FC2ブログ

ことば音声基礎(10/21)                     《ことば系》

10月21日(水)ことば音声基礎

講座テーマ「言葉の品度を上げる②アーティキュレーションと舌Ⅱ」

[1]ストレッチング(各自)
   磯貝塾長 個別に指導
[2]アーティキュレーション(調音)と舌
  (1)母音調音復習
  口角を横にひきすぎると舌が上がってしまい良い音が出ない
(Ex-1)歯をかみ合わせて「イ・エ・ア・オ・ウ」発語復習
 ・自分の改善したい音を1つあげる。※自分の実感を外で聞きとれる音は一
  致しない
 (Aさん「エ」、Bさん「オ」、Cさん「エ」、Dさん「ア」、Eさん「エ」、Fさん「オ」、
  Gさん「イ」)

(Ex-2)前歯を合わせて十字部分を指でおさえて「イ・エ・ア・オ・ウ」(各自)
 ・音を出しながらわかることが大切 聴くこと
 ・音を聴いている際、舌の位置が変化していることを自分でみつけだすこと。
  口の内側のキャパシティを広げて響きをつけていく。
 ・言語矯正には時間がかかります。 3ヶ月~2年/1母音
 (2)活舌(カツゼツ)。舌は活発に動くもの動かすもの。特は先端。
  前歯を指でおさえて「ア」各自行う。 磯貝塾長チェック。
   ※自分の気に入った音を出しなさい。そしてその音が相手(外)に対して
    どうか考えなさい
 (3)子音調音
  ・子音は母音のジャマをするもの。
   自分で上顎の歯茎をなめる
(Ex-3)鏡をみながら舌先で「ナ」
  発している時の自分を観察する。(各自)
  鼻~口の状態をみながらどの状態の時良い音が出るかみつけ出す
   :「ナ」(各自)
  調音の感覚 「ナ」と言うのではなく「N」を「A」で出す。
 ◎舌の先端をほそくする
  母音連続の際は口の形を変えていく(口唇だけを変えるわけではない
  内側も)
(Ex-4)舌の押し方を少し変えて「ダ」 「ダ」、「ナ」各自練習
  意味あいや自分の情感よりも前に音をつくっていく。
  ”かまえ”をつくる。(音を出す前の口の状態)
(Ex-5)「ナ・ダ」(各自)←これをくずさないように 「ナダラカ」(各自)
  上顎歯茎音、鼻に響いているかどうか  「ナ」:上顎破裂鼻音
  上顎骨と鼻を意識して「ナ」(各自) 鼻は外から意識する。
  かまえをつくって「ダ」(各自) ※鼻にぬかない
 各自行う。「ナ・ダ」、「ネ」 ※「エ」で舌をひく、「ニ」※前歯のちょっと上の上
 顎で、「ナ・ネ・ニ」

(Ex-6)「オ」:長いパイプをつくる。たて口にし前へ出す。(指を入れて口を
     内側から前にひっぱる)
  ◎「オ」と言うのではなく「オ」を響かせること
  「ノ」、「ニ・ネ・ナ・ノ」 (各自)

 ◎調音することは、核音を決めていくこと
 ・「ウ」について 現在不鮮明母音になっている
  舌先で上顎をなめて、たて口にして「ウ」(各自)
(Ex-7)「ウ」に向かって「N」から舌を動かして「ヌ」、「ニ・ネ・ナ・ノ・ヌ」
      (各自)
  肩、首まわりをほぐす。
 ◎下顎から舌が分離できるかで言葉さばきが変わる
 ・上顎の感覚で言語から自分にくる明晰さが変わる
  自分語だけでなく共通した音声を獲得していく
  音とはそのことを表している  聞けば想像できる
  「イ・エ・ア・オ・ウ」、「ニ・ネ・ナ・ノ・ヌ」(各自)
  首のうしろ、口のまわり、鼻の奥、よく使ったのでほぐすこと
 音声さばき、音声がどのようにつながっていくか

◆本日の磯貝語録
 自分が気に入った音を出しなさい。
 磯貝メソッドの調音とは、各自の持つ母音、子音の中で最も明瞭性の高い
 音点(核音)を持つことを言う。

◆本日の感想
 前回の母音調音をふまえ、上顎子音と舌の使い方を学びました。下顎の筋
 肉や顔面の筋肉も使うようになりすごく疲れました。日本語を正確に喋るとい
 う事は体力を使うことだな、と感じました。
関連記事