FC2ブログ

伝わる声とことば(3/7)                     《ことば系》

3月7日(土)伝わる声とことば

講座テーマ「試演会」

ストレッチ(磯貝塾長)
・バーレッスン
 バーを使って肩 を入れ、背中を反らす。
 背中を丸めて逆にのばす。
 回復運動
  腰を左右に回旋させて股関節を緩める
  伸脚、開脚、懸垂、足を交互に引く、振り子運動

ピアノを使った音感訓練
 ・まず、音を"受ける"ということ(ピアノのCの音を聴く)
             ↓
 ・はじめから音を出そうとしてしまうと、キー音と合わなくなる。
 ◎いかにニュートラルにキー音に添えるか。また、その音を歪まず長く
  出せるかが大事。

 ・聴くときは、鼻も喉も開けてものを食べるように聴く。
 ・耳だけで聴いてしまうと、状態がわからなくなる。

 ・音のおもしろさを一番突き詰めたものが音楽。"面白さ"と"変さ"は
  似ているようで全く異なる。その違いを見極めるのはセンス。

 ・"伝わる"ということは、精神的にも内容的にも同化していくということ。
  そのために、様々なものごとを受ける訓練が必要だ。
  音楽を知ることも重要。

見本市の演目を考える
 ・一年間何をやってきたか振り返ってみる。→特に印象深かった内容は?
     
 ・受講生はどういう風に変わったか?
  第一印象と今の状態では、どう違ってきたか?  
          ↓
 ・自分の実感でもよいし、職場などでの具体例でもよい。
 ・どう変わったか指摘してみる。

ミラボー橋を読んでみる

◆本日の磯貝語録
 面白さ:その本質から発する変種または亜種
 変さ :そのものの本質を含まず、基盤や形態は近似だが、相当にずれて
     いるもの。

◆本日の感想
 全員が入塾してから知ったこと、身につけたことなどたくさん持っているのが
 わかった。それから、磯貝先生は一人一人のことを実によく見ているなあと
 改めて感じた。
関連記事