FC2ブログ

歌発声土曜講座(11/20)

講座テーマ「歌唱��」

[1]準備(青木先生)
【基本姿勢】
イスに座って、座骨にのる。
足裏3点を床につけておく。
・女性は外側に重心が移動していきやすい。
・骨盤は立っているが、腰が沿っていない状態→呼吸が楽

[2]発声
・鼻三角でサイレンのように
・舌先を伸ばす
・軟口蓋と鼻を開けるようにアクビ
◯ソファミレド(スタカートで)
・「Ka」 母音よりも「K(子音)」を意識。舌の奥側、上~下へ。アゴも
1回ずつ動きたい。
・「Ga」(有声子音に)
・舌を前に出して、軽く
 舌のテンション、アゴのテンションで音を安定させようとしないこと。
 舌は言葉を作るためのもの
・「Wo」 くちびる突き出したまま(くちばし)
 舌先は下歯にちょっとついているが、音はあくまでノドで作る。 
・「Ba」 顎関節(アゴを横に動かすとよくわかる)
 下アゴはここからぶら下がっている。上アゴは動かす必要なし。
☆ノド回りの筋肉が柔らかいこと。不要なテンションをとっていく。
◎立ったとき、「足裏3点・土踏まずのアーチ」
 ヒザ裏と股関節のところ柔らかく。締めない。 

<♪箱根の山>
・「天下にたびする剛毅のもののふ」
 ��リズム(付点区別) ��アクセントつける
・最初の音、聴こえない。しっかりと。
※羊腸の「小径は(全て四分音符で)」←リズム変更します。

[3]伴奏合わせ(課題曲:「ふじの山」/選択曲:「からたちの花」又は
「椰子の実」)
◯Aさん(椰子)…足はつけずに壁によりかかる。仙骨はつける。
首をたてる楽に、頭の位置もっと高く感じて良い。肋骨脇に手当て。拡がる。
◯Bさん(からたち)…片足をイスにのせて、重心安定する(三点重心使う)
「はなが」の「な」縦に開く。前かがみにならない、背をスッと伸ばす。
◯Cさん(からたち)…まろいまろ「い」指1本分のスペース開けましょう
(い・うの場合)
高音「あ」開け過ぎない。「お」くちばし使う。伸び伸びと。
頭、背骨の延長として支えている。頭のバランス。
◯Dさん(椰子)…片足イスにのせて、軸足少しヒザ曲げて。このときの感じで。
普通に立つと、お腹突き出したようになっている、腰に負担が。ブレスしっかりと
る。
◯Eさん(椰子)…鼻からイキ出す。最初の音、よく聴いて準備。首のバランス、
頭の響きへ。
声出てきました。
◯Fさん(からたち)…頭を動かさない。身体の中、アゴでやること。
「からたち」最後、くちばし。「まろいまろ《い》」「いつも《い》つも」指1本開
ける。
◯Gさん(からたち)…頭の位置高く。ブレスちゃんと吸って良いと思うこと大事。
シューと息吐き、静かに『鼻から吸う=鼻が開く』
少し口開けると軟口蓋が準備できる。

◆本日の磯貝語録
お休み

◆本日の感想
力まず楽に歌が歌いたい…が、どうしても頑張ったり力んだりしている。「からた
ちの花」は大好きな歌なので人前で歌えるのが嬉しい。音楽出来るのは幸せです。
関連記事