FC2ブログ

歌発声土曜講座(10/23)

講座テーマ「声直しと歌唱練習」

[1]準備(青木先生)

[2]課題歌唱指導(磯貝先生)
<♪椰子の実><♪ふじの山><♪からたちの花>
・3曲通して

<♪からたちの花>
・言葉遅れないために、子音の準備する。
「K」からたちの 「H」はなが 「S」さいたよ ~(口全体を使い)
(前の音伸ばしている、又は休符のときに、次の子音準備)
・伸ばす音、母音をもう一度言う、息をつなげる。
 はな_「A」が、さいたよ_「O」
・みんなみんな…巻き込むように
・やさしかったよ…付点のリズム立てる。ダラッとしない。→「しかっ」「たよ」
・最後「さい《たよ》」…「molto riten.」だが、リズムなくならない。
◎2人ずつ歌う(磯貝先生)
・Aさん・Bさん…1音ずつ区切れない。「からたちの」「とげは」
「はりの」リズムとる
・Cさん・Dさん…「はーありの」ピアノがリズム打っている。
(C)「とげだよ」…頭頂に両手。押さえつけると声が続く。
(D)奥を縦に開く。
・Eさん・Fさん…
(E)無理に出さない。出る声で歌う。
(F)気持ち良く歌うことを始めましょう。良くなりました。
・Gさん・Hさん…考えないで歌い続ける。
◎全員で
・メロディーとリズムを崩さない。
・「やさしかったよー からたちの」手拍子とピアノ聴きリズムとらえる。

<♪箱根の山>
・リズムにのって調子良く。
・短い音符が次に引っかかる。→は「こね」「のや」まは
◎2人ずつ

<♪ふじの山>
・ふじの山:地下深くまで真直ぐつながっている感じをもって。
・「からたち」と同様。あAたまを Kuもの ~
・縦に(自分の奥にスクリーン有)。そこで歌う。
・「ふ」じはにっぽん ←奥~後頭に向けて

<♪椰子の実>
・自分の外側に広げない(中心線)
・子音を早く用意。

◆本日の磯貝語録
・<情報>「ふじの山」は外国の方に喜ばれる(日本の遺産)歌。
・音楽との交信…音楽の世界に引っぱられるような感覚(音楽体験)

◆本日の感想
今日は主に“からたちの花”“箱根の山”のレッスンでした。子音を先にしっかり
準備して歌うだけで、とても歌い易くなり、気分も乗る事が出来ました。
音楽の楽しさをまたひとつ知ったように思います。

関連記事