FC2ブログ

歌発声木曜講座(7/5)

講座テーマ「モーツァルト・オペラアリアを歌う・試演会」

[1]ストレッチ+発声

[2]伴奏合わせリハーサル

[3]試演会
 (1)「魔笛」より、パミーナのArie
    "Ach! ich fühll's, es ist verschwunden"
 (2)「Don Giovanni」より、エルヴィラのArie
    "Mitradi quell alma ingrata"
 (3)「Cosi fan tutte」より、フィオルディリージのArie
    "Per pieta, ben mio perdono"
  ※(1)は全員共通、(2)(3)より1曲選択。全曲原語カットなし。
  伴奏:田中知子

[4]演奏後講評会


モーツァルトの音楽は良い、どんな曲をとっても良い、あきる事がない。仕事でオペラをやっていた時期には若かったので時にはちがう人の音楽が欲しいと思う時はあった。もちろん今でも様々な曲をやるし聞く、でもモーツァルトが好きだ。

思えば初めて仕事として接したオペラはコシ・ファン・トゥッテであった。上演のための総こま使いのような事をした。もちろんオーケストラスコアを暗譜したのもこのオペラがはじまりであった。
あれから30余年。おそらく何等かの形(聴いたり、歌ったり、観たり、演奏したり、させたり、勉強したり…)で95%くらい接しているのではないだろうか。

何が一番好きか?と聞かれるのが一番困るのだが今は宗教曲だ。
モーツァルトの音楽は“嬉しい”。
バッハの音楽は、はるか遠くに偉大な神があり、そことつながっている有難さがある。
モーツァルトは、天上の全ての神々が皆音譜となり、星が輝き音を発し合っている様な神々しい嬉しさとすごさがある。ビッグバンが爆発したような感じだ。

モーツァルトのお陰で生れても、生きていても、死した後も“嬉しい事”を知る事が出来る。
多分モーツァルトの音楽は必ず「未来」だからではないかと思う。

関連記事