FC2ブログ

歌発声土曜講座(1/22)

講座テーマ「ポピュラーソング�� 同調ということ」
[1]準備(塾長)
☆丹田を使うと、横も使える。丸々全部使える(胴は丸い)。
Ex-1. 横になって、お腹全体をこすってみる。(前だけでなく、側腹部、背側)
 丹田とつなげて。前、横、背側を指を使ってこする。
Ex-2. 会インを動かす。股関節、膝関節、腫関節を動かす、ゆする。
 座骨・尾骨が動くので、血液がまわってくる。
Ex-3. 腹揉み。座位で両手指先を使い。
 (イスにずっと座っていると、下肢が「虚」になってしまう。)
『心と腸』
・胃でドロドロにした食物を、小腸で栄養を吸収する。同時に血液も作る。(腸の
消化吸収作業)
◯腹に力が入ると、緊張する。(小腸の腸壁が反応する)
 練習するときは「腹を柔らかくして」無駄な緊張をさける。
◎『お腹は感情の巣』
 ・感覚器官、身体に蓄積された記憶
  思いや刺激が背を通って「腸」に伝わる。腸から脳へ戻って認識する。
[2]課題曲歌唱練習
♪花
◯2番メロディー違うところ有り
◯伸ばす音で止まってしまう。次のことが起こっていなくては。
 腹のエネルギーを横隔膜まで上げる(横隔膜とへその間)
 これ以上は上げない。ここで止める。

♪元気に笑え
◯腹から息を出し過ぎない。
 下で支えて、その上から横隔膜で。

♪星に願いを
◯<練習番号C>ひとはー(四分休符)だれも …音楽止めない
 休符で落とさないで保っていくと、次へつながっていく。 
◯低い音で始まるとき、下に落としてはじめない。
 普通の音程でハミングしてみる。この位置から始める。
◯高い音(ひびを の「ミ」)
 鼻先を断続的につまみながらハミング。この位置で。

♪世界に一つだけの花
◯音がつまっているので、かえって息は流れている。
◯言葉をリズムにのせていく。

★選択曲「花」or「元気に笑え」

《歌唱と脇腹の支え法��》(塾長)
歌う時は精神的にも体も、なるべくそのための緊張はしない方が良い。しかし、譜
を追いかけ、言葉を言いながら、オクターブアップを歌緊張無しで歌うのはむずか
しい。ならばどうやって無駄で余計な緊張なしで歌えるであろうか?人はわずかな
緊張でも腹に反応し固くなる。腹がいつも柔らかい状態で呼吸出来たならそれは
楽だろう。確かに腹式呼吸をゆるやかにしている時は絶対に楽だ。でもそのままで
1オクターブのアップダウンの繰り返しは無理だ。どこかを緊張させて、脇を固めな
い発法を次にお話ししよう。

◆本日の磯貝語録
消化機能(腸)は精神活動である。
「歌うとき」…お腹の力を抜きながっら、頭を使う方法を考えよう!

◆本日の感想
脳(心)と腸の話はとても興味深かったです。人間の腸が感情の元であり、呼吸の
総元締めである事が理解出来ました。息を流すということもなんとなく想像出来ま
した。
関連記事