FC2ブログ

表現の声とことば(11/15)                     《ことば系》

11月15日(日)表現の声とことば

講座テーマ「日本の古典 歌舞伎『八百屋お七』③」

 ・ストレッチ/腹回り~全身-蹲踞
 ・足の裏(の感覚付け)ーすり足/ペタペタと音を立てて歩く
    ↓
  草履で生活していた。
 ・手打ち~足踏み
 (着物の)女性は拳1つ分の足幅でふむ。
  "間"を感じながら踏む。
 ※”間”は自分の身体にある時間。

〔1〕台本演習p140~
 ・誰に言っているか。どこから聞こえてくるかの見当はつける。
 ・字は虚。虚を読みながら実にする。
 ◎スピード(虚→実になるスピード。間の変化がある)

 「おまえ」という呼びかけ:現実的な親しさとは違う「あなた」「御前(おんまえ)」

 ・台本上:カタカナ記述:心情芝居ではなく「音」にしてだす
 ・お七のキャラクター:根っから明るい子。だが同情を誘う病弱なところがある。
              芯が強い。
             →台詞の中でどうキャラクターを出すか?

・本の読み方①広げ読み:関係性など分かる
        ②深め読み:語句そのものの真実を探る。

  ・歌舞伎ゼリフ:原則喉があいたまま喋る。喉声を直接きかせない。

◎長兵と後家の掛け合いp143~(2人一組)
  ・人の台詞を聴いて反応できなきゃいけない。
  ・浮いたらダメ。
  ・縦書き。上から下に流れる(意味・感情なども)
  ・帯を締めることで腰が入る。その感覚を持ってよむ。

◆本日の磯貝語録
 台詞(字)は虚。声と体で実にする。生々しい実、伝わる実をつくるのが役者。

◆本日の感想
 歌舞伎の台詞まわしの面白さを感じ体験できた。そこで身体の使い方を改め
 て見直し、難しさを痛感しました。見るとヤルとでは大ちがいですネ。
関連記事