FC2ブログ

ことば表現「セリフの声」講座(10/13)

講座テーマ「『心のセリフ』『考えのセリフ』感情と息のささえ①」

[1]ストレッチ

・筋の柔軟
・四人で円陣を組んでサイドスクワット
・歩行訓練 ⇒空気を押す歩行
・樽持ち、四股歩き
・摺り足
・カニ歩き

 ↓
・回復運動・整理体操

・グラウンドで寝っ転がって足を上げ、丹田と鳩尾の間で“ア”発声。


[2]テキスト演習

・身体的、生理的、心理的、精神的、関係性、環境
・観客が満足する為の付加価値
・言葉に全部動きをつけたい。

Ex. 実際に動きを付けてテキストを読んでみる。

◎考えたらば、造形はできない。感覚(五感)思考をすること。

・ものの置き場や家のディテールを決める。環境をつくる。
・芝居がスムーズに進むように作ってしまうと、つるつる流れて
 それでお終い。面白くなくなる。やりにくさの中に面白味が出る。
・設定上、母はいるのか・いないのか。
⇒母は死んだ設定(では、何で死んだか?)⇒こうやって芝居を作っていく。

・栄子が帰ってくるまで父は何をしているか?どこで、どんな行動をしているか。
・台詞は心の動き、と同時に体で芝居を動かす。
・なるべく固定した所に自分を陣取らない方がいい。芝居が止まる。
・いざ動いた時に、長一郎の内面や性質といったものが出てくるといい。

◎動いている(移動が起きる)と仕種をしているは違う。

・“私はこの台詞はこう考えるからこうしよう”という固定観念は
 なるべく持たないよう。その場の生(なま)に反射的に反応してゆく。
・考えないでとにかく動く、やってみる。
・「お帰り」の芝居の間尺について。
・よっぽどの事が無ければ、最初の芝居は暗くつくらない。
⇒その為には口が下を向いては損。喉を見せるようにつくる。
・相手の台詞を聞き終わるまで待つ事はない。

◎必然さえあれば(つくれば)縦横無尽に動いて良い。

・自分が納得しないと動けないというのはダメ。
・多動症設定。長一郎車イス設定。etc やりにくい条件のワクをつくる。

◎生々しくする為(可笑しくする為)にどうやって自分が付加価値をつけるか。

・意味付けを嫌ってないか。
・面白い芝居ってのは面白くなくなる。面白いっていう結果だから。
・面白さは生々しさが必須。予定調和では生々しさはつくれない。


◆本日の磯貝語録
・話し言葉である台詞は、書き言語の様に思考しない方がよい。
 意味は当然分ること。と同時に5感による感覚思考をして行くこと。

◆本日の感想
・芝居を面白くするために、役者が付加価値をつける、ということが
 動きを付けてどういうことなのかはじめて具体的に分りました。
 先ずその思考が必要!なまけ者はダメですネ。すり足練習します。
関連記事