FC2ブログ

表現の声とことば(3/14)                     《ことば系》

3月14日(日)表現の声とことば

講座テーマ「即興と表現力③ アンサンブルのアドリブ」

〔Ⅰ〕準備運動と身体表現基礎(塾長)
 ①手をこすり合わせる→手首・腕をさする
 ②踏み足:慣れてきたら足のスタンスを変える。
        丹田をぬく・入れるなど感覚を変えながら。
 ③肘とひざを使って動いてみる。四関節を同時に動かす。

 *表現のエクササイズ③を使ってパターンを作っていく。

〔2〕即興表現③「アンサンブルのアドリブ」
 ・即興は原則反射。だが「考える」知的回路を経てないとダメ。
 ・自分の内で反射で起こったことを成立させるのは身体。
  心情的にならないため、声に出す。体を動かす。

(1)即興演習ー身体と声
  1)手の表現、声、喉の表現
  「ハ」「ヒ」「フ」「ヘ」「ホ」を発しながら手で表現。
  身体表現は大きい方が良い。
 <エクササイズ>
 Step1.両肘、両膝、4つの関節をつかって身体表現
     *関節主導
    ・合図に合わせて動く。しっかり止まる。
     身体動は美しくなければならない=形が決まる
 Step2.身体動に顔の動きをつける。
    *動きのマンネリ化;丹田、仙骨の意識を高め
    *顔の表現=声を出す前提。喉はあいている。
 Step3.声もつける。
  ①「ハ、ヒ、フ、ヘ、ホ」 *ハ行は日本語で一番深い音
     *アンダーコードの声
  ②「マ、ミ、ム、メ、モ」(顔の表情中心)
  ③「ギャ、ギュ、ギョ」子音、母音の距離を短く、母音を伸ばさない。
                 圧縮した音声と身体表現。
口と喉と体が一致してくるとキレイ(喉を深くあける)
     ④「ニャ、ニュ、ニョ」

  2)1人2つ感嘆詞を書き出す(2×8=16)
     その中から2つ選んで身体+声の表現をする
  オノマトペー感嘆詞
  ・ヒョー ・アキャ ・ハッ ・ホッ ・ハァー ・オゥッ ・ギャッ ・キャッ
  ・ギョエー ・ドヒャー ・エーッ ・ゲーッ ・ワヤッ! ・ググッ ・トリャー
  ・アリャ ・ウヮー ・アチャー

 *手の表現(手首・指)形が決まった時、静止する
  ・声だけだと上に上がる。体を使うことで下に降ろす。

(2)表現とでたらめ(アンサンブルの即興、2人一組で)
  ・即興はほとんどダメ。だからこそ有効なものはインパクトが大きくなる。
  ・体、頭、声がどういう状態のとき有効・無効か。
  ・芝居の中(のインプロ) 受けることも重要
  ・受け芝居は自分の内側に入れない。皮膚で反射するスピード

<題1> A「これどうすればいいと思う?」
     B「逆さにして振ってみたら?」 をきっかけに即興芝居を作る。

   ・口が先行しないで身体の動きが先行すること
   ・全てを観せる。(動き)内側に引き込まない。
   ・地でなくなるように。 *キャラクターを設定する必要はない
   ◎冷静でないと即興はできない。ただしHiエネルギーの

<題2> A「もしもし亀よって知ってる?」
    B「あ、100円で売ってた。」

 ◎インプロ・身体性が強くある。
  *振りが不鮮明なところは、言葉も不鮮明
  *聴くという動作
  *相手が受けやすいように投げる

 ◎即興はまず動きから入る⇔口先行

生き生きとした即興 ①発声 ②言葉が流れない

<題3> A[そろそろ桜が咲きますよ」(立って)
     B「梅は散りましたよ」
<題4> A[夜中の3時になると毎晩目が覚めるんですよ」
   ・ドラマを作る
   ・自分で勝手に、こういうドラマというのを作っておく
  →どういう流れになってもドラマがつくれる。
   ・使えるものを作るぞということ、そっちにいく。

<発表>
 ・聴こうとしている→自分の中に入れると苦しい。反射させる。
 ・喋り先行ではない。
 ・負ける方は早口になる。敢えてゆっくりにして自分を取り戻す。
 
 ・台本がない。自分達で台本を作っていく
 ・一緒に台本を作っていこうという意識がないとダメになる。
 ・デタラメから有効なものにしていく。
 ・相手がデタラメをしても、どう有効にもっていくか、作為でなくできる。

 ・やっていることが面白くて笑ってはダメ(地に戻っている) 役に没入しても
 ダメ。
 ・やっていることを冷静に見ている自分がいる。
 ・演劇:ある特殊なしつらえられた空間に入る。
 ・切りかえし
 ・表現のゼロ

◎即興芝居は厳格で冷静。だからピッピッとやり取りできる。
 フザケが入ったら終わり。

 ・全部聴いて、終わるまで待って出す→有効な芝居ではない。
  聴きながら何かがおこっているはず。
 ・無の状態で出されたものを確認しながら乗っけていくのは難しい。
 事前に自分の中でのライン。見通しを持っておく必要がある。

2)身体の即興(2人1組/机1・椅子3使用可)
 ◇仕草の芝居
 条件:A・・・椅子に腰掛けている  
     B・・・下手よりIN
    2人は知り合い

 ①2人で相談してストーリーを作る
  )それぞれの人がどういう人かをまず決める。
  )2人の関係を決める
  )場所を作る。レイアウトを決める。

  ・状況をセットする。その中で動きを作る。
  *身体が動けば、頭も動く

  )セリフを作る
     動線でここにきたら、このセルフを言う(動き先行でセリフを作る)
   )実際動きながら、確認。台本を固めていく
※作りやすいこと。見ている人が分かりやすい。説明が少ないことがPoint
  セリフが長いとOut

<中間発表>
 ・内面の状態を考えすぎ。心理劇に入ったらアウト
 ・お客は動きをみている
 ・心理からではなく、動きから芝居をつくる
◎次から次へと芝居を繰り出すところにドラマが生まれる
 ・誰が見ても分かる表現をする
 ・芝居を作るー何を観せたいのか
 ・普通のことをやってもドラマにはならない
 cf)普通に起こすのではない起こし方。
◎芝居は1日24時間を5分くらいに圧縮、もしくは5分くらいの出来事を
  間延びして3時間くらいにしたもの。日常の尺度とはちがう。
 *ナチュラルでできるのは、ナチュラルでないものを知っているから。
 ・心のハイスピード
 ・発するだけでなく、相手に質問させる頭
 ・テンポをかえる
 ・Aが動いたら、次にBが動かないと芝居が止まる。
 ・俳優プレッシャー、追い詰められた時、まず足を使って動く。
〇インプロで芝居を作る時は、原則喜劇
 ・思い出芝居はNG
 ・感情で何かするより、格好でみせる
 ・形が決まることで、感情になるし、声にもなる。
 ・喉・笛(より下)で芝居をする

●即興は芝居の最高峰にある
 ・初期段階でやると、ある感性が覚醒する
 ・即興芝居は洗練芝居
 ・即興の意外性・確実性があることで、芝居にキラッとしたものが生まれる。

◆本日の磯貝語録
 即興は自然の観興の最高の瞬間。芸の即興は意を超えたもの。
 言葉の即興は知の蓄積をつきぬけたもの。体の即興は美に照らされたもの。

◆本日の感想
 “即興”をやりました。“表現の最高な味付け”だそうで、瞬発力に高いエネ
 ルギー頭と身体の回転が必要だと感じ、理解出来ました。考えたらダメ、出
 鱈目はもっとダメというのがズキッときました。
関連記事