FC2ブログ

表現の声とことば(5/10)                     《ことば系》

5月10日(日)表現の声とことば   

講座テーマ「    」
[Ⅰ]資料‐詩歌資料 日本の上中古代歌謡と和歌 
(1)歌謡 ・古代歌謡(やまとうた)  平安以前
  「歌」-中国から入ってきた漢字を当てはめた
  「うた」-自分の気持ちを拍子をもって表すこと

(2)和歌 現在、私達が“和歌”と言っているのは短歌の形式 

[Ⅱ]万葉集 資料‐和歌詠みテキスト
(1)歌学 意味を捉える前にまずひたすら書く。ひたすら読む(詠む)
  そうすると詩情が涌いてくる ←×→社会学的アプローチ

  詩意をわかるためには-辞引を引き意味をとるが、詩情という全体感
  なくなってしまう。

  「情」  身体的なもの→全体感
   ↕
 「意味」  頭脳的なもの:解釈原理
   
 ・古代のうたを復活させる動き
  古事記、風土記(その土地の歴史、その土地の人)
    ↓(古い)
  神楽歌・・・やまと民、縄文人
   ・田植え歌、蛇をまつる歌など(蛇は神の化身)
   ・BC1000以前から行なわれていた。
⇒日本の芸、日本語の元を探ることができる

(2)詩歌は歌。節をつける(音)⇔文学的読みではない。

 ◎芸能の基本は考えさせないこと。分かりやすい事。共有感あること。
  精神・心身の躍動のあること。

 歌の世界は(歌情・詩情)は優雅な世界。
   ↕
 意味、情景を追いかけると考えることを始めてしまう。
   ・考える頭と解放する脳がある。歌は解放脳の仕事

(3)<実践>声をだして詠んでみる
 ・やってみて出てくるものが正しい。知らないなら自由にやればよい。
 ・陥る点①照れくさい
      ②どうしたらいいのだろう。自由に振舞えない

 ・昔の位の高い人は男女問わず裏声で歌っていた。
 ・自分とは違うものになれるから歌をする。/理屈じゃない世界
 ・安定するとつまらない。即興が一番面白い、芸の面白さ
 ex)譜面化するとそれを守ろうとする。→考える世界に入ってしまう。

 ◎芸能は解放する装置
   詩自体が凝縮されている。それを解放する。
 ・芸能は思うにまかせてやるのではなく、印象深い箇所を作る。
  狙わなければならない。身体・空間的なため山が作り易い。

 ◎詩をやること→言葉から人間を、人間から言葉を解放すること。
           声で解放しなければならない。

  《声は人間を凝縮もさせれば解放もする

[Ⅲ]オノマトペー (資料-ヴォーカルアクチュアルプレイとオノマトペー1,2)

 ・オノマトペー・・・意味でなく感覚を追いかけるもの
            その音が出ていれば通じる。

 <実践>オノマトペー テキスト[Ⅱ]
     「ア行」~「タ行」まで
→輪になってオノマトペー1つづつ順に声に出し、同時に身体表現をする。
  ・表現性のあるもの、そうでないものがありそうだ
 ○身体性-体を使う。声を使う。精神(心)が動く。

 <感想>
 ・音からイメージするものが、皆、同じものをイメージしている。ズレがない。
  もっと表現できる。
 ・面白かった。似た言葉で「ッ」「ー」が語尾につくものを変化をつけたかった。
 ・自分の感覚、内部感覚の広がり縮まり、重さなどの変化が面白かった。濁
  音がやり易い。
 ・音の高低が面白い。高い音が楽しかった。
 ・状態が変わるのが体でも感じて面白い(例:サラリ、ドロリ)
 ・自分の心情、心の数が足りない。文字の形になろうとしすぎていてた。
 ・身体が発した音がやり易い。身体に馴染む。複数意味の取れるものは、ど
  っちでやったのか分からなくなる。外部のもの、視覚などは難しい。
 ・清音のものは身体表現が下手。濁音の方が表現が生々しい。

やってる面白さが、観て、聴いて面白いに転換できるか?
  条件 ・ちゃんとした声が出ている
      ・身体が使う        
   
「ヌルヌル、ノロノロ」…2つを使い分ける、切り替えができる(言葉、身体表現)

◆本日の磯貝語録
 詩歌朗詠朗唱は、言葉を身体化する最適法。
 芸能は解放する装置。
 声は人間を凝縮もさせれば解放もする。

◆本日の感想
 万葉の詩に節付けて歌い、面白さを感じた。
 オノマトペーは楽しい。体を使い表現するとき、思い切ってやると、他人に通
 じることが分かった。発散できて楽しかった。    
関連記事