FC2ブログ

10/30のツイートまとめ

Isogai_Method

音のイメージは難しい。それから言うとヴィジュアルイメージはずっーと簡単。音は音として聴こえて来る(幻聴も含む)ことが出来ないとはじまらない。沢山の音ストックの結果、起こる実際。
10-30 22:00

今や自分の好きなようにしゃべってはいけない。歌ってはいけない。通じないといけない。音楽に従う力を育てることだ。人間的意志と音楽はしばしば対立する。https://t.co/OysHiDI6a7
10-30 16:00

やるべき事、やりたい事(歌う時)は沢山あるが、気ばかり多く、焦点が定まってないと結果は出せない。又萬然と歌っても音楽にはならない。
10-30 12:00

10/29のツイートまとめ

Isogai_Method

重くなれるから、より軽くなれる。みぞおち~丹田にエネルギーが充満している身体の状態。https://t.co/PqZ29D5DnX
10-29 22:00

適当に流していても、特に知らなくても、人は生きてゆける。その事に気付くと意識が動く。自分の事も、自分の外のことも。言葉は意識の世界のことである。意識を高めないかぎり言葉は低い機能しか持たない。
10-29 16:00

出す前に受ける、聞く。意味よりも音で聞く。https://t.co/OysHiDI6a7
10-29 12:00

10/28のツイートまとめ

Isogai_Method

物事をする時、下を向くと老化する。前へ、上下に向く。
10-28 22:00

この読みで金が取れるか考える。
10-28 16:00

他人に伝わる声が有効な声。その声は自分の実感が少ない。意志や意味が強すぎると音をつぶし、伝わらない。https://t.co/OysHiDI6a7
10-28 12:00

10/27のツイートまとめ

Isogai_Method

日本歌曲を新しいセンスに!
10-27 22:00

芸には必ず“元”がある。分かり過ぎたら下手。
10-27 16:00

音を出しながら歌っている間に意味が出てくればいい。フレージングが大事。https://t.co/OysHiDI6a7
10-27 12:00

10/26のツイートまとめ

Isogai_Method

言葉には拍があり、リズムがあるから伝わるのである。
10-26 22:00

現代語(現代社会劇)で描かれた三島由紀夫の本の台詞を今様ではなく、リズム読みもする。そのセンスと力量を耕すこと。
10-26 16:00

瞬間瞬間で自分をチャレンジできるようになろう。
10-26 12:00

10/25のツイートまとめ

Isogai_Method

なにしろ口腔を鳴らしてはダメ。口腔は響かせる器。のどを鳴らし、下ろしても低く保つこと。https://t.co/OysHiDI6a7
10-25 22:00

オペラという歌の世界は、あこがれでは歌えない。それに挑戦するエネルギーがいつも沸いていることが必要だ。
10-25 16:00

三島由紀夫芝居のセリフも動きも「音楽的」であるとよい。中でも「心理」は充分に音楽的であるべきだ。
10-25 12:00

10/24のツイートまとめ

Isogai_Method

発声の基本「声帯実感」を持つ。声帯で声を出し、身体に共鳴させて音を発していく。https://t.co/OysHiDI6a7
10-24 22:00

どういう音を出しているか、どういう文字で書いているのかを理解している人は良い音を出す。思ったことがこの音でいいか、聞きながら(文書の時は考えながら)話す。
10-24 16:00

「聞く」ということを作りなおす。まず自分の音を聞く。自分の喋っている音が聞けるくらいの早さで話す。自分で聞けないものは人にも聞けない。https://t.co/OysHiDI6a7
10-24 12:00

10/23のツイートまとめ

Isogai_Method

スポーツは身体、歌は声が資本ですね。丁寧に自分に合った育て方をして行きましょう。https://t.co/PqZ29D5DnX
10-23 22:00

役者にとって“考える”というのは行動だ。https://t.co/OysHiDI6a7
10-23 16:00

「演奏する」とは必ず聴く人を対象とする行為です。鼻歌も演奏ではないし、練習も演奏ではない。むしろ練習の先にある事で、充分の練習は条件です。でも両者は次元が違います。大きな溝があり、直接は渡れません。その差はやってみないと分かりません。
10-23 12:00

10/22のツイートまとめ

Isogai_Method

生物学的思考=頭で考えて良いと思うものを1つ持っている場合は必ず反対のそうでないものも1つ存在する。だからバランスがとれている。良い:悪い=1:1だから生物としてやっていける。https://t.co/OysHiDI6a7
10-22 22:00

拍は要素。その拍が生きもの(音楽)になるのは、リズムが躍動する事による。リズムこそが音楽の生命源。
10-22 16:00

演劇は自由ではない。自分の個性を殺せる個性を持て!
10-22 12:00

10/21のツイートまとめ

Isogai_Method

音を出す前の構えから、出した音を聞くまでが音を作ること。赤児の時は舌と下あごが分離していない。大人になり舌が独立して、クリアな音を作るようになる。その時、知性が目覚め育って行く。
10-21 22:00

我々は「話す」と「喋る」を明確に分けて使っていないし理解したりしていない。目的、方法、効果等を詳しく分類し整理する方が良い。https://t.co/OysHiDI6a7
10-21 16:00

上顎を使って息を引き上げると、音がクリアに明るく響きのある音が作れる。上顎を上手に使えるようにすること。
10-21 12:00

日曜朗読(2018.10.21)

講師:磯貝靖洋
助手:河崎卓也・佐藤昌裕

本日のテーマ:「方丈記」①

【身体法】
・中心を取る
 踵を着けて立ち、両膝を着ける⇔緩めるを繰り返し、中心感覚を確認
・耳栓ウォーク

【講座内容】
[1]聞かせるから見せるへ
・虚/実のバランス ― 自分のラインを持つ
・見せる/見られると実 →読む声、ことば内容を見せる
・見せる意識と共に見られている意識が必要
・声を見せる。存在・動きを聞かせる

[2]「方丈記」解説
・解説資料を読み合わせ

[3]語り読み「方丈記」
<第一段>
・イメージを作る→外に違いとして表わす
・読んでいる→見せている
・全身で意味を説明する(相手を決める)

<第二段>
・大きな空間を意識して、使って
・そこにない物→ある物に変換 => 声が変わる(これが表現すること)
・一人づつ皆の前で読み、感想を述べ合う
 迷いが見える、声が見えた、子守唄のよう、言葉が伝わった、情景が見えた、間が上手い、等の感想があった。

<第三段>
・足の裏を意識し、下に向かって声を出す

<第四段>
<第一から四段連続>

【担当助手感想】
・声・ことばの講座でありながら、見る/見られる事の重要性を説いているのが印象的だった

【本日の磯貝語録】
・声を見せる。言葉の内容を見せる。

【参加者の声】
・重心等を意識した声の出し方を使えるようになりたい
・身体使いの基本と外に伝えることを結びつけて表現にしたい
・見せる聞かせる見られる聞かれる意識を持たないと意味がない


20181106
文責 河崎卓也

10/20のツイートまとめ

Isogai_Method

自分の発する言葉の意味、思いばかりでなく、”音・口調”も覚えておく
10-20 22:00

前顎骨に音を当てる。そのために舌骨を下げ、喉をあけ、下顎骨を良い角度にもって行く。https://t.co/OysHiDI6a7
10-20 16:00

外からやって来る自分の体験は誰でも何となく身が引きしまる。慣れると楽になる。この2つの差は意識ではなく「気」だ。自分の中に気を捉えること。
10-20 12:00

美しい日本語の歌(2018.10.20)

講師:磯貝靖洋
助手:酒井真理子

本日のテーマ:秋冬は楽しい歌がいっぱい①
(紅葉、どんぐりころころ、ちいさい秋みつけた)

【課題曲歌唱】

♪どんぐりころころ

◎日本の歌は、音階が下降して終わる曲が多いが、この曲は上行して終わる。
 しゃべっているイントネーションと違う音階になっていると面白い。
〇自分が「そういうことだったのか」と納得すること。
〇どういう風に歌ったら、聴いている人が楽しくなるか、考えること。
・言葉音が低くなりやすいので注意する(「どん」ぐり、たい「へん」)
・休符が緊張感をつくる「さあ、たいへん!(休符)」


♪紅葉

◎「スラー(演奏記号)」=音と音を滑らかにつなげて演奏すること
 言葉としても、詞としても続けて歌った方が良い。
○譜面と言葉をどう合わせるか。
○書いてある音を、あなたの喉で作らなければならない。
・「下口唇の使い方、歌い方」
 下口唇を歯から離して、言葉をしゃべる。
・「息が前に出る練習」
 下口唇に息を吹きかける。


♪ちいさい秋みつけた

◎音幅が狭い部分と、広い部分が交互に出てくる。
 そこを歌い分けられると良い。
○付点八分音符、十六分音符のリズムを正確に。
 「めかくし」「かすかに」
・「高音の出し方」口を縦に開けて、喉奥を開ける。


【担当助手感想】
「方法」にとらわれず、それをやった時の自分の「身体感覚」を捕まえることが重要。
前期、歌が苦手だと言っていた方が一人でも歌えるようになっていることに感激した。

【本日の磯貝語録】
・楽譜に書いてある通りに歌う。すると聴いている人に言葉が伝わりやすい。
・譜面の音楽をやると無駄がなくなる。上品になる=ラッピング効果

【参加者の声】
・言葉を立てた方が良いと思っていたが、流れる様に歌った方が良かった。
・「吐くこと」と「出すこと」は違うと分かったが、難しい。
・「口唇を歯から離す」慣れてくると、軽やかに出せた。

20180818
文責 酒井真理子

10/19のツイートまとめ

Isogai_Method

10月19日の仙台塾のヴォイスパフォーマンスクラスの報告です。 https://t.co/xxK4SI0snN
10-19 22:02

生の音が生きている人間のいちばんの証である。支えと構えをつくる。構えはオトガイ。母音は歯の内側でつくる。https://t.co/PqZ29D5DnX
10-19 22:00

体幹を動かすと呼吸になる。耳でなく聴覚できく。声には強弱があるが、大小はない。体に声の道がある。https://t.co/PqZ29D5DnX
10-19 16:00

話し言葉である台詞は書き言語のように思考しない方がよい。意味は当然分かること、と同時に五感による感覚思考をして行くこと。https://t.co/OysHiDI6a7
10-19 12:00

10/18のツイートまとめ

Isogai_Method

うまくなりたかったら身につけろ!!芸の鉄則。ポピュラーの人達は何千回も歌っている。人間の身にくっついていなければうまくない。
10-18 22:00

オペラ・アリア発声が、一般のポピュラーソング発声と一番異なるのは、全身をつかうことです。先ず1曲が長い。声の巾が広い、声量が多い、ダイナミックの差が大きいetc。これ等を全て欲求されることです。それで人間の深みを表現するのです。
10-18 16:00

響く声は身体に響かせること。https://t.co/OysHiDI6a7
10-18 12:00

10/17のツイートまとめ

Isogai_Method

自分で表現を見つけるには続けること。10年やって自分のことが自分で認められる。もう10年やって他人が自分のことを認める。
10-17 22:00

人はすべて何かモデルを持っている。しかし声や言葉にしてはおそまつで貧弱だ。自分で見聞きして決めるしかない。天才でない限り目標やサンプルモデルは必ずいるものだ。https://t.co/OysHiDqviz
10-17 16:00

“当たり前”と“当たり前じゃない”のギリギリ境目をふらふら歩く。
10-17 12:00

10/16のツイートまとめ

Isogai_Method

どうしたら自分の声が外に出ているかを見つける。https://t.co/PqZ29D5DnX
10-16 22:00

金沢塾の絵本語り公演の報告です。11月からは後期講座がスタートします。 https://t.co/sHkxsuhRrU
10-16 17:40

満足を得るためには、リスクが生じる。https://t.co/OysHiDI6a7
10-16 16:00

日本人なら日本語を正確に喋る権利もあれば、話す義務もある。その正確な日本語の音(声)を学び修得するのがこの教室です。
10-16 12:00

10/15のツイートまとめ

Isogai_Method

真ん中の「つもり」の意識が積もって感覚になる。意識の感覚化
10-15 22:00

声が安定することは、心が安定することと同意である。https://t.co/OysHiDI6a7
10-15 16:00

稽古でしかわからないことがあるから絶対にやめてはいけない
10-15 12:00

10/14のツイートまとめ

Isogai_Method

人が集まって社会をつくる。社会は通念を大切にする。しかし通念はひとりひとりを救わない。文字は人ひとりを救える。
10-14 22:00

物語を完全に読み分け読み聞かせする力があれば、芝居のセリフ言いはむしろ楽に出来る。
10-14 16:00

現代は理論と説明の時代で”そのもの”まで説明しないと伝わらない。人間がうれしかったり楽しいのは、そのものだからである。そのものは細かくしては壊れてしまう。だから現代は楽しくないのだ。
10-14 12:00

10/13のツイートまとめ

Isogai_Method

横隔膜を意識できない人は声のことがわからない。https://t.co/OysHiDI6a7
10-13 22:00

声帯で音声を感じる。音には焦点がある。宮澤賢治(「雨ニモマケズ」)の詩はありがたい。
10-13 16:00

同じフレーズは同じ音色で歌う。
10-13 12:00

10/12のツイートまとめ

Isogai_Method

何としても言葉の良い音を憶える。芸は自己流ではダメ。他人に通じるものを見つける。
10-12 22:00

人間の心は瞬間!長々ひきずるのは情緒。https://t.co/OysHiDI6a7
10-12 16:00

正常というものは、世の中の中庸を示している。常識で物事を読み解くくらい危ないものはない。中庸などというものは実際有るはずがないからだ。書いてある表面は表面でその中には沢山のものが入っているのが常識だ。
10-12 12:00

10/11のツイートまとめ

Isogai_Method

意識が心や身体を縛ってはいけない。常に命題から心と身体をときほぐそうとするのが本来の意識だ。
10-11 22:00

同音異語の違いを上手く出せないことが活舌に大きく影響している。https://t.co/OysHiDI6a7
10-11 16:00

今の実感より、ひらめき、予感を欲すること。
10-11 12:00

10/10のツイートまとめ

Isogai_Method

体と息と声とことばを深い所でつなげる(一体化する)。https://t.co/OysHiDI6a7
10-10 22:00

眼鏡をかけかえて見ると、その曲の違った面が見えてくる。
10-10 16:00

生命と美を人は自由に出来ない。有難く従うまでだ。内に引き込まない、内で考えない、内を頭にまかせない。つもりになるだけ。
10-10 12:00

10/09のツイートまとめ

Isogai_Method

日本の詩歌芸は表向きの意味を捉えただけでは芯にせまれない。底や裏に潜むものが浮び出てはじめて”解かる”のである。和歌は声に出し歌ってはじめてわかるもの。
10-09 22:00

「丹田入り呼吸」は深い息になるので身体の感覚がつかめると精神力も高まり安定する。呼吸を安定させるには「丹田の構え」「息の支え」も重要である。https://t.co/OysHiDI6a7
10-09 16:00

音楽は勢い。鼻先とのどを使って口の中に息を流す。フレージングをすること、音楽をすること。
10-09 12:00

10/08のツイートまとめ

Isogai_Method

日本人の日本語の歌は内向したものになり易い。https://t.co/OysHiDI6a7
10-08 22:00

そろそろこの作品を通して、何を考え、どう行為して、何を考えるのかが皆少し分かってきたようだ。考えた先に心が用意されているのは幸せなことだ。
10-08 16:00

今、自分が出来ることはだいたい解っている。ゴチャゴチャ考えず、その「表現」にポンと行こう!https://t.co/OysHiDI6a7
10-08 12:00

10/07のツイートまとめ

Isogai_Method

その譜面から音楽を見付けだす(譜面を読む、又は解釈する)作業は、知的だがとても肉感的で実際的でなくてはいけない。
10-07 22:00

虚は実であり、実は虚である。なくなるから存在が生じる。
10-07 16:00

自分がやるべきなのは、まず自分である。
10-07 12:00

10/06のツイートまとめ

Isogai_Method

パブリックスピ-キングにはパブリックボイスがあるべきだ。https://t.co/OysHiDI6a7
10-06 22:00

自分の意思や意識で行動しているつもりでも、中々そううまく行かない。「あーしよう、こーしよう」が強いと欲求ばかり強くて出力はゆがんでしまう事が多い。
10-06 16:00

演奏家は音楽の息の流れ、声楽家は音楽と声と息の流れ。
10-06 12:00

10/05のツイートまとめ

Isogai_Method

息は流れて、息で歌える!歌の声は息の流れ、響きつづける息の流れだ!口の奥を細くタテ長に高く流れる。https://t.co/PqZ29D5DnX
10-05 22:00

10月8日本番まで数日となりました。ぜひお出かけください。磯貝メソッドの表現について、twitterもぜひご参照ください。https://t.co/mOEOQHuDZDご来場お待ちしております(要事前予約)。 https://t.co/qPsmXxDJc4
10-05 20:46

自分に実感しやすいものだけを実だと捉えがちだが、外で実の方が沢山あることをいつも実感してる必要あり。
10-05 16:00

日常の自意識動作の外に表現はある。次の動きを予感させる動きが良い動き。
10-05 12:00

10/04のツイートまとめ

Isogai_Method

呼吸で重心を落とす。横隔膜が下にさがりやすいようにお腹をほぐす。https://t.co/OysHiDI6a7
10-04 22:00

歌う姿勢…普段とは違う。頭蓋骨をグッと持ち上げ、シャキーンとした姿勢で。
10-04 16:00

喋り位置(息及び響き)をそのままの音調で高く前面にもってくる。日常の喋り感覚ではないが、言葉実感はある。自分をしない(自分を理解している・わかっている)。https://t.co/PqZ29D5DnX
10-04 12:00

10/03のツイートまとめ

Isogai_Method

人は元来良い笛を持っている。生活形態にあよりそれをゆがめてしまう。磯貝メソッド発声法は「本来持っている声を呼びさます」事から始める。自分そのものをさがす事とする。https://t.co/OysHiDI6a7
10-03 22:00

歌は響き。響きは身体の流れ。言葉の持つ響きを。
10-03 16:00

声楽にとって息の動き、息の流れが音楽の表現になる。
10-03 12:00