FC2ブログ

セリフの発声レッスン(6/28)

講座テーマ「体が思う -声と体の関係-」


[1]各自ストレッチ

・俳優は“養成”ではなく“製作”しなくてはつくれない。
・仙骨を清々しく意識できれば、美人でいられるぞ。
・君の感じている自由は勝手なだけで、自由じゃない。
 -不自由を持たない故に。
・ムーブメントのことに対して、何か照準を定めて動くこと。惰性にならぬために。
・自分の中に“柔軟性があるな”とか“敏捷性があるな”と感じるセンサーが
 育つと表現の欲求も育つ。どう、何を動くかの本能に行き着くと良い。
・神経路を全身に感じる。とても速いこと。知覚脳ではなく、運動脳!!
・鳩尾の裏(背中の)に“はい”という声を当てる。当てた位置を覚えて
 意識したまま、ストレッチをしてみる。 →身体に言葉を持つ原型。


[2]「星の王子さま」輪読(#11~)

・読み始めた時には、すぐそれになれると良い。 →息と声の力
・疑問形の言葉が疑問に聞こえない。 →本人の中で疑問にはなっているか?
 →はい →相手に問いかけることが必要。自問ではない。
・疑問という情動を持ってる人間と持ってない人間では、天地ほど違うぞ。
・「“他”を意識する」ということが不自然をつくり出す原点。

◎自分に読むのではなく、相手に対して話す。「話す」は「離す」こと。

・うぬぼれ男のセリフみたいに読めますか?読者と聴者の間に膜があるように
 感じる。 →自分と役との間に溝がある。

◎自分で自分をどの程度意識しているか。自分で他人をどの程度意識して
 いるか。自分で自分をケアする読みと、自分が何かをケアする読みの違い
 をつくれる様に。

・セリフの所で無理してないか?いつでも少しずつ「意識という無理」をしてしまう。
 セリフでも地読みでも自分を殺そうとしてる気がする。
・意識だけの表現に聴こえる。無意識も含めての納得で、それを持って
 読んで欲しい。
・その人の意識でやるのと、その人そのものでやるのとは違う。
・親しみを出してない。良い答えばかり追うと必ずミスをする。そのミスが見えない。
・いま、一番芸で必要とされるのは“不安定な安定”だが、
 いまはただのくちゃくちゃか、ウソくさい安定しかない。
・境界をゆらゆら揺れ続けるには自分以外の力が入用だ。

☆本能的に揺れる(元々が揺れている)

・できるならば様々な事象は決まってない、変化の中に浮いていると考えれば
 アーツの入る要素がある。意識が先行していてはアーツになれない。
・自分で選べるんじゃない。アーツに選ばれること。
・作品を出すというのは、その場に参加できなかった人達に批判するきっかけを
 与える、チャンスメーカーである。
・つくるからは壊す。壊れないように働く力。


◆本日の磯貝語録
・意識が心や身体を縛ってはいけない。常に命題から心と身体を
 解きほぐそうとするのが本来の意識だ。


◆本日の感想
・アーツという捉えどころのないモノを磯貝先生が自らを通しチラリと
 のぞかせてくれるので、生きている事や、声のことをやっていられる。
 日常や現実の先がある事を感じられるなあ…と思いました。

関連記事