FC2ブログ

ことば音声改善 ことば直し(2/17)                  《ことば系》

2月17日(水)ことば音声改善 ことば直し

講座テーマ「口、舌の形、1  ラ、ナ行」

[1]ストレッチング
 ・各自
 ・気功法、スワイショウ+スクワット整体法(塾長)

[2]「口をあける」ということ(声と言葉の正しい口開け法)
Ex-1:口角を上下に伸ばした開口/縦口、口唇は外にひらく。
Ex-2:口角を左右に伸ばした開口/横口、上顎と下顎の二種。各自
 ・1.2共、舌先はどこにもさわらず、浮いたまま。後ろ下に舌を引き、口の中
  を広くする。
  「下顎をおろす」 1人ずつ磯貝塾長まわってチェック
 ・少しくちびるをひらいて話すこと  舌がとても動きやすい
[3]母音復習(上記口開けを応用して)
Ex-2.舌先を細くし、浮かせ「イ・エ・ア・オ・ウ」  各自
 ・口の中をひろくして共鳴腔を少しでも大きくし、良く響いた音をつくる。
 ・音を正確につくっていく。言おうとしないこと、良く聴く。
Ex-3.1人ずつチェック
 ・音を出すことをする。力を入れすぎない。出すときに漠然と出さない。後ろ
  に響かせる ちゃんと聞いてない×
  音を出してるなという意識。
Ex-4.各自で「イ・エ・ア・オ・ウ」 磯貝塾長まわって指導

[4]子音「ナ・ラ」調音と舌運動、(上顎音)
 テキストを使って解説:N→破裂鼻音、L→はじき音。
 「ナ」 上顎をなめる。下顎をおろしすぎてはいけない
               →母音の「ア」を正確に出すこと。
Ex-5.「ナ」鏡をみながら各自
          磯貝講師まわってチェック

Ex-6.鼻に息をあつめてから、んナ、ーんナ、んナ、ーんナ、
  『ん~』と音を出しながら
 「んニ、んネ、んナ、んノ、んヌ」前顔面中央が鳴るように、
Ex-7.テキスト
 ナラノテラ、ナニニナル、
 ニレノキ、ニヤニヤ、ニラザキ、
 ヌリモノ、ヌルユ、ヌルヌル、
 ノロマニナルナ、ノリマキ、ノロノロ、
 ネラレヌヨル、ネリマ、ネルトキニナル、
各自、音節発音練習。

 ・文字の意味を思って出すのではなく、その音を出すこと
 ・いろいろ考えられることをなるべく考慮して、落付いて発音する。
 ・不鮮明になっていってはいけない。口の中の音を聴きながら。

「ラ行」:舌で上前顎をはじきながら。思ったよりしっかりと喉を使う。
Ex-8.「ラ」「ロ」全員で発声 「ロジョウチュウシャ」
 「リ・レ・ラ・ロ・ル」:上顎は、はじくよりもなめてやる。
 ◎ことばがうまくいかなくなったら 全部「語」→「音節」にもどす。
  「ウレウ」:音声で出すこと、気持ちが先行すると、息と音声がやせる。
 ◎ラ行は喉をつかわないと日本人は出しにくい。
  下顎のかまえをつくる。舌が下の歯からはなれること せっかくつくった音は
  喉にもどす。

◆本日の磯貝語録
 ・音を正確につくっていく。言おうとしないこと
 ・音を出してるなという意識を強くし、良く口のひびきを聴く。
 ・ことばがうまくいかなくなったら全部「語」にそして「音節」にもどす。

◆本日の感想
 何と意識もなく話して来た言葉を直すというのは大変で、根気のいる作業だ
 ということを改めて実感しました。とても良い勉強になりました。
関連記事