FC2ブログ

発声・呼吸法入門(2/10)                          《ことば系》

2/10(金)発声・呼吸法入門

[1]各自身体訓練 ~19:30
[2]呼吸と表現(芸)の関係(磯貝講師)
  自分の想い・動きを想起したことが呼吸につながっていること

 表現の元 → 喉がぱっと開くこと ← 外の空気を入れる、その反動で息が出る(声となる)
        身体が弛緩している
         →息を入れてしゃべる(呼吸法)
 「芸」 ⇒ 開放する ⇔ 萎縮する(息を止める)
        =鼻と肚で息をする
          ex)「花をみる」――日常的:頭の中でなきかが起こる
                        「コトバ」が動く
                    表現:息を使う(息を吸う)→横隔膜、肚をつかう
             無意識でなく、意識的にすること
[3]「モミュニケーション」
   何か結果を求めて伝達する行為
     ↓
    意志=「ことば」がある
       現代日常生活:口言語、口しゃべり
         ↓ エネルギー低い、表現にならない
       喉を使ってしゃべる
           鳴り、響きを同時に使う
       鼻と喉を使ってどこを響かせるか:発声法
        (骨盤の柔軟な可動大切)
[4]「呼吸法おさらい」(丹田、横隔膜、下腹部、背面)の基本
   もう一度、丹田呼吸
     頭からの距離の取り方→下に下にする程、無意識呼吸になる(深い呼吸)
       (ももの付け根が大切となる)
     外に向けて、聞いている人にハッキリさせる→しっかり息を吐く
      (自分の実感よりも)
     筒を降ろす、歯を閉じたまま、はっきりした言葉にする…「私の名前は〇〇です」
     中心を捉え、前に出す

 ◆本日の磯貝語録:骨盤まわりの機能が低下することを、老化という
関連記事