FC2ブログ

歌発声水曜講座(7/14)

講座テーマ「世界の名歌曲を歌う-試演会」

[1]柔軟、呼吸練習、発声練習、個人リハーサル

[2]試演会  ピアノ伴奏:川村紀子
   A組 歌の翼に/メンデルスゾーン(独)
      さくら横町/中田喜直
   B組 浜千鳥/弘田龍太郎
      荒城の月/滝廉太郎

[3]講評会
   歌はレベルが上がり曲目が変わってくると、自ずとむずかしさが増して来る。
   有節歌曲のドイツ語を正確な発音で覚える等手強くなる。
   曲を把握することも、発声をクリアーすることも身に付けなくては出来ない。
   やる事がどんどん増え覚えなくてはならない。それでも潰されず楽しめる人、
   音楽をよろこべる人は聞く人をもよろこばせる。


◆「歌のテンポと日本語」

私達のあつかう歌には必ずテンポ(速度)の指定がある。
Lent, Andante, Allegro, etc...
中には♪=68などと細かく設定され、メトロノームをたよりに速さを決める。作曲家がこの詩にはこの速さでと決めた速度だ。

日本語は母音主体語である。
音符が長い音の時は当然1つの母音でのばす。
そのため、全体を通し日本の歌は、1拍1音と語尾のばしが
多いため、間延びが多くしまりなく感じられる。

例えば、言葉で言えば「さくら」はひと息で言う。
しかし歌では、「さーくーらーーー」と長い。これをスローテンポでやると、何とも様にならないが、そういう歌で、そういう音楽だ。
この反対に早いテンポの歌になると、口が付いて行けなくなり、
何を言っているのか聞く者には分りにくい。

と考えると、日本語が一番良く聞こえる適正テンポというのがあるようだ。

関連記事