FC2ブログ

名曲をうたう(2/2)                               《音楽系》

2/2(木)名曲をうたう

・講座(磯貝講師)
 A Group 音取り(野ばら Sonntag、Wiegenlied)
 B Group ドイツ語読み(Ave Maria,An die Nachtigal!)
       ・子音、語尾はしっかりと発音する(しつこいくらいに)
       ・重母音(au、eiなど)は口(アゴ)を動かしてはっきりつくる
       ・アクセントがそのまま音楽になるようにつくられているので、しっかり調べること
       ・口はタテ口(口の内側も外側も→内側を開けたまま)
       ・語群をつなげて読むようにする
       ・語の最後の子音と次の語の最初の子母はつなげるようにする
         ⇒母音をなるべく長くし、響きを保つため
       ・詞は詞、音は音(メロディ)。伴奏は伴奏で覚える
 B Gr 歌唱レッスン
     ・胸を下ろして歌う(手を当てて、高い音になっても上がらないように)
     ・前頭発声にする⇒こめかみで響きをきく。こめかみまで音がきているかどうか。
              どの音でも響き位置を変えない
     ・息をつなげる
     ・ブレスは鼻で
     ・ドイツ音楽は奥をつくり、前に響かせる
     ・音が高くなっても響きを保つには果てしなくバカな顔になること
     ・頭声、胸声など発声の種類はいくつかあるが、1曲を歌うのに最低5種類~7種類の
      歌い方を身につけないと歌いきれない
     ・だんだんと自分でどの歌い方をすればよいのか判断できるようになってほしい

 ◆本日の磯貝語録:1曲を歌いあげるには最低5種類の歌い方(発声)を身に付けなければならない
関連記事