FC2ブログ

ことば音声改善 話し方(3/10)                  《ことば系》

3月10日(水)ことば音声改善 話し方

講座テーマ「会話の聞き方、話し方」

[1]各自個人指導によるストレッチング

[2]前回までのストレッチで、自分で一番楽しかった種目を2つ発表。
  全員でやってみる。

[3]”気”のエネルギーをキャッチする演習。
 1)両手の平をよくこする。手指、手甲、手首を良くこする。
 2)手掌の中心を良くマッサージする。
 3)手掌を向い合わせゆっくりと近付ける(30㎝から5㎝まで)
  ゆっくりと開いたり、近付けたりする→チリチリする。暖かくなる。ピリピリする
 4)手の中心を強く意識し、3)をゆっくりくり返す→熱の線を感じる。
 5)、4)の手で自分の身体を様々シックリとやってみる→肌が熱かくなる。
   ジーン
 6)、4)の手で、顔、顎、耳上の側頭部をさわってみる(5㎝くらいはなして)
  手の中心を左右意識する。→眼が良く開け、音が良く聴こえる。
 7)立位で、リラックスし、6)の両手をゆっくり解放する。→良く聴える。
  そのまま集中すると、色々な音がきこえてくる。

[4]話の聞き方、話し方、演習
  A、話者(1人) B聞き手(2人)
 (1)話し手の気の生理、聞き手の気
  平生のリラックスした状態又は、緊張状態でなく、前[3]-7)の情態をつ
  くり、聞き手の[3]-6)の位置(二人共同じ位置)を意識し、つなげようと、
  相手の側頭に向け気を投げる。
 (2)A、B共上記の同じことをする。
 (3)A、昨夜の雪降りのエピソードをBに向い話しをする。
  Bの二人に対し、①二人一緒に聴き位置に向い気を投げながら話す。
  ②1人、1人変えながら話しをする。
 (4)Bは、各自、気を聴き位置まで、上げて聴く。
  Bは、全く自分の気を意識しないで聴く。
 ・B:意識が集中している時の方が、良く分るし、Aの表情まで良く見えた。
  気を抜くと何となくしか分らなかった。
 ・Aは:Bが、集中している時の方が、巣倍も喋り易かった。いつも喋るのが
  へたで、何を喋ろうとこまるのがとてもスラスラと話せた。
 ・Bは:自分が集中しているときの方が、聞き易いし、お面白かった。
  聴きながら、同時に色々な事を考えられた。
 ・両方が耳の上の緊張を少し入れると、相方が楽である。

[5]聴き手の溜意点。
 1)相手を緊張させない。
 2)、[3]の6)、7)で聴くクセをつける。
 3)話しを主観で聴き、思い込みをしないこと。
   出来る限り客観的に聞き、話しの実体をとらえる。
関連記事