FC2ブログ

ことば中級:表現レッスン(5/19)

講座テーマ「日本語の音/いい易い音、聴き易い音」

①各自ストレッチ+ハイポジションでのロングトーン
・座位、鼻をあげて戻す。鼻を上にあげて額に鼻から吸い上げる。×3回
・ロングトーン「マ」、「マ」になるように吸う。鼻に響かせる。そのほうが長くできる。
 響きが高いほうがよい。計りながらやってみる。15~25sec。
・高さはどの高さでもよいので、もっと薄く。
・「オ」、奥歯のほうで。
・「イ」、たて口の「イ」で。
・深く入れないのがコツ。おでこに向かって。
・日常より、もうひとケタ余裕がある呼吸ができるようになるのがロングトーン。
 安定。
・口から外に吐かない。音が死んでしまう。息を無駄に吐かない。
 ノドに意識があったら声になる。ノドがあいたままでは息。水泳でも、
 ランニングでも、息は外に吐かない。
・Aさんは、息を吐いてから声にしようとしている。いいとは言えない。
 聞いている人が疲れる。感情が先行している。
・ムダに息をつかわないで、走る、喋る、感情的になると息を吐く。
・生き方をちょっと変える(息の吐き方を減らす、おもしろい)。
・生きている=息している=楽=無意識である
・息を吐きすぎる=意識してる(過剰)
・変なことをするのではなく、変になる。当たり前にやる。
・コントだとできるくらいの人間力ではなく芝居(人生)でやr。
・自分のスタンダードから考えていく人は、周りにあわせようとして喜劇になる。
・キャラクターである。

◆長息(ロングブレス)と母意連音発音練習

イーエーイーアーイーオーイーウーイー(繰り返し)
語変わりで言い換えない。途切れない。音調が変わらないこと。
Bさん;イからオに移るときに切らない。聞く、イの次の母音の響きが下がる。
Aさん;イからアに移るときにアを目に吐かない。響きは気持ちがよいもの、
    やり方を変える。
・頭蓋骨を響かせようとするより、脳みそを振動声させる。
 直接的ではなく聞いている人も聞きやすい。
・本人の意識、自覚は、そのまま伝えようとしても伝わらない。
 それを伝えるための声やことばをつくる。
・演劇でも、自分のやりたいようにやっても伝わらないし、ストーリーだけでは、
 お客は満足しない。
・口の中と脳みそでやってしまう。

◎まず、響きをつくる。音程は関係ない。そこの状態で響きをつくる。
 呼吸をプラスするとエネルギーが生まれる。

・口の中を鳴らす。
・振動を受けているだけだと眠くなる。聞いていると眠くならない。
・Bさん、マスク部分、後頭部を手でおさえ、そこを響かせる。
・Aさんは、薄いから、下げることをしていたら、化石になった。しかし明るく、
 軽いところをつくる。そういう考えになる。
・Bさん、ことばをはっきり喋ろうとしない。

・これが声のキャラクター、高くも低くも響きの時は出せるのに、
 喋っているときは狭い。
 声が変わる・・・その声で起き、考え、死ぬ。
 一人の人間で、いろいろと声は変わる。

◎人格、思考、感情が変わる=人間の幅、広さ。
 狭いというのは表現者には向いていない。

Ex.地・・・自分の声で、その声はどんな声か決める。それがキャラクター。
      気分ではない。
瞬間の声ではなく、その声で喋れるから生きている途中で
声が落ちてしまうと違う。
声でもっとも感情は変えられる。

<今日楽しかったこと>
・Bさん・・・お経を聞いているのが、楽しかった。他の人のを聞いているほうが
      気持ちいい。自分のを聞いていても楽しくない。
(磯貝)変わる。しかも瞬間に変わるのが良く楽しい。

・Aさん・・・お経で声を出している時。気持ちよかった。
(磯貝)やさしくなって楽しくなるのではなくて、ラクに走るとあきる。
    そこでやることを楽しめないと進まない。

◎鼻まで息をあげる。そこから反射で後頭部、首へ。イ・エ・ア・・・とつくる。

◆本日の磯貝語録
自分の意志や意識で行動しているつもりでも、なかなかそううまく行かない。
「あーしよう、こーしよう」が強いと欲求ばかり強くて出力は
ゆがんでしまうことが多い。

◆本日の感想
今練習中の芝居で悩んでいることが少し先に進めるかなぁと感じました。
あんな風に楽にあーいう声が出るとは思っていなかった。
やったら楽しいのに、なぜやらないのか悩ましいところだ。

関連記事