FC2ブログ

ことば発声レベルアップ講座(7/8)

講座テーマ「話し言葉表現と聴者認識」

[1]ストレッチと準備体操

[2]基礎技術復習(声とことばのための)
  (1)呼吸練習:胸部(郭)→横隔膜→丹田→鼡径部→会陰部
  (2)ささえ呼吸練習:丹田ささえ法、横隔膜ささえ法
  (3)息継ぎ(ブレス)の方法-深さと早さ、そのささえ
  (4)呼吸と声をつなげる

[3]話し言葉表現と聴者認識
  (1)話し手の意識と聴者認識ということ
  (2)話し手の感情:快感情、不快感情表現の差、ちがい
  (3)コミュニケーションの ①説得力 ②伝達力 ③聴者意識
  (4)話し手の最適心身状態(気持ちが先行しない)


◆日本人は他人の事に気を使う人達だと良く言われます。
(関係の気づかい)
しかも、どう思われるだろう、どう言われるだろうと事前の気遣いは
相当です。

けれどひとたび話し始めると聴く人の事、特に聴いている人の
今の種々の状態の変化をていねいにキャッチして話したりしません。
むしろ相手よりも自分の考えや気持ちをどう伝えるか、という事が
先行してしまいます。

ていねいにしっかりと聴き、相手の表情や態度を正確にとらえれば
言葉少なめに伝わるものです。

実のところ自分の気持ちや思いを正しく人に伝えることはむずかしい事です。
本来、言葉とは相当論理的なものです。
一方気持ちや思いは原則主観の領域で論理的に表わすことは中々むずかしいです。

この非論理である気持ちや思いを論理化するのが言葉ですから、
言葉の条件や法則にそわないと、何を話しているか分からないのは
当然です。

文章なら文字化できるので大分すくわれますが、
話し言葉は残らないしやっかいです。

私達は声の高さ、強さ、スピード、はっきり度からはじまり、
どう話したら良いかという「話し方法則」を現代日本語として
持っていません。

各自の経験則が頼りですから、皆まちまちであるのは当然です。
せめて今話している目の前の時々刻々をていねいに意識
する聴者認識からはじめてみて下さい。

関連記事