FC2ブログ

歌発声土曜講座(10/22)

講座テーマ「世界の民謡を歌う④」

[1]発声
◯「Ka」
 ①ソファミレド(スタカート)
 ②ソソファファミミレレドド(少しレガート)
   ーほほ骨、笑っている状態、最後まで(但し、アゴを固めない)

◎息(前歯の裏に当てるように)ーミゾオチ中央に手当て
 ①「S」S, S, Sー ②「Z」(有声音)
 ③「F」(無声音) ④「V」(有声音)ー丹田に手当て

◎舌(上アゴ天井触って)
 「Nai Nai Nai Nai Naーi」ソファミレド
 「Mame Mame …」ドレ ドレ ミレ ミレ ド

◎ハミング(鼻三角でスライド、この感じのまま)
 ソ ファ♯ ソ ファ♯ ソ ファ ミ レ ド レ ド レ ド(ずっと息を流しながら)
 鼻からおでこまで響く(自分では鼻から出す。かなり前)
 「Ma」ソソソソ ソファミレ ドドドド ド(息を流したまま)
★「おでこ」と「首の後ろ」がスッと起きている。(おでこと首後ろに手当て)

[2]課題曲歌唱
★座骨垂直、首立てて
♪マンマ (2拍子で)
◯「Ma」
◯「階名」→子音にエネルギーを
  又は
 「La」→舌先しっかり上アゴからはじく
 ※高音「Mi」i の母音は歯の間、指1本分開ける。
 「A, O」は開口音、自然に開いている。開け過ぎない。
 「I」は開けようとしないと開かない。
◯「Ya(ィヤ)」(笑顔で)
◯「歌詞」で
 (★盆の窪〜頭蓋骨の底辺をほぐしておく。)

[3]個人歌唱
◯準備(全員で、1回ずつ)
 ♪コンドルは飛んで行く ♪ロンドンデリーの歌 ♪アメイジング・グレイス
◯個人レッスン
(ロ=ロンドンデリーの歌、ア=アメイジング・グレイス、コ=コンドルは飛んで行く)

Aさん(ア):イスに座って、股を開いて少し前傾に。丹田(腹)から歌う。
       抜かないで。ヨーロッパの英語だと思って。
       日本語をローマ字で書いてみる。

Bさん(ロ):ブレス位置確認(いつくしみ V きょうまで/よわきははの V かげさえも)
       言葉しっかり言う。
       歌詞の言葉1・2番で違うので、歌詞でブレス位置を決めておく。

Cさん(コ):最初の音が低いので、もぐってしまう。
       「Ya」で明るく、ほほ笑顔の位置からまっすぐ進む。下からと思わないで。
       「Yo」深いところで鳴ったものをどれだけ前に押し出せるか。
       明るく、しかしなめらかに。

※以下、1回ずつの通し(次回レッスンします)

Dさん(ア):英語の語尾を大げさに言う。息のエネルギーが必要。

Eさん(ロ):(ほほに手当て)口をもっと縦に開けて。そして息を流す。

Fさん(ロ):うんと高い音、低い音は、もっと開ける。

Gさん(ア):練習番号E〜高い声のところから練習すると良いでしょう。 

◆本日の磯貝語録
お休み

◆本日の感想
 今日は1人1人の個人レッスンが中心です。皆、良い声を持っていて
聞いていても楽しかった。
 私、個人では1人で歌うのは緊張してしまうので、楽しさまで行かない。
 早く、楽しく1人で歌えるようになりたいと思った。
関連記事
Theme: クラシック | Genre: 音楽