FC2ブログ

歌発声土曜レッスン(6/11)

講座テーマ「テキストを楽しく歌う」


[1]準備(青木先生)

◯軟口蓋開けたまま、下アゴ左右に動かす。
◯前屈して上半身ブラブラ脱力。
◯ミゾオチに手当て、強めに「シュッ、シュッ、シュッ、シュッ、~」
 鼻で同じことをする(鼻三角に手当てしながら)
◯「Z」ミゾオチとおへの下辺りに手当て「Zー、Zー、Zー、Zー」
 「Zー、Zー、Zー」「Vー、Vー、Vー」
 イキはつなげたままだが、お腹を使って3回位。使う時、お腹引っ込めて。
◯前傾で腰に手当て、息吐く「シュー」
 鼻の奥しっかっり開けて、背側を意識して。
◯丹田使って「Zー」「Vー」
 ヒザ少し曲げ、少し前傾。使う時、今度ははね返ってくる感じ。
◯ウエストラインに手当て(両脇から)「Zー」「Vー」
 内側から押し返してくる感じ。


[2]発声

◯ハミング…できるだけ鼻のところから息が出るように。
 半音階で動かす。ファミファミファミファミファ
◯口の中を下を使って広げる。
 舌のストレッチ…舌をグーっと出したまま、ノドをほぐす。
◯「Ma」ドソミド(軽くスタカートで)
◯??ミミママミミママミミ(ソソファファミミレレドド)
 ??ミミメメママモモムム
◯大きくため息 上から 下から


[3]課題曲歌唱(課題曲:さくらさくら、他3曲より1曲選択)

◯各曲1回ずつ全員で

<♪花のまち>
◯前歯を噛んだまま、歌詞を読む(しゃべる)。軽く、息つなげて。
 舌の使い方、もっと奥の方で。
◯(前歯を噛んだまま)そのまま歌う。ノドを人指し指で触って。
 伸ばす音は、息が流れるだけ、力まない。
 口の前ではなく、少し奥まったところで。
◯「さびしく」息をうえに流して、歌う。
★鼻の声をノドに。

<♪朧月夜>
◯横隔膜、細くする。肩は上がらないように。脇腹に手が入る位。
 ミゾオチの真横。自分が中に入って、ヨイショを持ち上げる。
◯伸ばした後(特に付点四分音符)に止まってしまう。
◯フレージング:なのは なばたけに、みわた すやまの、ゆうづ きかかりて、
 のつもりで。
◯音かけ上がっていく時のフレージング
 た すやま のは…「や」3拍目、まじめに言い過ぎない
 づ きかかりて…「か」3拍目、まじめに言い過ぎない。
 「り」…「りぃ」と「い」を言ってはいけない。

<♪夏は来ぬ>
◯しねびーね もーらーす「ー」の部分の母音が聞こえてはダメ。前に出さない。
◯なつはきぬ(練習方法2つ)
 骨盤おさえて細くする。 重心モモまで下ろす。

<♪さくらさくら>
◯「A」…「みわたす」先ほどのフレージング(息つなげる)
・身体の前後の支えができると、ノドにテンションいらなくなる。
◯「母音」で。同じ母音続く時、押しやすい。
◯「子音」入れて。
◯<女性>イキが流れるr。身体のバランス(重心)探る。
 ピッチおちてくる。軟口蓋。
<男性>感覚として、もう少し軽く。裏声を使う、表声でなくて。
 (鼻つまんでやってみる)


◆本日の磯貝語録
音楽は勢い!鼻先とノドを使って口の中に息を流す。
フレージングをすること、音楽をすること。

◆本日の感想
正しく歌うと「歌」ってさわやかで、楽しいと思いました。

関連記事