FC2ブログ

発声・呼吸基礎(3/16)                     《ことば系》

3月16日(火)発声・呼吸基礎

講座テーマ「試演会=総復習会」

[1]個人トレーニング

[2]演習
 1年間の最後、区切りをつける、どこまで進んだか自分で確認する。
 芸術の基をつくっている途中である。1年間の復習。

(1)腹式呼吸(丹田ささえ呼吸)
 膝をひらいていすに浅くすわる。前傾、あごやや出す。
・まず息を出す。「S」唇でなく歯の間から出す(噴射する)
外気を入れて、身体の中の「気」を添加して「息」にし、喉を通過して「声」に
 する
・真正面に向かって息をまっすぐ通す。小刻みに出す。
・息を口の中のある箇所にあて、口の中をひびかせる。吐かない、こもらない
・「S」を口の中。舌先に向かい強く息を吸う「Su」。下唇とオトガイの構えをつ
 くる、たて口
・舌を奥にひっこめる。(子音のための舌のスタート地点をきめる)
・舌を上あごにあてる。歯にあてる「ch」チを発声する。繰り返し練習する。
言う人よりも、きく人のために音をつくるためのトレーニングである
・唇の内側をなめる。唇をうすくあわせてはじく(無声のピ、ペ、パ、ポ、プ)
・エネルギーが瞬間集中し破裂した音をつくる。子音のいい音をみつける。
・「M」唇の中央1/3をひらいて「ミ、メ、マ、モ、ム」唇から口の中をならす。
・下唇に強いエネルギーがあり、息が鼻まであがる。
どこで音をきくかどこの音をきかせるか。(わずかでも喉は必ずある)
・「B」唇の外側から中心に音を集めるようにして「ビ、ベ、バ、ボ、ブ」
(上唇から唇の中心から遠くに出す、エネルギーを集中させる)
・「W」「B」に近い口で口の中にひびかせ、のどにもどす。閉鎖音
 「ワレワレハ」の「ハ」は助詞の「ハ」ヤマトの音(古語音)
・「S」唇あけて、歯は閉めて、歯の内側にすう。喉にもどす「シ、セ、サ、ソ、ス」。
(まずは腹を入れる時に「S」を出す。訓練がすすんだら、腹を出すときに「S」
 を出す)
・「N」歯茎をなめてはじく。鼻はぬけている。音が横に逃げないように。
・「L」たて口にして舌骨から舌をさげる。舌を歯茎にあててから息を出す。
・「D」舌翼を上奥歯にくっつける。舌先を上あごではじく。
・「T」舌を奥に下げる、唇が少し横にひろがる。舌先を上あごではじく。
    オトガイから音をはじめる。下あごを動かしすぎない。「トゥ」を「ツ」にする。
・「K」「くつがなる」ひびくところを細くして、苦しくない。
・「G」「K」の舌先を丸めて押し上げる「G」。下あごぬかない。
あごの形をかえないで、舌をうごかして音をかえる
・「Y」「イヤ」「イユ」「イヨ」に近い音。まとめるために下あごの構え。
・「H」下の歯のいちばん奥に舌があたらないようにおろし、軟口蓋にむかって
 息を出す。奥歯の裏側をならす。

・「母音」舌の中心(舌先から喉まで)の筋で母音を実感する。
・舌の左右の動きを舌の中心で統制し、同じ動きにする。
・それぞれの音の調音点をつなげて「ことば」をつくる。
あなたの「ことば改革」をする
 しゃべる→書く→打つ。音がだんだんおろそかになっている。
 使い捨てのことば。消耗言語が多用されている。
◎今までの日本語=意味が伝わる音+出す人の状態を伝える
◎これからの日本語=”音で伝えることば”に、きいてもらえる音をつくる。
・調音点から喉にむかって、舌の中心線で「イ、エ、ア、オ、ウ」を発語。
 舌小帯は舌の裏側の中心線
 外に出さずに口の中にひびかせる
 磯貝テキストをつかって音をつくってみる
・吐き出す音、吐き出さない音をつくり、また新しい音をつくる
 「錦の御旗」わからなかったら字引をひく、漢字を知る。
◎私達は言葉の基である音を喉、口、舌、鼻で正確発音する事をやって来た。
◎これから、その音を使い言葉をつくり、文を作り出して行く。
我々は音に戻れる、基になる音をもっている

感想
 A 消化不良。頭でなく身体で考える。腹におろす。
 B 2、3ヶ月するとわかることがたくさんあった。
 C 2年目で新しい発声法の手ごたえをつかんだ。
 D ひとつひとつのことばが大切で実感をもつことが大切
 E 口の中をひびかせる。舌の使い方。丹田を使う。かすれない声。ひびか
   ない声改善。
 F 丁寧にできた。身体の実感が大事。たくさんの人と接した。
 G 母音と子音の確認。オトガイと口の中の中心の意識。

◆本日の磯貝語録
 あなたの「ことば改革」をする
 舌の中心線で母音を実感する
 あごの形をかえないで、舌の動きで音をかえる(活舌)

◆本日の感想
 1年間の総復習でした。口の中の響きで言葉をつくり、舌のうごきで
 音を変えるなど、ここに来て教わったことの再確認が出来ました。
 やはりむずかしいのは、下アゴのオドガイの構えです。
 時間をかけてマスターしてゆきます。
関連記事