FC2ブログ

セリフの声とことば講座(7/7)

講座テーマ「セリフの言葉と吸収」

[1]各自ストレッチ

[2]地声発声/日本語の地声発声をつくる。
  (1)予備練習“鳩鳴き”
    ・丹田のささえ。口腔を深く広く。全胸部共鳴、頬肉。
  (2)地声共鳴演習
    ・軟口蓋(口蓋垂)を閉じる。下顎骨を下げる。ア音発声練習。
    ・言葉調音のためには息は前に。横口に逃げない。
    ・前顎骨でのささえとひびきをしっかりと。
  (3)地声で読む話す
    ・テキスト『高瀬舟/森鷗外・作』を読む。情念を表わす声。情と声と生。

[3]レポート発表「イメージについて」その2
   3名発表


情念という言葉をあまり聞かなくなりました。
人によっては一時代前の何かドロドロしたものとか、
ヤクザの世界などと言われそうです。
演歌は情念の世界とは今でも言われています。

一方日本語は“地声発声”であるとよく言われ、
その様に認識しています。
磯貝メソッドでは地声発声(共鳴)は“これこれこういうもの”と
具体的に規定しています。

胸声(胸部共鳴)の一種類ですが、むしろ上部前胸部と、前頸部、そして下顎オトガイ部を主に発声共鳴させる声です。
勿論ナ行やマ行は鼻腔共鳴を併用します。
ほとんど上顎骨、頭骨のひびきは使わずに構音します。
どちらかと言うと少し暗めで輝きの少ない声です。
外部にはっきり伝えるためというより、自身が確認実感している様な声とも言えます。

母音の多い日本語話者には適しているようですが、もう少し大きく、もっと遠くまでという時には出力不足のようです。
無理に大きな声にすると、嗄れたり、思ったより簡単に喉を潰します。

この地声を使い、自己確認と自己発散型の生活をし、喋り、
話しているのです。
これが正に日本人の声のコミュニケーションなのでしょう。

関連記事