FC2ブログ

歌たのしくなる発声初級(3/6)                  《音楽系》

3月6日(土)歌たのしくなる発声初級

講座テーマ「試演会『日本語の歌』」

[1]声出し、各チーム打合せ

[2]チーム毎練習、GP(10分間ずつ)
<直前レッスン>
(1)「元気に笑え」チーム
 ・入りの準備早く
(3)「つばさをください」チーム
 ・明るく、口の準備早く(口が遅い)
(2)「雪の降る町を」チーム
 ・〔女性〕後ろに抜かない、前に向って。
 ・〔男性〕胸から。口早く。前へ。
 ・〔全員〕頭の中で歌わない。前に出す。顔恐い。

[3]試演会
(1)♪元気に笑え
1番-Aさん、2番-Bさん(「アハハ」からは2人で。2番まで)
(2)♪雪の振る街を
1番-女声(Cさん・Dさん)、2番-男声(Eさん・Fさん・Gさん)、3番-全員
(3)♪つばさをください
1番-Hさん・Iさん・Jさん、2番-Kさん・Lさん・Mさん(「この大空に」からは全
員で)

[4]講評 ※(イ)磯貝先生 (ア)青木先生
・Aさん
(イ)緊張症。なんとか逆転できる感覚がつくと良いが…。他の場面にも役立
  つようになる。歌いながら目をつぶらない。
(ア)目線うろつく。舌の使い方。
・Bさん
(イ)声出てきた、息も流れてきた。自分で「音楽、楽しませてやろう!」。大人
  の歌にしたい。楽譜通りにやれば良い。
(ア)口の外を開き過ぎ、縦口で。メロディー(音を点でとらえずに)
・Dさん
(イ)口唇が動き過ぎ。中でやっていることを壊してはいけない。
(ア)高音を「高い」と思い過ぎない。もっとイキで。
・Cさん
(イ)首と腹を自動的に固くしている。柔軟にして下さいネ。自分を解放する法
   を自分で発明する=音楽する。前に向って声を出す(ブレスいくらしても
   良い)。もっと自分の声を聴かせること。
(ア)イキを使わない(もたせようと思って)ことで、イキが入ってこない。イキを
   どう出していくか。口元はきれい、もう少し動きあって良い。
・Gさん
(イ)腹を柔らかく。身も心も直立はダメ。前の人に向って歌いかけること。自
  分のやりたいようにやる。スケートしている感覚。遅い曲でもいかにスピー
  ド感あるか。
(ア)背骨をもっと長いものと感じられると、もっとしなやかに使える。今は鉄骨
  が入っている感じ。
・Eさん
(イ)前に声出す。弓を後ろに引っぱって前に放つ。
(ア)ノドで鳴っている音をもっとイキで前に。表情固い。もっと目をイキイキと。
・Fさん
(イ)持ち声良いのだから、もっと聴かせてほしい。
(ア)もっと、歌うことそのものを楽しんでほしい。身体が後ろに逃げている。身
  体ごと動く。
・Iさん
(イ)リズム・言葉とも良くなってきた。もっとやって良い。顔がうれしそうでない。
  思いきりやる。
(ア)アゴが上がってきてしまう。
・Hさん
(イ)合う曲、合わない曲の差が激しい。聴きやすい声になってきた。コント
  ロールできると良い。
(ア)男性の頭声が見つかってくると良いのでは。もっと軽く。息の使い方。
・Jさん
(イ)言葉さばきが子供っぽい。大人が歌っている実感を。首振ってリズムとら
  ない。
(ア)口先、舌先使って。子音が消えてしまっている。縦口で。
・Mさん
(イ)音楽に慣れること。歌い込みが足りない。「持ち声」は良い、その自分の
  良い声を感じること。まず声を出すこと。
(ア)言葉、口をもっと動かす。もっと鼻開ける。ハミング練習。
・Lさん
(イ)周り気にしないで、どんどんやること。自分発揮する。引いてしまうとつら
  くなってしまう。歌いながら曲にひたらない。「聴かせよう!」とすること。中
  間音をビチッととらえていない、高音も中間音のままで。
(ア)感じている音楽を、人(観客)と分ち合えるように。もっと身体で歌う。
・Kさん
(イ)音楽はルールに従ってやるとできる。なんとなくの雰囲気でやると負けて
  しまう。「掟に従う」。描いてある音楽をやるために発声がある。
(ア)ノドとイキでシンプルに声を出す。
◎「雪の降る町を」チーム
(イ)全員が「暗くて悲しい」と感じているように感じた。この曲は、作者が「次
  があるじゃないか!」という希望の歌。
◎「つばさをください」チーム
(ア)「いま~」が汚かった。

◆本日の『磯貝』語録
 「芸事に終りなし」上のレベルに絶対行くゾ!と決め、もっと上へ、もっと先
 への意欲を!!

◆本日の感想
 楽しかったです。今日は一年の最終日しかも試演会でした。人前で歌うの
 は、とても緊張しますが、今迄の練習成果も分り大変勉強になりました。又、
 一人一人のコメントもいただけるのもいいです。又、頑張るゾと思いました。
 ありがとうございました。
関連記事