FC2ブログ

歌発声土曜講座(4/17)

講座テーマ「ノドとひびき」

[1]開講式(事務局:廣木)

[2]準備体操(青木講師)

・自分の身体の実感をつかむ。

[3]呼吸運動
(1)丹田の位置(ポイント)とささえをつかむ。
おへその下、にぎりこぶし2つ分位下。
(2)丹田呼吸
腹圧を使う。
◎シューと息を吐く。
・丹田のところを出しながら→リリース(ゆるめる)
・丹田のところを引っ込めながら→リリース(ゆるめる)

[4]発声訓練
<試演スタイル>
(1)鼻に三角に手を当てて、両鼻から息を吐く。
・音をつけてみる(単音)
・口は閉じて、舌は上歯に軽くついている感じ。(噛み締めない)
(2)手で鼻から息を引っぱり出す感じで。
※ノドに違和感があったら、ノドが閉まっている。
 軽く軽く、薄く使う。
(3)ソファミレド(鼻三角で)
  ・ソ ファ♯ ソ ファ♯ ソ ファ<ナチュラル> 
  ミ レ ド(少し早めに)※小さく軽く
☆舌を前に突き出す → 声帯をグッと開く感じで → 舌を突き出す
 → 舌でノドちんこ(軟口蓋)をなめて、アクビへ。
(4)「Ba バ」
・ドソミド(スタカート)
・首の後ろをまっすぐ立てて、目先はまっすぐ。
・ドドシラソファミレド(連続で)
☆音を立てないブレス(&歌いはじめも)
軟口蓋の準備ができていると、あとは自然に息がやってくれる。

[5]歌唱(テキスト)
<♪サモア島の歌>
・音取り「ラララ」で。
・何拍子? 二分の2拍子(二分音符が2個分)
・練習番号「C」 ブレスの位置(基本2小節分ずつ)
 ※とりがとぶとぶ~ゆく(できれば1ブレス)
・音確認(男性、女性に分かれて)
<♪故郷の人(スワニー河)>
※フォスター=黒人霊歌に影響を受けている。
・「Yaヤ」(丸い口、縦長で前に出す)
付点のリズムがあるところと、ないところを区別する。
・日本語で(古い言葉なので、わからない言葉は調べておく)
<♪酢模の咲く頃>
・「Laラ」で音取り
・日本語で
 ◯けさもかよって → poco riten.
 ◯またもどる → a tempo
 ◯なつがきたきたドレミファソ → poco a poco rit.

◆本日の『磯貝』語録
お休み

◆本日の感想
簡単な顔合わせの後、ストレッチと発声を行いました。昨年度も受講しましたが、
少し休みが続いたので振り出しに戻ったような感じがします。芸事(習いごと)は
少し間があくと体が忘れてしまうといわれていた事をなるほどこれかと実感しました。

関連記事