。
09-20 12:00

09/19のツイートまとめ

Isogai_Method

日本語の歌でしっかりと言葉の意味・意志・情況を伝えるには、話し言葉の3倍ぐらいの集中力と表現力が必要。ダメならマイクに頼るしかない。気持ちより声の力が必要。
09-19 22:00

コミュニケーションのLesson(2018.09.15)本日のテーマ:語チェック/プレゼンテーション【本日の磯貝語録】・プレゼンテーターは人格者たれ・コミュニケーション = 私がある → 周囲と上手く付き合っていくhttps://t.co/bY4UT31L9q https://t.co/bY4UT31L9q
09-19 17:39

人間の「愛」とは全国共通ではない!(本質は普遍的だが、各局面は相当にエゴだ。)
09-19 16:00

歌が他の音楽と違うのは、言葉があること。言葉を伝えない歌は歌ではない。
09-19 12:00

09/18のツイートまとめ

Isogai_Method

音楽家は音に光や色彩、輝きを感じる感性が欲しい。息の流れで歌うこと。声に輝きを持たせる。
09-18 22:00

一度にすべてが出来たらこの塾は不要!1つ・2つでも出来た事を素直に実感し、喜ぶ性格はよろしい。あれはダメ、これは出来ていないとマイナスばかりに反応する悪い性格は芸術家にはあまり向いていない。
09-18 16:00

歌曲歌いは、音楽で詩の意味や感情を語ることである。書いてある言葉を読むのではなく、メロディーを歌うことでもない。意味、感情を音楽で語りかける仕事である。
09-18 12:00

09/17のツイートまとめ

Isogai_Method

声楽家、歌い手は音で書く。
09-17 22:00

音楽上のフレージングと言葉のイントネーションとの折り合いをうまくつける事。音符の拍と同じに言葉をぶつ切りにしない。
09-17 16:00

西洋音楽の基盤はBachに在る。Bachを演奏すると実に落ち着く。不思議な力だ。世界中どこでも、いつの時代にもBachなら通じる。Bachは「音楽は楽しい。」その先を示してくれた人だ。「音楽は利己的でなく、利他的だよ!」と教えてくれた人。
09-17 12:00

09/16のツイートまとめ

Isogai_Method

日本語の歌には“美しさを表現するもの”と“言葉を語るもの”の二種類がある。
09-16 22:00

音楽的状況をいかに作っていくかが大切。
09-16 16:00

レッスンは緊張するが楽しいものだ。未知へのあこがれと新鮮さが心を楽しいものとする。練習し、理解し、身体化していく。すると今の楽しさは消えうせる。同じ字なのに・・・。
09-16 12:00

09/15のツイートまとめ

Isogai_Method

歌の息は口から外に吐かない!それは声を外に捨てることです。息が喉を通り、口の中を響かせたその残息が口から流れ出るのです。方法論はいろいろあるけれど、音楽を伝えることに結びつけていきたい。声をもっと聴く。歌った声を聴くのではなく歌おうとする声を聴く。
09-15 22:00

仏人は命がけで恋をする。シャンソンは仏人の恋の歌。気持ちや気分では歌えない恋の歌。シャンソンの歌詞の意味を口と喉で実感すること。
09-15 16:00

切望・願望の歌には、実は内に強迫ぐらいの強い願いがある。日本人が抱く様なほのかな思いではない。
09-15 12:00

コミュニケーションのLesson(2018.09.15)

講師:磯貝靖洋
助手:菅家ゆかり・益田喜晴

本日のテーマ:語チェック/プレゼンテーション

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法
・スワイショー
・耳ストレッチ
・耳栓ウォーク


【講座内容】
〈1〉語チェック
◎ウォーミングアップ
・口唇運動
・母音調音練習 テキストP.33

◎「語チェックテキスト」を用いて語チェック

〈2〉プレゼンテーション発表
・発表及び質疑応答
・講評

〈3〉感想


【磯貝語録】
・プレゼンテーターは人格者たれ
・コミュニケーション=私がある→周囲と上手く付き合っていく

【参加者の声】
やっとコミュニケーションの入口に立ったと感じる。経験する事で今後に繋げてゆきたい。

20180916
文責 益田喜晴

09/14のツイートまとめ

Isogai_Method

「覚えて熟せば意味は自ずと湧き出ずる。」歌が上手くなりたければ早く覚えること。視覚が音声の邪魔をする。
09-14 22:00

その音が正確に出て、聴いている人が良く解ること。自分の実感はいらない。https://t.co/OysHiDI6a7
09-14 16:00

リズムを歌うのはセンスと身体です。これが出来ると楽しくなります。歌の声は美しい声です。
09-14 12:00

09/13のツイートまとめ

Isogai_Method

歌うことは喋ることとは違います。高い声、低い声を無理なく出し、長いフレーズでも勝手に切りません。
09-13 22:00

日常生活はだらしなくても良いから、音楽するときは規律を守りなさい。
09-13 16:00

タンギング(舌さばき)は、いい音をつくる基礎である。舌の形、位置、動きを正確にし、有効な音を作りだす作業のことをいう。
09-13 12:00

09/12のツイートまとめ

Isogai_Method

自分が出す意味は、私の身体の中にしかない。これが言葉を話す原点である。https://t.co/OysHiDI6a7
09-12 22:00

音の響きを聴く。音を発する時の響きをとらえる。響きのある音は人に伝わる。https://t.co/PqZ29D5DnX
09-12 16:00

まともな声を出さなければ、きちんとした言葉にも繋がらない。https://t.co/OysHiDI6a7
09-12 12:00

09/11のツイートまとめ

Isogai_Method

身体に境(スキン)があると同様、声にもスキンがある。現実具体的なこと・見え聞き触れるものと・見えない抽象的な事・想像世界とのスキンを掴むと新しい世界がはじまる。https://t.co/PqZ29D5DnX
09-11 22:00

美しい日本語の歌(2018.08.18)本日のテーマ:楽しくなる歌テキスト:手を叩きましょう、おもちゃのチャチャチャ【本日の磯貝語録】・日本の歌の特徴は「言葉の表現性」にある。・あなたに適した曲、相性の良い曲がある。曲があなたを選ぶ。https://t.co/xxd9T5t6kP https://t.co/xxd9T5t6kP
09-11 17:33

声葉は意味を持つ音声。音声は生きた身体の一部。https://t.co/OysHiDI6a7
09-11 16:00

「音楽が分かっている人、持っている人」に師事しないとうまくはならない。
09-11 12:00

09/10のツイートまとめ

Isogai_Method

人は見かけは変わっても、本質は今昔物語のころから変わっていない。
09-10 22:00

書かれた文字は、その裏に沢山のものを含んでいる。
09-10 16:00

良いコミュニケーションとは、自分が納得するために自分の内に引き込むことでもなく、相手の内面に向かい無理やり押し込めるのでもなく、自分の前に置き、双方で共有することだ。
09-10 12:00

09/09のツイートまとめ

Isogai_Method

考える暇があったら出せ、出してから考える事。
09-09 22:00

人は多チャンネルに出来ている。単チャンネルではもったいない。https://t.co/OysHiDI6a7
09-09 16:00

芸人には根の所をジックリ考える頭と、考えではなく反射的に次から次に意見がわき出てくる頭とが必要。
09-09 12:00

09/08のツイートまとめ

Isogai_Method

音声の身体性が低いと喋り手も聞き手も生(なま)の実感が少ない。https://t.co/OysHiDI6a7
09-08 22:00

朗読は、詠み人に魅力と声の力と語り口がないと始まらない表現の世界。
09-08 16:00

自分の役を疑いを持たずに接しない。(必ず疑いを持って)自分の理解の幅を狭めない。考えもしないことを見つけ出すこと。普通や常識はなるべく避ける。
09-08 12:00

09/07のツイートまとめ

Isogai_Method

文字で書かれたものに心を吹き込み生きたものにする。様々な心を声で表すのが声の芸である。https://t.co/OysHiDI6a7
09-07 22:00

芸人は絶対的に”明るさ”が原則。
09-07 16:00

芸術とは答えがない。でも、その先の答えを競うもの。
09-07 12:00

09/06のツイートまとめ

Isogai_Method

自分の心は喋り伝えているが、他人の心(文)を自分の心のごとく喋り伝える。これを話芸という。通常の朗読とは違います。
09-06 22:00

9/1,2に金沢で磯貝特別講座がありました。金沢塾のみなさんありがとうございました。 https://t.co/Q2iHahTef0
09-06 18:35

仙台塾では、9月から第2期が始まりました。 https://t.co/afIT5QGNzm
09-06 18:33

自分が納得しても、更にその先の納得を求めるところに芸道がある。
09-06 16:00

声が変わればシチュエーションが変わり、実感が変わる。https://t.co/OysHiDI6a7
09-06 12:00

09/05のツイートまとめ

Isogai_Method

私の全部を使って客観性を表現する。
09-05 22:00

読み時にコントラストを作る。それが読み手の力量。
09-05 16:00

眼で読んで良い作品でも、声読みをして良い作品とは限らない。
09-05 12:00

09/04のツイートまとめ

Isogai_Method

息を変えれば声は変わる。息を変えれば意も変わる。https://t.co/PqZ29D5DnX
09-04 22:00

“私の思い”ありきではない。“こういう音声を出す”とこういう意志・感情になるというのをつかむこと。https://t.co/OysHiDI6a7
09-04 16:00

聴くセリフも見る文字も自分化し、自己感情に置き替えるのではすがすがしい芝居にはならない。自分も役も客体化出来た時に新しい感覚や表現が現れる。
09-04 12:00

09/03のツイートまとめ

Isogai_Method

自己練習の先には演奏はない。演奏はテキストを練習とは違った次元のものにすること。練習はそのためにある。https://t.co/OysHiDI6a7
09-03 22:00

日本人は他人の事でも自分化してしまうクセがある。一方では自分の思いや気持ちを他人化できず、うまく伝えるのが下手。https://t.co/PqZ29D5DnX
09-03 16:00

芸人とは器用芸人、マルチ芸人の事は言わない。その者にしか光らないものを捉え、磨き上げてゆく事、その人を言う。
09-03 12:00

09/02のツイートまとめ

Isogai_Method

人間はことばだけでは生きてゆけない。音楽的な歌うという行為で、生物的な本来の欲求や生命感を満たしている。https://t.co/OysHiDI6a7
09-02 22:00

一番良い音を出せる声の「通る道(声の道)」をつかまえる。
09-02 16:00

声は生きている証しであることを実感すること。https://t.co/OysHiDI6a7
09-02 12:00

09/01のツイートまとめ

Isogai_Method

喉を通して、生きるという実感を持つ事。https://t.co/PqZ29D5DnX
09-01 22:00

“音声言語は生である”https://t.co/OysHiDI6a7
09-01 16:00

芸とは神性を感じて表現することである
09-01 12:00

コミュニケーションのLesson(2018.09.01)

講師:益田喜晴
助手:菅家ゆかり

本日のテーマ:プレゼンテーション

【身体法】
・耳栓ウォーク
・スワイショー
・磯貝メソッド基礎身体法(受講生のリードで)

【講座内容】
・プレゼンテーションとは?
提示、説明、発表―自分の考えを他者の理解しやすいように、目に見える形で示す事。
磯貝メソッドでは、声を使って行うことに主眼を置いてプレゼンテーションする。

・身体法もプレゼンのひとつ
参加者、講師、各々が身体法を指導するときに何を大事にしているのか確認。

・日常生活でのプレゼンを考える。
(例)家族旅行を検討する―三崎まぐろツアー

①目的を明確にする
②聞き手が分かるように話しの構造を組み立てる。
③聞き手の興味、関心を引き出す(オリジナリティーがあること)
④聞き手から質問を引き出す。

・プレゼンテーション演習
テーマを提示して、5分ほど受講生にプレゼンテーションをしてもらう。

講師と参加者から感想や反応を聞く。
次週の発表に向けて、再検討すべき点やもっと詳しく聞きたい点などを確認。

【参加者の声】
今まではCOMにおけるプレゼンテーションについて分かりにくかったが、プレゼンも相手がいて成立するCOMであり、COMのひとつだと理解できた。今後日常にも活かせると思う。

20180901
文責 菅家ゆかり

08/31のツイートまとめ

Isogai_Method

つもりは全て無効。概念、観念、思い等は極力生理的実感に落とし込むこと。https://t.co/OysHiDI6a7
08-31 22:00

音楽には力がある。自分の意志や力で全部やろうとしてもダメ。音楽に助けてもらえば出来る。
08-31 16:00

歌を歌うことで、あなたの笛(楽器)が名器になっていく。これは歌の特徴である。
08-31 12:00