FC2ブログ

ことば発声レベルアップ講座(5/13)

2010年5月13日(木) ことば発声レベルアップ講座

「日本語の形と特徴-語、句、節、文」

[1]ストレッチと体づくり(磯貝講師、以下全)

[2]言葉(Voice)を考える
・書き言葉(文学言語/letter):形式、サイン、残る、平面、知覚的、他
・話し言葉(音声言語/voice):身体的、感覚情動的、消える、音響、他

[3]「話し言葉と書き言葉」の実際(演習と討論)-別紙プリントによる
 (1)あいさつ(三種)
 (2)ほめ言葉(三種)
 (3)さいそく詞(二種)
 (4)お願い(二種)
 (5)説明(一種)
 話し言葉として各人、各題について発表。それについて批評。

〈批評〉例
・話しことばそのものがのっかっている大きなエネルギー態がある。
・Voiceからくる心のゆらぎが話者、聴者共にある。
・話しことばは文字化出来ない多くのものでささえられている。
・多くの語や文を知っているかどうかで話が豊かになる。


  「声は心を表わす道具」

話し言葉は否応なしに話者の心が表われる。
その言葉の意味にまで話す人の心(意味合い)が現われる。

例えば“イヤダ”という一言も、その強さ、個さ、高さ、スピード、
アクセント等 ごくわずかな要因のちがいで聴く人は話す人の
心のちがい(意識や感情と言う場合がある)を聴き取り、
自身の心も変化をおこしている。

同じ事を文字で表わすと、その文字の前後関係から、
これこれこういう意味合いであろうと想像理解している。
それを通し読者の精神的想像力で心を想起している。

一方声ことばは、そのものでダイレクトでウソはない。
声というものの能力で、その言葉の意味と共に心が付与されている。
当然聞く人に意味と心を同時に聴きとっている。
声無し言葉(文学言語)は人の生の心は表わさず、
概念や観念を細分表現していると言えよう。

声は心を現わす道具である。

それどころか、声は心である。
関連記事