FC2ブログ

12/18のツイートまとめ

Isogai_Method

全世界の音楽の基本には必ず宗教音楽がある。
12-18 22:00

金沢塾12月木曜基礎講座の記録です。 https://t.co/wfyJ8n7FiK
12-18 20:18

音楽は瞬発芸ではない(持続性が基本である)。
12-18 16:00

沢山の感情は沢山の色彩→沢山の声質
12-18 12:00

12/17のツイートまとめ

Isogai_Method

他人の云う事は、下腹で受けよ!https://t.co/OysHiDI6a7
12-17 22:00

受けゼリフが出来て、はじめて投げゼリフが出来る。
12-17 16:00

音声を作るための設計図を自分の中に確立すること。https://t.co/OysHiDI6a7
12-17 12:00

12/16のツイートまとめ

Isogai_Method

演じ手の優秀なところに良い作品が生まれる。
12-16 22:00

一生懸命と本気(気の芯)はことなる。https://t.co/OysHiDI6a7
12-16 16:00

身体実感に繋がったイメージでないと役に立たない。
12-16 12:00

12/15のツイートまとめ

Isogai_Method

“音のイメージ”は言葉を使う人間にとっての教養である。https://t.co/OysHiDI6a7
12-15 22:00

声は練るもの。母音は鳴りだ。https://t.co/OysHiDI6a7
12-15 16:00

演劇というのは人間の弱部をやるもの。 弱い人間には演じられない。
12-15 12:00

12/14のツイートまとめ

Isogai_Method

高いエネルギーを持っていなければ低い(又は弱い)表現はできない(低い表現:力の抜けた表現とは違う)。
12-14 22:00

力のある単純さは人に伝わる―芸の基本
12-14 16:00

自分の考えと対極にあるものを考えるのが社会性。
12-14 12:00

12/13のツイートまとめ

Isogai_Method

息を入れることが出すことだ(息の入れ方で出し方が決まる)https://t.co/OysHiDI6a7
12-13 22:00

音楽は“うねり”とうい感性を教えてくれる。
12-13 16:00

自分で自分が分かるために言語がある。
12-13 12:00

12/12のツイートまとめ

Isogai_Method

自分を使い果たして自分でないものをやる。https://t.co/OysHiDI6a7
12-12 22:00

歌を歌うためには、先ず自分を楽器として研く事から始める。
12-12 16:00

内向表現は、外にはうまく伝わらず、誤解の原因となることが多い。
12-12 12:00

12/11のツイートまとめ

Isogai_Method

自分のことは、自己理解より他人の方が正確にキャッチしている。https://t.co/OysHiDqviz
12-11 22:00

3月は金沢で磯貝による特別講座があります。どうぞお出かけください。 https://t.co/cf3oFi7UOn
12-11 18:06

音楽の音は出してから確認すること。出す前に考えてもだめ。
12-11 16:00

「なろう」と思う気があるから、そのものになれない。それを捨てるからなれる。
12-11 12:00

12/10のツイートまとめ

Isogai_Method

通じない言葉は使えない通貨と同じである!!https://t.co/OysHiDI6a7
12-10 22:00

私がやりたい≠人に伝えたい。私がやりたい≠私に出来る。各々次元の違う出来事。
12-10 16:00

一番良い音を出せる声の「通る道(声の道)」をつかまえる。
12-10 12:00

12/09のツイートまとめ

Isogai_Method

磯貝メソッドの訓練の第一は、各個人の声、言葉、身体、感覚のニュートラルをつかんでいくことである(表現や主張はその次)。https://t.co/OysHiDI6a7
12-09 22:00

ただただやるのではなく、その先をみてやりなさい。https://t.co/OysHiDI6a7
12-09 16:00

芸人にとって必要なことは100%の主観と100%の客観。その間を行き来するエネルギー。
12-09 12:00

12/08のツイートまとめ

Isogai_Method

先ず肯定。
12-08 22:00

芸の道には、「戻るところ(基)」を持つこと、つくること。
12-08 16:00

文字ことばを音読するとき、句読点でリズムを生み出さないと、生きた立体感あるものとならない。
12-08 12:00

12/07のツイートまとめ

Isogai_Method

音声には「重い」「軽い」がある(気持ちが音を重くするのではない)。
12-07 22:00

声は、人の精神を現す。言葉はどんな声で喋り語るかが重要。https://t.co/OysHiDI6a7
12-07 16:00

朗読の第一歩は助詞の扱い方から。
12-07 12:00

12/06のツイートまとめ

Isogai_Method

芸能をすることは、わがままでなくなることである。(芸能は、自分の好き勝手をすることではない)
12-06 22:00

「自分」と「周り」を区別して認識すること(自と他の正確な分離)。https://t.co/OysHiDI6a7
12-06 16:00

芸事にとって慣れは毒である。
12-06 12:00

12/05のツイートまとめ

Isogai_Method

読まされてしまうのと読んで伝えるのは正反対の行為。https://t.co/OysHiDI6a7
12-05 22:00

「演奏する」ということは、自分の外側に音楽を造形すること。
12-05 16:00

ブレスの精度が増すと、次のフレーズの品度が上がる。https://t.co/OysHiDI6a7
12-05 12:00

12/04のツイートまとめ

Isogai_Method

強い声を弱くする時、表現と技術が生まれる。弱い声で強い声を出しても、力みや圧迫になり、表現性は乏しい。
12-04 22:00

出すぎるとイヤらしい。引っ込むと分からない。https://t.co/OysHiDI6a7
12-04 16:00

下顎と舌を離すことで、言葉のセンスを上げる。https://t.co/OysHiDI6a7
12-04 12:00

12/03のツイートまとめ

Isogai_Method

俳優は、生きた人間をそこにつくることである。
12-03 22:00

私的体験そのままの再現は演技ではない。
12-03 16:00

芸とは、つつましやかなもの。
12-03 12:00

12/02のツイートまとめ

Isogai_Method

コミュニケーションは、言葉の意味情報をやり取りするだけでなく、声や顔の表情で人間情報のやり取りをする事が大切。https://t.co/PqZ29D5DnX
12-02 22:00

音声技術とは、巧妙な錯覚であるhttps://t.co/OysHiDI6a7
12-02 16:00

ことばは意味理解でなく状態理解からはじめ、意味化する。https://t.co/OysHiDI6a7
12-02 12:00

12/01のツイートまとめ

Isogai_Method

メロディーや伴奏の雰囲気に流されない。
12-01 22:00

良いところを見つけつかみ取るのが自分の仕事。正確に批判するのが周りの仕事。
12-01 16:00

詩自体に音楽的リズムがある。(リズム感は音楽だけにあるのではない)
12-01 12:00

美しい日本語の歌(2018.12.01)

講師:磯貝靖洋
助手:酒井真理子

本日のテーマ:秋冬は楽しい歌がいっぱい④
(故郷、月の沙漠、こどもの楽隊)

【準備】
◎正立位…踵合せ(つま先60度位開く)
 内股を締める、その時にイキをスッと鼻から吸う
 人差し指を左右の奥歯で噛んで、「アー」発声
・目を「閉じて」「開けて」音を聴く。その違いは?
 →目を開けた方が、音が高く、鮮やかに聞こえる。

【課題曲歌唱】
①『故郷』
・「人中」の高さ、上が広がっているところで歌う。
 ↓
 歌っている自分が気分良い。聞いている人も好感持ちやすい。
・「鳩尾(引きあがって)」と「へそ下(お腹ぺしゃんこに)」に手を当てて、
 鼻穴からの息を鼻先でクルッと回す。
・歌の息・言葉は、上額から上、鼻の幅(縦)。

②『月の沙漠』
・伸ばしている所が多い。←日本人が好きな理由
 「どっこいしょ歌」になりやすい。
・長い音に向かっていく。長い音符も次の音に持っていく。→ハイカラ版
・2番歌詞:きんのー・・・「ん」はあまりなくて良い。
 全ての言葉を音符通りの長さ歌う必要はない。
  ↓
◎息が流れて歌いやすい。いろんな歌い方に対応できる。
・4番最後「砂丘を越えて~」からは少しゆっくり。
・しゃべると良い。長い音を歌いすぎると疲れる。

③『こどもの楽隊』
・譜面上の特色を歌おうとする。
 「ぴっぴっ どんどん」←スタカート(笛や太鼓、楽器の様に歌う)
 「こどものがくたい」 ←レガート(流れる様に歌う)
・「どん どん」をひとつに歌う。2つにすると遅くなる。

【前回の復習】『里の秋』
・「懐メロ風」で少しゆっくりと。
 「モダンに」2拍振りで、スピード感を持って、流れる様に。
 それぞれ歌ってみる。
  ↓
 懐メロ風:しみじみする時間が必要
 モダン版:言葉の意味が分かる


【担当助手感想】
・本日の本当の磯貝語録「音符通りに歌う〇〇!」
 言葉をしゃべると良い。長い音を歌いすぎると疲れる。
 森進一さんの歌い方は進歩している。
・その音楽が“生きる様に歌う”。それがセンスが良いということ。
 自分勝手に好きなように歌うのとは違う。


【本日の磯貝語録】
・音楽は「共有感」。絶対感ではない。
 音楽はいつも「晴れ」ていること(上が広がっていること)。
・日本の世俗歌は、聞く人に合せて歌い方を変える。
 100年近い歴史があるので、その“時代”も考慮して歌うと良い。


20181201
文責 酒井真理子

聴き方・耳トレ(2018.12.01)

講師:磯貝靖洋/廣木睦子
助手:益田喜晴

本日のテーマ:音の聴き方・言葉の聴き方④音と声

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法
・耳ストレッチ
・耳栓歩行

【講座内容】
◎生理学
・外耳-内耳-中耳
その働きと骨との位置関係

◎骨導ハミング

◎質・方向・距離を聞き分ける耳の力(実践)
〜目測ではなく、耳・肌で受け取る。

【受講者感想】
・今まで目に頼って方向性をとっていた。
・方向はわかるが、遠近がとりづらい。
・自らを開かないと、方向性を取る準備が出来ない。
・どうしてもハミングで押してしまうので聞けない。
・心して人間をやらねば。

【磯貝語録】
距離・角度は目測ではなく、受け取る感覚。

20181201
文責 益田喜晴

11/30のツイートまとめ

Isogai_Method

音が取れたら感情が取れるのではない。音楽の感情が取れたら、音が取れるのである。
11-30 22:00

「声とことばの磯貝メソッド」ツイッターでは、磯貝語録を日々つぶやいています。https://t.co/mOEOQHuDZD https://t.co/mOEOQHuDZD
11-30 21:24

「声とことばのVoice トレーニング・ジム」は2019年1-3月期も水曜夜・土曜朝の2つの時間帯に各10日間の枠を設けます。https://t.co/kKa4NY5jKJトレーニング前後にヴォイスチェックを受けると、客観的に効果を実感できます(個人受付始めました)。https://t.co/PqZ29D5DnX https://t.co/aJbLS1qA4H
11-30 21:16

音楽が不自由にしてくれるから、その人の才能は伸びる。
11-30 16:00

他人が納得するために、自分をどう変えるか。https://t.co/OysHiDqviz
11-30 12:00