FC2ブログ

ことば音声改善 話し方(2/24)                  《ことば系》

2月24日(水)ことば音声改善 話し方

講座テーマ「読み上げ、伝達の説得力」

[1]ストレッチング(磯貝塾長)
 のばす、ほぐす、ゆるめる。 股関節をゆるめる。ネコのポーズ
 立ちヒザの姿勢で脚のつけ根に手をおきバウンス  正座で中心をとる
 中心感覚について。理屈ではなくすごい感覚をもった人についた人が勝ち
 感覚は欲深く
 心の感覚:心感 ※思うとはちがう 確信のあること
 ◎体の実感として心があるか。
 ◎声は体でしか出せない 頭も体の一部
 ◎芸とはつもりじゃできない
[2]歩行(磯貝塾長)
[3]「読む」と「読み伝える」(テキスト/よだかの星)
 (1)声を出さずに”素読み”をする。(内容、文語、分らないもの等の確認を
   する)
 (2)声を出して”音読”(全員に廻し読み)(読みにくさ、表現個所を確認)
 ・読んだことに対して反応が必要。 「読み伝える」と「読み」のちがいは?
◎声が文字を伝え意味をもつ→意味をもった声でなくてはいけない。
  現代 携帯電話:一方的、目的がなく話しをすることがある
Ex③”鷹”としてセリフを読む (各自)
Ex④”ちいさなおしゃべりの鳥”のセリフを読む
  鷹とおしゃべり鳥の想像絵を描く
Ex⑤ちいさなおしゃべりの鳥、”どう鳴くか”、”どう動くか” そしてセリフを読
  む(各自)
 ◎想像しても具体的でないと役立たない。バク然ではなく、リアルで詳しく
 ◎声で具体的にしなければダメ
 ・つもりではなく実際に見てみなければいけない 知識だけあっても×

◎「読む」:声で立体的具体的にする。文字内容を声で説明する
 ・朗読をするときは全文覚えること。覚えていて見て読む
 ・段落が変わったら声も変えること。
 ・自分に向かって読まない。対象を外につくる。・字を全部音として出す
  わかりながら読むこと。声を出しながら納得する

 ・具体的、実際どうなっているか。いいかげんな想像→思いになってはダメ。
 ・書いてあることだけ理解していても相手には伝わらない。
 ・質問された際に、明確に答えが出せること。

 ◎価値あるものを出していればみんな聞く見てくれる→伝わる
 ・いいものがあれば(知っていれば)それを目指せる。
 ・自分のできることから少しずつやるのではなく、一挙に最高のところからお
  りてこようとする

 ◎聞き手に残る読み方 喋り方

Ex⑥ 「よだかの星」各自で読む。・さっきのは早かったのでもっとゆっくりと。
◎句読点の処理:つなぎ読み。 ・テキストは手でもって読む(顔をかくさない)
  「つなぎ」長い文章では点で止まらず次につなげる
       次を引っぱり出そうとする  説明だけでは×→死に読み
Ex⑦一人ずつ「こんな調子です。~」読む 磯貝塾長指導・チェック
 ◎声で聞かせて声を聞かせる
 ・書いてあることは全部やらなきゃいけない マルまでしっかり読め
Ex⑧「こんな調子です。~」各自 ◎しっかりとエネルギーの高いものを出す
  目指すものがあってやっていること

◆本日の磯貝語録
 ・感覚は欲深く  ・体の実感としての心がほしい。
 ・意味をもった声を欲しくなること。  ・声で具体的にしなければダメ
 ・残す読み方.喋り方  ・声で聞かせて、声を聞かせる

◆本日の感想
 読み伝えるを学びました。書いた文字を声出して読む事は沢山の事がから
 み合って出来てる事を知りました。ただ読むのと伝えるのは大違い。うまい
 読みとへたな読みも大違いでした。とってもお面白いです。
関連記事