FC2ブログ

ことば音声基礎(12/16)                     《ことば系》

12月16日(水)ことば音声基礎

講座テーマ「3ヶ月講座 総集編」

[1]ストレッチング(磯貝塾長) 
 ・床にすわって呼吸を合わせ前屈
 ・大の字にあお向けになり腰をひねる  左右行う。
 ・立位:ロールダウン、上体を左右にふる(手の重さを利用して)スクワット
  ※スクワットをする際は自分の体をととのえながら行う。
 ・イスに深く腰かけてイスのはじを手でおさえ、足を浮かせて足ぶみをする。
  足先はフレックス
 ・股割り 柔道の胴じめをすることで腹部まわりを強化する。

[2]基礎技術復習「呼吸法」
  ◎丹田呼吸による深い呼吸から表現呼吸の復習
 ・横隔膜を下げるため、丹田を使い下腹で吸気。解ほうしながら、呼気→横 
  隔膜を上へ上へと、腹部をつかう。
 ・自分の思いを入れないで出せるようになる。深い位置で強い呼吸が出来る。
 ・はくことが目的の呼吸法です。表現呼吸法のひとつ。(声の直進性がでる)
 ・届く声につくりかえるのが芸人。深く長い息を使えるようにする。
 ・鼻の下とオトガイ(支え)をつなぎ吸気する。(鼻腔をつかえるようにする。
  たて口)
[3]ことばの品度を上げる技術、全復習と演習。
  (1)アーティキュレーションと舌
 ①「母音の正しい音」舌を変える→平舌を細舌に(口のかまえをしっかりと)
 ・5母音を口で言おうとしない。響きをつくる。調音点を考慮して使い分ける
 ・細舌で調音点を使い「イ・エ・ア・オ・ウ」(1人ずつ)
 ・調音点にあてた声は、同時に、口腔の奥をひびかせるためにもどす。響か
  せる
 ・自分はできているつもり。または、できないだろうという気でやらない。しっ
  かりと開く
「実際はどうだ」ということが”わかる”ことが重要
 ◎口で言わないで喉で言う平舌、横口は口喋りになり必ず品度がおちる
 ②「子音と舌」:下顎で支えて舌先で上顎をはじく
 「カガヤカシイ」(各自)、「ナ」(各自)懸よう垂と鼻の下が鳴らないとだめ「ん」
 「ナ・ニ・ヌ・ネ・ノ」(各自)、「ノロノロダ」(各自)※「ダ」をすてちゃダメ
 ③「アクセントとイントネーション」言葉のエネルギーやりんかくを正しくする
  方法
 ・イントネーションとは波をつけること。日本語では語尾につけるため最後ま
  で方向性
 がわからない
 ・イントネーションはこれから考えてこれからつくっていくもの(日本では)
 ④「読み言葉・話し言葉」出す前に聴く力をつける。受ける人が聴き易いもの
  をつくる
  ・日本人は”わかってくれるだろう”と思って発してしまう。また自分にひきつ
   けてしまう
 ⑤「キャラクター」先ず人の性格、性質とは何かを理解する。勝手な思い込
  みはダメ。
  ・テキスト、作品中のキャラクターは、自分の思いで造型しない。
[4]五種総集編
 Q:どの講座が役立った?興味があった?各々疑問点は?
   全員1人づつ意見をのべる。
 ・とてもバク然と話していた。1つ1つやっていくしかない
 ・自分をしようとしている時には自分を発見できない
 ・喋ることに対して今までうとすぎたんですね
 ・うまく喋れない原因が新らたに分った。
<塾長談>
 人は、体も心も日々少しづつ変化しています。毎日のことなので、あまり強く
 認識せず生活しています。しばらく逢わなかった人から、色々と変化を指摘
 され、ハッ!としたり、否定したりします。
 声やことばも全く同じで、使っている本人はその変化があまり分っていないも
 のです。残念な事に、普通の日常生活での変化は、良く変るより下向き変
 化が自然です。そのため良い状態の人生を送りたいなら、こまめに声もこと
 ばもメンテナンスが必要となるわけです。

◆本日の磯貝語録
 届く声、伝わることばにつくり直して芸人。
 実際はこうだということがわかることが重要。
 ◎口で言わないで喉で言う。
 ・平舌、横口は必ず口喋りになり、ことばの品度が下がる。

◆本日の感想
 母音の調音をやり直す。大分正確に分って来た。
 この三ヶ月は、色々と新しい発見があり、面白かったです。
関連記事