FC2ブログ

調音・活舌法講座(7/15)

講座テーマ「母音活舌-1(4~7月期全講座まとめ)

[1]ストレッチング

[2]“息”を吐く(流す)本意と練習:喉より深い息、息当て(声)演習、
  丹田のささえ。

[3]第1期全講座まとめと復習
 (1)4/15「声と言葉と舌機能」:母音明瞭度、聴き易いひびき、“ア”音活舌、
       良いサンプル音を聴く。
 (2)5/6「母音調音“O”音」:踏み足、股割り、重心、調音とは、
      “O”音調音、発声と発音のちがい。声の鳴りと響きのちがい、
      舌根と下顎の分離、オトガイのささえ、舌のかまえ。
 (3)5/20「母音と舌使い」:四足歩行、口サイズの測定、有効母音音、
      舌のコントロール、出すより聴く。
 (4)6/3「ささえ法」:顎開け、笛降ろしと笛実感、タンギング(活舌、舌使い、
      舌さばき)、顔筋運動
      舌先を細く、舌小帯と舌根運動、舌筋と舌骨、息の勢いと深さ。
 (5)6/17「5母音磯貝メソッド調音点と舌ポジション」:声のピッチング、
      “イ”音タンギングとリズム取り。
 (6)7/1「口腔をひろげる」:音声共鳴腔=喉頭、咽頭、口腔、鼻腔。
      顎関節開け、下顎下ろし。舌形コントロール(巾、広さ、長さ、
      固さ、湾曲度、柔軟度、太さ)。舌尖の弾き練習。

[4]全六回分復習と討論


◆「滑舌から活舌へ」

いつから「滑舌」という概念が興り、それに対し「滑舌」の字を宛てたのか未研究なので定かでない。調音(構音)舌運動の舌機能性について「滑」が選ばれたのか大変興味がある。
厳密に言えば舌が滑らかにうごく、すらすらよどまずに通る事を表している様だ。

近頃発語状態の悪い人の顕在化が増し「カツゼツが悪い」という人が急増している。

その症状は
①母音構音が悪く分離が明確でない(舌のうごきが悪い。母音舌
 が定まらない)
②子音構音舌運動が不正確で不明瞭発音をする。特にサ行、
 ラ行、タ行等の構音が不正確である。
③ある子音からある子音(両者共特定子音)への連続音の発音
 不全。(舌さばき)
④叱音
⑤ころび、飛び、等
である。

①~③は原則舌構音障害で、生理機能的である。簡単に言うと舌と耳と顎がうまく働いていない症状であると言える。手術が必要な場合は手術し、術後の音声リハビリ(もちろん聴く力も)で改善へ向かう。

磯貝メソッドではこの具体的にして切実な症状の改善を、いかにも文学的な「滑舌」という文字を使わずに、「活達舌機能」を意味する
「活舌」の文字をつかっている。(英語ではTonging“タンギング”)構音(調音)のための舌機能を活性化し回復を行おうとすることだ。


関連記事